2019年03月12日

42 ネグリジェの中で変態チックに・・・

ユイカちゃんはケンジの右腕を枕にスヤスヤと眠っている、ケンジも少しは眠ったが30分ほどで起きてしまった、理由は右腕のしびれ、だがユイカちゃんを起こす訳にはいかないし、ユイカちゃんの右手はケンジのTシャツを握り白いネグリジェからはみ出たユイカちゃんの右足はケンジの左足に絡みついている。

「はぁ〜・・・・」

ケンジはため息をつきユイカの寝顔を見つめている。

(こんなカワイイ子が俺の腕枕で寝てるんだよな〜、幸せだなぁ〜)

ケンジが右腕のしびれに耐えつつそんな想いにふけっていると、ユイカちゃんの目が開きケンジを”ジー”と見返してくる。

(寝ぼけてるのかな?)

ケンジがそんなことを考えているとユイカちゃんが話かけてきた。

「・・・いつから見てたの?・・・」

「えっ、いや、その、けっこう前からかな」

「・・・ヤダ・・・ハズカシイ・・・起こしてくれたらいいのに・・・」

「いや、ユイカちゃん気持ちよさそうに寝てたし」

「フフッ・・ケンジ兄さん・・・やさしい・・・・」

ユイカはケンジの体に乗っかり頬杖をついてケンジを見る。

「ケンジ兄さん・・・舌を見せて・・・・」

「ん、こうかい?」

ケンジは長い舌を”クネクネ”ウネウネ”と動かす。

「キャハ・・・・スゴイ長い・・・クネクネして・・・エッチな感じがする・・・」

「でもこの長い舌の先っちょがユイカちゃんのオマンコの中と子宮口をレロレログニグニしたんだよ、ユイカちゃん、気持ちいいってあえいでたじゃん」

「イヤン・・・ハズカシイこと・・・言っちゃ・・・ダメェ〜・・・」

ユイカは何かを思いついたらしくケンジに言う。

「ケンジ兄さん、そのままいっぱいまで舌を出して見て」

「ん、こうかな?」

ユイカはケンジの舌の先端にフレンチ・キスをして恥ずかしそうに笑う。

「えっ、ユイカちゃん・・・・今のは・・・」

「フフッ・・・・」

ユイカは騎乗位になりパンツ越しにオマンコをケンジの股間にグリグリと押し付ける。

「フフッ・・ケンジ兄さん・・・オチンチン・・・固くなってきたよ・・・気持ちいいの?・・・」

ユイカのパンツのオマンコの部分はすでにオマンコ汁でグッショリと濡れそぼっている、それがケンジのボクサーブリーフにしみこんでいく。

「ユイカちゃんのオマンコ汁でグッショリのパンツが、俺のブリーフにシミをたくさん作ってるんだけど」

「ヤン・・・そんなハズカシイこと・・・言っちゃ・・・ダメェ〜・・・」

ユイカはまた何かを思いついたようにベッドに立ち上がり足首近くまであるネグリジェをフリフリと左右に広げてケンジに言う。

「ウフフフフフ・・・ケンジ兄さん・・・ユイカのネグリジェにもぐってみたい?・・・」

「ええっ、そんなことしていいの?」

「フフッ・・いいよ⤴・・・男の人ってこうゆう変態チックなことがスキなんでしょ?・・・・」

「うん、そういうの男の憧れかな」

「フフッ・・ケンジ兄さん・・・ユイカのネグリジェにもぐって好きなことしていいよ・・・」

「ユイカちゃん、ホントに好きなことしていいの?俺いろんな”いやらしいこと”しちゃうよ」

ユイカはケンジの言った”いやらしいこと”に期待をこめてケンジに言う。

「ウフフフフフ・・・ケンジ兄さんの・・・自由に・・・い・や・ら・し・い・こ・と・・・・さ・せ・て・あ・げ・る・・・・」

ケンジはニンマリと笑い

「それじゃあユイカ姫、いただきま〜す」

「アハハハ・・・ヤダァ・・・・なにそれ・・・おもしろ〜い・・・」

ケンジはユイカのネグリジェにもぐり込み大きく息を吸い込む、ユイカのネグリジェの中はネットリと生暖かく甘酸っぱい香りが充満しケンジのオスの嗅覚をコレでもかと刺激する。

ケンジはユイカちゃんのパンツのヒモを解きオマンコの部分を確認する、ソコはベッチョリとオマンコ汁を吸い込み重みを増していた。

「ユイカちゃん、ヒモパンツがオマンコ汁で重かったんじゃない?ビショビショだよ」

「イヤン・・・ハズカシイこと・・・言っちゃ・・・ダメェ・・・」

そう言ってる間にもオマンコからはオマンコ汁が泉のように湧き出してくる、ユイカはケンジの頭に手を添えて不安定なベッドの上で立っている。

ケンジはオマンコの最奥に長いし舌を刺し挿れるべくオマンコを広げ、ピンク色のユイカの膣の入り口を舐め回し一気に子宮口に舌を到達させる。

ユイカは待っていた子宮口への刺激に頭をのけぞらせ歓喜の声をあげる。

「ヒャァ〜・・・・ケンジ兄さん・・・・・・奥・・・・いいよぉ・・・」

ケンジは長い舌を”抜き刺し”し膣壁と子宮口をねぶりまくる。

「アアンッ・・・・アアッ・・・・ンンーーーーー」

「アン・・・ケ・ケンジ兄さん・・・もう・・・立ってられなくなっちゃうよぉ〜・・・」

そう言いつつもユイカは手を添えている手でケンジの頭をオマンコに押し付ける。

ケンジはユイカの子宮口をレロレログニグニと集中的に舐め回す。

「アアン・・・ハン・・・・ウウン・・・・・アハッ・・・・アン・・・・」

ユイカはケンジの子宮口への集中した愛撫に快楽の虜になり脳ミソをとろけさす。

「・・・・アアッ・・・・もう・・・ダメェ・・・」

ユイカはくずれおちるようにオマンコをケンジの舌で刺されながらベッドの上に座り込んだ、そのときにケンジの舌は最奥の子宮口を圧迫しユイカは歓喜の悲鳴をあげた。

「キャヒ〜・・・・・・」

「・・・・・うっぷ・・・・・・・」

ケンジはユイカの腰を掴んで自分の胸に移動させネグリジェから顔を出して言った。

「ユイカちゃん、大丈夫?」

「ウン・・・大丈夫・・・ゴメンナサイ・・・ケンジ兄さんの顔にユイカのアソコ乗っちゃった・・・・」

ユイカはトロけきった目でケンジを見つめて言う。

「ケンジ兄さん・・・スゴく・・・ヨカッた・・・アタマ・・・とろけちゃった・・・」

ユイカは何かを思いついたらしく真っ赤な顔でケンジに言う。

「ケンジ兄さん・・・舌をいっぱい出して・・・」

「ん、こうかい?」

ユイカはネグリジェから頭をはずし自分とケンジをおおいかくしケンジの舌に吸い付いた。

(チュ・・・チュパ・・・チュパ・・・・レロレロ・・・・)

ケンジは慌てて舌を引っ込ませ

「ユ・ユイカちゃん・・・・・」

ユイカはケンジを潤んだ目で見つめながら

「ケンジ兄さん・・・もっと・・・」

ケンジは戸惑いつつも舌を差し出す。

(・・・レロ・・・レロ・・・チュ・・・チュパ・・・チュパ・・・)

ケンジの心の声

(ああっ・・・ユイカちゃんの舌が俺の舌を吸ってまとわりついてくれるなんて・・・・)

ユイカはついにケンジの長い舌を口に含み”ングング”と飲み込もうとする。

ケンジの心の声

(ああっ・・・俺・・・ユイカちゃんとキスしてる・・・しかも舌を吸われてる〜・・・)

「ハァ〜〜〜〜・・・・」

ユイカは息を吐き出しケンジの舌を解放しながら言う。

「ケンジ兄さん・・・ユイカのお口の中・・・レロレロ・・・したい?・・・・」

ケンジは無意識にコクコクとうなずく。

「フフッ・・・いいよ⤴・・・レロレロ・・・させて・・・あ・げ・る・・・」

ケンジはユイカをお姫様抱っこにして顔を近づけていくとユイカは目をつむり少し唇を開けケンジの唇と舌を待ち受ける。

(チュ・・・チュ・・・)

ケンジはユイカの唇に軽く触れながら舌先で閉じられた歯をこじ開けユイカの舌に自分の舌をからませながらユイカの口の中を長い舌をくねらせ縦横無尽に蹂躙する。

ユイカは鼻を鳴らしながら自分の唾液をケンジの舌にまぶして吸わせ、ケンジから送り込まれる唾液をむさぼり吸う。

「・・・ンンッ・・・・ウン・・・・フン・・・ハン・・・アアン・・・」

「ハァ〜〜〜〜・・イイ・・・ケンジ兄さん・・・キス・・・上手・・・・」

ユイカとケンジは見つめ合い少しの沈黙のあとケンジがささやく。

「ユイカちゃん、”チュー”はNGって言ってなかったっけ」

「ウフフフフフ・・・ケンジ兄さんだけ・・・・・・ナイショ・・・ネ・・・・」

ユイカは”もっと”と唇を開きキスをねだる、ケンジは応えキスをしながらユイカの口の中をレロレロしまくる。

「ウン・・・フン・・・アアン・・・アン・・・・イイ・・・」

「ハァ・・・・ハン・・・・アン・・・・ウン・・・・アアン・・・」

長いディープキスのあと唇を離しかけるケンジとユイカの間には”ツー”と一筋の糸がつたう。

ユイカはケンジを見つめながら耳元でささやく。

「・・・ユイカ・・・ケンジ兄さんにしてほしいことがあるの・・・」

「うん、ユイカちゃんのしてほしいことは何でもしてあげる」

「ホント?・・・・エヘヘへへへ・・・あのね・・・ケンジ兄さんの上で仰向けに寝たいの・・・それでね・・・ユイカのカラダをナデナデしてほしいの・・・・」

「うん、いいけど・・・でもな〜それだと俺の両手はナデナデしながらイタズラしちゃうと思うんだけどいいかな?」

ユイカはケンジの期待どうりの返事にニヤける。

「フフッ・・ユイカ・・・ケンジ兄さんにやさしくナデナデしてもらって・・・イタズラしてもらうの・・・・」

ケンジは満面の笑顔でユイカちゃんに言う。

「ユイカちゃん、俺のカラダの上においで」

ユイカは満面の笑顔でケンジの体の上で仰向け寝そべる。

「エヘヘへへへ・・・・」

ユイカはケンジのカラダの上で仰向けになりやさしくナデナデを期待して待っている。

ケンジは甘いユイカの髪の香りを満喫しながらネグリジェの上からユイカのスレンダーなカラダをやさしくゆっくりと撫で回す。

「ア・・・ウン・・・・ハン・・・・アン・・・・」

「ハァ〜〜〜〜アン・・・・ケンジ兄さん・・・気持ちいい・・・」

ケンジはイタズラ心をおこしユイカのワキをつつく。

「キャウン・・・ワキ・・・くすぐったいよぉ・・・」

ユイカは直接さわってほしくなりケンジの指をつまんでネグリジェのボタンに引っ掛ける、ケンジはユイカの無言の要求を察する。

(直接さわってほしいんだな)

ユイカの白いネグリジェは前の部分が全てボタンになっている、ケンジは1個ずつゆっくりとボタンをはずしていく、ユイカのネグリジェはボタンをすべて外されネグリジェを”はだけられた”ユイカのスレンダーなカラダは薄明かりの下にさらされる。

ケンジはユイカのハリのある肌を撫で回し左右のチクビをつまみ上げる

「アアン・・・ケンジ兄さん・・・チクビ・・・もっと・・・強く・・・」

ケンジはユイカのチクビをひねり上げ引っ張る。

「・・ンンッ・・・チクビ・・・・いいよぉ・・・・・・」

ケンジはチカラいっぱいチクビをつねり引っ張る。

「キヒィーーー・・・いいよぉ・・・イタイ・・・・けど・・・・・・イイ・・・」

ケンジは左手をチクビに残し右手でクリトリスをイジリ始める。

「ヒャヒィ・・・・クリ・・・・・・・」

ケンジは親指と人差し指で赤く膨張したクリトリスをつまみ潰す。

「ギヒィーーーークリ・・・・イタイ・・・・・けど・・・・イイよぉ・・・・・・」

ユイカはビクンビクンとケンジの上でカラダを跳ねさせる。

ケンジはユイカの両手を後手にし自分のお腹とユイカの背中ではさみこみ拘束する。

(アアン・・・手・・・・動かせない・・・・)

更にケンジは自分の膝を大きく開き立てた、ユイカの脚はケンジの広げられた脚で大股開きに広げられソコにはオマンコに狙いを定めたように”ギンギン”なっているケンジの分身が今にも突き刺さらんばかりに出現する。

ケンジはユイカのカラダを少し下げオマンコに肉棒が密着するようにした。

(・・・エッ・・・ケンジ兄さん・・・挿れるの?・・・・約束が・・・・・)

「ユイカちゃん、俺のチンポをオマンコで”スリスリ”してくれないかな?」

ユイカとの最初の約束で”オマンコへの插入”は”NG”になっている、ケンジは自分の欲望を理性で押さえ込み律儀にそれを守っている。

(・・・ケンジ兄さん・・・やさしい・・・・ユイカのアソコに挿れたいのに・・・ガマンしてるんだ・・・・」

「・・・ウン・・・・いいよ⤴・・・・こうでいいの?・・・」

ユイカは腰を動かしオマンコ汁で”ヌルヌル”になっているオマンコをケンジのいきり立つチンポにすりつける、同時にケンジはチンポにチカラを込めユイカのクリトリスを刺激する。

「ヒャァ〜〜〜〜」

ユイカはどうしてクリトリスが刺激されたのかわけが分からず思わず頭をおこしオマンコを確認する。

(ヤダ・・・ユイカのアソコから・・・オチンチンが生えてる・・・)

ユイカが思ったとおりオマンコに密着したチンポは生えているように見える。

「ユイカちゃん、オマンコからチンポが生えてるように見えるでしょ?」

(ヤダ・・・ハズカシイ・・・)

「・・・ウン・・・スゴく・・・エッチ・・・・」

「こうやってチンポにチカラを入れるとユイカちゃんのクリちゃんを刺激できるんだよ」

「・・・・ハヒッ・・・・・」

ケンジはユイカのわき腹を指で”ツー”とゆっくりとなで上げる。

「・・・ヒャァ〜・・・・」

ケンジはそのままの手の動きでユイカのチクビをコリコリと指先で引っ掻く。

「・・・アヒッ・・・・」

ユイカは後手に拘束されたカラダをくねらせる。

ケンジは連続でチンポにチカラを入れクリトリスを刺激しユイカを絶頂に導く。

「ハァ・・・・ア〜ン・・・・クリ・・・・いいよぉ・・・」

ケンジは腰を動かしチンポをオマンコのとば口に”スリスリ”し同時にチカラを込めクリトリスに刺激を与えユイカを絶頂に追い詰めていく。

「ハッ・・・アン・・・・ダメェ・・・イヤ・・・クル・・・」

ケンジの腰の動きは速くなりオマンコのとば口とクリトリスを肉棒でさすりあげ、チクビを”強く弱く”ひねりつねり”を交互に繰り返す。

「・・・アアン・・・ハヒッ・・・・ヤン・・・」

「・・・・ウン・・・アアッ・・・・アン・・・・アッ・・・・イ・・・・」

「・・・イヤ・・・ダメェ〜・・・イ・・・・イク・・・・・・・イク・・・・・」

「・・・イク・・・・イヤ・・・イク・・・・・イクゥ〜〜〜〜〜」

ユイカは仰向け後手にされたカラダを大きくのけ反らせ絶頂しケンジの体の上でカラダをビクンビクンと跳ねさせる。

「ハァ〜・・・ハァ〜・・・」

「ハァ~・・・ハァ~・・・」

ケンジはユイカの後手拘束を解放しゆっくりと頭やカラダを撫でている。

「・・・・アン・・・・・・・・ケンジ兄さん・・・・」

ケンジはユイカのおヘソを中心に手で円を描きながら撫でている、その時左わき腹がわずかに膨れていることに気づく。

(・・・コレは・・・もしかして・・・・・)

ケンジは忘我の極地でカラダを撫で回されるユイカの耳にささやく。

「ユイカちゃん、お腹張ってるね、もしかして出てない?」

「・・・エッ・・・・アッ・・・」

ユイカは忘我の極地から我にかえり気まずそうに返事をする。

「・・・・ウン・・・・」

「お腹張って苦しいでしょ?出しちゃう?」

ケンジはユイカの左わき腹を少し強く押す。

「・・・・アン・・・・・少し・・・イタイようぉ・・・・」

「出しちゃおうか?」

「・・・ケンジ兄さん・・・ユイカに・・・お浣腸したいの?・・・」

「うん、したい」

ユイカはカラダ入れ替えケンジの胸元に顔をうずめ上目遣いでケンジに聞く。

「・・・やさしくしてくれるの?・・・」

(ユイカちゃん、かわいすぎる)

「うん、やさしく浣腸してあげる」

ユイカは潤んだ目でケンジを見つめフレンチ・キスをし耳元でささやく。

「ユイカに・・・やさしく・・・お浣腸・・・して・・・ください・・・・」



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: