2018年10月29日

13 ユイカの生着替え

30分後ユイカちゃんは意識を取り戻した。


「アレッ・・・・・ユイカ・・・どうしたの?・・・」


「ユイカちゃん、気がついた?良かった~ユイカちゃん打たれすぎて気絶しちゃったんだゴメンよ、ユイカちゃんがもっとって言うから俺たち調子に乗って打ちすぎたんだ、本当にゴメン」


「そっか、ユイカ気絶したんだ、なんかイタイのもっと欲しくなって頭が白くなって・・・イツゥ・・・体中が・・・ヒリヒリ・・・する・・・よ」


「ゴメンね、ユイカちゃん別荘に戻ったら皮膚から吸収するシミない塗り薬があるからね」


「お兄さんたち、気にしなくていいよ、ユイカ・・・たぶん・・・ムチで打たれてみたかったんだ・・・最初は全然痛くなかったし・・・最後の方はイタかったけど・・・・大丈夫だよ・・・それより・・カキ氷食べたいな」


「お~そうだね、ビーチに戻ってカキ氷食べよう」


カキ氷を食べたあと別荘に戻りユイカちゃんの体に塗り薬を塗ってベットに休ませた、ユイカちゃんが寝たのを見計らって回復剤を直腸に挿れたのはいうまでもない。


夕方遅く、ユイカちゃんは俺が置いておいた白いネグリジェを着てリビングに降りてきた、その姿は背中に羽があったらまさしく天使のように見えた。


「ユイカちゃん、大丈夫?体痛くない?」


「うん、大丈夫、イタイのは少しだけになったから、赤いのもだいぶ減ったよ・・・・見て・・・」


(うわっ、ユイカちゃんすげーエロい)


ユイカちゃんはネグリジェをめくりあげおしりの部分を見せてくれた、赤い部分は確かに減っているように見える。


「グゥ~・・・アハハ・・・お腹鳴っちゃった」


「じゃあユイカちゃんのお腹が鳴ったことだし晩ごはん食べに行こうか、ユイカちゃんは何が食べたいかな?」


「ユイカ、お寿司食べたいな」


「お~寿司か~いいね~じゃあ晩ごはんは寿司食べよう泊まりは今日が最後だし、海辺だから少しいい所にしようか伊勢海老のお作りとかね」


「エッ、ユイカそんな高いところでなくてもいいよ」


「ユイカちゃん、大丈夫だよ俺たち医大生で親はお金持ってるけど、俺たち自身はプログラミングで毎月100万くらいは稼いでるからお金の心配はしなくていいよ」


「え~毎月100万も稼いでるの?スゴ~イ」


「じゃあユイカ、トロとか高いの食べてもいいの?」


「トロでもウニでもイクラでもお金のことは気にしないで食べていいよ、伊勢海老も人数分頼むからね」


「え~、ユイカ伊勢海老一匹食べていいのスゴ~イ、夢みたい」


「それでねユイカちゃん、少しいいところだから服が問題でね、女の子はワンピースで男はシャツとパンツなんだよね、ユイカちゃんの服は俺たちが選んだのでいいかな?実は買ってあるんだけど、気に入ってもらえるといいんだけど」


「エッ、ユイカに服買ってくれたの?ウソ・・・・見てもいいの?」


「もちろん」


「わ~すごい綺麗な箱、エッ、コレもしかして・・・グレースコンチネンタルって書いてある・・・たしかすごく高いブランドだったと思うけど・・・いいの?・・・」

「ユイカちゃんが気に入ればいいんだけどね」


ユイカちゃんが箱を開けて中を見ると純白で総レースのノースリーブワンピースが入っていた。


「わ~スゴイ綺麗、総レースで透けてるけどカワイイ~」


「ユイカちゃん、気に入ってくれた?」


「うん、スゴイ素敵・・・でも・・・コレに合わせるバッグとか靴とかアクセがないよ」


「大丈夫、全部そろえてあるよ、これ全部ユイカちゃんのために買っておいたんだよ」


「ウソ~、トキト兄さんスゴイよコレ、こんなの見たことないよ、コレ全部ユイカのために買ってくれたの?」


「ユイカちゃんのために俺たちが買っておいたんだよ、ユイカ姫のためにね」


「え~、そんな・・・・ユイカお返しできないよ~どうすればいいの~」


「ユイカちゃんはそんなこと考える必要はないよ、俺たちと楽しんでくれるだけでいいから」


「ホントに?ユイカにそんな価値があるのかな~?」


「ユイカちゃん、お金とか価値とかやめようよ、俺たちはユイカちゃんが大好きでユイカちゃんは俺たちが好き、それだけでいいんじゃないかな」


「うん・・・そだね・・・ゴメンナサイ・・・・ユイカが間違ってたたんだね」


「そうだよ、お金は関係ないから、ということでさ俺たちはユイカちゃんの生着替えが見たいんだけどね」


「あ~、やっぱりお兄さんたちは変態さんなんだね~女の子の着替えが見たいなんて」


「そう、俺たち変態なんだよ、女の子が恥ずかしがるところが大好物だからさ」


「んも~、いいよ見せてあげるよユイカの生着替え、楽しんでね」


「やり~ユイカちゃんの生着替えだ~ところでユイカちゃん下着はあるのかな?」


「エッ・・・下着?自分のを持ってきたけど・・・・どうして?・・・・」


「実はね、ユイカちゃんに着せたい下着もね、買ってあるんだけど・・・見てくれるかな?」


「もお~お兄さんたち下着まで買ったの~ホントに変態さんなんだね、いいよ、見てあげるよ」


「はいコレ、たくさん買っちゃんたんだよね・・・・ハハ・・・」


「わかったよ~見てあげるからさ~落ち込まないでよね・・・わ~ホントにいっぱい買ったんだね全部通販?」


「そう・・・通販・・・」


「コレってさ~お兄さんたちの願望?」


「そう・・・願望」


「やっぱり」


「ユイカちゃん、イヤかな?」


「フフッ、いいよ、お兄さんたちの願望だったら着てあげるよ」


「ホント?やり~」


「でもさあ~、コレなんて下着と呼べないんじゃないの?ほぼヒモだし」


「いや~それはね、一番面積が少ないということでね・・・ハハ・・・」


「じゃあ次にこのブラみたいなモノだけど、カップがないんですけど」


「それはね、アンダーがわかりやすいかな~て思ってさ~」


「はい次にこのパンツはアソコの部分に切れ目が入ってるんですけど、どうして?」


「それはね、着けたままで挿入しやすいということで・・・・」


「あのね、お兄さんたち、半分はアダルトコスチュームじゃないかと思うんですけど」


「エ~とね、そうです」


「ハァ~、男の人って全てこういう思考なんですか?」


「そうだよ」


「もお~わかリました、どの下着を着けて晩ごはんを食べるお店に行けばいいの?」


「コレ、どうかな?」


俺がユイカちゃんに手渡したのは黒でスケスケの下着。


「コレ?・・・ブラもショーツもスケスケだよ・・・総レースのワンピは下が見えにくいけど・・・」


「ユイカちゃん、白のレースワンピの下が黒のスケスケ下着でドキドキしようよ」


「え〜・・・そんな・・・恥ずかしい・・・よ・・・」


「じゃあ、いっその事ノーパンノーブラにしようか?」


「黒のスケスケ下着でいいです」


俺たちはユイカちゃんの生着替えショウを満喫し高級料亭で寿司と伊勢海老を堪能し帰路についた。


「お寿司美味しかったね~、ユイカあんな豪華なの初めてだよ・・・・ねぇ、お兄さんたち聞いてるの?ユイカのことジロジロ見てどうしたの?」


「イヤね、ユイカちゃんキレイだな~って見とれてたんだよ」


ユイカちゃんは両手を頬に当ててクネクネする。


「ヤダ~、そんなこと急に言われると恥ずかしいよ~もお~・・・・」


(ユイカちゃん、カワイすぎるよその仕草)


「ユイカちゃん、別荘までの帰り道、イタズラしていいかな?ワンピめくったり体さわったりしたいんだけど」


「エッ、・・・いい・・・けど・・・どうしたの?」


「なんかさ、急にねそういう欲求が湧いてきてね、たぶん、食欲のあとの性欲かな、ユイカちゃんていうとびっきりのエロカワ天使がいるからね


ユイカちゃんはまたしても両手を頬に当ててクネクネする。


「エロカワ天使なんて・・・・恥ずかしい・・・いいよ・・・ユイカを・・・・お兄さんたちの・・・

好きに・・・さわっても・・・」


(ユイカちゃん、カワイイ)


「やり~じゃあね下着は脱いでくれる?いっぱいエッチなイタズラしてあげる」


「うん・・・」


総レースの白のノースリーブワンピとパンプスだけのユイカちゃんのは艶かしく下着を着けていないためワンピースのファスナーをオシリの割れ目までいっぱいまで下げるとキレイな背中があらわになったワンピースが脱げないよに首の後ろのホックだけはかけておく。


ワンピースのファスナーを下げたのは俺たちの手がユイカちゃんの体に触りやすくするためだ。

ユイカちゃんの左にヒロシ、右にケンジそして俺が真後ろになりワンピをめくったりクリトリスを弄ったりとアナルをグニグニしたり乳首にいたずらしながら別荘に向かう。


「ハァ・・・アン・・・・イイ・・・・よぉ」


「ン・・・・・ハンッ・・・・アン・・・・もっと・・・・」


「アン・・・・ハァ・・・・ウン・・・・・」


ユイカちゃんは息を荒げ体をくねらせて送り込まれる快感に身悶え、歩けなくなって止まったりした。

ユイカちゃんの目は潤み口からはため息のような艶のある声をあげ俺たちにされるがままになってくれている。


「アン・・・・ウン・・・・・・ハァ~・・・・・イイ・・・・」


「イイ・・・・・モット・・・・・・アン・・・・・・ン・・・・・・」


「ハンッ・・・・・ン・・・・・イイ・・・・・アン・・・・・・ウン・・・・・」


「ヤン・・・オシリ・・・グニグニ・・・イイ・・・」


「アヒッ・・・クリ・・・イイ・・・ヨォ・・・」


ユイカちゃんが別荘に戻ってきたときにはイタズラによって送り込まれた快感でオマンコ汁が膝まで垂れてきていて体は赤みを帯び目はとろけきっていた。


「ユイカ、帰り道にお兄さんたちにイタズラされすぎて体が火照ってきちゃった・・・なんとかして・・・」


「ユイカちゃん、どうしてほしい?」


「もっと・・・強い・・・刺激が欲しい・・・な・・・」



【次回予告】、海外製、悶絶必死・超強力弾丸バイブ「Lovense Lush」でユイカちゃんを女体クラゲにする予定です。ご期待ください。









モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: