2021年10月18日

29 唾液浣腸から・・・水中脱糞!!


「さあ、男子諸君、準備はできたかな?唾液は口の中から溢れそうになってる?」
と、川上さんと僕たちを交互に見ながら早く楽しみたい麻里奈さん。

僕たちは口いっぱいに唾液を溜め込み返事ができないので頭を縦に振り麻里奈さんに準備OKの合図をする。

これから川上さんのアナルに僕たちの口いっぱいの唾液を垂らして川上さんの痴態を見れるなんて”ドキドキ”と”ワクワク”に心が弾む、と思いつつ後手あぐら拘束された川上さんをガン見している僕たち。

(ヤダ・・・みんな・・・いやらしい顔に・・・なってる・・・コワイ・・・でも・・・)
と川上さんの心の声。

(1人あたりの唾液は30ccくらいかな、5人で150ccか、アセが100ccだから・・・ウフフフフフ・・・・”コネコネ”してウンウンに水気を与えて、と、どれくらいもだえ苦しんでもらおうかな)
と、川上さんのもだえ苦しむ顔を早く見たい麻里奈の心の声。

「じゃあ、凛子ちゃんのリクエストで時田くんからね、ストローからゆっくり唾液を垂らしてあげて」
と楽しそうな麻里奈さん。

「じゃあ、川上さん垂らすよ、味わってね」
と嬉しそうな時田。

「・・・ああっ・・・ヤダ・・・ヤメテ・・・・」
と、いちおうイヤガッてみる川上さん。

(・・・ホントにイヤなのかな・・・)
と、時田が念のため麻里奈さんに確認する。

(もおっ・・・この子達ったら・・・はまだまだ”ウブ”なんだから・・・・)
麻里奈さんは”クイッ”っと顔を上げ、続行を促す。

時田のくわえたストローから口の中いっぱいに溜め込まれた唾液がクスコによって開かれた川上さんのアナルに滴るように糸を引きながら吸い込まれていく。

(・・・ポタ・・・ポタ・・・ポタ・・・ポタ〜・・・)

「・・・ああっ・・・ヤダ・・・いっぱい・・・はいってくる・・・ヤメテぇ・・・・」
とムダとしりながらイヤがってみる川上さん。

「・・・カチ〜ン・・・」

「・・・ヒィ・・・なに・・・」

「・・・カチ〜ン・・・」

「・・・ヒィィィ・・・ヤメテ・・・・」

麻里奈さんがステンレスのマドラーで川上さんのアナルに突き刺さっているステンレスのクスコをはじく。

「まだウブな男子諸君、凛子ちゃんの”イヤ”ヤダ”ヤメテ”は”もっとイジメて”と”たくさんいたぶって”って意味なのよ、あらためておぼえておきなさい、いいこと」
と、僕たちの加虐心に火を付ける麻里奈さん。

(・・・そんな・・・”もっと”たくさん”・・・だなんて・・・)
と、川上さんの心の声。

川上さんがそんなことを考えている間にもクスコによって開かれたアナルに石井、今井、田口と次々に唾液をストローからたらしこんでいく。

川上さんのアナルは4人の唾液で泡立ちながらあふれかえりエアーマットに小さな唾液たまりをつくった。

「アラ〜・・・あふれちゃったの?しかたないわね〜」
と言いつつマドラーでグニグニと直腸の奥を押し広げる麻里奈さん。

「・・・アグッ・・・イタ・・・ヤメテ・・・・」
と、もだえ苦しむ川上さん。

4人の唾液はス〜と直腸の奥へ吸い込まれ、新たな唾液を求めるようにポッカリと空洞を晒す。

「最後は加藤くんね、たくさん垂らしてあげて」
と、ご満悦な麻里奈さん。

加藤が川上さんのアナルに唾液をたらしこんで間に麻里奈さんが川上さんの目の前でビーカーに溜められた僕たちの滝汗を200ccの浣腸器に移し替える。

目の前で男たちの滝汗を浣腸器によって体の最深部に挿れられるることをさとった川上さんが最後の抵抗の言葉を発する。

「・・・ヤメテ・・・挿れないで・・・ゆるして・・・」
と、哀願する川上さん。

「ウフフフフフ、凛子ちゃん、ホントは嬉しいんでしょ?カレたちの滝汗オシッコをしっかり味わいなさい」
と悪魔的な笑顔の麻里奈さん。

「・・・滝汗オシッコ・・・なんて・・・・挿れないで・・・オネガイ・・・・」
と、さらに麻里奈さんに哀願する川上さん。

「ウフフフフフ・・・じゃあね〜・・・カレたちみんなに挿れてもらうならいいかな?」
と、僕たちに滝汗オシッコ浣腸をさせてくれる麻里奈さん。

「・・・ああっ・・・ゆるして・・・オシッコは・・・イヤ・・・」
と川上さんが言っている間に僕たちは浣腸器をゆっくりと操作し滝汗オシッコは少しずつクスコによって作られたアナルの空洞へ垂らしていく。

(・・・ポト・・・ポタ・・・ポタ・・・ポタ・・・ポタ〜・・・)

「・・・ああっ・・・だめぇ・・・いっぱい・・・はいってくるぅ・・・ゆるしてぇ・・・」
と、背中とオシリに鳥肌をたてながら後手拘束とあぐら拘束の不自由な体をクネクネとゆする川上さん。

川上さんが僕たちと麻里奈さんに哀願している間に麻里奈さんが僕たちから採取した滝汗オシッコは一滴残らず川上さんの直腸に注ぎ込まれてしまった。

「ウフフフフフ・・・どお?凛子ちゃん、カレたちの”唾液”と”滝汗オシッコ”がブレンドされた”体液”は美味しい?お腹いっぱいになったかな?」
と、鬼畜なことを聞く麻里奈さん。

(・・・ああっ・・・だめぇ・・・いっぱい・・・挿れられちゃった・・・)
と、川上さんの心の声。

「・・・・・・・・・・・・」
川上さんは無言の抵抗をしている。

「フフッ、抵抗するのね、カワイイわ、そういう素直じゃない娘にはこうしてあげるわ」
と、川上さんの抵抗を嬉しそうにいたぶる理由にすり替える麻里奈さん。

麻里奈さんはクスコを素早く抜き取り、持っていたアナルプラグで閉じかけるアナルを塞いでターコイズブルーのビキニパンツをもとに戻すと、あぐら拘束を外し川上さんをエアーマットに女の子座りをさせた。

時間にしてわずか1分足らずの出来事で僕たちも川上さん自身も呆気にとられている。
でも、後手拘束は外されておらず上目遣いで僕たちと麻里奈さんを見上げる川上さんはおそろしくエロカワイイ。

「凛子ちゃん、カレたちの”体液浣腸”、どこまで我慢できるかな?いっぱい耐えてね、耐えれば耐えるほどカレたちの唾液と滝汗オシッコの”体液”は凛子ちゃんの体にたくさん吸収されるのよ、まるでカレたちにレイプされてるみたいでしょ」
と、言葉なぶりで川上さんをいじめる麻里奈さん。

「・・・ああっ・・・そんな・・・ひどい・・・吸収なんて・・・レイプなんて・・・」
と、エアーマットの上で不自由な体をクネクネする川上さん。

(おおっ、川上さん、超絶エロカワイイ)
と、僕たちの心の声。

川上さんは僕たちのクラスの学級委員長で、高校の中でもベスト3に入る美少女で2年、3年の先輩男子が代わる代わる見に来るほどなのに、オタクの僕たちとイヤラシイ秘密の関係になり、麻里奈さんに強制されているとはいえ目の前でこんな超絶エロカワイイ格好を僕たちにさらし、耽美な被虐性愛をむさぼっているなんてどんなけドMなんだろう。

(・・・ギュルギュル・・・グゥ〜・・・)

「・・・アウゥ・・・おなか・・・イタ・・・イタイ・・・・」
と、顔をしかめ、もだえ苦しみ始める川上さん。

(おっ・・・もうか?・・・はえぇ〜・・・ブレンド浣腸・・・・)
と僕たちの心の声。

(・・・エッ・・・早いわね・・・もう効いてきたの?・・・)
と麻里奈さんの心の声。

「アラ、もう効いてきたの?はやいわね〜、さすが男子諸君の”唾液”と”滝汗オシッコ”がブレンドされた”体液”は浣腸効果が強力なのね〜」
と、さらに言葉なぶりでいじめる麻里奈さん。

(・・・ギュルギュル・・・ギュ〜〜・・・)

「・・・クゥ・・・イタイ・・・・おなか・・・イタイ・・・・」
と、痛みから逃れるように体をクネクネさせて、もだえ苦しむ川上さん。

川上さんの顔からは血の気が引きはじめ、体からは冷や汗が浮かび始めてきている。

「・・・アウゥ・・・もうダメ・・・ださせて・・・オネガイ・・・・ださせて・・・」
と、麻里奈さんに哀願する川上さん。

「どれどれ〜、ココかな?凛子ちゃん、ここ?」
と、川上さんの下腹をグゥ〜と押す鬼畜麻里奈さん。

「・・・あぐぅ・・・イタ・・・ヤメテ・・・・イタイの・・・」
と、麻里奈さんの手から逃げる川上さん。

「う〜ん、凛子ちゃん、ドコで出したいの?筏の上はだめよ、汚しちゃうし、臭いもついちゃうから明日から使えなくなっちゃうしね、別荘まで歩ける?」
と、川上さんを心配しているように言っているが実は楽しんでいる麻里奈さん。

「・・・ううぅ・・・歩けない・・・ココで・・・出したいですぅ・・・早く・・・オネガイ・・・」
と、カチカチと歯をならし痛みで震える川上さん。

「困ったわね〜、そうだ、凛子ちゃん、海の中でだしちゃうのはどうかな?筏も汚れないしね、そうしなさい、いいわね」
と、最初から水中脱糞させる気だった鬼畜な麻里奈さん。

「・・・ううぅ・・・どこでもいいから・・・早く・・・オネガイ・・・・」
と、エアーマットの上で後手拘束のまま横たわり痛みに耐える川上さん。

麻里奈さんの合図で川上さんの後手拘束を解き素早くライフジャケットを着けさせ僕たちの中で一番ガタイの大きい田口が川上さんの体を水中で抱きかかえる。

川上さんは意識が朦朧状態で田口に身を任せ脱力している。

僕たちは麻里奈さんの指示で水中ビデオを手にし川上さんの水中脱糞を撮影し始める。
麻里奈さんが田口に合図を送り川上さんの水中脱糞ショーが始まる。

「川上さん、今からアナルプラグを抜くから、いいね」
と、田口が川上さんの耳元で言うとコクコクと川上さんがうなずく。

水中の加藤がターコイズブルーのビキニの紐を外し川上さんのアナルプラグを引き抜く。

(ブシュ〜〜〜〜)

ブクブクと泡とともに水中の田口と川上さんのまわりは茶色に染まり、その大きさを徐々に広げていく。

田口に抱きかかえられている川上さんがビクビクと痙攣しウンウンを自力で出そうとしている様子がビデオに写し出されているが思うように出せないでいるみたいに見える。

川上さんは脱力状態から少しチカラを取り戻し田口に抱きつきながらつぶやく。

「・・・ハァァァァァ〜〜〜〜いい気持ち〜〜・・・田口くん・・・ギュって・・・強く抱きしめてくれる・・・圧力でもっと出したいの・・・オネガイ・・・・」
と、川上さんが田口の肩に顔をうずめながらいう。

「え〜と、こうかい」
と田口。

(ギュ〜〜〜)

「・・・ハゥ・・・もっと・・・連続で・・・して・・・いっぱい・・・出したいの・・・」
と、おなかの中のものを出し切りたい川上さん。

(ギュ〜〜〜)

「・・・アン・・・イイ・・・出てる・・・」

(ギュ〜〜〜)

「・・・いいよぉ~・・・田口くぅん〜〜〜・・・もっと・・・ギュ〜〜・・・して・・・」

(ギュ〜〜〜・・・・ギュ〜〜・・・)

「・・・アアン・・・き・気持ちいい〜〜〜・・・出てるよぉ・・・田口くぅん・・・」

田口が強く抱きしめるごとに圧力で川上さんのアナルから液状のウンウンが飛び出してくる。

(うぉ、すげぇ、どんどん出てくる)
と水中でビデオ撮影をする僕たちの心の声。

「・・・田口くぅん・・・もっとぉ・・・ギュ〜〜・・・してぇ・・・」

「うん、いいよ、いくよ」

(ギュ〜〜〜)

「・・・アン・・・イイ・・・出てるよぉ・・・気持ちいいよぉ・・・」

(ギュ〜〜〜)

「・・・あはぁん・・・イイ・・・」

「・・・た、田口くぅん・・・5回・・・連続で・・・してぇ・・・」

「うん、いいよ、こうかな?」

(ギュ〜〜〜・・・・ギュ〜〜〜・・・ギュ〜〜〜・・・ギュ〜〜〜・・・ギュ〜〜〜)

「・・・キャヒィ・・・キヒィ・・・・ハァ・・・イイ・・・アハァン・・・シュゴイィ・・・」

田口の連続”ギュ〜〜”のたびに川上さんのアナルから液状のウンウンが生き物ように飛び出てくる。

(ウォ〜〜〜スゲェ〜〜〜どんどん出てくる・・・)
と、水中カメラで撮影している加藤の心の声。

「・・・アアン・・・イイよぉ・・・オシリ・・・イイ・・・」

「・・・田口くぅん・・・もう1回・・・5回連続で・・・してぇ・・・もっと・・・強くぅ・・・最後の1回は激しくしてぇ・・・」

「うん、、強くだね、いくよ」

(ギュイ〜〜〜・・・・ギュイ〜〜〜・・・ギュイ〜〜〜・・・ギュイ〜〜〜・・・ギュ〜〜イ〜〜〜)

「・・・キャヒィ・・・イイ・・・イイよぉ・・・強くぅ・・・ウグゥゥゥギィィ〜〜〜〜」

川上さんは田口にしがみつき頭を振りかざしながら田口の渾身の”ギュ〜〜イ〜〜〜”に耐えウンウンを絞り出す。

(ウォ〜〜〜スゲェ〜〜〜最後の1回、なげぇ〜〜〜噴火みたいだぁ〜〜〜・・・)
と、水中カメラで撮影している加藤の心の声。

田口の最後の1回の”ギュ〜〜イ〜〜〜”は川上さんの骨がきしむくらい激しく、川上さんは田口の筋肉質の背中をちからいっぱい爪を立てて握り締めていた。
その証拠に海からあがった田口の背中には川上さんの爪痕がくっきりと残り血が滲んでいた。

「・・・ハァ〜〜〜〜・・・田口くぅん・・・最後・・・スゴかったよぉ・・・おなか・・・空っぽ・・・だよ・・・アリガト・・・」
と、ささやいた川上さんはサービスに田口の頬にチュっとしたのだった。

「エッ、川上さん?」
と驚く田口。

「うぉ〜〜〜、田口ぃ〜〜〜うらやましぞぉ〜〜〜〜」
と、僕たち4人。

「アラ〜、田口くん、役得ね〜」
と、田口を揶揄する麻里奈さん。

川上さんを海から引き上げ麻里奈さんは加藤からターコイズブルーのビキニを受け取り素早く紐を結びエアーマットに寝かせる。

「凛子ちゃん、水中でウンウン出して気持ちよかったでしょ?クセになっちゃうかな?」
と、川上さんの水中脱糞ショーにご満悦の麻里奈さん。

「・・・ウフフフフフ・・・スゴかった・・・意識飛んじゃったし・・・最後の”ギュ〜〜イ〜〜〜”は・・・フフッ・・・」
と、気絶寸前までもだえ苦しめられたのに満足そうな川上さん。

「凛子ちゃん、少し休みなさい、次はもっとスゴイからね、覚悟してね」
と、笑顔で10本の1リットル入り牛乳パックを指差す麻里奈さん。

「・・・エ〜〜〜・・・アレ・・・1回で全部ですかぁ〜〜〜・・・ムリです〜〜〜・・・しんじゃいますよぉ〜〜〜・・・でもぉ・・・何回かにわけてくれたらぁ〜〜〜いけるかもですぅ〜〜〜フフッ・・」
と、休憩したら、また、もだえ苦しめられるのを期待して嬉しそうな川上さん。

「ウフフフフフ・・・凛子ちゃん、たくさん挿れてあげるから、いい声で哭いてね」
と、川上さんを限界までいたぶる気の麻里奈さん。

「・・・アン・・・がんばりますぅ〜〜〜・・・」
と、”被虐性愛”全開の川上さん。

(スゲ〜、川上さん、さっきあんなに苦しめられたのにもうおかわりなんて・・・)
と僕たちの心の声。

(麻里奈さん、次はどんだけ川上さんに挿れるんだ?3本連続?で挿れるのか?3リットルって)
と、休憩後の大量浣腸が楽しみな”ドS”の僕たちの心の声。









<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女-尿道電気責め・連続絶頂」


「拷問ドラッグ第二章 塩見彩」


「悶絶マゾ調教」


「紺野みいな 緊縛解禁」


「美人受付嬢に羽交い締め連続腹パンチ&達磨緊縛ふみつけパンチ」


「FANZAブックス読み放題」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 15:48│Comments(0) 微乳ドMの学級委員長とヲタク5人組のただれた夏休み 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【PR】
アフィリエイト広告を利用しています
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール