2019年03月02日

39 マングリ返しで子宮口を・・・

頂上駅のトイレの前でしばらく待っていると二人が出てきた、きちんと服を整え直してきたようだ。

ユイカちゃんはケンジの顔を見て”ポッ”と顔を赤くした、初めてオマンコの奥の子宮口を舐め回されたんだから無理もない、ユイカちゃんの体にはその余韻がまだ残っているだろう、その時ユイカちゃんは気がついた、ケンジの口の周りはユイカちゃんのオマンコ汁でテカっていたのだ。



(ヤダッ・・・ケンジ兄さん・・・口の周り・・・・ハズカシイ・・・・)



ユイカちゃんはカバンからティッシュを取り出しあわててケンジの口の周りのオマンコ汁を拭き取る。



「ん、ユイカちゃんどうかした?」



ユイカちゃんは赤い顔でケンジの耳にヒソヒソとささやく。



「ケンジ兄さん・・・お口の周り・・・・ユイカの・・・・」



「ん、美味しかったよ、ユイカちゃんのオマンコ汁」



ユイカちゃんはあわててケンジの口に手を当てて塞ぐ。



「ヤダ・・・・他の人に聞こえるじゃない・・・・もぉ~・・・」



ケンジはすかさずユイカちゃんのスカートの中に手をいれパンツの上からクリトリスを指で引っ掻く。



「ヒャア~・・・」



今度はケンジがユイカちゃんの口に手を当てて悲鳴を塞ぎ耳元でささやく。



「また俺の長い舌で子宮口をグニグニツンツンしてほしい?」



「・・・・・・・」



少しの沈黙のあとユイカちゃんは首まで赤くしてうなずいた。



「フフッ、帰りの車の中でいっぱいしてあげる」



ケンジの期待通りの返事にユイカちゃんは恥ずかしそうにはにかんだ笑顔でケンジの手を握り恋人つなぎにしてうつむいた、よほど子宮口へのレロレロツンツンが気に入ったようだ。



「おおっ、いいなぁ、ケンジ長い舌のおかげでユイカちゃんと恋人つなぎできるなんてうらやましいぞ」



俺とヒロシが二人をからかいながら歩いていこうとするとエレナちゃんが俺のシャツを掴みながらついてくる、少し怒っているようだ、どうやらエレナちゃんはユイカちゃんにヤキモチを焼いているらしい、14歳の女の子の気持ちはむずかしい、俺が手を差し出すとエレナちゃんは嬉しそうに恋人つなぎをしてくれた、ヒロシはあぶれてしまったがそれほど気にしていないようだ。



寝姿山の頂上には愛染明王堂があってソコまで行くとユイカちゃんとエレナちゃんは”キャイキャイ”言いながらはしゃいでいる、恋愛に夢見るお年頃なんだと改めて気づいたのはケンジもヒロシも同じみたいだ、3人で目配せしながらこれからどうやってユイカちゃんとエレナちゃんを弄ぶか思案にふける俺たちを知ってか知らずかユイカちゃんとエレナちゃんは愛染明王堂の前で手を合わせている。



ロープウェイの頂上駅までの帰り道、ユイカちゃんはケンジと恋人つなぎ、エレナちゃんはトキトと恋人つなぎになっている、あぶれたヒロシは写真を撮る担当になってしまったがそれではつまらいのでユイカちゃんとエレナちゃんに羞恥露出をさせる指示をヒロシがラインでケンジとトキトに出し、そのライン画面を二人に見せながらケンジとトキトが実行してヒロシが撮影していくというプレイをすることになった、ちなみにユイカちゃんもエレナちゃんも拒否はできない約束にした。



黒船を見張る展望台でユイカちゃんに望遠鏡を見させ後ろからイタズラさせる指示が入る。



(パンツの隙間から直接クリトリスとアナルにイタズラしろ)



おあつらえ向きにユイカちゃんはオシリを突き出して望遠鏡を見ている。



ケンジがラインの画面をユイカちゃんに見せる、ユイカちゃんがうなずく、ケンジがパンツの隙間から手を入れクリトリスとアナルをなぶり始める、ユイカちゃんは口に手を当て声を出さまいとするがクリトリスとアナルに送られる快感に抗うことはできずときおり声が漏れてくる。



「アン・・・・ハァ・・・」



(ダメェ・・・こえ・・・・でちゃうよぉ~・・・・)



望遠鏡は3分くらいは見ることができるはず、ユイカちゃんはそのあいだケンジのイタズラを受けつづけることになる。



ユイカちゃんの口から声が漏れるてくる。



「ヤァ~・・・・・」



(アヒ・・・・オシリ・・・・ユビ・・・・)



ケンジの中指がユイカちゃんのアナルに完全に埋まる、ユイカちゃんは口をおさえながらフリフリとオシリを振り、ケンジに”ヤメテ”と抗議するがケンジは”もっとほしい”という合図と受け取り、更にグニグニと中指を動かしユイカちゃんの直腸をなぶる。



(ヒィィ・・・・ユビ・・・・うごかしちゃ・・・・ダメェ・・・)



ユイカちゃんのパンツはオマンコ汁でヌレヌレになり重みを増していく。



「カシャン」



望遠鏡の見れる時間が過ぎユイカちゃんが上気した顔で下唇を軽くかみながら抗議の目をケンジに向け口をパクパクと動かす、どうやらこう言っているようだ。



(ケンジ兄さん・・・の・・・エッチ・・・イ・ジ・ワ・ル・・・・)



ケンジは笑いながら手を差し出しユイカちゃんに手を繋ごうと求める、ユイカちゃんは少しスネながらも恋人つなぎをする。



ユイカちゃんは何か思い出したかのようにティッシュを取り出しケンジの左の指をフキフキする、どうやらケンジがアナルに挿れた指に”アレ”が着いていないかを心配しているようだ、それでも納得できないユイカちゃんはケンジを引っ張ってトイレに連れて行き手を石鹸で洗わせた。



場所は代わって”黒船見張所”にやってきた俺たち、大きな大砲の横には見張り小屋みたいな小屋がある。



ヒロシはトキトのスマホにエロい司令をラインで出す。



(小屋の中でエレナちゃんのオマンコ汁が出てくるところを動画に撮れ)



トキトはエレナちゃんに画面を見せる、エレナちゃんは口にパーを当てている、トキトがロープウェイの続きをしようとエレナちゃんの耳にささやく、エレナちゃんは顔を赤くしながらもうなずく。



トキトはヒロシに見張りを頼みエレナちゃんを小屋の中に連れ込んだ。



トキトはスマホを動画モードにしてロープウェイのときのようにエレナちゃんの左膝を自分の左膝に乗せて足を開かせる、エレナちゃんは後ろのトキトに体を預けささやく。



「エ、エレナの・・・エッチな・・・おツユ・・・・撮って・・・ください・・・・」



トキトはエレナちゃんのブロンドをかき分け耳をナメながら言う。



「フフッ、いやらしい娘だ、いっぱいオマンコ汁を出させてあげる」



「ヒャア・・・ミミ・・・ナメちゃ・・・・ダメェ・・・」



トキトはエレナちゃんのタンクトップとブラをまくりあげ後ろから回り込んで右のチクビを含み舌でこね回す、左の指は左のチクビをコリコリとひっかき、右の指でクリトリスを押しつぶしたり引っ掻いたりしながらエレナちゃんの反応を楽しむ。



「ダメェ・・・また・・・・3箇所・・・・同時なんて・・・反則だよぉ・・・・・」



エレナちゃんはガクガクと体を震わせる、トキトの指がアナルをグニグニをするとエレナちゃんはガクッと体が落ちかける。



「ダメェ・・・立ってられないよぉ・・・・」



トキトはエレナちゃんを抱きかかえながらもチクビとクリトリスとアナルへの愛撫をつづける、エレナちゃんのオマンコ汁は太モモまで濡らしている。



「ヤァ~・・・・アン・・・・イイ・・・・クリ・・・・・イイよぉ・・・・」



「ハヒッ・・・・オシリ・・・・ユビ・・・挿れないでぇ・・・・・」



トキトはクリトリスを爪の先でひっかき擦る。



「イヒィ・・・・ダメェ・・・おかしくなっちゃうよぉ・・・・」



エレナちゃんはガクガクと体を震わせ快感を逃がそうとするがトキトに抱きかかえられているので思うように動かせない、エレナちゃんのオマンコ汁は膝の下まで垂れてきている、エレナちゃんは何回もビクビク、ガクガクを繰り返し最後に大きく体をのけ反りながら脱力した。



「ダメェ・・・イ・・・クゥ~・・・」



エレナちゃんはビクビクと体を震わせながら呼吸を荒げている。



「・・・ハァ・・・ハァ・・・」



トキトはエレナちゃんの耳をナメながらささやく。



「エレナちゃん、きもちよかった?」



エレナちゃんは蕩けた目でトキトを見ながら上気した顔でうなずく、ヒロシが小屋を覗き込みながら小声で話す。



「エレナちゃん、満足できた?」



エレナちゃんは真っ赤な顔でうなずくとケンジとユイカちゃんも小屋の中に入ってきてユイカちゃんが言う。



「スゴイ・・・・エッチな匂いがプンプンするよ・・・」



エレナちゃんは恥ずかしそうに



「・・・言わないで・・・・ハズカシイ・・・・」



帰りのロープウェイは他の人たちの帰り時間と重なったのか定員近くになりあまりイタズラすることができず俺たちもユイカちゃんもエレナちゃんも若干期待ハズレな事になってしまった、ので、帰りの車の中では自然にセカンドシートにトキトとエレナちゃん、サードシートでケンジとユイカちゃん、ヒロシは運転手となった。



トキトとエレナちゃんがイチャつき始め、サードシートのケンジとユイカちゃんもイチャついている、ヒロシは流れでカップルにはなれなかったがそれほど気にせず帰りの運転を楽しんでいるようだ。



ケンジがユイカちゃんにイタズラしながらヒソヒソと耳打ちする、ユイカちゃんの太モモはケンジの足の上に乗せられ無防備のオマンコはケンジのクリトリスへのイタズラで濡れそぼっている。



ユイカちゃんはなまめかく目を濡らしながらケンジを見つめ何かを期待しながらも言えずにいると察したケンジがユイカちゃんの耳をナメながらささやく。



「ユイカちゃん、アレしてあげようか?」



ユイカちゃんはスゴイ嬉しそうな顔をしつつ恥ずかしいのかとぼける。



「エッ・・・・アレって・・・・」



ケンジはユイカちゃんの心を読みながらさらに言う。



「行きのロープウェイでしてあげたことだよ」



ユイカちゃんは恥ずかしそうだが満面の笑顔になっている。



「・エヘヘ・・・・・・・」



「ユイカちゃん、言わないとしてあげないよ」



「ユイカに・・・・エッチな・・・こと・・・してください・・・」



「ユイカちゃん、違うでしょ」



「・・エヘヘ・・・・・ハハッ・・・」



ユイカちゃんは恥ずかしすぎて言えないでいる、ケンジはユイカちゃんにささやく。



「ユイカちゃん、こう言ってくれるかな?」



「ユイカのオマンコの中と奥の子宮口を長い舌で”レロレログニグニしてほしい」



ユイカちゃんは物欲しそうに潤んだ目でケンジを見ている。



(・・・そんな・・ハズカシイ・・・・こと・・・・言えないよぉ・・・)



ケンジは”ジー”とユイカちゃんを見つめる、ユイカちゃんは意を決してケンジの耳にささやく。



「ユ、ユイカノ・・・オマンコノナカト・・・オクノ・・シキュウグチヲ・・・ケンジニイサンノ・・・ナガイ・・シタデ・・・・レロレロ・・・グニグニ・・・シテクダサイ」



「フフッ、ユイカちゃん、よく言えました、いっぱいレロレログニグニしてあげる」



ユイカちゃんは嬉しそうだ。



ケンジはユイカちゃんをマングリ返しにして両方の手首と足首を拘束具で拘束した。



「ああん・・・こんなカッコウ・・・・ハズカシイ・・・・」



ケンジは長い舌をくねらせユイカちゃんに見せつける、ユイカちゃんの目はケンジの長い舌に釘付けになっている、ケンジはユイカちゃんのオマンコを広げ一気に子宮口に届くように舌を刺し挿れた。



「イッヒ~・・・・ヒャア~・・・・・」



ユイカちゃんは一気にきた刺激に歓喜の声をあげのけ反ろうとするがマングリ返しではお尻を動かすことしかできない。



ケンジは長い舌を抜き刺ししながらユイカちゃんの子宮口をねぶり回す。



「ハァ~・・・・イイよぉ・・・・もっと・・・いっぱい・・・・してぇ~・・・」



「ユイカちゃん、どこが気持ちいいの?」



「アソコが・・・・気持ちいい・・・・のぉ・・・・」



「アソコじゃないでしょ?オマンコと子宮口でしょ」



「ヤン・・・ケンジ兄さん・・・イジワル~・・・・」



「言わないと、抜いちゃうよ」



「ダメェ・・・抜かないでぇ~・・・」



ケンジは長い舌をくねらせながらユイカちゃんに恥ずかしい言葉を言わせようとする。



「モォ・・・言うから・・・お願いィ~・・・・」



ケンジはマングリ返しの上からユイカちゃんを見ている。



「ユ、ユイカの・・・・オマンコと・・・・子宮口が・・・気持ちいいのぉ~・・・」



「よく言えました」



ケンジはユイカちゃんの子宮口をこれでもかとねぶり倒す。



「ヒィィ~・・・・イイよぉ・・・・子宮口・・・・いいのぉ・・・・・」



ユイカちゃんは待避所に車が止まったことを知らないでいる、このボルボのサードシートは後ろ向きになっている、つまり電動リヤゲートを開けるとユイカちゃんのマングリ返しは丸見えになるのだ。



ヒロシとトキトとエレナちゃんはリヤゲートの後ろに立っている、その時ヒロシがリモコンで電動リヤゲートを開けた。



これから今日のメインイベントが始まる、ユイカちゃんを晒しものにするのだ。



「カチャ、ウイーン」



ユイカちゃんは知らずにケンジにオマンコの奥の子宮口をねぶられまくられている。



「ハァ~・・・いいのぉ・・・・・オマンコ・・・いい~・・・・」



ユイカちゃんはボルボの横を通る車の音に気がついた。



(エッ・・・車・・・・停まってる?・・・・)



ユイカちゃんが頭をひねるとヒロシとトキトとエレナちゃんが立っているのが見える。



(エッ・・・・なに・・・ウソ・・・・外が・・・見える?・・・なに?・・・・)



エレナちゃんがユイカちゃんを覗き込みながら言う。



「おねえさん、アソコ・・・・気持ちいい?・・・・」



「キャァ~・・・・・ヤダ・・・・ヤダ・・・・ヤメテェ~・・・・・」



ユイカちゃんは必死になってマングリ返しから起きようとするがケンジに腰を掴まれているのでほとんど動けないでいる、その間もボルボの横を車が通って行く。



「ヤダ・・・・ヤダ・・・・閉めてぇ~・・・・見られちゃうよぉ~・・・・」



「ウイーン、カチャ」



リヤゲートが閉められユイカちゃんはケンジを見る、ケンジはニッコリと笑いながら言う。



「ユイカちゃん、ドキドキした?」



「ヤダァ~・・・ケンジ兄さん・・・知ってたの?・・・・」



ほらもう一回開けるよ



「ウイーン、カチャ」



「ダメ・・・ダメ・・・いや~・・見られちゃうよぉ~・・・・」



「ユイカちゃん、叫ぶとよけいに人の視線をあつめるよ」



ユイカちゃんは口パクでケンジに訴える。



(閉めてぇ・・・・早く閉めてよぉ・・・・ヤダ・・・・見られちゃうよぉ~・・・・)



ケンジがワイヤレスイヤホンをユイカちゃんに見せての耳に入れる。



(なに・・・・なんなの?・・・・・・)



ケンジを見るとケンジもワイヤレスイヤホンをつけている。



「ユイカちゃん、聞こえる?聞こえたらうなずいて」



ユイカちゃんは素直にうなずく。



「これからね、外の様子とか実況中継してあげるからね、楽しみにして」



(なに?・・・・実況中継って・・・・)



その時ユイカちゃんのワイヤレスイヤホンにトキトの声が入ってくる。



「ユイカちゃん、自転車に乗った中学生が3人近づいてくるよ」



ユイカが首をひねって道路を確認すると自転車の中学生がボルボに近づき通り過ぎようとしている。



(ヤダ・・・・ダメェ・・見られちゃう・・・)



自転車の中学生がボルボの横を通るときケンジがユイカちゃんのオマンコの長い舌を一気に刺しこんだ。



「ヒャア~・・・・ダメェ~・・・」



ユイカちゃん、大きな声を出すと自転車の中学生が戻ってくるかもしれないよ。



ユイカちゃんはまたケンジに口パクで訴える。



(もうダメ・・・・ヤメテ・・・・)



ケンジはユイカちゃんを見ながらオマンコの中と子宮口を長い舌でねぶりなで回す、その音はユイカちゃんのワイヤレスイヤホンに伝わる。



(ペチャ・・・ピチャ・・・・ペチャ・・・・)



(ヤダ・・・・この音・・・・ユイカの・・・アソコから・・・・)



いやらしい音はケンジのワイヤレスイヤホンのマイクが拾っている。



「ユイカちゃん、オマンコの中をケンジの長い舌でかき回されるエッチな音がこっちにも聞こえてるよ、それとまた自転車の中学生が近づいてきてるよ」



「イヤァ~・・・閉めてぇ~・・・」



その時リヤゲートの前に立ってユイカちゃんを見えにくくしていたトキトとヒロシが動き車の奥でマングリ返しされているユイカちゃんが道路から丸見えになった。



トキトはそのタイミングでユイカちゃんのワイヤレスイヤホンに言う。



「ユイカちゃん、自転車の中学生に見てもらおうか?」



(ウソ・・・道路から・・・丸見え・・・・)



その時ユイカの目には先頭の自転車の中学生の目と一瞬合った気がした、と、同時にユイカちゃんの口から悲鳴が上がる。



「キャァ~・・・ヤダァ~・・・ダメェ~・・・」



(ウイーン、カチャ)



ユイカちゃんの叫び声はリヤゲートが閉まるとともにかき消された。



「ユイカちゃん、スゴイよオマンコ汁があふれてきてるよ、見られて感じちゃってるんだね」



ユイカちゃんは目に涙を浮かべながらケンジに言う。



「もう・・・ダメ・・・恥ずかしすぎるよぉ・・・カンニンして・・・」



ケンジはユイカちゃんの拘束具を外すとユイカちゃんはケンジにしがみつきすすり泣きはじめた。



(ヤバイ・・・やりすぎた・・・かな・・・)



ケンジはかける言葉もなくユイカちゃんの頭と背中を撫でている。



ユイカちゃんは顔をあげケンジに訴える。



「怖かった・・・恥ずかしかった・・・・・・・・・でも・・・」



「でもって?もしかしてユイカちゃん」



「フフッ・・・いいの・・・・」



ユイカちゃんは真っ赤な顔で言いケンジにしがみきながら言う。



「ケンジ兄さん・・・抱いてて・・・」



ケンジはユイカちゃんを抱きながら頭と背中を撫でる。



「ユイカちゃん、ドキドキして興奮したとか?」



「・・・ヤダ・・・・ハズカシイ・・・・」



ユイカちゃんは愛玩動物のようにケンジの胸に顔を押し付けケンジの耳を舐めながら恥ずかしそうにハニカんだ笑顔をケンジに見せてささやいた。



「ケンジ兄さんの・・・・長い舌・・・・スキ・・・・・またしてほしいな・・・・」



「ユ、ユイカちゃん・・・それは俺の長い舌でユイカちゃんのオマンコの中と子宮口をレロレロペロペロしてほしいってことかな?」



ユイカちゃんは真っ赤な顔でケンジの耳にささやく。



「ヤダ・・・・そんなハズカシイこと・・・聞いちゃ・・・ダメェ~・・・・」



ユイカちゃんはまだワイヤレスイヤホンをつけたままでいることを忘れているのか知っててわざとケンジとの会話を俺とヒロシに聞かせているのかどっちだろう、たぶん忘れてると思うけど念の為聞いておこう。



「ユイカちゃん、ワイヤレスイヤホンからケンジとの会話全部きこえたよ」



「エッ・・・・ヤダ・・・・」



(やっぱり忘れてたんだな)



「ユイカちゃん、もっと恥ずかしくしてあげるからね、期待していいよ」



ユイカちゃんはケンジにしがみつきながらうなずく。



「・・・・ウン・・・・・」



ユイカちゃんが少し落ち着いたところでヒロシが車を走らせコテージへ向かう。



「エレナちゃん、もう夕方だから家まで送るよ、お父さんとお母さん今日帰ってくるんでしょ?」



エレナちゃんは少しモジモジしながら上目遣いで言う、



「あ、あのね、お昼すぎにママからラインがあって今日帰ってくる予定が明日に延びたの、それでね、今日帰らなくてもよくなっちゃって、エレナねもっと一緒にいたいの・・・ダメ?・・」



(カ、カワイイ、カワイイよ、エレナちゃん)



ヒロシとトキトは指でOKマークを作りながら笑顔で



「エレナちゃん、大歓迎さ~」





コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: