2021年10月27日

31 犬と交尾・・・逝きまくる獣姦ショー!!


「麻里奈さん、急激に挿れた1リットルにさらに1リットル追加は良くないですよ」
と、冷静な判断で麻里奈さんにストップをかける加藤。

「・・・エッ・・・アッ・・・そ、そうね・・・加藤くん・・・」
と、川上さんへの激しすぎる鬼畜行為を反省する麻里奈さん。

麻里奈さんの激しい鬼畜行為は裏を返せば"S"としての川上さんへの加虐愛なんだけど、”S”と”M女"は信頼関係があってこそ成り立つプレイであって特に”S"は受け身の”M女"の体を”いたわる”というか”M女"の限界を見極めることが大切で責め過ぎで”M女”を壊す、または身の危険を感じさせる行為は”タブー”だし、”S"失格なのだ。

麻里奈さんは僕たちに合図して川上さんを水平吊りからおろし、川上さんのアナルからアナルバルーンを抜き取り1リットルの牛乳浣腸地獄から解放する。

川上さんはさっきみたいに田口に抱えられ抱きつきながら時間をかけて牛乳浣腸をすっかり水中に出し切りビーチマットに女の子座りで麻里奈さんと僕たちを不思議そうな顔で見つめている、もちろんターコイズブルーのビキニは着けている。

「ごめんね、凛子ちゃん、わたし・・・やりすぎちゃったみたい・・・」
と、しおれる麻里奈。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
川上さんは何も言わないで麻里奈さんを見つめている。

(・・・どうして?・・・謝らなくてもいいのに・・・めちゃくちゃに・・・されても・・・いいのに・・・)
と、凛子の心の声。

「・・・フフッ・・・いいの・・・わたし・・・麻里奈さんも殿方のみんなも信じてるから・・・」
と、健気な川上さん。

さらに川上さんは麻里奈さんと僕たちへ笑顔でのたまう、”ドM”のさらなる覚醒なのか?

「ウフフフフフ・・・もっと・・・してもいいですよ・・・めちゃくちゃにされるの・・・好きなの・・・フフッ・・・」
と、おかわりをねだるタフな川上さん。

(・・・おおっ・・・川上さん・・・”ドM”の天使か?・・・)
と、僕たちの心の声

これを聞いた麻里奈さんと僕たちは川上さんの被虐性愛に感心しつつも加減が大切なのを”M女”の川上さんからあらためて教えられた。

ジョンは解放された川上さんに意味ありげにじゃれまくり、女の子座りの川上さんの股間に鼻をうずめペロペロと舐めまくる。

「・・・あん・・・ジョン・・・待って・・・ソコは・・・」
と、さっきジョンにオマンコの中を長い舌で舐められた快感が蘇ってくる川上さん。

(したいことだけするだけなんて犬は純粋でいいよな)
と、僕たちの心の声

そして、しおれかけていた麻里奈さんの加虐心が川上さんからの”もっとしてもいい”と”めちゃくちゃにされるの好き”いう言葉に全開で反応する。

「凛子ちゃん、アレを見て、ジョンのおチンチン、スゴイことになってる・・・」
と、ジョンの股間を指差す麻里奈さん。

ジョンは川上さんのオマンコの匂いに反応し、勃起した肉茎は毛皮から大半を飛び出させていた。

麻里奈さんに言われ、条件反射的にジョンの股間を見る川上さん。

(・・・ヒッ・・・ウソ・・・おおきい・・・ジョン・・・おチンチン・・・)
と、凛子の心の声。

川上さんは両手で口を押さえ悲鳴があがるのを抑え込む。

ここから麻里奈さんが川上さんを人と犬との禁断の行為、獣姦にに誘いこんでいく。

「今のジョンはね交尾の相手、つまりメス犬として凛子ちゃんを見てるのよ」
と、川上さんに暗示をかけるように話す麻里奈さん。

ジョンはハァ・ハァと息を吐きながら興奮したオス犬の目で交尾の対象になり獲物と化した川上さんを凝視している。

(・・・ヒッ・・・ウソ・・・ジョン・・・ヤダ・・・)
と、ジョンの目つきに恐怖する川上さん。

グレートデンの性格は穏やかで人懐っこく人間に友好的なんだが、交尾の対象したときには支配者としてメス犬を蹂躙し自分の子孫を残そうとする本能は温厚な性格を上回る。

川上さんはオマンコを舐めまくられた時にジョンの交尾の対象になってしまったのだ。

「凛子ちゃん、ジョンと交尾しても妊娠の心配はないのよ」
と、言葉巧みに川上さんの心のブロックを外していく麻里奈さん。

(・・・そんな・・・交尾・・・なんて・・・でも・・・妊娠・・・しない・・・)
安心する凛子の心の声。

「どお?凛子ちゃん、ジョンの交尾の相手、メス犬になってみたくなってきたでしょ?」
と、川上さんがメス犬になることを刷り込んでいく麻里奈さん。

(・・・ウォ〜・・・マジか?・・・獣姦?・・・)
と、僕たちの心の声。

(・・・見てぇ・・・川上さんとジョンの・・・獣姦・・・)
と、期待度MAXの僕たちの心の声。

加藤の家でPCの画像で少しだけ白人女性と犬の交尾の画像を見たことはある、けど、自分が犬と交尾するなんて考えたこともなかった、いや、少しはあったかもしれないけど、でも、そのまさかが、ココで現実になる可能性があるなんて、しかも、自分が望めば犬との交尾が現実に叶うなんて。

凛子の思考は少しずつジョンとの交尾に引き寄せられていく。

(・・・だめよ・・・犬となんて・・・アブノーマルすぎる・・・)

(・・・エッ・・・アブノーマル?・・・じゃあ今までは?・・・アブノーマルじゃないの?・・・)

(・・・そう・・・今までも・・・スゴくアブノーマルなこと・・・してきたし・・・それが・・・気持ちよかった・・・犬と・・・交尾しても・・・)
と、逡巡する川上さんの思考(心の声)

そんなこんなで川上さんの頭の中はジョンとの交尾に否定と肯定を繰り返し混乱しながらもジョンとの交尾にさらに惹かれていく。

僕たちがジョンの勃起した肉茎を凝視する川上さんを期待度MAXの眼(まなこ)でガン見している、と、その気配に気づいた川上さんは”ハッ”としたように一瞬目を大きく見開き、僕たちの期待に気づいたように見える。

(・・・ヤダ・・・みんな・・・期待してるの?・・・リンコが・・・ジョンと・・・交尾するのを・・・)
と、迷いつつもジョンの勃起した肉茎が頭から離れない川上さん。

(・・・アレが・・・リンコの中に・・・大きくて長い・・・スゴイの・・・かな?・・・)

(・・・ヤダ・・・リンコ・・・想像してる?・・・ジョンの・・・おチンチン・・・)

熱に浮かされたような川上さんの視線の先にはジョンの真っ赤で禍々しく、そして、大きく長い肉茎がビクビクと波打ち先端からは先走りの精子が糸を引いて滴り筏の床に精子たまりを作っている。

(・・・ああっ・・・だめぇ・・・引き寄せられてる・・・どうして?・・・)

川上さんがジョンから視線をうつし、期待度MAXの眼(まなこ)で川上さんを見下ろしている僕たちに上目遣いに問いかける。

(・・・うぉ・・・やばい・・・川上さん・・・その上目遣い・・・超絶エロカワ・・・)
と、川上さんの女の子座りと上目遣いに興奮度MAXの僕たちの心の声

「・・・殿方のみんなは・・・み、見たいの?・・・リンコと・・・ジョンの・・・交尾・・・」
と、真っ赤な顔で聞く川上さん。

僕たちはチカラいっぱいに”ブンブン”と頭を縦に振りまくる。

「・・・そうなんだ・・・見たいんだ・・・ウフフ・・・どうしよっかな?・・・」
と、迷っているふりをしているかのような川上さん。

川上さんは僕たちをじらし楽しんでいるように見えるがジョンと交尾することに迷いはなくなったように見える。

僕たちと川上さんのやり取りを見ていた麻里奈さんは、川上さんがジョンと交尾することを受け入れたことに気がついた、女性特有の感覚で確信したみたいだ。

麻里奈さんは自分のビーチバックから赤い首輪を取り出し僕たちに見せる。

(・・・エッ・・・マジか・・・麻里奈さん・・・最初から・・・)

麻里奈さんの手にある赤い首輪のネームプレートには”メス犬 RINKO"の文字が刻印されていた。

首輪を手にした麻里奈さんが川上さんに首輪のネームプレートを見せる。

(・・・ウソ・・・なまえが・・・メス犬 RINKO・・・なんて・・・)

驚愕の顔で麻里奈さんを見上げる川上さんに麻里奈さんがいう。

「リンコ、たった今からメス犬になってジョンと繋がって交尾するのよ、それと、メス犬に水着はいらないし”ちゃん”もつける必要はなくなったの、いいわね」
と、川上さんのターコイズブルーのビキニを剥ぎ取り毅然と見下ろす麻里奈さん。

(・・・おお〜〜〜・・・麻里奈さん・・・スゲェ〜〜〜・・・川上さんの獣姦・・・はやく・・・見てぇ・・・)
と、はやる僕たちの心の声。

麻里奈さんに赤い首輪を着けられた川上さんは意を決したというか諦めたというか麻里奈さんによってメス犬におとしめられ”四つん這いでオズオズ”とエアーマットの真ん中で女の子座りをする、身につけているものはジョンとおそろいの赤い首輪だけだ。

