2018年11月19日

34 ユイカの尿道責め ②

ユイカはさらにカテーテルを出し入れし、エレナを乱れさせる。


「・・・アン・・・いいよぉ・・・オシッコの穴・・・いい・・・」


エレナはユイカにうしろから抱きつかれながら首をひねりユイカにキスをねだる、ユイカはキスにこたえながらカテーテルにひねりを加えキスで塞がれた口から歓喜の声をあげさせる。


「ンン・・・ん”ーーーーん・・・・・ウン・・・・」


ユイカは隠しカメラにウインクし手で”おいでおいで”をする。


別部屋で二人を隠しカメラでガチモニターしていた俺たちは???だ。


「あれっ、ユイカちゃん俺たちを呼んでるぜ、何かな?」


「レズショウを直接見せてくれるとかじゃないか?」


「やり~、美少女二人の生レズショウが見れるぞ」


俺たちが部屋に入るとユイカちゃんはエレナちゃんのカテーテルを”外して”の合図を送ってきた、プラスして手を差し出し何かを欲しいの合図もした、俺たちは部屋に戻り6本の手にアイテムを載せてユイカちゃんに見せる、ユイカちゃんが指さしたのは”ブジー”でこれからエレナちゃんの尿道を”ブジー”で責めるつもりらしい。


(ユイカちゃん・・・マジで・・・”ブジー”を使うのか?・・・・)


ユイカちゃんがエレナちゃんから唇から離しエレナちゃんは名残惜しそうにユイカちゃんを見る、今まで目を閉じてキスをしていたエレナちゃんは俺たちに気づいたが目が蕩けていて反応が鈍い、頭が回っていないようだ。


「・・・アレッ・・・お兄さんたち・・・いたの?・・・」


「・・エッ・・・ヤダッ・・・・いつからいたの?・・・」


エレナちゃんはようやく意識を取り戻したようだがユイカちゃんに抱きつかれているので大股開きを閉じることができずオマンコを手で隠そうとするがユイカちゃんに両手を掴まれてしまった。


「エレナちゃん、今からお兄さんたちにカテーテルを抜いてもらうの、足を広げてないとオシッコの穴にキズがつくかもしれないからこのままでいて」


エレナちゃんは首を赤く染めて横をむいて大股開きの恥ずかしさに耐えている、俺はカテーテルを掴み慎重にゆっくりとカテーテルを抜いた。


「・・・アン・・・・もう・・・おわり・・・ハァ~・・・・」


エレナちゃんは名残惜しそうにカテーテルを見ている。


「エレナちゃん、オシッコの穴、まだ欲しいの?・・・」


「・・・・・・・・・・・・・・」


ユイカちゃんはエレナちゃんのクリトリスを指でクニクニとなぶる。


「・・・アン・・・・ダメェ・・・」


ユイカちゃんはエレナちゃんの耳穴に舌を差し入れ耳たぶをあまがみする。


「ヤン・・・・みみ・・・いい・・・」


ユイカちゃんはベッドに置いてあった”ブジー”エレナちゃんに見せる。


「エレナちゃん、コレね、”ブジー”っていってオシッコの穴をホジホジして気持ちよくしてくれるオモチャなの、エレナちゃんに挿れていい?」


エレナちゃんの目は物欲しそうに”ブジー”に釘付けになっている。


(・・・コレが・・・オシッコの穴・・・ホジホジ・・・・)


”ブジー”は金属製でゆるい凹凸があり太さは4ミリほどで長さも15センチというもの。


(・・・ほしい・・・でも・・・ハズカシイ・・・・)


エレナちゃんはオシッコの穴で気持ちよくなるところを俺たちに見られることに抵抗を感じているようだ、ユイカちゃんがすかさずエレナちゃんにいう。


「エレナちゃん、恥ずかしいかもしれないけど、女の子は気持ちいいことには勝てないのよ」


エレナちゃんは顔を真赤にしながら俺たちを見てユイカちゃんに言った。


「・・・おねえさん・・・・エレナを・・・・気持ちよく・・・して・・・」


俺たちはベッドのまわりに陣取り二人のレズショウの始まりを待つ。


(ヤダ・・・お兄さんたち・・・ガン見してる・・・エレナ・・・おねえさんに・・・足広げられてるし・・・アソコ丸見えで・・・・恥ずかしいよぉ・・・)


ユイカはエレナに気遣い3人に言う。


「あのねお兄さんたち、そんな近くでガン見されるとエレナちゃんが気持ちよくなれないでしょ、後で呼んであげるから待っててくれる?・・・アッ・・・そうだ・・・オプションが用意できるかもよ・・・」


俺たちを呼んだのはユイカちゃんなのに”追い払うなんて”と思いつつ俺たちは渋々部屋を出ていく。


「・・・ユイカちゃん・・・・合図忘れないでよね・・・・で・・・オプションって・・・」


ユイカちゃんは人差し指で”シー”をした後に親指を立てて”イエイ”をしてくれた、俺たちも親指を立てて”イエイ”を返した。


ケンジが頭をかしげながら俺に聞く。


(オプションって・・・なんだろ・・・)


「トキト、ユイカちゃんの言ってたオプションってなにかな?」


「う~ん、わからん・・・けど・・・エッチなことは確かだと思う」


「ま~、楽しみに待ってればいいんじゃないか」


とヒロシが言う。


ユイカは”ブジー”にローションを垂らしながらエレナに言う。


「エレナちゃん、気持ちよくしてあげる、”ブジー”を味わって」


ユイカはゆっくりと”ブジー”をエレナの尿道の突き立てる。


「ずぶずぶずぶぅ」


「アウゥ・・・クゥ・・・入って・・・くるよぉ・・・いい・・・」


エレナは後ろのユイカの肩に頭をのけぞらせ次の快感を待っている、ユイカはクリクリと”ブジー”をひねり尿道の媚肉をこねくりながら短くゆっくりとストロークさせる。


「アヒィーーー・・・・いいよぉ・・・オシッコの・・・穴・・・・いい・・・」


ユイカはときおり奥深くまでエレナの尿道をえぐる。


「ハヒィーーーー・・・・オシッコ・・・出ちゃう・・・・」


ユイカの”ブジー”は尿道を突き抜け膀胱に達している、その証拠に”ブジー”をつたいオシッコが垂れてきている、エレナはすでに周りが見えずにいる。


ユイカは隠しカメラに向かい”イエイ”をした後に”おいでおいで”をして3人を呼び寄せる。


(・・・きた・・・・ユイカちゃんからの誘いだ・・・)


俺たちはゆっくりとベッドのまわりに場所を確保する、エレナちゃんはうすく目を開けて俺たちを確認したようだがそれどころではなく、ユイカちゃんから送られる”ブジー”の快感に身をゆだねている。


ユイカはエレナの耳をあまがみし、ささやく。


「エレナちゃん、お兄さんたちがエレナちゃんのイヤらしい所見にきたよ、恥ずかしい?」


エレナちゃんはうす目を開けて”コックリ”とうなずく、頭が下がった時に口からはよだれが垂れ落ちエレナちゃんがいかに我を忘れて”ブジー”から送りこまれる快感にひたっているのかがわかる。


ユイカちゃんは”ブジー”で小さな円を描きエレナちゃんをさらなる高みに押し上げる。


「ヒャアーーーーーーダメェーーーーなにか・・・クルゥーーーーー」


このときユイカはエレナのクリトリスに爪を立て引っ掻いた。


「・・・・・・・・・・・キヒィーーーーーーーーー」


エレナちゃんは後ろで体を抱き寄せているユイカちゃんを押し倒し、反り返ってガクガクと体をふるわせた。


「ハァ・・・ハァ・・・・おねえさん・・・・もう・・・ゆる・・・して・・・・・」


ユイカちゃんはエレナちゃんから”ブジー”を抜き取りクルリと反転しエレナちゃんの体を下にして耳元でささやく。


「エレナちゃん、今のなんだか分かる?、”クルゥ”って感じの?」


「・・・・わかんない・・・頭が白くなって・・・・」


「・・・それはね・・・・”イクッ”て言うのよ・・・エッチなマンガとかで見たことあるでしょ?」


「・・・・・・・・・・・・・・」


(・・・あれが・・・イクッ・・・なんだ・・・・・ヤダ・・・・ハズカシイ・・・・でも・・・ヨカッた・・・・)


ユイカちゃんはエレナちゃんに長いキスをして言った。


「ユイカもオシッコの穴で・・・気持ちよくなりたいな・・・エレナちゃん・・・してくれる?・・」


(うおっ・・・ユイカちゃん・・・Mになった?・・・・)


ユイカちゃんのオマンコはビショビショになっていて首から上が赤く染まり目が蕩けている、エレナちゃんを責めながら同時に自分も責められている感覚になっていたようだ。


「おねえさん・・・いいの?・・・エレナ・・・悪魔に・・・なるよ・・・」


「・・・うん・・・いいよ・・・悪魔になって・・・ユイカを・・・めちゃくちゃに・・・して・・・」


「フフッ・・・おねえさん・・・しらないよ・・・・こわれても・・・フフッ・・・エレナ・・・今・・・きちゃってるから・・・・ウフフッ・・・」


(うおっ・・・スゲー・・・エレナちゃんの顔・・・ヤバイ・・・・)


エレナちゃんの顔は紅潮し笑っているが小悪魔の顔になっている。




モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: