2021年07月24日

夏休み最後の1週間⑯


「凛子ちゃんは拘束されて恥ずかしくされるのが好きなのよね?」
と、何かを企んでいそうな麻里奈さん。

「エッ・・・あの・・・その・・・ハ、ハイ・・・」
と、改めて”ドMの性癖”を確認され、しどろもどろで返事をする川上さん。

「じゃあ、お浣腸は拘束して恥ずかしい格好にして味あわせてあげる」
と、川上さんをもてあそびながら浣腸する気が満々の麻里奈さん。

「そんな・・・ヤダ・・・コワイ・・・です・・・」
と、怯えつつも期待もしている川上さん。

川上さんの期待どうりの反応に満足した麻里奈さんは僕たちにふりむいてのたまう。

「男子諸君、楽しませてあげるから凛子ちゃんの腕を後手拘束して足はあぐら拘束してビーチマットにお浣腸しやすいエッチな格好にしてあげてくれるかな」
と、ドMの川上さんを”なぶる”気が満々の麻里奈さん。

(・・・ヤダ・・・そんな・・・エッチな格好・・・水着取られたら・・・全部・・・見えちゃう・・)
と、川上さんの心の声。

(んんっ・・・僕たちを・・・楽しませるって・・・)
と、テンションが上りまくりの僕たちの心の声。

ドSの僕たちを楽しませるということは川上さんを”いたぶって苦しませて恥ずかしがらせる”になるんだが、さらにもっと何かをする気なんだな。

川上さんはというとこれからされることの期待?で腕で身体を抱きしめている、もちろんターコイズブルーのビキニはまだ身につけている。

麻里奈さんは手で日差しを遮りながら思案を巡らせているように見える。

「男子諸君、別荘からこの日差しを遮るタープとか何かを筏に設置してくれるかな?でないと凛子ちゃんも私も熱中症になっちゃうわ、もちろん君たちもよ」
と、麻里奈さん。

「ハイ、すぐに取り掛かって頂戴、一番働いてアセをたくさん出した人に特別なご褒美を上げるわ、期待していいわよ」
と、何かエグいことを企んでいそうな麻里奈さん。

タープ設置やらサマーベッド運びやらで別荘と筏を何回も往復した僕たちを見て麻里奈さんが満足気にのたまう。

「男子諸君、お疲れさま、スゴイ滝アセね、ちょっとアセを拭かずにそのままでいてね」
と、言いながら僕たちの滝アセをプラスチックのヘラでかき集めコップにため込む麻里奈さん。

「うふふふふふ・・・スゴイ滝アセね・・・楽しみだわ・・・」
と、ウレしそうな麻里奈さん。

(麻里奈さん・・・男の滝アセが好きなのかな?・・・ソレって・・・マニアックすぎるけど・・・)
と、僕たちの心の声。

川上さんはというとさっきと同じ格好で腕で身体を抱きしめながら不思議そうに麻里奈さんの滝アセ集めを見ている。

(なにしてるのかな?・・・みんなのアセを集めて・・・コップになんて・・・コワイ・・・)
と、川上さんの心の声。


「じゃあ、凛子ちゃん、エッチな格好に拘束してあげるからこっちへきなさい、時田くんと加藤くんは私がさっき言ったとうりに凛子ちゃんを拘束してあげて」
と、タープで作った日陰に川上さんをおいでおいでする麻里奈さん。

川上さんはタープが作った日陰で後手拘束とあぐら拘束にからめとられエアーマットの上でお尻を空にむけてこれからされる浣腸に身構えている。

「お浣腸の前にすることがあるから凛子ちゃんはコレしといてね」
と、川上さんに目隠しする麻里奈さん。

拘束されて身動きできない川上さんは麻里奈さんのなすがままに目隠しをされてしまう。

麻里奈さんはカバンからこれから川上さんにするアイテムを嬉々としてエアーマットの上に並べていく。

(うぉ・・・マジか?・・・またやらせてもらえるのか?・・・)
と、僕たちの感激の心の声。

(・・・カチャ・・・カチャ・・・カチャ・・・)

(・・・エッ・・・カチャカチャって・・・なに?・・・)
と、イヤな予感がする川上さんの心の声。

目隠しされ拘束されて動けない川上さんがカチャカチャ音に怯えながらいう。

「・・・あの・・・その・・・カチャカチャって・・・なに?・・・」
と、怯える川上さん。

「うふふふふふ・・・見て・・・凛子ちゃん・・・コレで・・・あそんであげる」
と、川上さんの目隠しを外しながらニヤケ顔がとまらない麻里奈さん。

「・・・ヒッ・・・コレ・・・また・・・ヤダ・・・ヤメテ・・・ゆるして・・・」
と、エアーマットの上に並べられた禍々しいアイテムを見て何をされるかを察した川上さん。

エアーマットの上に並べられたアイテムは肛門鏡(クスコ)、マドラー3本、ストロー5本、浣腸器。

「・・・どうして?・・・お浣腸・・・する・・・だけ・・・なのに・・・」
と、麻里奈さんを見上げて抵抗の言葉を発する後手あぐら拘束されてる川上さん。

「うふふふふふ・・・凛子ちゃん、3日出てないウンウンは出口でカチカチになってるの、ほぐさないとお浣腸できないの、だから、ね、カチカチのウンウンに水気を与えて柔らかくしておかないといっぱいお浣腸できないのよ、でね、せっかくだから男子諸君の唾液でカチカチのウンウンに水気を与えてこのマドラーで”コネコネ”してカチカチのウンウンを柔らかくするのよ」
と、マドラーを”フリフリコネコネツキツキ”しながらホントかウソかわからない説明をする麻里奈さん。

川上さんがさらに何かを言いかけるのを手で制し麻里奈さんが僕たちに唾液を口の中にためるように指示する。

まあ、拘束されている川上さん何を言おうが、どんな抵抗をしようが女にはドSになる麻里奈さんの加虐心をあおるだけで無駄な抵抗になるだけなんだが。

「・・・アアッ・・・イヤ・・・ゆるして・・・」
と、哀願する川上さん。

「ダ〜メ・・・ゆるしてなんか・・・あげない・・・」
と、これからする楽しいことをやめれるわけがない麻里奈さん。

「アアッ・・・そんな・・・ヒドイ・・・」
と、カラダを動かし後手あぐら拘束からのがれようとする川上さん。

(・・・川上さん・・・その後手あぐら拘束からのがれることはできないよ・・・)
と、ターコイズブルーのビキニのまま拘束されている川上さんをガン見しながら思う僕たちの心の声。

と、僕たちが思っている間もやる気イッパイで準備に余念がない麻里奈さん。

「・・・ヤダ・・・ダメ・・・ヤメテ・・・」
と、麻里奈さんに哀願する川上さん。

麻里奈さんがクスコにローションを塗り込め川上さんのアナルにもローションを垂らしアナルマッサージをすると固く閉ざされた川上さんのアナルがふっくらとほころびかけてくる。

(・・・ダメ・・・ダメ・・・チカラを・・・いれて・・・)
と、身構える川上さんの心の声。

「・・・クゥ・・・ヤメテ・・・挿れないで・・・」
と、アナルにチカラを込める川上さん。

(・・・フフッ・・・抵抗してくれるわね・・・でもね・・・こじ開けてあげるわ・・・)
と、ウレしそうな麻里奈さんの心の声。

麻里奈さんは手をとめて何かを思いついたように僕たちを見ながらのたまう。

「フフッ・・・凛子ちゃんのアナルにクスコを突き刺したい人は手をあげて・・・」
と、僕たちの誰かにクスコを突き刺させてくれる麻里奈さん。

僕たちは麻里奈さんの提案に一斉に手をあげる。

「うふふふふふ・・・すなおね〜キミたち・・・」
と、僕たちの反応に満足げな麻里奈さん。

僕たちと麻里奈さんのやり取りを川上さんは絶望の眼で見つめている。

麻里奈さんの提案で川上さんのアナルにクスコを突き刺すのはジャンケンで勝ったものということになった。

(ヤダ・・・みんな・・・あんなに・・・真剣な顔で・・・ジャンケン・・・)
と、あきれながらも少しウレシイ凛子の心の声。

ジャンケンで勝ったのは時田、だが、時田は意外な提案をした。

「みんなでやろうぜ、いいでしょ?麻里奈さん」
と、時田。

(・・・いがいね〜・・・役得なのに・・・時田くん・・・)
と、麻里奈の心の声。

「時田くんがいいなら、それでいいけど・・・」
と、自分の提案がおもわぬ方向へ行くことになったことに妙に感心する麻里奈さん。

時田のアイデアでクスコを持つ時田の右腕をみんなで握り川上さんのアナルにクスコを突き刺すというなんとシュ〜ルなシチュエーションになる。

(・・・ヤダ・・・みんで・・・挿れる・・・なんて・・・)
と川上さんの心の声。

時田がクスコを川上さんのアナルにあてがうと反射的にアナルがすぼまりかける。

「川上さん、アナルのチカラを抜いて、リラックスして・・・アナルを開いて・・・」
と、川上さんを気遣う時田。

「ウウッ・・・そんなこと・・・いわれても・・・ムリだよぉ・・・」
と、凛子

緊張で固く閉ざされたアナルにクスコを突き刺すことは絶対ムリと判断した時田はみんなが仰天する行動に出る。

(・・・うぉ・・・時田・・・)
と、みんなの心の声。

「川上さん・・・舐めるよ・・・」

時田がそういうと同時に自慢の長い舌で川上さんのアナルを”ゾロリレロリ”と舐めあげる。

不意をつかれた川上さんの嬌声があがる。

「ひゃあ~〜〜〜なに〜〜〜」

(・・・ゾロリ・・・レロリ・・・レロレロ・・・ピチャ・・・ピチャ・・・)

(・・・チュ・・・レロレロ・・・ツプッ・・・ジュル・・・ペロペロ・・・チュ・・・)

(・・・レロ・・・ゾロリ・・・ピチャ・・・チュ・・・チュプ・・・)

時田のやさしさあふれるアナルへの愛撫に、驚きから気持ちのいい快感に変わっていく川上さん。

「ハウンッ・・・ヤン・・・ヤン・・・ふぅん・・・アハン・・・イイ・・・」

(ピチュ・・・ジュル・・・レロ・・・ペロペロ・・・ゾロリ・・・)

「アン・・・イイ・・・アハッ・・・ヤン・・・・モット・・・」

(ツン・・・ペロペロ・・・ツンツン・・・レロレロ・・・ピチュ・・・ジュル・・・)

「クゥン・・・ヤン・・・ハァ・・・イイ・・・アン・・・ヤン・・・イイ・・・よぉ・・・)

吸われたり舌を突き挿れられたり時田のいとおしむようなやさしい愛撫に川上さんのアナルはほころび開かれていく。

舐めあげたり、差し込んでみたり、舌の感覚で川上さんのアナルがやわらかくなり開きかけていると確信した時田はアナルにクスコをユックリと突き刺していく。

「川上さん、挿れるからね、リラックスして、息を吐くんだよ」
と、言うと同時にアナルにクスコを突き立てる時田。

(・・・そ、そんな・・・とつぜん・・・)
と、心の準備をするよりも早くクスコによって肛門括約筋が広げられいく感覚をアナルに感じる川上さん。

(・・・・ズブズブズブ〜〜〜・・・・)

「・・・・・・・・・・・・・・・・」
時田によってアナルの最奥にまでクスコを突き刺され声も出せない川上さん。

「クゥ〜〜〜ン・・・ンンッ・・・ハァ〜・・・は、入ってくるぅ・・・ああん・・・ふかい・・・よぉ・・・」

時田の愛撫で柔らかく開ききった川上さんのアナルはなんの抵抗もなくクスコを最奥まで飲み込んでいってしまった。

(・・・と、時田・・・くん・・・すごい・・・わ・・・)
と、感嘆する麻里奈の心の声。

(・・・・・・・・・・・・・・)
瞠目して声が出ない僕たち。

アナルに重いような感覚を感じた凛子はクスコが全部挿れられたことをさとった。

「ううっ・・・と、時田くん・・・入ったの?・・・」

「うん、川上さん、よくガンバったね、クスコは全部アナルに入ったよ、これから広げるから、いいよね」
と、川上さんの目を見つめながら言う時田。

(・・・オシリ・・・広げられちゃう・・・奥まで・・・見られちゃう・・・)

「・・・イヤって言っても・・・するんでしょ?・・・」
と、時田を見つめながらも抵抗してみる川上さん。

「うん、川上さんアナルに僕の唾液垂らしたいし、みんなも唾液垂らしたいだろうしね」
と、平気で鬼畜なことを言う時田。

「ハァ・・・イイよ・・・しても・・・でも・・・最初は時田くんがいい・・・な・・・」
と、アナルへのやさしい愛撫が忘れられない川上さん。

「うん、僕の唾液を最初に垂らしてあげる」
と、唾液をアナルに垂らすなんて鬼畜なことなんだけど川上さんがそれで安心するならと、返事をする時田。

「オイオイ、いいな〜時田、川上さんのご指名だぜ〜」
と、からかう4人。

川上さんとのアイコンタクトで時田は慎重にクスコを広げ始める。

「クゥ・・・やさしく・・・やさしく・・・して・・・」

キリキリとネジが巻かれ、アナルを限界近くまで広げられる感覚にとまどいながらも受け入れるしかない川上さん。

(クゥ・・・広げられちゃう・・・イヤ・・・)
と思いつつも被虐性愛者のサガでメチャクチャにもしてほしい川上さん。

「おおっ、川上さん、アナルが全開になったよ、中までよ〜く見えるよ」
と、中まで見えていることを強調する僕たち。

「・・・ヤダ・・・み、見ないで・・・恥ずかしいぃ・・・」
と、言いつつももっとイジメてほしい川上さん。

川上さんはエアーマットの上で後手拘束され、足をあぐら拘束され、アナルにクスコを最奥まで突き刺され、ターコイズブルーのひもビキニは脱がされていなくて片膝に残っている言う、男の僕たちからするとおそろしくエロい格好になっている。

と、ここまで黙って見ていた麻里奈さんが女にドSの本領を発揮し始める。

「凛子ちゃん、みんなの唾液の注入が終わったらね、さっき回収した男子諸君のアセも挿れてあげるから、楽しみにしてね、ちなみに汗ってね、オシッコの成分とほぼ同じなの、つまりね、男子諸君のオシッコをオシリから吸収するのよ」
と、アセとオシッコは似て非なるものなのだが知っている人は少ないので川上さんを怖がらせるために鬼畜なことを言う麻里奈さん。

「ヒィ・・・オシッコ・・・なんて・・・ヤメテ・・・ゆるして・・・オネガイ・・・」
と、さすがにアセとはわかっていてもオシッコといわれると受け入れられない川上さん。

(みんなの唾液とアセなんて・・・イヤなのに・・・けど・・・)
と思いつつも、前に同じことをされた経験から凛子は男たち体液をオシリからとはいえ強制的に挿れられる”おぞましさ”と拘束されている状態では受け入れるしかない”背徳感”が心のなかでせめぎあう感覚が不思議と心地いいことも知っているのだ。

「凛子ちゃん、準備はイイかな?イッパイもだえさせてあげるから、男子諸君におねだりしなさい」
と、ニヤケがおさえられない麻里奈さん。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
無言の抵抗で麻里奈さんに抗議するのだが、男たちの唾液&滝アセ浣腸を受け入れるしかない川上さん。

僕たちをすがるような目で見る川上さんだが、唾液浣腸がしたくて仕方ない僕たちを感じ取った川上さんは僕たちと麻里奈さんに告げる。

「・・・凛子のオシリに・・・みんなの唾液を・・・くだ・・・さい・・・アアッ・・・はずかしい・・・」


コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
タグ絞り込み検索
最新コメント
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。