「リンコ、ジョンに楽しませてもらいなさい、これは私からのプレゼント、メス犬になるあかしの犬耳とシッポよ」
と、両手にあるものを川上さんに見せつける麻里奈さん。

麻里奈さんが持っていたものを認識した川上さんは目を見開きすがるような目で麻里奈さんを見る。

(・・・リンコ・・・メス犬にされちゃった・・・ジョンと・・・交尾・・・なんて・・・)
と、メス犬にされたリンコの心の声。

「ウフフフフフ、リンコ、メス犬になる準備よ、着けてあげる」
と、川上さんをメス犬におとしめたことにニヤける麻里奈さん。

麻里奈さんは用意した黒い犬耳のカチューシャを川上さんの頭にセットし、次にアナルバイブ付きの黒い尻尾にローションを塗りつけズブズブと川上さんのアナルに突き刺す。

川上さんのアナルはさっきの浣腸でぽってりとほころんでいてなんの抵抗もなく尻尾付きのアナルバイブを飲み込んだのだった。

「・・・ハァン・・・シッポ・・・ふかいよぉ・・・メス犬にされちゃった・・・」
と、メス犬におとしめられたことに被虐の喜びを感じている凛子。

(・・・キタ・・・川上さんの被虐性愛・・・スゲェ・・・)
と、感嘆する僕たちの心の声。

川上さんがメス犬になりきったことを確認した麻里奈さんはアナルバイブのリモコンを操作する。

「・・・アン・・・おシリ・・・だめぇ・・・」

川上さんの体内のアナルバイブが鈍い音とともに蠢き始め川上さんは刺激でクネクネともだえ、苦悶の表情で麻里奈さんと僕たちを見る。

その苦悶の表情が合図なのかはわからないが麻里奈さんがジョンをポンと押しながら声をかける。

「ウフフフフフ・・・ジョン・・・GO〜〜〜」

麻里奈さんの合図でいきなりマウントで四つん這いの川上さんにのしかかるジョン。

「・・・ヒャア〜〜〜・・・ジョン・・・まってぇ〜〜〜」
と心の準備ができていないと訴える川上さん。     

ジョンは初めて交尾する川上さんのオマンコへの挿入に手こずり何回も失敗しその都度川上さんのクリトリスとビラビラに肉茎を擦り付ける。

「・・・ヒャア〜〜〜・・・」

「・・・ジョン〜〜〜・・・」

「・・・ソコ・・・イイよぉ・・・」

「・・・アハン・・・アヒッ・・・イイ・・・」

「・・・クゥ・・・ハァン・・・」

なかなか川上さんのオマンコに挿入できないジョンをみかねて麻里奈さんがジョンの肉茎に手をそえて川上さんのオマンコに導く。

「ジョン、ここに突き刺すのよ、手伝ってあげる」
と、ジョンの肉茎を川上さんのオマンコに導く麻里奈さん。

(・・・ズブズブズブ〜〜〜・・・)

「・・・キャヒィ〜〜〜・・・」

ジョンの長く太い肉茎が一気に川上さんのオマンコ最深部まで貫き、歓喜の悲鳴をあげる川上さん。

「・・・クゥゥ・・・いきなり・・・ジョン・・・ふかい・・・お、おく・・・あたってるよぉ・・・」

ジョンの肉茎はオマンコの最深部まで貫くと同時に激しいピストン運動を始める。

川上さんというメス犬に興奮度MAXのジョンの肉茎は川上さんの狭いオマンコの中をゴリゴリと押し広げえぐりまくる。

「・・・ウグアアァァァ・・・キヒィ〜〜〜・・・・」

川上さんはオマンコの奥深くをえぐられ苦悶の悲鳴をあげる。

ジョンの体重は85kgとグレートデンの中でもかなり大きい部類に入る。

華奢な川上さんは身長はあるが体重はジョンの半分くらいしかない、それでも川上さんはジョンの激しいピストン運動に頭を振り乱しながら耐える。

「・・・ヒャア〜〜〜・・・」

「・・・ハヒィ〜〜〜・・・」

「・・・はげし・・・ジョン・・・」

「・・・もっと・・・ユックリ・・・」

そんなことを言ってもジョンは聞く耳を持たないし言葉は通じない、ジョンは犬なのだ。

川上さんは息も絶えだえでジョンを受け止めようとするが体重差がありすぎる。
ジョンの野生の本能によるピストン運動はさらに激しさを増していく。

「・・・キヒィ〜〜〜」

「・・・・ダメェ〜〜〜・・・」

「・・・イヤ〜〜〜・・・」

「・・・ダメェ〜〜〜・・・」

「・・・やめてぇ〜〜〜・・・もう・・・ムリ・・・」

「・・・ンギィ〜〜〜・・・こわれるぅ〜〜〜・・・」

さらに興奮していくとジョンの肉茎の根本の瘤が膨れてくる。

ジョンはハッ、ハッと息を荒げながら川上さんの肩に前足をひっかけ引き寄せ、より深いところまで肉茎を突き刺し、貫き、打ちつける。

その衝撃は灼熱のこん棒をオマンコ最深部に突き刺すような衝撃で体重差がありすぎて耐えられるものではないだろう。

川上さんの口からは絶え間なく悲鳴があがり、頭を振り乱し涎が絶え間なく滴り落ちる。

(・・・うおっ・・・川上さんの・・・スゴイ・・・乱れようだ・・・)
と、初めて見る獣姦に興奮状態の僕たちの心の声。

この時、激しいジョンのピストン運動の衝撃に耐えながらも川上さんの意識は気が狂いそうな快感を感じはじめていた。

麻里奈さんはジョンの射精が近いのを感じ取ると川上さんのオマンコを痛いくらいまで広げにかかる。

「・・・イタ・・・なに・・・イタイ・・・ヤメテ・・・・」
何が起こっているのかわからない川上さん。

「ジョンの射精が始まるのよ、おチンチンの根本にある瘤が逆流する精子を漏らさないためにオマンコの入り口を塞ぐの、メス犬に確実に妊娠させるためにね、瘤が入り口を通り抜ける時かなり痛いけど我慢するのよ」
と、川上さんに説明する麻里奈さん。

「・・・コブって・・・なに・・・どういうこと?・・・」
と、快楽から一瞬自分を取り戻す川上さん。

(・・・おおっ・・・川上さん・・・瘤のこと・・・知らないんだ・・・)
と、驚く僕たちの心の声。

川上さんの頭に???マークが付いている間もジョンの瘤の塊はオマンコの入り口を通リ抜けようとしている。

「・・・イギィ〜〜〜・・・」

「・・・イタ〜〜〜・・・」

「・・・やめてぇ〜〜〜・・・」

川上さんが悲鳴をあげ息を吐ききった時、限界まで広がったオマンコの入り口を瘤の塊が通り抜け、ジョンの瘤の塊は川上さんのオマンコにすっぽりと収まり、そこからさらに膨らみを増してオマンコの中の壁と入り口を蹂躙する。

「・・・うぐぅ・・・イタ・・・」

「・・・クゥ〜〜〜・・・裂けちゃう・・・」

「・・・アアン・・・イタイ・・・けど・・・イイ・・・」

「・・・アン・・・イタイのに・・・イイ・・・きもち・・・イイよぉ・・・」

「・・・ハァン・・・ナニ・・・コレは・・・イタイのに・・・イイなんて・・・」

川上さんは頭を振り乱し、もだえ苦しみながらもジョンの大きく長い肉茎と瘤をオマンコの中いっぱいに収めた快感に酔いしれる。

「・・・アッ・・・ウグッ・・・カハッ・・・」

(・・・ドク・・・ドク・・・ドク・・・ドク・・・ドク・・・)

ジョンの濃厚な精子は瘤により行き場を失い川上さんの子宮口から子宮内へ流れ込んでいく。

(・・・熱っ・・・スゴく・・・熱い・・・たくさん・・・はいってくるぅ・・・)

川上さんはジョンの射精が始まったことを感じとり、子宮へ流れ込む精子による不思議な快感を味わされ天に登っていく。

ジョンから何回も放たれた大量の精子は川上さんの子宮内を満たし続け、その快感で川上さんの神経は灼ききれてしまいそうになる。

「・・・アア・・・も、もうダメ・・・イク・・・」

「・・・イク・・・イクゥ・・・イックゥ〜〜〜・・・」

川上さんは絶頂を繰り返し、とうとう腕で体を支えきれず頭からエアーマットに突っ伏してしまっている。

お尻が持ち上げられているのはジョンの瘤で支えられているようなもので、川上さんの意思ではないしそもそも川上さんには体を支えるチカラはジョンの激しいピストン運動の衝撃を耐えぬいたことで消耗しつくし残ってないのだ。

ジョンの射精は瘤が小さくなるまでぬけることはなく、射精の間は川上さんはイキっぱなしの状態で頭は真っ白になり意識朦朧状態で天国をさまよいながらも腰だけは振り続け快楽を貪り続ける、それが1時間近く続くのだ。

ジョンはようやく満足し川上さんを解放した、川上さんは突っ伏したまま動かず腰だけをピクピクと動かし続けている、ジョンに開放されたことにまだ気づいていないようだ。

「・・・みず・・・おみず・・・ちょうだい・・・」

ようやく気がついた川上さんに麻里奈さんが水を飲ませ仰向けに寝かせビキニを着せる。

川上さんは性も根も尽き果てたように身動きできずしばらくの間エアーマットに横たわり、時々目を開けて”ボ〜”っとしてジョンによってもたらされた快感の波が収まるのを待っている。

「・・・ハァ〜〜〜・・・からだ・・・バラバラに・・・されちゃった・・・」
と、ジョンの蹂躙の激しさの感想を言う川上さん。

「凛子ちゃん、メス犬になった気分はどうだった?」
と、心配している体をよそおい聞く麻里奈さん。

麻里奈さんはメス犬から人間に戻った川上さんに”ちゃん”をつけている。

「・・・フフッ・・・スゴかった・・・死んじゃうかと・・・思った・・・」
と、満足そうな川上さん。

自分の倍近くあるジョンの激しいピストン運動を意識を飛ばしながらも耐えきったのだ、満足感と充実感は相当なものだろう。

「それって、死にそうなくらい気持ちよかったってことよね?」
と、麻里奈さん。

「・・・うん・・・イキっぱなしになって・・・天国をさまよってた気がする・・・」
と、ジョンが射精するたびに子宮に注ぎ込まれる熱い精子に神経が灼ききられそうになる快感を思い出し、顔を赤らめ恥ずかしがる川上さん。

「川上さんのメス犬ショー、スゴかったし、もだえ苦しむ顔は最高にエロかったよ」
と、いじめる僕たち。

川上さんは両手で顔を隠しながら女の子座りのまま体をクネクネして恥ずかしがる。

「・・・ヤダァ・・・もう・・・恥ずかしいよぉ・・・言わないで・・・」
と、真っ赤な顔の川上さん。

(・・・やばい・・・川上さん・・・カワイ過ぎる・・・)
と、僕たちの心の声。

「次は馬でも出てきたりして、川上さん、馬ともしちゃう?」
と、いじめる僕たち。

「・・・ヤダァ・・・ムリよぉ・・・お馬さんのは大きすぎて入らないわよぉ・・・」
と、僕たちの言葉なぶりをかるくいなし、はしゃぐ川上さん。

川上さんの初々しさと羞恥心はずっと変わらず、ただ、被虐性愛の度合いは増していっている、どこまでいくんだろう限界はあるんだろうか。

16歳になったばかりのスレンダーで美少女な女子高生が浣腸された直後に犬と交尾までしてしまうなんてコレって偶然なのだろうか?

イヤ、どう考えても出来すぎている。

コレは麻里奈さんが仕組んだ必然に違いない。

やっぱり僕たちと川上さんは麻里奈さんの仕組んだエッチイベントの真っ只中にいて、その主役は当然川上さんなんだけど、まだまだ麻里奈さんの仕組んだ川上さんへの”ドS”的加虐愛調教は果てしなく続きそうな予感がする。

でも、それを期待している僕たちがいることも確かだし、3泊4日の旅行1日目はまだまだ終わらない。





彼女の名前:  aichan0909
はじめまして。あいといいます プロフィール見てくれてありがとうございます^^  疲れたの?じゃあ……ちょっとおっぱい飲んでく☺️???経験人数少なくてノーマルなことしかしたことないんだけど…本当はえっちなことよく妄想してちゃってます?夫には何年も拒否られてて悲しい…さみしいので一緒に気持ちいいことしてくれたら嬉しいなぁ♪本当はいろんなお話もえっちなこともたくさんしたいけど割と恥ずかしがりの人見知りだから普段はおうちで料理したりお菓子やアクセ作ったりとかしてます?色んなお話してちょっとずつ仲良くなれたら嬉しいです❤️余りに緊張してたら…ウイスキー?か日本酒?飲んでもいいかな??赤ちゃん泣いちゃったら落ちるかもだけどごめんなさい…普段は物凄くまじめな主婦してます。。リアルにはぜったい言えないのでココだけの秘密ですよ♡初心者??なのでわからないことだらけですが…頑張りたいと思っているので優しく教えてくださると嬉しいです✨こんな私ですが宜しくお願いします  

お気に入りの女の子たち

kiku661AYU0lAmi1997rami11urr0119



<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女-尿道電気責め・連続絶頂」


「拷問ドラッグ第二章 塩見彩」


「悶絶マゾ調教」


「紺野みいな 緊縛解禁」


「美人受付嬢に羽交い締め連続腹パンチ&達磨緊縛ふみつけパンチ」


「FANZAブックス読み放題」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 17:48│Comments(0) 微乳ドMの学級委員長とヲタク5人組のただれた夏休み 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール