イラマチオ

2019年03月09日

41 アソコを狙ってローソクを・・・

「ウフフフフフフ、そおでしょ、コレでわかったで・・・・・」



エレナは言いながら言葉を飲み込んだ。



ユイカは口ではエレナに対して謝ったがなんと再び中指を立てて見せたのだ。



「ウフフフフフフフ、アハハハハハハ、おねえさん、カワイイわ、容赦しないわよ」



俺たちの心の声。



(えっ、今までの責めは何?手加減してたの?ウソだろ)



エレナの”加虐のドS性”は頂点に達し血の気のひいた笑顔は男の俺たちでも恐ろしく見えた。



その時ユイカちゃんがエレナちゃんを更に挑発することを言う。



「やさしくイジメてかわいがってくれるんでしょ?」



おおっ、ユイカちゃんの”被虐のドM性”がエレナちゃんの”加虐のドS性”を少し上回っているように見える。



「フフッ、おねえさん、たっぷりかわいがってあげる、かわいい声で啼いてね」



エレナちゃんは4本のローソクに火を着けユイカちゃんを支えているロープに固定しローソクたまりができると自然に背中とお尻にローソクが落ちる仕掛けを作り、自分は2本のローソクを持った。



エレナは更にカバンの中から洗濯バサミを取り出しユイカちゃんのオマンコが全開になるようにセットする。



ユイカちゃんはオマンコの中のきれいなピンク色を俺たちとエレナちゃんの目に晒し、吸引器で引っ張り出されたクリトリスも尿道口も丸見えにされた。



エレナちゃんは丸見えになっているユイカちゃんのオマンコにローソクたまりに溜まったローソクを投げつけるか垂らすつもりらしい、それを察知したユイカちゃんの顔は恐怖に固まっている。



「そ、そんな・・・怖いことは・・・ヤメテ・・・ゆるして・・・・ダメ・・・・お願い・・・・」



「フフッ、おねえさん、エレナが満足するまで付き合ってくれるんじゃないの?」



「アアッ・・・・ヤメテ・・・ゴメン・・・ナ・・・・サイ・・・ユルして・・・・」



「イヤよ、エレナが満足するまで許してあげない」



二人のやりとりの間にもロープに固定されたローソクにローソクたまりができ始めユイカちゃんの背中とお尻垂れ落ち始めた。



(ポト・・・ポト・・・ポト・・・)



「アツー・・・・アツイー・・・・ヤメテ・・・」



ユイカちゃんは吊られた不自由なカラダを少ししか動かすことしかできない。



更にエレナはユイカちゃんをゆっくりとゆらし、左右に揺れるローソクの炎でローソクたまりが早くできるようにする、なかなか芸が細かいことに俺たちは感心するがどこでストップをかけるか悩むところでもある、ユイカちゃんの限界点の判断とこれ以上は危険と思われるところを合致させないと二人とも満足できないだろう。



エレナちゃんは揺れているユイカちゃんのオマンコが自分に近づいてきたときに手に持つ左右のローソクを振りおろし全開に開かれたきれいなピンク色のオマンコに命中させようとしている、エレナちゃんは楽しいかもしれないがユイカちゃんは命中したら絶叫するだろう、俺たちがそう考えているときユイカちゃんの口から大絶叫が発せられた。



(ジュ・・・)



「イギャアーーーーーーーーーーーーーーー」



ユイカちゃんは拘束されている動かしにくいところまでを動かしガクンガクンと頭を振り乱す。



「キャハ〜、おもしろ〜い」



「・・・・・・・・・・・・」



ユイカちゃんは息も絶え絶えで声も出せないくらいの様子だ。



その間もロープに固定されたローソクはユイカちゃんの背中とお尻に垂らされ続けられている。



「アツー・・・・アツイヨォーーーーーモウ・・・・ヤメテーーーーゴメンナサイ・・・・」



ここまで”いたぶられ”てもユイカちゃんはギブアップのサインを出さない、泣き叫び許しを請うのだがそれがいっそうエレナちゃんの”加虐のドS性”に拍車をかけることに気づかない。



(ジュ・・・ジュ・・・)



「グギャァーーーーーーーーーーーーーギヒィーーーーーーーーーーー」



エレナの振り下ろしたローソクは今度はクリトリスと尿道口の2箇所に命中した。



この瞬間、梁からはキシキシ音ではなくギシギシ音が響いてくる、それくらいユイカちゃんは頭を振り乱しながら不自由なカラダを跳ね揺らし悶絶するユイカちゃん。



「キャァ〜、おねえさん、最高〜、もっと跳ねてみせて〜」



「・・・・・・・・・・・・・・・・・」



「・・・モウ・・・ダメ・・・ホントウに・・・ユルして・・・・おネガイ・・・死んじゃう・・・」



「エ〜、おねえさん、ウソでしょ〜、もう1回中指立ててみせてよぉ〜」



ユイカちゃんの手は握りしめられ中指を立てる気は毛頭ないようだ。



俺たちは見落としていたがエレナちゃんの太モモから膝にかけてオマンコ汁のしたたりが光って見えている、エレナちゃんはユイカちゃんを”もてあそび”ながら興奮しパンツのオマンコ部分をビショビショにあふれさせていた。



ユイカちゃんも同様でこんなにも”いたぶられている”のにもかかわらずオマンコからはオマンコ汁がしたたりあふれ床には溢れたばかりのオマンコ汁のしたたり跡が絶え間なくできている。



(・・ジュ・・・・・・)



「アギィーーーーーーーーーーーーーーーーー」



今度はユイカちゃんのオマンコの入り口に命中したようだ。



「ヤー・・・・・モウ・・・イヤーーーーーーヤメテェーーーーーーーー」



叫び終わるとユイカちゃんは”ビクンビクン”ガクンガクン”とカラダを痙攣させ失禁してしまった。



(ここまでだな)



俺たちはエレナちゃんがプレイに溺れ正常でないと判断しエレナちゃんに中止を告げた、エレナちゃんは不承不承ながら俺たちにしたがった。



ユイカちゃんを吊りから開放しエアマットに寝かせオマンコを確認した、幸いオマンコはユイカちゃん自身のオマンコ汁でローソクの熱をモロに受けてはいなかった、俺たちはダメージ回復クリームを手早く塗りユイカちゃんをベッドに寝かせた、俺たちが1階のリビングに降りかけるとユイカちゃんはケンジを呼び止め一緒にいてほしいと頼んできた、こんなことは初めてなことだった。



エレナちゃんはリビングのソファーに座り放心状態でボーと一点を見続けていた。



俺はエレナちゃんをお姫様抱っこしてソファーにカラダを預けエレナちゃんが正気に戻るのを待つことにした、しばらくしてエレナちゃんは正気を取り戻したらしくユイカちゃんの心配をし始めた。



「おねえさん、大丈夫かなぁ?エレナやりすぎちゃったんだよね?」



「エレナちゃん、ユイカちゃんは大丈夫、ケンジが一緒にいるから」



その頃、2階のユイカちゃんのベッドでは



「ケンジ兄さん・・・ユイカのアソコどうなってるの?ひどくなってない?」



「ユイカちゃん、少し赤くなってるけどオマンコはなんともないよ、大丈夫」



「ケンジ兄さん・・・確かめてくれる?」



「えっ、確かめる?え〜とオマンコをペロペロすればいいのかな?」



ユイカちゃんは真っ赤な顔でうなずく。



「・・・ウン・・・ペロペロしてもらって、ユイカが気持ちよければアソコは大丈夫って思えるの、ユイカのアソコをちゃんと見て舐めてくれたのはケンジ兄さんだけだから」



ケンジがユイカちゃんを見つめるとユイカちゃんはケンジの頭を抱き寄せ耳にささやく。



「ユイカのアソコを・・・ペロペロして・・・感じさせてください」



ケンジはユイカちゃんの耳に舐めながらささやいた。



「・・・アン・・・・」



「いいよ、ペロペロしていっぱい感じさせてあげる」



ユイカちゃんは嬉しそうにケンジにオマンコを早く舐めてと催促する。



ケンジはユイカちゃんの足を広げ赤く充血したクリトリスをソロリと舐め上げた。



「ああん・・・いい・・・・気持ちいい・・・クリ・・・いいよぉ・・・」



ケンジはいとおしむかのようにクリトリスに唾液をまぶしながらクチュクチュと舐めたり舌先で転がしたりつついたりしながらユイカちゃんの反応を見る。



「あ〜ん・・・クリ・・・気持ちいい・・・ケンジ兄さん・・・アソコの中もたしかめてぇ・・・・」



ユイカちゃんの腰はケンジの愛撫で持ち上がりさらなる快感を得ようとケンジの顔にオマンコを押し付ける、ケンジは長い舌をゆっくりと刺し挿れオマンコの中と子宮口を舐め回す。



「ああん・・・いいよぉ~・・・・アソコの中・・・・気持ちいいのぉ・・・・」



ユイカが薄目を開けるとソコにはケンジのたくましい分身がボクサーブリーフを持ち上げ屹立していた、ユイカはケンジの分身を愛おしく思いはじめケンジにまたがりシックスナインの形でボクサーブリーフからケンジの分身を開放し頬張り飲み込んだ。



「おおっ、ユイカちゃん、いいのかい?」



ユイカは”ングング”と首を縦に振りケンジの分身を喉の奥まで吸い込みディープスロートするように頭を動かし喉の奥でケンジの亀頭を刺激する。



「おおっ、ユイカちゃん、気持ちいいよ、喉の奥すごい気持ちいい」



ケンジも負けずにユイカのオマンコを両手で広げ、より奥に舌を刺し挿れ子宮口を”レロレロ”グニグニ”を繰り返す。



「ヤ〜ン・・・・ケンジ兄さん・・・奥・・・キモチイイ・・・・」



(・・・ゴポッ・・・・・)



ユイカのオマンコ汁は無限に湧く泉のように湧き出てくる。



ユイカは頭のストロークを長くしケンジのチンポに快感を与える。



「ユ、ユイカちゃん、そんなにされると気持ちよすぎて出ちゃうよ」



「だひゅてもいいよ、にょんでひゃげる」

(出してもいいよ、飲んであげる)



ユイカは頭を早く動かしケンジの射精を促す。



「ちょ、ちょっと待ってユイカちゃん」



ユイカは喉の奥にケンジのチンポを飲み込んだまま止まる。



「・・・・ん〜ん・・・」

(・・・・な〜に・・・)



「俺、ユイカちゃんにしたいことがあるんだけどさせてくれるかな?」



ユイカはケンジのチンポを喉奥から開放する。



「・・・プハァ・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・いいよぉ⤴・・・ケンジ兄さんなら・・・何でもしてあげる・・・・」



「あのねユイカちゃん・・・・ん〜と・・・説明しにくいな・・・・」



ケンジは立ち上がりユイカに前に来てもらい正座させて両手を上にあげさせた、そしてユイカの両手首を右手で掴み左手で頭の後ろを掴んだ。



ユイカはケンジにしたいことの意図を察し下からケンジを見つめニコニコしながら言う。



「ウフフッ、ケンジ兄さん・・・この格好でユイカのお口を犯して喉の奥に精子を出したいの?」



「うん、ユイカちゃんがイヤじゃなければ少し乱暴にしたい、いいかな?」



「フフッ・・・いいよぉ⤴・・・ユイカのお口を犯して喉の奥でケンジ兄さんの精子をア・ジ・ア・ワ・セ・テ・・・・」



「ユ、ユイカちゃん・・・・」



ユイカはそのままのポーズでケンジのチンポを飲み込み頭の動きをすべてケンジの左手にまかせた。



ケンジは左手でユイカの頭を動かしチンポを喉の最奥まで飲み込ませる。



「オブッ・・・ンクッ・・・ゴボッ・・・・」



ユイカは無抵抗で頭の動きをケンジにまかせ呼吸が苦しくなると目に涙を浮かべながらケンジを見上げる、その目は扇情的でケンジの加虐心をあおり立てよりいっそうユイカの頭を前後させ、ときおり喉の最奥に亀頭をとどめる。



「・・・ング・・・ング・・・ング・・・・・」



ユイカはなんとか呼吸をしようとするがケンジのチンポで気道を塞がれているため”ングング”と喉を鳴らすことしかできない。



ユイカは何度も目に涙を浮かべながらケンジを見上げ呼吸の催促を繰り返す、ようやくケンジはユイカの口からチンポを抜き呼吸をさせる。



「ガハッ・・・ゴホッ・・・ゴホッ・・・ハァ〜・・・ハァ〜・・・」



「ユイカちゃん、ゴメン、俺、もっとしたい、いいかな?」



ユイカはケンジの見上げ何も言わずに口を開けるとケンジが喉の最奥まで侵入してきた。



「オブッ・・・・ング・・・・ング・・・・」



「ゴホッ・・・・ング・・・・オブッ・・・・」



ケンジはユイカの口に何回も抜いては挿れてを繰り返す、ユイカは喉奥を突かれ目には涙がたまり流れ落ちるがそれでもケンジを受け止める。



「ユイカちゃん、スパートするよ、乱暴にするけどゴメン」



「ひぃよ・・・りゃんぼうにしゅても・・・」

(いいよ・・らんぼうにしても・・)



ケンジは腰を乱暴に動かし同時に左手でユイカの頭も動かす。



「ウプッ・・・ゴホッ・・・・ガハ・・・」



「ゴホッ・・・・ング・・・ング・・・・ゲホッ・・・・」



ユイカは喉の最奥を乱暴に突かれながらもケンジを見上げる、その扇情的なユイカの目を見たケンジは更に激しく腰とユイカの頭を動かし喉奥に射精するべくユイカの喉マンコに欲情を突き刺す。



「ゴボッ・・・ンクッ・・・ゲホッ・・・・」



「ユイカちゃん、出すよ、受け止めて・・・・」



ケンジはユイカの喉マンコの最奥に亀頭を突き刺し欲望を吐き出した。



「・・・ング・・・ング・・・ング・・・ング・・・・・」



ユイカは喉の奥を鳴らしケンジの欲情を飲み干していく。



ズルリとケンジのチンポはユイカの口から引き出されユイカは咳き込みながらも笑顔でケンジを見上げる。



「ゲホッ・・・・ゲホッ・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・」



「ユイカちゃん、ゴメン、大丈夫?」



ユイカは大丈夫と首を縦に振り粘膜にまみれたケンジのチンポを見てきれいにしようと口を開けようとする。



「ユイカちゃん、いいよ、ティッシュで拭くから」



ユイカはケンジのチンポを口に含みながら言う。



「でぁみぇえ・・・ゆふゅいかが・・・ちゅれいにしゅるの・・・」

(ダメェ・・・ユイカが・・・・きれいにするの・・・・)



ケンジはユイカの両手を右手で掴んだままユイカのお掃除フェラにチンポをまかせた。



ユイカはときおりケンジを見上げながら口の中で舌を動かし粘膜を飲み込みこんでいく。



ケンジはユイカのその扇情的な上目遣いに再び欲情し分身を屹立させユイカを喜ばせた。



「キャハ・・・ケンジ兄さん・・・また・・・元気になったね・・・」



「ゴメン・・・・ユイカちゃんの上目遣いがカワイすぎてさ・・・男の本能なんだよね」



ユイカはケンジの亀頭を頬張りながら言う。



「ユイカと一緒に寝てくれるならユイカのお口と喉をケンジ兄さんのオチンチンで乱暴にさせて、あ・げ・る」



「ユ、ユイカちゃん・・・俺と寝てくれるの?マジで言ってる?」



「ユイカ、ケンジ兄さんのうでまくらで寝てみたいの、ダメ?」



このときのユイカちゃんの”ダメ?”は上目遣いで破壊的で最高にカワイかった。



「ダメなはずないでしょう〜、大歓迎だよ〜」


saionjikyotaro at 09:56|PermalinkComments(0)

2019年02月16日

38 ご馳走のあとは羞恥露出

ユイカちゃんとエレナちゃんが口なおしというかなんていうか歯を磨きにいってる間にヒロシに仰向けイラマチオで口と喉が一直線になったときのユイカちゃんの喉マンコの感触はどうだったかを聞いてみた。




「う〜んそうだなぁ、口と喉が一直線になると挿れやすいのは確かだな、抵抗が減る分喉の奥まで挿れれるから征服感がハンパないな、一番奥まで挿れてチンポにチカラをいれたとき喉(食道)粘膜がチンポにまとわりつくような感じがしてずっとソコにとどまっていたくなるよ、あとユイカちゃんが気道を塞がれて”ングング”したとき喉奥がチンポをしごくようにまとわりついてこれも征服感があるな、息をさせるのもさせないのもこっちの自由だから鬼畜感がスゴイよ、仰向けイラマチオは病みつきになる、トキトもケンジも味わってみればわかるよ」




「そっか〜まだ残り3日あるし俺たちも味あわせてもらうかな」




と俺たちが話をしているとユイカちゃんとエレナちゃんが歯磨きから戻ってきた。




「お兄さんたち何話してたの?」




「ん、ユイカちゃんの喉マンコの感触はどうだったってヒロシに聞いてたんだよ」




「えっ、ヤダ〜・・・」




「ヒロシがスゴく良かったから俺とケンジも味わってみろって」




「・・・・・・・」




ユイカちゃんは真っ赤な顔でうつむいている。




(か、かわいいな〜ユイカちゃんは・・・リアクションがかわいすぎる)




(たぶん俺とケンジに仰向けイラマチオされているのを妄想してるんだろうな)




「ユイカちゃん、もしかして俺とケンジに仰向けイラマチオされてるの妄想してる?」




ユイカちゃんは口にパ〜をあててビックリした顔をしている。




(ヤダッ・・・・バレてる・・・・・)




「そ・・・そんなこと・・・・ないよ・・・ハハッ・・・」




エレナちゃんはそんなユイカちゃんをジト目でみてる。




(おねえさん、あんな苦しいのまたされたいんだ、ホントにマゾなんだな〜)




そんな会話をしながら時計を見ると11:00になっていた。




「・・・・グゥ〜・・・・」




「アッ・・・・ヤダ・・・・お腹なっちゃった・・・」




「ユイカちゃん、お腹減った?」




「・・・・ウン・・・・朝ごはん・・・食べてないから・・・・」




「そうだよね、朝からエッチなこといっぱいしてたもんね」




「・・・・・・・」




ユイカちゃんは首を赤く染めながら上目遣いで俺たちを見る。




(うわっ、その上目遣いヤバイ、かわいすぎる)




「じゃあ、お昼ご飯食べにいこうか?」




「うん・・・ユイカ・・・おなかペコペコ・・・・・」




ユイカちゃんのリクエストでお昼は焼き肉に決まったので早速「下田 焼き肉」で検索すると結構な焼肉屋さんがあるようだ、俺たちはグルメというほどではないけど黒毛和牛が美味しいことくらいは知っている、なので黒毛和牛でしかも牝牛専門の焼肉屋さんに決定した。




お店に入りメニューを見ているとユイカちゃんが俺に耳打ちしてきた。




「トキト兄さん、すごく高いよこのお店、こんなに高いところでなくてもいいんだけど・・・」




隣のエレナちゃんもヒロシにヒソヒソと耳打ちしている、どうやらユイカちゃんと同じ心配をしているようだ。




(少し、煽ってみるかな)




「このお店はね黒毛和牛でも牝牛専門で出してるお店でね、最上級のA-5とかA-4がお値打ちに食べれるんだよ、知らないかもしれないけど牛肉はねメスのほうが美味しいとされてるんだよ、値段は高いけど遠慮しないでたくさん食べてスタミナつけようね、エッチに体力は必要だよ」




ユイカちゃんもエレナちゃんも顔を赤くしながら上目遣いで俺たちを見ている。




(いい、いいよ、その上目遣い、スゲーそそられる)




ちょっとだけ煽ったところで頼んだお肉が続々とテーブルに運ばれてきた。


ユイカちゃんもエレナちゃんもジューシーな焼肉に”キャアキャア”言いながら食べている。




俺たちもこれからに備えてたらふくに食べまくった、お会計のレジ前でユイカちゃんとエレナちゃんはあまりの金額に少し固まっていた、ま〜人数の割には結構な金額になったのは確かだが今日のこれからの展開を考えれば大したことではない、今日のユイカちゃんは拘束して露出させて晒す予定にしている、たぶん今日の夜は露出でたまんなくなったユイカちゃんはハードなプレイをしてほしいということになるだろう。




コテージへの帰り道、ユイカちゃんが寝姿山のロープウェイに乗りたいと言い出したので5人で行くことにした、ただ一つだけ俺たちの希望を聞いてもらった、それは寝姿山では”なにをされても受け入れる”というもの、もちろんユイカちゃんはなんの抵抗もなく受け入れた。




ロープウェイは偶然にも俺たち5人だけで乗ることになった、頂上までの時間は3分30秒、ロープウェイに乗って1秒でヒロシとケンジがユイカちゃんにまといつく、ユイカちゃんは予想してしていたように後ろのヒロシにもたれかかり薄目を開けて景色を見ながら二人に身を任せる。




ユイカちゃんは背中が大胆に空いたというか背中はほぼヒモだけのノースリーブシャツでストラップレスのブラを着けている、ヒロシは後ろからブラの中に手をいれ乳首を弄び始めている、ケンジはユイカちゃんの左膝を持ち上げパンツの上からオマンコをソフトタッチしつつアナルにも指で刺激を送り込む、ユイカちゃんのデニムのミニスカートは完全にめくれ上がり腰についてるだけになっている。




「ああん・・・ヒロシ兄さん・・・いいよぉ・・・・チクビ・・・・いい・・・・」




「ハァ・・・・アン・・・・ケンジ兄さん・・・アソコ・・・・いい・・・・オシリも・・・・いいよぉ・・・」




ヒロシがユイカちゃんの首筋に舌を這わしながらささやく。




「ユイカちゃん、もっと気持ちよくなりたい?」




ユイカちゃんはコクコクとうなずく、ヒロシがケンジに目で合図を送る。


ケンジがユイカちゃんのヒモパンツのヒモを解きながらユイカちゃんの股間に潜り込む。




「・・・ヤン・・・・パンツ・・・脱がさないで・・・ダメェ・・・・ロープウェイの中だよぉ・・・」




「ユイカちゃん、気持ちよくなりたいんでしょ?自分のオマンコを見てご覧」




ユイカちゃんは赤く染まった顔を下に向け薄目を開けてオマンコに吸い付こうとするケンジを見る。




「・・・ヒッ・・・・ケンジ兄さん・・・舌・・・・長い・・・・」




ケンジの舌は顎をはるかに超えてくねっている、ケンジの舌はギネスブックに載ってもいいほど長い、確かギネスブックの世界最長の舌は10センチ、ケンジの舌も約10センチはある、女性の膣の奥ゆきは約10センチで最奥には子宮口がある、ケンジはその長い舌でユイカちゃんの子宮口を舐め回そうとしている。




ヒロシがユイカちゃんにささやく。




「ユイカちゃん、ケンジの長い舌でオマンコの一番奥の子宮口をレロレロツンツングニグニしてもらおうか?」




ユイカちゃんの目はケンジの長い舌に釘付けになっている、ケンジは舌をくねらせながらユイカちゃんの返事を待っている。




(・・・あの長い舌で・・・ユイカの・・・・子宮口を・・・・レロレロ・・・・ツンツン・・・グニグニ・・・ほしい・・・)




ユイカちゃんがうなずいたの確認したケンジは長い舌をユイカちゃんのオマンコに一気に刺し挿れた。




「ヒィィー・・・・」




ユイカちゃんは体験したことのない刺激に反射的にのけぞりケンジの顔をオマンコから引き離そうとするがヒロシに後手に掴まれ身動きがとれないように抱き寄せられる。




「ヒャアー・・・アソコ・・・・スゴイ・・・・」




ユイカちゃんはケンジの長い舌で子宮口を撫で回される刺激でガクガクと体を震わせながらも腰を前後に動かしながら快感に耐えている。




「イヒィー・・・・シュゴい・・・・ダメェー・・・気が変になるよぉ〜・・・」




「クゥ〜・・・・いいよぉ~・・・・ハァ〜・・・スゴイ〜・・・・」




エレナちゃんは口にパーを当てながらその様子を見ている、エレナちゃんはエッチな気分になってきたらしく物欲しそうな目でユイカちゃんに手を出していない俺を見ている、俺もユイカちゃんを弄ぼうと思っていたのだがエレナちゃんおいでおいでしてを呼び寄せユイカちゃんの隣でエレナちゃんを弄ぶことにした。




俺はエレナちゃんの耳に小声で聞いてみた。




「エレナちゃんも弄ばれたい?」




「・・・・・・・・・・」




「食欲のあとは性欲ってね、ユイカちゃんを見てたらエレナちゃんもいやらしい気分になってきたんだよね?」




エレナちゃんはコクコクとうなずく。




「何をされても受け入れてくれる?バージンは守るよ」




エレナちゃんは首筋を真っ赤にしながら俺の耳に口を寄せて小さくささやく。




「エレナに・・・・いやらしいこと・・・してください・・・・」




俺はエレナちゃんの後ろにまわりブロンドをかき分け耳をナメながらささやく。




「フフッ、14歳なのにいやらしいことしてほしいなんてエッチな娘だね、”いいよ”いっぱいいやらしいことしてあげる」




「ヒャアー・・・ミミ・・・ダメェ・・・」




俺はエレナちゃんを後ろから抱きしめ左膝を自分の左膝にのせて足を開かせる、エレナちゃんのスカートはまくれ上がりパンツが丸見えになっている。




「アアッ・・・・こんなカッコウ・・・・ハズカシイ・・・・」




俺はエレナちゃんの右の首筋や耳をかわるがわるナメながら右手をタンクトップの下から差し入れブラの上からおっぱいを揉みしだき、左中指ででパンツの上からクリトリスをコリコリと引っ掻くとエレナちゃんは可愛い声をあげてくれた。




「ヒィィ・・・・・そ・・そんな・・・3箇所同時に・・・・・されたら・・・・エレナ・・・おかしくなっちゃうよぉ・・・・」




「フフッ、可愛い声を出していやらしい娘だ、まだまだこんなもんじゃないよ、もっといやらしいことしてあげる」




俺はエレナちゃんのタンクトップとブラをまくりあげ首筋から頭を移動し右のチクビに吸い付きながら舌で愛撫し、右の親指と中指で左のチクビをつまみ上げる、そして左手をパンツの中に差し入れクリトリスに直接刺激を送り込む。




「イヒィ・・・・ダメェ・・・そんな事されたら・・・立ってられないよぉ・・・」




崩れかかるエレナちゃんを抱きしめ左の余った指でアナルをコリコリと引っ掻くとエレナちゃんはさらに可愛い声をあげる。




「ヤ〜ン・・・オシリィ・・・・ダメェ・・・」




チクビとクリトリスとアナルへの愛撫でエレナちゃんはピクピクと体をふるわしながら絶頂への階段を昇り詰める。




「・・・ダメェ・・・出ちゃう・・・・」




「エレナちゃん、何が出ちゃうの?」




「・・・オシッコ・・・出ちゃうよぉ・・・・」




さすがにロープウェイの中でのおもらしはまずいので一旦愛撫を中止する。




「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」




「トキト兄さん・・・・エッチすぎるよぉ・・・エレナ・・・・ダメになるよぉ・・・」




エレナちゃんは真っ赤に上気した顔で俺に抱きつきながらささやく。




「・・・もっと・・・・ほしい・・・・」




(おしい、タイムアップだ)




ロープウェイが頂上に着く少し前に俺たちはユイカちゃんとエレナちゃんの服を整え抱き寄せながらロープウェイを降りた、二人とも赤く上気した顔を髪の毛で隠しながら頂上駅のトイレに入って行った。



saionjikyotaro at 14:35|PermalinkComments(0)

2018年11月28日

37 あお向けイラマチオで窒息ショウ②

ヒロシはユイカちゃん苦しむ顔を妄想していた、どうすればユイカちゃんを苦しめ気持ちよくさせることができるか、というか”あお向けイラマチオ”で気持ちよくはならないんだがソコは”ドマゾ”のユイカちゃんならではで、クルシメられることを快感にしてしまうのだからしようがない。


(少し煽っとこうかな)


ヒロシはユイカちゃんの耳元でささやく。


「ユイカちゃん、いっぱいクルシメてあげるから”おねだり”してくれるかな?」


「エッ・・・おねだり?・・・・エッ・・・と・・・・ユイカをクルシメて・・・ください・・・・」


「ん〜、そうじゃなくてさ、もっと具体的にドコをどうしてほしいのかをさ」


「・・・・・・・・・・・・・・」


ユイカちゃんは考えているがいい答えというか”おねだり”の文言が浮かんでこないようだ、それなら・・・。


「ユイカちゃん、こう言ってくれる?」


ヒロシはユイカちゃんの耳にささやく。


「ドマゾなユイカの喉マンコを窒息するまでチンポで塞いでください」


ユイカちゃんは赤い顔をますます紅潮させる。


(・・・やだ・・・・そんな恥ずかしいこと・・・・・・・・・言えない・・・)


ヒロシは長いチンポでユイカちゃんの顔を”ピタンピタン”と軽く叩く、ユイカちゃんは口を開けてチンポを挿れようとするがヒロシは腰を引いてしまう。


(‥‥・アン・・・・・・・・・・・)


「ユイカちゃん、言ってくれないと”おあずけ”だよ」


ユイカちゃんは口をパクパクとして言っている素振りを見せる、ヒロシは耳をユイカちゃんの口に近づける、かなり恥ずかしいことを言うのでヒロシ以外には聞かれたくないようだ。


「・・ド、ドマゾナ・・・ユイカノ・・・ノドマンコヲ・・・ヒロシニイサンノ・・・チンポデ・・・フサイデ・・・クルシメテ・・・クダサイ・・・」


「フフッ、よく言えたねユイカちゃん、喉マンコを俺の長いチンポでふさいであげる」


ユイカちゃんがニコリと笑い口を開けた瞬間、ヒロシはチンポを一気に喉奥へ突っ込んだ、ヒロシの亀頭はユイカちゃんの首の根元まで入っている。


「オブッ・・・・オゴッ・・・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーー」


ユイカちゃん一気にきた喉奥の衝撃に拘束された手足をバタバタと暴れさせる、気道は塞がれ息はできてないはずだ、ヒロシはチンポを根本までユイカちゃんの口に挿れたまま動かない、いきなり限界まで息をさせないつもりみたいだ。


その間もユイカちゃんは手足をバタバタと暴れさせている、ユイカちゃんの喉はヒロシのチンポで膨れ上がり血管が浮き出ている”ングッ、ング”と喉を鳴らしているのはなんとか息をしようとしている証拠だが、喉があそこまで膨れ上がっていては100%気道は塞がってるはずだ。


俺はヒロシの少し後ろでユイカちゃんの状態を確認し窒息寸前でベッドの向こうにいるケンジに合図を送る役になっている、俺からの合図でケンジがヒロシに合図しユイカちゃんに息をさせる手はずになっていた。


「ン”ーーーーーーーーーーングッ・・・・」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーングッ・・・・」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーングッ・・・・」


ユイカちゃんは中学のとき陸上の中距離をやっていたと言っていた、たぶん肺活量はそれなりにあるはずだと思うが無呼吸はどうだろうか、ヒロシのチンポが気道をふさいでから時間は1分はたったと思うがユイカちゃんの手足はまだバタバタと暴れている、俺は念の為ケンジに合図を送りヒロシはチンポをユイカちゃんの口から抜いた。


「ゲホッ・・ゲホッ・・・クルシ・・・ガハッ・・・ガハッ・・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


ユイカちゃんは上半身を起こし咳き込んで口から粘液を垂らしている。


「ゴホッ・・・ゴホッ・・・・ハァ・・・ハァ・・・・ハァ・・・」


「ユイカちゃん、大丈夫?キツイならやめてもいいよ」


ユイカちゃんは首を振りながら俺たちに言う。


「・・・もっと・・・ほしい・・・クルシメて・・・・・」


ヒロシが嬉しそうに言いながらユイカちゃんをあお向けに寝かしマットから頭を落とす。


「さすがユイカちゃん、はい、じゃあ次も長くするし動かすからね、苦しんで」


ユイカちゃんは口を開けてヒロシのチンポを喉奥へ受け入れる、ヒロシの亀頭は首の根元を少し超えた所まで達している。


「ン”ーーーーーーーーーーーングッ・・・・」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーングッ・・・・」


ユイカちゃんは目を大きく開けたり閉じたりしながら涙を垂らしている、この様子をエレナちゃんは口にパーを当てながら見ている。


「ン”ーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」


「ン”ン”ーーーーーーーーームウーーーーーーーーーーーーーーーー」


ユイカちゃんは手足を激しく動かし限界が近いことを知らせる、目はきつく閉じられ頭は起き上がろうとするがヒロシのチンポを喉奥へ挿れられているからできるはずもないが、ちっそく寸前でそんなことは考えているはずもなく単純に本能で頭を起こそうとしているのにすぎない。


俺の合図でヒロシはチンポをユイカちゃんの口から抜いた、ユイカちゃんは起き上がり激しく咳き込みながら粘液を吐き出す。


「ゲホッ・・・ゴホッ・・・・・ゴホッ・・・・ゲホッ・・・・・」


「ハァ・・・・ハァ・・・・・ハァ・・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・」


「ユイカちゃん、休んでないでもっと俺のチンポで苦しんでよ」


ヒロシはユイカちゃんの頭を掴んであお向けに寝かす、ユイカちゃんはあんなに苦しいのに条件反射で口を開けてヒロシのチンポを喉奥へ受け入れる、ユイカちゃんの喉は再び膨れ上がり血管を浮かび上がらせる。


ヒロシはピストン運動を始めユイカちゃんの喉は膨らんだり元に戻ったりする。


「・・・ングッ・・・・オブッ・・・・・・ングッ・・・・」


「ングッ・・・・ングッ・・・・」


ヒロシがチンポを喉の一番奥へ突っ込んで動きを止める、亀頭はユイカちゃんの首の根元に収まっている、ヒロシは手で亀頭の位置を確認しユイカちゃんに教える。


「ユイカちゃん、わかる?・・・亀頭がここまできてるよ」


「ン”ン”ーーーーーーーーー・・・ングッ・・・・ングッ・・・・」


ユイカちゃんはきつく目をつむり手足をバタバタさせている、聞こえてても反応できるはずもない、ヒロシが喉の一番へ亀頭を挿れてから2分近くたったころユイカちゃんの手足が激しくバタバタする、俺は合図を送りヒロシはチンポをユイカちゃんの口から抜いた。


「ゴフッ・・・・ガハッ・・・・・ゲホッ・・・・ゲホッ・・・・・」


「ハァ・・・・・ハァ・・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・・ハァ・・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・・・」


ユイカちゃんは咳き込み、口からはボタボタと粘液が垂れ落ちる。


「ユイカちゃん、これ以上は危ないよ、このへんでやめよう」


ユイカちゃんは首をフリフリし続行を要求する、これ以上はマジで危ないんだけど。


「・・・・あと1回・・・・・・・・・して・・・・・・・精子・・・・飲ませて・・・・喉・・・キモチイイの・・・・」


ヒロシは起き上がっているユイカちゃんを寝かし耳元でささやく。


「さすが”ドマゾ”のユイカちゃんだ、喉マンコで俺を気持ちよくしてね”精子”飲ませてあげる」


ユイカちゃんはうなずき口を大きく開けヒロシのチンポ飲み込んだ。


「・・・・ングッ・・・・ングッ・・・・ングッ・・・・」


(ズリュ・・・ズリュ・・・ズリュ・・・)


ヒロシは音を立てながらユイカちゃんの喉マンコにチンポを打ち込む、そのたびにユイカちゃんの喉は大きく膨らんだり元に戻ったりする。


「・・・ングッ・・・・ングッ・・・・ングッ・・・・ゴホッ・・・・」


「ングッ・・・・ングッ・・・・ングッ・・・・カハァ・・・ゴボォ・・・」


ヒロシの腰が激しくなりユイカちゃんは口をできるだけ大きく開け、喉マンコでヒロシの亀頭を受け入れようとする、口のはしからは粘液が垂れユイカちゃんは目をきつく閉じたり開いたりしてヒロシの射精を待っている。


(ズリュ・・ズリュ・・ズリュ・・ズリュ・・ズリュ・・ズリュ・・)


ヒロシの息づかいが激しくなり射精が近いことを知らせる。


「ユイカちゃん、出すよ、受け止めて」


ヒロシは喉の奥ではなくてユイカちゃんの口の中に射精した、ユイカちゃんは粘液を先に飲み込み精子は口の中にとどめている。


ゆっくり起き上がったユイカちゃんはエレナちゃんを手招きする、エレナちゃんは???の顔でユイカちゃんに近づくとユイカちゃんはエレナちゃんに抱きつきキスをした、エレナちゃんはビックリし目を大きく開きながらユイカちゃんに押し倒される。


ユイカちゃんはエレナちゃんにキスしながらヒロシの精子をエレナちゃんの口に流し込む、エレナちゃんは一瞬のことでユイカちゃんにされるがままになっている。


ユイカちゃんはエレナちゃんをキスから開放して言う。


「エレナちゃん・・・ヒロシ兄さんの精子・・・・美味しい?・・・・」


エレナちゃんはあまりの一瞬のことでヒロシの精子を飲んでしまったようだ。


「・・・ヤダ・・・・飲んじゃった・・・・・精子・・・・」


「フフッ・・・わ・け・て・・・・・あ・げ・た・よ・・・・・・」


「お、おねえさん・・・・精子・・・・飲んじゃったよお〜・・・・・」


「パチ・パチ・パチ・パチ」


俺たちはユイカちゃんとエレナちゃんに拍手をおくった。




モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

saionjikyotaro at 10:27|PermalinkComments(0)

2018年11月22日

36 あお向けイラマチオで窒息ショウ①

「二人ともお疲れさん、レズショウすごかったよ、堪能させてもらった、おかげで俺たちのココはビンビンになってるけどね、ところで露天風呂に入ろうか?コテージは今日までしか借りてないし、ユイカちゃんもエレナちゃんもオシッコ漏らしちゃったからサッパリしたいでしょ?」


「もお〜・・・お兄さんたち・・・イジワルね・・・・仕組んだくせに・・・・」


ユイカちゃんは俺が”尿道責め”を仕組んだと言っているが、まーそのとうりなんだがまさかココまでの展開というか、スゴイ”尿道責めショウ”になるとは思ってはなかった。


「ところでユイカちゃん、オプションって言ってたけど何かな?」


ユイカはすっかり忘れていた事をトキトに聞かれて少しあせる。


(アッ・・・忘れてた・・・・でも・・・言うの・・・はずかしいな・・・・)


「・・・うん・・・・」


俺はユイカちゃんの顔色を見ながら期待をこめて言う。


「ユイカちゃんが言うオプションだからエッチなことなんだよね?たぶん、ユイカちゃんがされたいことか、したいことか、試してみたいことか、どれかな?」


ユイカちゃんは首から上を赤く染めている、言いにくいようだが言わせちゃおう。


「・・・うん・・・・」


「恥ずかしいこと?苦しいこと?気持ちいいこと?どれかな?」


ユイカちゃんは下を向いて言いにくそうに答える。


「・・・うん・・・・あのね・・・苦しい・・・かな・・・」


俺は思った、はは〜ん苦しいと言うことはイラマチオだけど、カマかけてみるかな、俺はスマホを取り出し”イラマチオ”を写真検索した、たぶんユイカちゃんはしてほしいというか、されたいことに反応するはずだ。


「ユイカちゃん、この写真の中にオプションはあるかな?」


俺は”イラマチオ”の写真をユイカちゃんを見ながらスクロールしていく、ユイカちゃんは口にパーを当てながら食い入るように見ている。


「アッ・・・」


きた!、ユイカちゃんは正直だ、すぐに反応する、わかりやすい娘だなあ、ユイカちゃんが反応した写真はベッドに仰向けでイラマチオをされている写真だが、頭はベッドから落ちていて口から喉までが一直線になりチンポがより喉の奥に突き挿れられた写真だ。


「ユイカちゃん、この写真みたいなことしてほしいの?」


ユイカちゃんは真っ赤な顔でうつむいている、あお向けイラマチオをされたいらしい。


俺はヒロシとケンジ、エレナちