2021年07月15日

27 スタート・・・海上浣腸地獄!!


混浴温泉を堪能した僕たちは目的である麻里奈さんの知り合いの別荘へ移動した。

実は別荘は川上さんの海鮮女体盛りをした料理旅館のほぼ隣にあってオーナーは料理旅館の社長さんだったのだ。

そして料理旅館の社長さんは麻里奈さんの主催するHなイベントのスポンサーの1人でもあるとのこと。

なるほどそれで合点がいった。

僕たちの記憶が正しいなら麻里奈さんはあれだけ豪勢な海鮮女体盛りをしたにも関わらずお金を払わないで別荘に移動したハズだ。

さらに推測すると今回の別荘行きは麻里奈さんのHなイベントの一部になっているような気もする。

いや、たぶん、間違いなく僕たちは麻里奈さんのHなイベントの真っ只中にいる。

(しかしどうやって?・・・)
と考えていると別荘を見た川上さんが感動の言葉を発した。

「ワ〜〜〜スゴ〜い・・・それに天井高〜い・・・」
と、別荘の玄関からキョロキョロと中を見回す川上さん。

別荘は古民家を移築して今風にリノベーションしてあり天井には梁が目まぐるしく這っている。

これならどこででも川上さんを拘束して吊りホーダイなんじゃないかな。

(んん、まてよ、ということは・・・)

僕と加藤が麻里奈さんを思案顔で見つめていると麻里奈さんは
(アッ・・・気がついた?・・・)
といわんばかりの笑顔で僕と加藤に”ピース”をした。

(・・・ヤッパリ・・・な・・・でも・・・スゴイ・・・な・・・ココ・・・マジで・・・スゴイ・・・)

古民家をリノベーションしてあるものの僕たちみたいに斜めから見ると完全にSMホテルに見える。
しかも恐ろしく広い、どんだけ部屋があるかわからないくらい広い。

川上さんにはどう見えるるだろう?と川上さんを見てみると「キャア〜・・・スゴ〜イ・・・スゴイよコレ〜・・・」
と言いながら部屋を探検している川上さん。

(イヤ・・・川上さん・・・ココはね、・・・ケバさと毒々しさはないけどね、ほぼSMホテルなんですよ・・・)
と、言いたい僕と加藤。

と僕たちが思っている間にだだっ広い縁側にいた川上さんが指差しながらのたまう。

「見て〜アレ〜・・・桟橋と筏があるよ〜・・・スゴーイ・・・スゴイ〜・・・」
と、筏を指差しながら僕たちを見てさっそくソコへ行こうとする川上さん。

このデカい別荘は入り江に囲まれたプライベートビーチまであって、入り江と砂浜の真ん中あたりに筏が浮かんでいてソコへ行くための桟橋がかけられいた。

「待って、凛子ちゃん、水着に着替えてからみんなで筏に行くのはどうかな?」
と、少し意味ありげなイントネーションで川上さんに提案する麻里奈さん。

(麻里奈さん、なにか、思いついたのかな?)
と僕たちが麻里奈さんを見る。

「エッ、そうだね、水着に着替えてからのほうがいいよね、みんな〜水着に着替えてから筏に行くよ〜」
と、はしゃぐ川上さん。

僕たちが水着に着替え終わったタイミングで麻里奈さんが僕たちの部屋に入ってくる。

「加藤くん、さっきオーナーに旅館の裏口に牛乳パックを置いておいてもらったから貰ってきてきてくれる?
もちろんソレを使うモノも筏に持ってくるのよ」
と、スマホをフリフリする麻里奈さん。

「エッ、牛乳パックですか?」
と聞き返す加藤。

「そうよ〜何をするかは分かるわよね?」
とウレしそうな麻里奈さん。

「ちなみに凛子ちゃん、これからされることシタことあるのよね?何回くらいしたのかな?」
と、川上さんにソレをすることが楽しみで仕方ない麻里奈さん。

「え〜と、夏休みの最初の旅行で1回と3日前に1回だけですけど・・・」
と、僕たち。

「アラ、意外とすくないのね、量はどれくらい挿れたの?」
と、事前調査する麻里奈さん。

「1回目が500ccを挿れて川上さんが大丈夫っていうからもう500cc追加して合計1リットル、2回目は歩きながらだったから500ccですけど・・・」
と、加藤が答える。

「フ〜ン・・・案外少ないのね・・・じゃあ今回は限界マックスまでいっちゃおうかな?君たちはどう思う?」
と、小悪魔顔になってきた麻里奈さん。

「エッ・・・マックス?・・・というと・・・どれくらい挿れるつもりですか?・・・」
と、目が点の僕たち。

「うふふふふふふ・・・・ズバリ・・・これだけ挿れて・・・もだえてもらおうかなって・・・」
と、ものスゴ〜クうれしそうに指を立てる麻里奈さん。

(エッ・・・マジに・・・ソレだけ挿れるのか・・・指・・・3本って・・・はいるのか?・・・)

「その量はヤバくないですか?」
と、僕と加藤。

「フフッ・・・凛子ちゃんなら耐えてくれるし・・・喜んでくれると思うけど・・・・」
と、ニッコリする麻里奈さん。

(・・・ヤバすぎだったら・・・やめさせればいいか・・・ソレまでは・・・もだえ苦しむ川上さん・・・
見たいし・・・な・・・)
と、思う”ドS”な僕と加藤。

僕たちと麻里奈さんがこんな”やりとり”をしていたころ川上さんは浮き袋?をかかえて砂浜で待ち構えていた。

「おそ〜い・・・待ちくたびれちゃったよ・・・なにしてたの・・・もう〜・・・」
と、これから麻里奈さんにされることを少しも考えていない川上さん。

「・・・・レッツゴー〜・・・」
と、掛け声をかけながら桟橋を走る川上さん。

あとに続く僕たちはパラソルとビーチマット、クーラーボックス・・・そして麻里奈さんに指定された
川上さんを”もだえ苦しませる”アイテムをかかえて桟橋から筏に持ち込みセットアップする。

「ひゃあ~・・・気持ちいいねぇ〜・・・極楽・・・極楽・・・」
と、ビーチマットに寝そべりジュースをあじわう川上さん。

「ねぇ〜・・・カキ氷ないの〜・・・海といえば”カキ氷”だよね〜・・・ないの〜・・・」
と、のんきな川上さん。

「凛子ちゃん、カキ氷はお腹壊すわよ、ジュースでガマンしなさい」
と、麻里奈さん。

(・・・麻里奈さん・・・始めるのかな?・・・)
と、僕たちの心の声。

「はあ〜い・・・ガマンしま〜す・・・」
と、麻里奈さんには素直に従う川上さん。

「そーいえば凛子ちゃん、少しお腹膨らんでるよね、出てないのかな?」
と、さも心配しているように言う麻里奈さん。

「エッ・・・あの・・・その・・・ハイ・・・」
と、素直に認める川上さん。

(そっか・・・初日に浣腸されてから・・・でてないんだ・・・)
と、川上さんの心の声。

(・・・ヤリ・・・かかった・・・)
と、僕たちの心の声。

「どれくらい出てないの?お腹、キツくないの?」
と、したり顔の麻里奈さん。

「・・・え〜と・・・3日・・・かな・・・」
と、麻里奈さんの企みも知らずに素直に答える川上さん。

川上さんは僕たちほどではないにしても、この3日間僕たちと一緒に過ごすようになってから
かなりの量を食べているハズだ。

僕たちにつられて普段食べる量の1.5倍から2倍は食べているんじゃないだろうか。
同性の麻里奈さんしか分からないかもしれないけど下腹が少しだけ出ているようにも見える。

特にターコイズブルーのビキニだから少しだけ膨らんでいるお腹が余計に目立つように見える。

「ここはプライベートビーチで海の上で開放的なところよ、ココで出しちゃおうか?」
と、たたみかける麻里奈さん。

「エッ・・・ココで・・・」
と、浣腸されることはわかっているが筏の上でされることと僕たちの目を気にする川上さん。

「川上さん、初日に僕たちに歩きながら浣腸されて見られて”ドキドキ”して気持ちよかったんだよね」
と、加藤。

「ココはプライベートビーチで、さらに筏の上だよ、”ドキドキ”できるし気持ちよくもなれるハズだよ」
と、僕。

川上さんは”筏の上で浣腸される”ということに心のなかではスゴク期待している顔をしている、が、
あとひと押しが足りないから未体験ゾーンに踏み込めないでいる。

「川上さん、コレを見て」
と、加藤。

川上さんの目の前に保冷バッグに詰められた”10本もの牛乳パック”が置かれた。

(ヒッ・・・こんなにたくさん・・・ウソ・・・コレ・・・全部なんて・・・ムリだよぉ・・・)
と、川上さんの心の声。

「凛子ちゃん、前のときに500ccを2回で1リットルしたんでしょ、ココで最高記録作ってみない?
500ccを追加しながら3回とか4回とか・・・ね?・・・どう?・・・」
と、被虐性愛が強い川上さんに悪魔のささやきをする麻里奈さん。

(・・・500cc・・・を・・・追加・・・3回・・・4回・・・か・・・苦しそう・・・フフッ・・・)

被虐性愛者の川上さんは初めて浣腸されたときのことを思い出していた。

(あのとき・・・キツかったけど・・・あとから思い出したときは・・・”もっと”されたかったって・・・
”もっと”してほしかったって・・・思ったんだっけ・・・だったら・・・最高記録って・・・フフッ・・・)

「や・やさしく・・・して・・・くれるの?・・・」
と、不安と期待が入り混じった声の川上さん。

(・・・ヤリ・・・キタ・・・)
と僕たちの両手をあげてバンザイの声。

これから海の上で川上さんへの大量浣腸ショーが始まる。









<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女-尿道電気責め・連続絶頂」


「拷問ドラッグ第二章 塩見彩」


「悶絶マゾ調教」


「紺野みいな 緊縛解禁」


「美人受付嬢に羽交い締め連続腹パンチ&達磨緊縛ふみつけパンチ」


「FANZAブックス読み放題」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 14:07|PermalinkComments(0) 微乳ドMの学級委員長とヲタク5人組のただれた夏休み 

2021年03月03日

26 羞恥・・・舐められる最奥!!

「・・・アウゥゥ・・・カユイよぉ・・・・たすけてぇ〜・・・・」
と、カユミで思考回路が回り始めた川上さん。

「・・・・凛子ちゃん・・・・ホラッ・・・・アレ見て・・・」
と麻里奈さんは川上さんの顔の近くで舌をクネクネさせる時田を見せつける。

「・・・ヒィ・・・・ウソ・・・・と、時田くん・・・長い舌・・・・」
と、時田の舌に釘付けの川上さん。

時田の舌はギネスに登録できるほど長い、15センチ近くはあるんじゃないだろうか。
確かギネスの長い舌の記録は12センチくらいだったはずだ。

麻里奈さんはクネクネとヒワイな動きを見せる時田の舌を見せつけ、指差しながら川上さんの耳元でささやく。

「ア~レ~でぇ~、凛子ちゃんの~オマンコのナカと~奥の〜”とろろ”を~”ナメナメ”してぇ~、キレイに~吸いとってもらおう~ね~」
と、僕の舌を指差しながら川上さんにささやく麻里奈さん。

「・・・どお?・・・凛子ちゃん・・・・アソコの中・・・”ナメナメ”クネクネ”されちゃうかな?」
と、麻里奈さん。

川上さんは僕がいやらしく”クネクネ”させる舌から目がはなせないでいる。

(・・・アレで・・・ナカとオク・・・ナメナメ・・・クネクネ・・・ほしい・・・・)
と、川上さんの頭の中の声。

川上さんの”イエス”を感じ取った麻里奈さんはテーブルから川上さんの拘束を解き、一人がけのソファーに川上さんをマンぐり返しに固定した。

(・・・アアン・・・こんな格好・・・ハズカシイ・・・)

「フフッ・・・凛子ちゃん・・・・時田くんにオネダリは?・・・・」
と、羞恥責めする麻里奈さん。

紅潮した顔の川上さんは時田の”クネル”舌によってオマンコのナカと奥の子宮口を”ナメナメ”クネクネ”されることの期待で頭がイッパイのようだ。

「と、時田くん・・・オ、オマンコのナカの”とろろ”を・・・”ナメナメ”して・・・吸い取って・・・くだひゃい・・・・」
と、マンぐり返しの上から舌をイヤらしく”クネクネ”させる時田にお願いする川上さん。

「フフッ、川上さん、オマンコのナカのとろろをキレイに舐め取ってあげる」
と、舌をクネクネさせながら答える僕。

「・・・はやく・・・カユイの・・・オネガイ・・・」
と、時田の舌がほしい川上さん。

時田がニンマリと笑いながら川上さんのオマンコ最深部の子宮口めがけて一気に舌を刺しこみ縦横無尽にこねくる。

(・・・ズブ・ズブ・ズブ・・・)

「・・・キャヒィ~・・・」

「・・・ヒャアアア~・・・」

川上さんは歓喜の悲鳴?をあげながら”ビクビク”とカラダを痙攣させる。

(・・・・アラ・・・凛子ちゃん・・・・逝った?・・・・)

川上さんが逝っているあいだも時田はオマンコのナカと奥の子宮口をコレでもかと舐めシャブル。

「・・・キヒィ~・・・・・・・イイ・・・オク・・・イイよぉ・・・」

「・・・もっとぉ・・・・してぇ~・・・・イッパイィ~・・・・してぇ~・・・・」

川上さんは子宮口への初めての愛撫にカワイイ悲鳴がとまらない。

(・・・うぉ・・・川上さん・・・・スゴイ・・・乱れようだ・・・)
と、ガン見する僕たちの心の声。

これほど乱れた川上さんは初めて見る、子宮口への”ナメナメ”レロレロ”はそれほどスゴイのか。

「・・・アヒィ~・・・・・」

時田の舌が子宮口を集中的に”レロレロ”グニグニ”をくり返し愛撫する。

「・・・イヒィ~・・・イイ・・・」

「・・・ハァン・・・オク・・・イイよぉ・・・」

その時、麻里奈さんが川上さんのクリトリスを押し潰しカリカリと引っ掻く。

「・・・カヒィ~・・・ダメ・・・でちゃう・・・ダメェ・・・・・」

麻里奈さんはかまわず川上さんのクリトリスをもてあそぶ。

「・・・アヒィ〜・・・・ダメェ・・・出ちゃうよぉ〜・・・・」

(・・・ピュ・・・ピュ・・・)

川上さんは”ガクンガクン”と大きく痙攣し潮をふいた。

「・・・ハァ・・・・ハァ・・・・」

「・・・ゴ、ゴメンナサイ・・・・オシッコ・・・・出ちゃった・・・・」
と、息を切らしながらも恥ずかしそうにあやまる川上さん。

「・・・ハァ・・・・ハァ・・・・・」

マンぐり返しのまま呼吸を整える川上さんを見つめる僕たちに気づき、自分の格好に恥ずかしがるカワイイ川上さん。

「・・・見ないで・・・こんな格好・・・ハズカシイ・・・」
と、赤い顔の川上さん。

いや、あれだけ乱れて潮も吹いちゃうし、いまさら恥ずかしがってもと思う僕たち。

「・・・ヤダぁ・・・ジロジロ・・・見ないでぇ~・・・」
と、顔を手で隠す川上さん。

あんなに乱れたのに羞恥心をなくさないカワイイ川上さん。

(・・・やっぱり・・・・カワイイな・・・・川上さん・・・・)
と、僕たちの心の声。

川上さんがお魚臭いというのでココの温泉に浸かっている僕たち、なんと混浴で、もちろん川上さんと麻里奈さんはバスタオルでカラダを隠しているがスタイルの良さはバスタオルを巻いていても隠しきれるものではない。

「・・・もぉ~・・・君たちガン見しすぎぃ~・・・・」
と麻里奈さん。

「・・・いやぁ~・・・混浴って初めてだから・・・ハハ・・・・」
と照れる僕たち。

「君たち、さっき凛子ちゃんの恥ずかしい格好見たじゃないの~まだ足りないの?」
と麻里奈さん。

川上さんはさっきのマンぐり返しで時田の長い舌でオマンコの中と子宮口を舐め回され、おもいっきり乱れたことを思い出し真っ赤な顔で絶句している。

(・・・ヤダぁ・・・さっきの・・・思い出しちゃった・・・ハズカシイよぉ・・・)
と、川上さんの心の声。

などと和気あいあいの混浴風呂はしばらく続くのである。









<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女 クリ刺突・乳首針フック・ラビアクリップ尿道乳首電気責め」


「変態女子大生 人間はどれだけ逝けるのでしょうか…浣腸電マ責めファッキングマシン」


「PAIN GATE 奇死怪生」


「縄悶 -JOUMON- 惨」


「股縄伝説2」


「FANZAブックス読み放題」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 14:02|PermalinkComments(0) 微乳ドMの学級委員長とヲタク5人組のただれた夏休み 

2021年03月01日

25 ヤマイモ拷問・・・海鮮女体盛り!!

ナメナメ快楽で脳みそが”とろけている”川上さんに麻里奈さんがさらなる追い打ち?を仕掛ける。


「ウフフフフフ・・・凛子ちゃん・・・・カワイイわ・・・・」

とイイながらキスをする麻里奈さん。


そして、キスと同時に僕たちに合図を送る、僕たちは持っている串に刺したマグロを嬉々としてとろろ芋のすり鉢にひたし、まんべんなくマグロにとろろ芋をまとわりつかせる。


「凛子ちゃん、彼たちの手を見て、これから凛子ちゃんをもっとキモチ良くするためにアレでアソコの中をこねくり回してあげる、イイわね?」


川上さんはナメナメ快楽で認識力がなくなっているようでうつろな目でとろろ芋をぬりたくられたマグロを見てる。


(・・・なんだっけ・・・とろろ付きのマグロ?・・・アレを・・・アソコに?・・・どうなるんだっけ?・・・)

と、思考回路がとまっている川上さんの頭の声。


「・・・ホントに?・・・・気持ちよくなれるの?・・・・」

と、思考回路が停止中の川上さんは”キモチイイ”というワードにのみ反応しうつろな目で麻里奈さんに聞く。


「うん、なれるよ・・・少しだけアソコの中がカユクなるけどイイよね?」

と、したり顔の麻里奈さん。


(麻里奈さん・・・悪魔だ・・・)

と、僕たちの心の声。


(・・・きもちよくなりたい・・・)


「・・・うん・・・・なんでもしてぇ・・・・きもちよくしてぇ・・・・」

と、気持ちよくなる前に地獄をみることなど考えていない川上さん。


麻里奈さんの合図で僕たちは川上さんのオマンコにとろろ付きのマグロを順番に突き刺しはじめる、”ジュブジュブ””ズリュズリュ”とヒワイな音をたてながらオマンコの中をこねくり回す。


(・・・ジュブ・・・ズリュ・・・ジュブ・・・ズリュ・・・)


「・・・キヒィ・・・・イイよぉ・・・」


(・・・ジュブ・・・・ジュブ・・・・ジュブ・・・・)


「・・・ハフゥン~・・・ジュブジュブ・・・イイよぉ・・・もっとぉ・・・・」


(ジュボ・・・ズリュ・・・ジュブ・・・・)


「・・・ハァ・・・・イイよぉ・・・もっとぉ・・・・イッパイ・・・・してぇ~・・・・」


川上さんのあまえねだる声に調子に乗ってきた僕たちは再びとろろ芋をマグロにまとわりつかせ川上さんのオマンコの最奥までマグロを突き立てる。


(・・・ズン・・・ジュク・・・ジュボ・・・ズン・・・)


「・・・・アギィ~・・・・おく・・・あたってるよぉ・・・」


(・・・グジュ・・・ジュリュ・・・ズン・・・グジュボ・・・)


「・・・カハァ・・・・おく・・・シュゴイ~・・・・」


(・・・ハレッ・・・・カ、カユイ?・・・・おく・・・・)


と、忘我の極地にいる川上さんがオマンコの奥の”ムズムズ”に気づく。


(・・・ウッ・・・クゥ・・・カユイ?・・・・カユイの?・・・・エッ・・・)


(・・・なに?・・・とろろが着いたマグロ・・・アソコに・・・エエッ・・・)

と、カユミがきっかけで思考回路が回り始めた川上さんの心の声。


(・・・エッ・・・また・・・とろろ芋・・・・アソコの・・・・ナカ・・・・)


思考回路が復活した川上さんが麻里奈さんを見るとニンマリと笑顔の麻里奈さんがいて、これから川上さんが乱れまくり恥態をさらすことをじっくりと堪能すべく待ち構えている。


(・・・アア・・・・ダメェ・・・カユイよぉ・・・・)


(・・・アソコの中・・・・カユイ・・・・よぉ・・・・)


「・・・アウゥ・・・カユイ・・・・アソコの中・・・カユイよぉ・・・・」

と、最初のとろろ芋プレイの耐えられないカユさを思い出す川上さん。


しかも今回はオマンコのナカとその奥にある子宮口にまでとろろ芋は塗り込められている。


「ウフフフフフ・・・凛子ちゃん、カユイの?・・・アソコの中・・・・」

と、カユミで切羽詰まってきている川上さんの恥態を楽しむ麻里奈さん。


「・・・どうして?・・・ナカまで・・・なんて・・・・ひどい・・・・」

と、麻里奈さんに抗議する川上さん。


「ウフフ・・・だって凛子ちゃんの”もだえ顔”がカワイイんだもん」

と、平然と答える麻里奈さん。


「そ、そんな・・・・ひどい・・・・」

と、増してくるカユミに耐える川上さん。


(・・・クゥ・・・カユイ・・・・ダメェ・・・耐えられない・・・・)


「・・・オネガイ・・・かいて・・・かいてください・・・・」

と、哀願する川上さん。


「ウフフフフフ・・・どこを?・・・どうやって”かいて”ほしいの?・・・」

と、川上さんをもてあそぶことが楽しくてしかたない麻里奈さん。


(・・・そ、そんな・・・・ハズカシイこと・・・・)

「・・・・・・・・」

と、絶句する川上さん。


「じゃあね~、コレでアソコをツキツキ・・・ズンズンするのはどうかな?・・・」

と、とろろ芋がまとわりついたマグロを見せる麻里奈さん。


(うぉ~・・・麻里奈さん・・・鬼畜~・・・)

と僕たちの心の声。


「・・・そ、そんな・・・・ダメ・・・・狂っちゃいます・・・・」

と、全否定する川上さん。


「え~~、だってコレしかないのよ凛子ちゃん・・・・駄々こねないの・・・ネ?・・・」

と、どうしても川上さんの口から言わせたい麻里奈さん。


こうしたやりとりの最中も川上さんのオマンコのナカのカユミは増大していく。


(・・・クゥ・・・もうダメ・・・なんでもいいから・・・かいてほしい・・・・)

と、最初のときみたいにカユミでカチカチと歯がなり、ブルブルとふるえる川上さん。


「・・・オネガイ・・・なんでもいいから・・・かいて・・・く、ください・・・・」

と、カユさで思考ができない状態になっている川上さん。


「ウフフ・・・じゃあ、”コレ”でアソコのナカを”ツキツキ”ズンズン”してほしいのね」

と、とろろ芋をまとわりついたマグロを見せつける麻里奈さん。


とろろ芋のカユさに耐える限界をすでに超えている川上さん。


「・・・か、かいてぇ~・・・・オネガイ・・・ソレでイイからぁ~・・・オネガイ・・・」

と、耐える限界をこえてしまった川上さん。


「ウフフフフフ・・・だめよ・・・どこを誰にかいてほしいのか言わないと”かいて”あげない・・・」

と、鬼畜なことをいう麻里奈さん。


川上さんはとろろ芋のカユミで”パブロフの犬”状態になっていて麻里奈さんのいうことに完全服従になっている。


「・・・オ、オマンコの・・・ナカと・・・オクを・・・マグロで・・・みんなで・・・”ツキツキズンズン”・・・してくだひゃい・・・・」

と、カユミでロレツが回らなくなっている川上さん。


「ウフフフフフ・・・よくできました・・・かいてあげる・・・・」

と、完全服従した川上さんにご満悦の鬼畜な麻里奈さん。


麻里奈さんが顔を”クイッ”とあげる、僕たちはさっきよりも激しく川上さんのオマンコに”とろろマグロ”を突き刺す。


(・・・ズブ・ズブ・ズブ・・・)


”とろろマグロ”はあっけなく川上さんのオマンコに突き刺さる。


「・・・キヒィ~~~・・・・イイよぉ・・・もっとぉ・・・・突き刺してぇ〜・・・・」

と、乱れる川上さん。


(・・・ズク・・・ジュブ・・・・ジュブ・・・・ズン・・・)


「・・・カハァ・・・・もっとぉ・・・・くだひゃい・・・」

と、脳ミソの快楽神経とオマンコが直結状態の川上さん。


川上さんのオマンコからはとろろ芋なのかオマンコ汁なのかわからないくらい泡立った白濁液が流れ出てくる。


(・・・ジュブ・・・・ズク・・・ズン・・・ズン・・・)


「・・・ハァ・・・・イイよぉ・・・オマンコ・・・イイよぉ・・・」

と、カユミより気持ちよさが勝ってきている川上さん。


チンポ型のマグロには白濁した粘液がまとわりつき少し形が崩れかけてきている。


ここで麻里奈さんは僕たち合図し再びすり鉢のとろろ芋にマグロをひたせと指差す。


(・・・エッ・・・マジか?・・・いいのか?・・・)

と顔を見合わせる僕たち。


加藤と僕(時田)はコレ以上は拷問にしかならないと判断し麻里奈さんの指示を却下する。


麻里奈さんも”やりすぎた”と我にかえったようで川上さんのオマンコのナカのとろろ芋を完全除去にとりかかる、少しでもとろろ芋がオマンコのナカに残るとかぶれてしまうからだ。


その役割は僕(時田)がすることになっている、とろろ芋プレイの前に麻里奈さんが僕たちの舌の長さをチェックして僕に白羽の矢が立ったのだ。






彼女の名前:  YUIponss
結衣のプロフィールみてくださってありがとうございます♡地元の大学に通っています21歳の女子大生です♪もうすぐ夏休みなので今年の夏は思いっきり楽しみたくてチャットを始めてみました‼好きになるととことん一途な性格でずっと好きだった人が既婚者だったことの発覚してしまい、恋の決着をつける前に敗北してしまいました・・・落ち込んだままでこの夏を終わらせるのも勿体ないので女磨きに恋愛・積極的な私になりたいと思い登録しました♡新しい恋もしたい‼溜まっているコトも思いっきり発散したい!!学校帰りの寂しい時間でたくさんの方と楽しく過ごしたいです♡好きなタイプは・・・私がどんなにエッチなことをしても大らかな気持ちで受け止めてくれる人かな//優しい人と言うとありきたりと思われてしまいますが・・・エッチの時にはちょっと強引になったり、普段と違う一面を見た時が私もドキドキします♡ちょっぴりエッチで奥手な私ですが可愛がってもらえると嬉しいです♪

お気に入りの女の子たち

kiku661AYU0lAmi1997rami11urr0119



<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女-尿道電気責め・連続絶頂」


「拷問ドラッグ第二章 塩見彩」


「悶絶マゾ調教」


「紺野みいな 緊縛解禁」


「美人受付嬢に羽交い締め連続腹パンチ&達磨緊縛ふみつけパンチ」


「FANZAブックス読み放題」


「FANZA・フィギュア」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 15:29|PermalinkComments(0) 微乳ドMの学級委員長とヲタク5人組のただれた夏休み 

2021年02月27日

24 カユイ・・・海鮮女体盛り!!

と、それは突然にやってきた。

(・・・ムズ・・・ムズ・・・・ムズ・・・・)

(・・・エッ・・・カユイ?・・・とろろ芋・・・塗られたところ・・・カユクなってきてる?・・・・ウソ・・・コレが・・・・とろろ芋の・・・なの?・・・・)
と川上さんの心の声。

麻里奈さんは”ジー”と川上さんを観察し、とろろ芋の痛痒効果があらわれるのを待っている、と、その時、川上さんのわずかな変化に気づいた麻里奈さん。

(・・・きたわね・・・)
と麻里奈さんの心の声。

(・・・きたの・・・かな?・・・)
と、歓喜する僕たちの心の声。

「・・・あの・・・麻里奈さん・・・その・・・・」
と完全に動揺している川上さん。

「ん?・・・な〜に?・・・凛子ちゃん・・・」
と、とぼける麻里奈さん。

痒みがドンドン増してきてあせり始める川上さん。

(・・・ヤダぁ・・・スゴク・・・カユイ・・・・)
と、かなりあせる川上さん。

「・・・ま、麻里奈さん・・・か、カユイんです・・・・とろろ芋・・・塗られたところ・・・」
と、増してくるカユミに耐えながら言う川上さん。

「ウフフフフフ・・・そうよ・・・・とろろ芋はカユクなるのよ・・・耐えてね、凛子ちゃん」
と、鬼畜なことを平気で言う麻里奈さん。

「・・・そ、そんな・・・・耐えられません・・・スゴク・・・か、カユイんです・・・」
と、早くも耐えられないと言う川上さん。

「・・・だめよ・・・私が”いい”と言うまで耐えなさい・・・イイわね・・・・」
と、川上さんをイジメる麻里奈さん。

「・・・そ、そんな・・・ムリです・・・・お、お願いします・・・・かいてください・・・・」
と、懇願する川上さん。

「凛子ちゃん、彼たちにおさわりはOKしてナメナメはNGにしてるでしょ?」
と麻里奈さん。

(オッ・・・ヤター・・・いよいよ・・・”ナメナメ”タイムだ・・・)
と、嬉々とする僕たちの心の声。

「・・・エッ・・・・それは・・・そういう約束だから・・・」
と川上さん。

(・・・カユイ・・・・)

「でも、彼たちのオアズケも限界なのよ・・・分かってるの・・・カワイそうでしょ?・・・このへんでナメナメもOKしてあげたらどう?・・・・」
と、僕たちのために川上さんを説得する麻里奈さん。

「・・・でもぉ・・・」
と、カユクてしかないのにしぶる川上さん。

(・・・カユイよぉ・・・・)

その時、麻里奈さんが僕たちにワンタッチの合図を出す。

僕たちはテーブルの横にしゃがみこんでいるから川上さんからは見えない、5人でいっせいにとろろ芋がヌリヌリされている両ワキの下とオッパイ左右とオマンコを”串に刺したマグロ”で”ソロリ”と”ひとなで”する。

「・・・キャヒィ・・・なにぃ・・・・」
と、川上さんからカワイイ悲鳴があがる。

(・・・もっと・・・・して・・・・カユイよぉ・・・・)

さらに麻里奈さんからの合図で”ソロリソロリ”となでる。

「ハゥ・・・イイ・・・・もっと・・・・・」
と、ねだる川上さん。

「フフッ・・・凛子ちゃん・・・キモチイイでしょ?・・・・ナメナメしてもらうともっとキモチイイわよ・・・どうする?・・・」
と麻里奈さん。

(・・・あうぅ・・・・カユイ・・・・)

「・・・・・・・・・・・・・・・」
と、無言の川上さん。

「凛子ちゃん、ナメナメ・・・OKかな?・・・OKしないとこのまま放置しちゃうよ・・・」
と、どんどん川上さんを追い込む麻里奈さん。

(麻里奈さん・・・ガンバレ〜・・・)
と僕たちの心の声。

「そ、そんな・・・・このまま放置されたら狂っちゃうぅ・・・・」
と、カユクて居ても立っても居られないくらい”ヤバイ”ところまできてる川上さん。

とろろ芋のカユミ効力はスゴイもので川上さんは”カチカチ”と歯を鳴らし”ブルブル”とカラダの震えがとまらいくらいまでになっている。

(なかなか・・・耐えるわねぇ・・・・フフッ・・・楽しませてくれる・・・・フフッ・・・)
と、麻里奈さんの心の声。

(・・・ハウゥ・・・もう・・・・ダメェ・・・)

「・・・アウゥ・・・オネガイ・・・かいて・・・かいて・・・・ください・・・」
と哀願する川上さん。

その時、ふたたび麻里奈さんが合図する。

(・・・ソロリ・・・ソロリ・・・ゾロリ・・・)

「・・・ハァ・・・・イイ・・・・もっと・・・・・オネガイ・・・・かいてぇ〜・・・」
と川上さん。

だが僕たちはそれでかくのをやめてしまう。

川上さんは頭を振りながら哀願する。

「かいてぇ〜・・・・・・もっと・・・・・たくさん・・・・かいてぇ〜・・・オネガイ〜・・・・」
と気が狂いそうは川上さん。

「凛子ちゃん、彼たちにナメナメしてもらうの?どうするの?」

川上さんはとうとう頭を縦に振る。

「オネガイ・・・ナメナメ・・・して・・・オネガイ・・・・・ナメナメ・・・してぇ〜・・・」
と、とろろ芋のカユミ効果でわけがわからないくらいになっている川上さん。

「フフッ・・・・凛子ちゃん・・・・よく言えたわ・・・ナメナメしてもらおうね・・・・」
と麻里奈さん。

麻里奈さんの合図で待ちかねていた僕たちは川上さんの”両ワキの下””オッパイ&チクビ””オマンコ&クリトリス”をいっせいに”舐めシャブリ”にかかる。

「・・・キャヒィ・・・」

「・・・ハワァ・・・・」

「・・・アウゥ・・・」

「・・・クゥ・・・・」

「・・・・キヒィ・・・・」

川上さんは目を大きく見開いたり閉じたり、少しだけ動かせる胸とお腹を”ビクビク”とふるわせながら”ナメナメ”の快感にひたる。

僕たちの一心不乱の”ナメナメ”でカユミが収まってきた川上さんはさらなる快楽を求め僕たちに”オネダリ”をする。

「・・・ハァ〜・・・キモチイイよぉ・・・・もっとぉ・・・・・イッパイ・・・・ナメナメしてぇ〜・・・・」
と、”ナメナメ”の快楽で忘我の”はて”に逝っている川上さん。









<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女 クリ刺突・乳首針フック・ラビアクリップ尿道乳首電気責め」


「変態女子大生 人間はどれだけ逝けるのでしょうか…浣腸電マ責めファッキングマシン」


「PAIN GATE 奇死怪生」


「縄悶 -JOUMON- 惨」


「股縄伝説2」


「FANZAブックス読み放題」


「FANZA・フィギュア」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 12:37|PermalinkComments(0) 微乳ドMの学級委員長とヲタク5人組のただれた夏休み 

2021年02月25日

23 ヤマイモ・・・海鮮女体盛り!!

「麻里奈さん、そのすり鉢の中身は山芋ですよね?」
と加藤。

麻里奈さんはニンマリし、うなずきながら説明する。

「コレが”新しいアイテム”の山芋をすりおろした”とろろ芋”よ、食べて良し、すすって良し、ネバネバで粘りがあって精力もつく食材でプレイには欠かせないアイテムよ」
と訳がわからない説明をする麻里奈さん。

「アッ、ちょっと待っててね、そろそろできたと思うから」
と部屋を出ていく麻里奈さん。

僕たちは”とろろ芋プレイ”にかなり期待している、きっと川上さんはそうとう乱れるだろう、川上さんは知っているんだろうか?山芋の効力を。

「川上さん、山芋って好きかな?家でよく食べてる?」
と加藤がカマというか普通をよそおった質問をする。

「エッ・・・ウチではあんまり食べないかなぁ・・・私はけっこう好きだけど・・・どうして?・・・」
と素直にこたえる川上さん。

川上さんはたぶん知らないんだ、”かゆくなる”って、知ってれば平気な顔をしてられるハズはないハズ、それともそういうプレイがあるということを知らないかのどちらかになる。

僕たちはお互いの顔を見ながらニヤリと笑う。

「ネェ・・・みんなニヤけてるケド・・・どうして?・・・」
となにかを感じ取った川上さん。

と、そこへ麻里奈さんが戻ってきた。

「おまたせ〜、見てコレ、ウフフフフ・・・すごいっしょ?・・・・どう?・・・・」
とすごく嬉しそうな麻里奈さん。

麻里奈さんが持ってきた器には、赤身のマグロがまるで男性器のような形状になっていて、それが串に刺してあるものが5本と皮をむいた自然薯がのっていた。

(ヤリっ、やっぱり、マジ?、スゲー、川上さんどうなるかな?)
と僕たちの心の声。

「それじゃあ凛子ちゃん、覚悟はイイわね?めちゃくちゃに乱れさせてあげる、楽しんでね」
と、これから川上さんをいたぶりもてあそぶことが楽しみでしかたない麻里奈さん。

(エッ・・・めちゃくちゃって・・・とろろ芋って・・・そんなに・・・・すごいの?・・・)
と川上さんの心の声。

「あの〜・・・麻里奈さん・・・とろろ芋って・・・そんなに・・・スゴイんですか?・・・」
と、やっぱりとろろ芋プレイを知らない川上さん。

「エッ・・・り、凛子ちゃん・・・とろろ芋プレイ・・・知らないの?・・・」
と目が点になっている麻里奈さん。

「・・・ハァ・・・・ハイ・・・・・」
と”なま返事”の川上さん。

「そ〜なんだ・・・知らないんだ・・・・フ〜ン・・・・ウフフフフフ・・・」
と、うれしそうな麻里奈さん。

「凛子ちゃん、大丈夫よ、わたしたちにまかせて、未体験ゾーンへ”逝かせて”あげるから」
と、したり顔の麻里奈さん。

「・・・ハァ・・・ハイ・・・・」
と、訳がわからないまま”なま返事”をする川上さん。

(イヤ、川上さん、これからするプレイはけっこうキツイんだけど、耐えられるかな、まー耐えられなくても麻里奈さんが満足するまでは泣き叫んでももてあそばれるんだけど)
と僕たちの心の声。

「じゃあ、さっきみたいに拘束するけど今回はロープを少しキツメに張って拘束するから、身動きはさっきよりできなくなるからね、理由はあとのお楽しみということにしとくわ」
と、意味ありげな事を言う麻里奈さん。

麻里奈さんの合図で川上さんをテーブルに拘束する僕たち、ちなみにテーブルの足は女体盛りの時の”倍”の高さにかさ上げしてある、そして川上さんの”ふともも”はテーブル幅いっぱいまで広げられのヒザ下と足首をテーブルの足に拘束具で固定、川上さんの腕はバンザイの形で拘束されている、かなり無防備というかワキの下からオマンコまでが僕たちの目にさらされている。

(アア・・・動かせない・・・・こんなに・・・キツキツに・・・・固定されちゃうなんて・・・)

「どお?・・・・凛子ちゃん、ほとんど動かせないでしょ?」
と、川上さんのキツキツ拘束に満足げな麻里奈さん。

「・・・ど、どうして?・・・ココまで・・・キツキツなんて・・・・」
と、理由を聞こうとする川上さん。

「ウフフフフフ・・・キツキツ拘束のワケ・・・・教えて欲しい?・・・凛子ちゃん♡」
と麻里奈さん。

(オッ、麻里奈さん、言っちゃうのかな?)
と僕たちの心の声。

「フフッ・・・・どうしようかな〜・・・・知っちゃうと凛子ちゃん・・・逃げたくなっちゃうかも・・・・でも・・・逃げられないし逃さないし・・・拘束されてるし・・・ウフフフフフ・・・」
と、川上さんの不安をアオル麻里奈さん。

(・・・ヤダぁ・・・コワイ・・・・)

「・・・ヤダ・・・・コワイ・・・・です・・・」
と、怖がりながらも期待もしている川上さん。

麻里奈さんは川上さんの不安を掻き立てることを楽しんでいる。

とろろ芋プレイで川上さんがどれだけ哭き叫んで乱れてくれることを至上の楽しみにしているようだ。

「ウフフフフフ・・・やっぱり・・・・教えてあげない・・・凛子ちゃんのカラダで味わいなさい・・・」
とイジワルな麻里奈さん。

(・・・麻里奈さんの・・・・イジワルぅ・・・・)
川上さんの心の声。

麻里奈さんが顔を”クイッ”とあげて僕たちに合図する、僕たちはとろろ芋を串に刺したマグロでとろろ芋をすくい取り、事前に麻里奈さんに言われたところに垂らしてヌリヌリする。

”S”である僕たち5人は”とろろ芋”の”痛痒効果”は知っている、そして事前に麻里奈さんからとろろ芋を塗りつける場所はワキの下、オッパイとチクビ、オマンコとクリトリスと指示されていた。

つまり、とろろ芋のカユミに耐えきれなくなった川上さんは僕たちにその5箇所を”かいて”欲しいと懇願するハズで、そうしたら”かく”よりも僕たちに”舐め吸わせる”という交換条件を麻里奈さんが出して、晴れて僕たちは川上さんの恥ずかしいところを”舐め吸う”ことができるということになるのだ。

その場所は両ワキの下と左右のオッパイとチクビ、オマンコとクリトリス、僕たちは嬉々として同時に5箇所にとろろ芋をヌリヌリする。

と、同時に川上さんのカワイイ悲鳴?があがる。

「・・・・ヒャアアア・・・・・なに〜〜〜・・・・・いきなり・・・」
と歓喜?の悲鳴?をあげる川上さん。

「・・・ヤ〜〜〜・・・・ワキ・・・・くすぐったいよぉ・・・・」
(川上さん、後で舐め吸ってあげるよ、と、とろろ芋をヌリヌリする石井と田口)

「・・・クフゥ・・・・クリ・・・・アクゥ・・・・ヤメテ・・・・・」
(川上さん、オレの舌でオマンコの奥まで舐めまわしてあげるよ、とオマンコとクリトリスにヌリヌリする時田)

「・・・ハワァ・・・チクビ・・・・コネコネ・・・・ヤ〜ン・・・・」
(川上さん、チクビを舐めて、あまがみして、吸ってあげるよ、とヌリヌリする加藤と今井)

僕たちと麻里奈さんのイジワルエッチな悪だくみを知らない川上さんは山芋のネバネバとヌルヌルに乱れ甘いタメ息をもらす。

(ハァ・・・・ヌルヌルネバネバの山芋って・・・塗られると・・・キモチイイ・・・・)
とのんきな川上さんの心の声。

僕たちは川上さんの3箇所にとろろ芋を塗り終え次の指示を麻里奈さんから待つことにした。

「どお?・・・凛子ちゃん、”とろろ芋プレイ”気に入ってくれたかな?」
と、したり顔の麻里奈さん。

「エッ・・・ハァ・・・ハイ・・・・でも・・・・これから・・・・何が?・・・・・」
と、この”とろろ芋プレイ”がまだ分からない川上さん。

「ん〜〜・・・そうね・・・もう少ししたら分かるからそのまま待ってなさい・・・いいわね?・・・」
と、これから起こることが楽しみでしょうがない麻里奈さん。

「・・・ハァ・・・・ハイ・・・・」
と、麻里奈さんのイジワルエッチな悪だくみを知らない川上さん。

と、それは突然にやってきた。






彼女の名前:  MaRiNaaxQQ
 ♡ログイン予定♡ ぜひあいにきてね♪8月5日 22:00~5:00    13日 22:00~5:00  14日 17:00~23:00୨୧* 。 ゚はじめまして* 。 ゚୨୧まりなを見つけてくれてありがとう♥普段は大学に通っています!こう見えて男性経験も少なくて、まだまだ慣れてなくてどきどきしてます、、!知識だけが増えていく一方、、(´;ω;`)まだまだウブなまりなをえっちにしてほしいな、、( *´艸`)♡一緒にいるとすごく楽しいって言われるのでみんなの癒しになれたら嬉しいです~♡(❁ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾ちっぱいだけど感度は最高♪おっぱい感じちゃいます開発されたい、、(・∀・) おもちゃをつかうのも、ここが初めてで、どんな快楽が待ってるのか、、、好奇心でワクワクしてます(/ω\)♪いろんなこと、まりなにおしえてください♡

お気に入りの女の子たち

kiku661AYU0lAmi1997rami11urr0119



<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女-尿道電気責め・連続絶頂」


「拷問ドラッグ第二章 塩見彩」


「悶絶マゾ調教」


「紺野みいな 緊縛解禁」


「美人受付嬢に羽交い締め連続腹パンチ&達磨緊縛ふみつけパンチ」


「FANZAブックス読み放題」


「FANZA・フィギュア」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 16:10|PermalinkComments(0) 微乳ドMの学級委員長とヲタク5人組のただれた夏休み 
【PR】
アフィリエイト広告を利用しています
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール