2022年08月18日

6 アナル羞恥・・・ 産卵する女子高生!!

川上さんはかなり大胆なワンピをセレクトしてきた。 そのワンピは黒ベースにペイズリー柄と少し地味なんだが、胸元は大きく空いていてなおかつ背中に布は ほとんどなくて、数本のヒモで前の布とつながっているという僕たちの理想どうりのエロカワのワンピ。 オッパイはたぶんヌーブラで僕たちのエッチなイタズラを誘っているように見える。 (・・・エッ・・・んっ・・・アレッ?・・・マジッ・・・) 僕たちの驚く心の声。 川上さんがピザを食べるため前かがみなったときに僕たちは見てしまった、川上さんはヌーブラを 着けてなくてノーブラでピザバイキングに来ていたのだ。 「フフッ・・・見えちゃった?・・・黒ベースの柄ワンピだから平気かなって・・・」 と、ペロッと舌を出すエロカワの川上さん。 (・・・おお〜〜〜・・・川上さん・・・大胆〜・・・) と僕たちの心の声。 「ウフフフフフ・・・殿方たちはナイトで・・・わたしを守ってくれるでしょ?・・・」 と、僕たちを信頼してくれているエロカワの川上さん。 (・・・ブンッ・・・ブンッ・・・ブンッ・・・) 首を縦に振る僕たち。 チラ見せで男の本能をもてあそぶ大胆不敵な川上さん。 川上さんがピザを食べるとき、前かがみになると条件反射で見てしまう僕たち。 (・・・フフッ・・・見てる・・・見てる・・・) と、僕たちのガン見視線を感じ取る川上さんの心の声。 川上さんが”チラッ”と僕たちを見る、すかさず視線をそらす僕たち。 「・・・もぉ・・・殿方たち・・・エッチね・・・」 と、わざとあざとい川上さん。 「あのね川上さん、男という生き物は前かがみの女の胸元は必ず見てしまうのね、それは男の本能ということを 覚えておいてね」 と、僕たち。 「・・・フフッ・・・そうね・・・本能なのね・・・カワイイ・・・」 と、僕たちを”言葉”と”体”でもてあそぶ笑顔の川上さん。 (見られること(露出)に大胆になっている川上さんにはかなわないなぁ、エロカワすぎる) と、僕たちの心の声。 ピザバイキングを満喫した僕たち、さあ、川上さんをどうやって楽しませようか。 「川上さん?もっと大胆になってみようか?」 と、口火を切る加藤。 「・・・フフッ・・・どうするの?・・・」 と、これからの成り行きが”ドキドキ”になることを期待している川上さん。 僕たちは少し移動し、住宅地へ開発されかけの規模の大きい丘陵地域へやってきた、 いわゆるニュータウンというところだ。 そこには広域避難場所として大きな公園が住宅着工の前にすでにある程度完成していた。 また、近道として広くて長い階段もそこかしこに整備され開発規模の大きさをうかがわせる。 開発途中なので周りに家からの明かりはチラホラと見受けられるが、開発地域の上の方は当然家などはなく 造成途中の宅地につながる道路に立てられている街灯のみが視界を作り出している。 「川上さん?どう?ココ、ピッタリでしょ?今の川上さんの気分に、まれに覗きが出るらしいけどね」 と、絶好の露出&プレイポイントを自慢する僕たち。 「・・・ウフフフフフ・・・殿方たちは・・・どうしたいの?・・・わたしを・・・」 と、うるんだ目で僕たちを見つめる川上さん。 「成り行きになるけど、好きにさせて欲しいかな、楽しませてあげる」 と、僕たち。 (・・・ハァ・・・ドキドキ・・・する・・・スゴイこと・・・してほしい・・・) 川上さんの心の声 「・・・フフッ・・・いいよ・・・好きにしてくれて・・・」 と、何をされてもいい宣言をする大胆不敵な川上さん。 「じゃあね、あそこの長い階段をゆっくり上がってくれるかな?」 と、川上さんのワンピの裾をオシリが見えるまで釣り針で引っ掛けて固定する加藤。 「・・・ヤン・・・見えちゃう・・・」 と、条件反射でオシリを隠そうとする川上さん。 見せたいのにあわてて隠そうとする川上さんを???で見つめる僕たち、その理由は。 僕たちは目が点になり川上さんのオシリをマジマジとガン見する。 「・・・アン・・・見ちゃダメェ・・・」 と、両手でオシリを覆う川上さん。 川上さんが身につけているソレは、一応はパンティという名称にはなるのだけど、オマンコを覆い隠すには あまりにも細すぎて役にはたっていない。 川上さんは加藤の用意したクローゼットから最高クラスに”いやらしい”下着を身につけてきていたのだ。 ソレは紐パンになるのだが細い白ラメのベルト式でオマンコとアナルの部分は小玉の透明ビーズになっている。 そして、10mm大のビーズはオマンコに埋没するくらい引き締められ食い込んでいる。 この引き締めを川上さんは自分自身で施したのだ。 川上さんが大胆不敵にも僕たちを挑発し続けたのは、オマンコにくい込み埋没したビーズによる被虐的興奮が させていたのだ。 いやらしい白ラメのビーズ紐パンを僕たちに見られた川上さんは、恥ずかしそうに赤い顔で僕たちを見つめ返し、 ”ペロッ”と舌を出しながらのたまう。 「・・・ビーズ紐パンとノーブラのいやらしいわたしは・・・お仕置きされちゃうのかな?・・・」 と、なまめかしい目で見つめ、僕たちの”ドS”的加虐心を掻き立てる川上さん。 僕たちは襲いかけたくなる衝動をかろうじて耐える。 「川上さん?ゆっくりスタートして最後は訳わかんなくなるくらいお仕置きしてあげる、覚悟してね」 と、ドS的加虐心全開の僕たち。 「ウフフフフフ・・・いやらしいわたしに・・・たくさんお仕置きしてください♡・・・」 と、ドM的被虐性愛全開の川上さん。 「じゃあ、川上さん、階段を上がっていこうか、上がりながらイタズラしてあげるから抵抗も拒否もなしだよ」 と、加藤。 川上さんはゆっくりと階段を上がっていく、この階段は傾斜は緩いが住宅地を大きくうずまくように走る道路を 何回も横断しながら上にある避難地指定の大きな公園までの近道になっている。 ステンレスのトレイの中にローションに浸かっているうずら卵大の疑似卵を川上さんのアナルに限界まで詰め込み 産ませる産卵プレイが川上さんの同意と同時に始まる、まあ、なくても始まるのだけど。 川上さんは異様な気配を感じとり僕たちを振り向く、驚愕のまなこでトレイの中にある疑似卵を確認しこれからされる ことを察する川上さん。 「・・・そ、そんなに・・・たくさん・・・挿れるの?・・・」 と、驚く川上さん。 抵抗も拒否もなしね、と念をおされたがトレイの中の疑似卵は20個近くはある。 タコビーズを挿れられたときは8個で相当な圧迫感をお腹に感じたことを思い出す川上さん。 「川上さんのアナルの限界は何個かな?いやらしい川上さんへのお仕置きだからね、耐えてね」 と、鬼畜の加藤。 階段を上がりながら疑似卵をアナル奥の直腸へ限界まで挿れられる産卵プレイが川上さんが同意した?ので 始まるのである。 疑似卵は川上さんが階段を10段上がるごとに1個ずつ挿れられていく。 そして、疑似卵の挿入は川上さんの体の状態を見極められながらされていくのだ。 階段90段目、疑似卵9個目の挿入時に川上さんの体に異変が起こる。 9個目の疑似卵をアナルが飲み込まないのだ。 「・・・フゥ〜・・・フゥ〜・・・」 川上さんが息を吐きながら擬似卵をアナルから直腸へ飲み込もうとするがアナルの括約筋が頑なに拒否をする。 「・・・アン・・・どうして?・・・まだ大丈夫なのに・・・」 と、川上さん。 8個目までは何の抵抗もなく疑似卵を飲み込んだ、川上さんアナルは持ち主の意思に反して9個目から挿入を拒む。 川上さんの意思とはウラハラに、体は前にされた8個のタコビーズの圧迫感を記憶していて、これ以上は挿れられないと脳が判断しアナルを固く閉ざし抵抗しているのだ。 「・・・アン・・・もっと・・・まだ・・・ほしいのに・・・どうして?・・・」 と、訳がわからない川上さん。 「川上さん、体が緊張して拒否してるみたいだね、ここで少し休もう」 と、責めを受ける側の体に無理はさせない加藤。 (・・・ハァ〜・・・どうしちゃったんだろ・・・わたしの・・・からだ・・・) と、戸惑う川上さんの心の声。 「川上さんのアナルはね、2リットルの大量浣腸とかタコビーズとかで腸を圧迫してきたからね、 一定以上の圧迫感を感知すると条件反射的に緊張するようになったのかもしれないね」 と、仮説をたてる加藤。 「・・・・・・・・・・・・・」 理解ができなくて無言の川上さん。 「だからね、緊張をほぐしてやればいいだけのことなんだけど」 と、加藤。 「どうすればいいの?」 と、川上さん。 「前にクスコを挿れられるときに川上さんが拒否して、その時に時田がアナルをほぐしたことがあったでしょ? 同じことをすればアナルの緊張がほぐれると思うんだけどね」 と、加藤。 (・・・エエッ・・・アレを・・・ココで?・・・されるの?・・・) と、あのときのことを思い出す川上さんの頭の記憶。 時田から受けた耽美な愛撫を思い出し、川上さんの顔と体はピンク色に染まる。 「・・・え〜と・・・その・・・あのときのことを・・・ココで・・・されるの?・・・」 と、真っ赤な顔の川上さん。 あのときのこととは、ひとり掛けのソファでマングリ返しにされて、みんなに見られながら時田からアナルへ受けた 天にものぼるような耽美な愛撫なのだが、あの時と今ではシチュエーションが違いすぎる。 それにマングリ返しされるソファもない、なによりも今の状況でされるのは恥ずかしすぎる。 「川上さん?マングリ返しを想像してるのかな?」 と、加藤。 「・・・エッ・・・そ、そんなこと・・・ないよ・・・」 と、図星を当てられしどろもどろにあせる川上さん。 「さすがにここにはソファもないしね、でも川上さんが望めば4人で抱えてマングリ返しを作るけど」 と、加藤。 「おおっ、加藤、それいいな4人で抱えて川上さんのマングリ返し、やろうぜ」 と、僕たち。 (・・・ヒィ・・・そんな・・・抱えられて見られて・・・なんて・・・) 「・・・ヤダ・・・ムリ・・・ダメ・・・できない・・・」 と、拒否の即答する川上さん。 まあ、緊張をほぐすのに見られながらなんて、川上さんにとってさらに緊張感が増すだけでアナルをほぐすことは ムリな話になる。 なので、やっぱり川上さんのアナルの緊張をほぐすのは時田がすることになった。 そのかわりと言っては変だが、時田のしたいように愛撫させることを川上さんに認めさせた。 ちなみに、川上さんとの約束で”被虐&加虐”の関係でないときはボディタッチは許可なしではしないことに なっている。 階段の踊り場にシートを敷いて川上さんを寝かせ時田が川上さんを見つめる。 時田の目は微笑んでいでるように見えるし、川上さんへの慈しみの目にも見える。     川上さんは時田の愛撫でアナルにクスコを直腸深くあっさりと挿れられときのことを思い出す。 (・・・アン・・・また・・・してもらえる・・・ジュンくん・・・) 川上さんの頭の奥から自然の出てきた言葉。 家が隣同士で幼なじみの川上さんと時田は親同士が仲がいいこともあって小さい頃は四六時中一緒にいて、 川上さんはその時から時田を特別な存在として潜在意識の奥深くに記憶し、それが目と目で見つめ合うことに よって呼び起こされ川上さんの心理状態はあらゆる緊張から開放されるのだ。 簡単に言うと川上さんは時田に恋をしているということになるのだが、当人同士はそんな意識はまったく無く、 ある条件のときにだけソレは出現する。 今回もソレにもれず時田の愛撫によって川上さんの緊張は開放されるのであった。 時間を戻そう。 階段の踊り場で見つめ合う川上さんと時田、言葉を交わすわけでもなく自然に、ホントに自然に時田は川上さんへ対して愛撫を始める。 待ちかねたように川上さんは愛撫に反応し、見ている僕たちが羨むようなお互いを慈しみ合うように肌を合わせ始める。 (・・・アン・・・ジュンくん・・・) 時田が川上さんの首筋から耳にかけてソフトにキスをしながら時おり舌でチロチロと舐め回す。 (川上さんの首、ショッパイ) と、時田の心の声。 階段を90段もあがってきたことにより川上さんの体は少し汗ばんでいる、しかも疑似卵を挿れられながらなので、 被虐的興奮も加わるので当然といえば当然だ。 「川上さん、ショッパイね、けど、おいしいよ」 と、耳元でささやく時田。 「・・・ヤン・・・はずかしい・・・言わないで・・・」 と、首筋から顔までをピンク色に染めるエロカワの川上さん。 いつのまにかワンピのヒモはほどけられ、川上さんの小ぶりだが形のいい乳房は露出し、左の乳首は時田の 口の中で吸われ甘噛みされ舌先でころがされる。 「・・・ハウッ・・・イイ・・・もっと・・・強く噛んで・・・」 川上さんのリクエストでキツく甘噛みすると時田の背中に爪をたてながら被虐の悲鳴をあげる。 「・・・キヒィ〜〜〜・・・イツゥ〜〜〜・・・・」 川上さんの右の乳房は時田の右手で覆われ揉みしだかれ指と指の間で乳首を挟まれ甘美な刺激を送り込まれる。 さらに、時田の左手は紐パンのビーズを操り、敏感なクリトリスを強弱をつけて”スリスリ”とさすり、押しつぶし、 川上さんからくもぐった歓喜の悲鳴をあげさせる。 「・・・カハァ・・・クッ・・・ヤン・・・イイ・・・」 「・・・アヒッ・・・クリ・・・イイよぉ・・・」 川上さんの歓喜の声を聞いた時田の左手はアナルに移動し肛門括約筋のまわりをほぐしにかかる。 「・・・ク、クゥ・・・ハン・・・イイ・・・オシリ・・・イイよぉ・・・」 川上さんは、時田の愛撫によって少しずつ絶頂へ追い込まれていく。 (時田、すげぇ〜、いつの間にあんなテクニックを) 川上さんと時田の”まぐわい”をガン見で見つめる僕たちの心の声。 川上さんは僕たちにガン見されていることを忘れ、時田から送り込まれるソフトで一時的に激しい愛撫を むさぼり受け入れる。 スレンダーでしなやかな体を”ピクピク”ときに”ビクビク”とふるえさせ絶頂へと急激に上り詰めていく川上さん。 時田の無意識による川上さんへの慈しみの愛撫でアナルの緊張はなくなり疑似卵をいとも簡単に受け入れることが できるようになる。 その証拠に時田の人差し指は川上さんのアナル奥深くに刺し挿れられている。 直腸内と肛門括約筋をグニグニといじくられ川上さんは絶頂し逝かされる。 「・・・アン・・・ヤン・・・イク・・・イク・・・イクゥ〜〜〜〜・・・」 逝った直後のうつろな目で時田を見つめる川上さん、その表情からは緊張感はなくなっていることが感じ取れる。 「川上さん、疑似卵、挿れるよ、イイね?」 と、川上さんを抱き上げ立たせる時田。 「・・・ウン・・・イイよぉ・・・いっぱい挿れて・・・」 川上さんは甘えるように時田に抱きつき、疑似卵を挿れやすように時田に片足をあずける。 9個目の疑似卵を挿れるために時田に片足を抱きかかえられる川上さん。 オマンコとアナルは全開で僕たちの目にさらされながら9個目の疑似卵をあっさりと受け挿れる。 「・・・アン・・・まだ・・・大丈夫・・・もっと・・・ちょうだい・・・」 と、時田による愛撫の余韻が体中に残っている川上さん。 時田の合図で10個目、11個め、12個目と連続でアナルに疑似卵を挿れられていく。 12個目が挿れられた時、川上さんの直腸内で疑似卵がぶつかりこすれあう異様な音が響く。 (・・・ゴリ・・・グリュ・・・) 川上さんは音と同時に片足でつま先立ちになり時田に強く抱きつき衝撃を逃がし叫ぶ。 「・・・アガッ・・・ダメェ・・・」 この時、僕たちは13個目の疑似卵をローションに浸したときだったのだが。 「・・・まって・・・もう・・・ユルシテ・・・」 と、抱きかかえている時田の耳元でささやく川上さん。 時田は僕たちに合図し疑似卵を挿れるのをやめさせ、片足抱きの川上さんを開放しワンピの紐を整える。 「川上さん、公園までもう少しだけど歩けるかな?」 と、加藤。 川上さんは首を横にフリフリし、疑似卵の直腸への圧迫感で歩けないこと告げる。 また、歩くことで直腸内をギチギチに満たした疑似卵がぶつかりあい腸壁が傷つけられることも 予想された。 ならばということで、いつもどうりガタイのでかい田口が川上さんをお姫様抱っこし、 公園にできた真新しいロープ式ジャングルジムへ運び下ろす。 「・・・ナニ・・・ココ・・・ジャングルジム?・・・」 と、直腸の圧迫感を耐えながらジャングルジムを見あげる川上さん。 「川上さんはこのジャングルジムで拘束されて産卵する”めん鳥”にされるんだよ」 と、鬼畜の加藤。 「・・・ウソ・・・ココで・・・出すの?・・・卵を?・・・」 と、絶句する川上さん。 「そう、お腹苦しいでしょ?それとね自力で出してもらうから」 と、さらりと告げる鬼畜加藤。 川上さんはロープ式ジャングルジムにM字開脚に拘束され疑似卵を産卵させられることになるのだ。 さらに、産卵プレイのクライマックスであるアナルから卵を産み落とす瞬間を間近で撮影されることにもなる。 (・・・ヤダ・・・見られながら・・・産卵なんて・・・恥ずかしすぎる・・・」 と、M字開脚に抵抗する川上さん。 疑似卵の直腸への圧迫で体にチカラが入らない川上さん、抵抗むなしくM字開脚に拘束されてしまう。 (・・・こ、こんな・・・カッコウで・・・産まされるの?・・・) 「川上さん、産卵して出さないと苦しくて動けないでしょ?」 と、加藤。 (・・・ウッ・・・そうだけど・・・見られながら・・・なんて・・・) 川上さんは周りをキョロキョロと見回し人気がないかを確認している。 が、実のところもうお腹は限界で冷や汗と鳥肌がたってきているのだ。 (・・・ウウッ・・・もう・・・ダメェ・・・) 圧迫感に耐えきれず産卵し始める川上さん。 「・・・クッ・・・クゥ〜〜〜・・・イヤ・・・見ないで・・・」 と、いきみながらも恥ずかしがるけなげな川上さん。 (・・・カン・・・カン・・・ゴン・・・) 金属トレイに疑似卵が落ちる音が響く。 「・・・フゥ〜・・・ハァ〜・・・ハァ〜・・・」 「ンク・・・クッ・・・ンン〜〜〜〜・・・」 (・・・ガン・・・コン・・・カン・・・ガン・・・コン・・・) さらに、5個の疑似卵が金属トレイに産み落とされる。 僕たちにガン見されながらも産卵するしかない川上さん。 「・・・ハァ〜・・・ハァ〜・・・クッ・・・イヤ・・・見ちゃダメェ・・・」 (・・・コン・・・) 見ちゃダメと言われても”ドS”の僕たちが川上さんの産卵を見ないはずはなく、イコールこの産卵プレイは 川上さんがウンウンする瞬間を見ていると同じことになる。 ちなみに僕たちはジャングルジムにM字開脚されている川上さんのほぼ真下の特等席で川上さんの産卵を 見物している。 9個の疑似卵が川上さんのアナルから生み出されピークの圧迫感から解放され安堵する川上さん。 しかし、残りの奥の3個がいくらいきんでも出てこない。 「・・・ンン〜〜〜〜・・・クッ・・・」 「・・・クゥ〜〜〜・・・ン・・・・ンン〜〜〜〜・・・」 (・・・ダメェ・・・出ない・・・どうして・・・) 見かねた時田が川上さんの同意を得ないで人差し指をアナルに刺し挿れる。 (・・・ズブズブ・・・ズブ〜〜〜〜・・・) 「・・・ハワァ・・・な・なにを・・・」 指を刺し挿れる時田を見る川上さん。 「川上さん、卵、出してあげる」 と、時田。 時田は川上さんのアナルを愛撫するようにグニグニと直腸内をかき回し疑似卵を下へさげようとするが、 腸壁が狭まりなかなか落ちてこない。 時田は中指もアナルにつき挿れ腸壁を広げようと試みる。 「・・・アウッ・・・ナニ?・・・」 川上さんは肛門括約筋が大きく広げられたことを感じ、時田の指が2本挿れられたことを確信する。 「・・・キヒィ・・・ウソ・・・2本・・・なの?・・・」 グニグニとアナル括約筋と腸壁をいじくられる感触は”ドM”の川上さんにとって被虐的興奮度を加速させ、 一気に絶頂へとおしあげられていく。 「・・・ハン・・・イイ・・・2本・・・も・・・イイよぉ・・・」 「・・・アン・・・ソコ・・・グニグニ・・・もっと・・・」 と、2本の指でアナル括約筋を広げられ直腸壁をなぶられることで逝く寸前まできている川上さん。 時田の指の動きが早くなり、川上さんのアナル括約筋は2本の指の出し入れでフジツボのように伸縮させられ、 脳とアナル括約筋の神経は直結され、頭の中は真っ白になり絶頂へむかって急加速していく。 「・・・イ、イク・・・イクゥ〜〜〜〜・・・」 川上さんが逝くと同時に時田の2本の指が腸壁の圧力で押しだされ、奥で詰まっていた疑似卵も飛び出すようにでてきた。 疑似卵は真下の時田を直撃するように出てきたため、とっさに手で受けとめた疑似卵は川上さんの直腸であたためられ、 まるで湯気が出ているように熱く感じる。 時田の手にあるローションと腸液にまみれた疑似卵を僕たちはマジマジと見つめていると、M字拘束から解放された 川上さんが気づき、あわてて疑似卵を手で覆い隠す。 「・・・見ちゃダメェ・・・ヤダ・・・見ないで・・・」 と、最後はか細い声の川上さん。 沈黙した僕たちを川上さんは恐る恐る見上げる。 いつもながらこんなにも乱れ蹂躙されても羞恥心をなくさないけなげな川上さんを、僕たちは天から与えられた エロカワ天使か、はたまたエロカワ妖精に思っている。 「川上さん、たくさん乱れたね、俺たちスゴク楽しめたよ」 と、加藤。 川上さんは産卵を見られた恥ずかしさで顔をあげれず、うなずくことで返事に替える。 このやり取りの直後、僕たちは至近距離の物陰から覗かれていたことに初めて気づいた。 (・・・しまった、見られてたなんて・・・) 加藤の不覚の声。 僕たちは間髪入れず覗いていた曲者に詰め寄り捕獲する。 覗いていた曲者は女の子で血相をかえた僕たちに囲まれ捕まり心底おびえていた。 その女の子の顔を見た時、僕と加藤は絶句すると同時に安堵する。 女の子は電車で川上さんを露出さらしした時の目ヂカラ少女だったのだ。 そして、このあと目ヂカラ少女(早乙女マリア)の”M的願望”を叶えるための、ただれたプレイが幕を 開けていく。








<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


肛門喉奥膣穴 欲張り3ツ穴マゾファッカー 美波こづえ



「アナル・浣腸」


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>

saionjikyotaro at 10:20│Comments(0) 微乳ドMの委員長と5人組のただれた2学期(9月) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【PR】
アフィリエイト広告を利用しています
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール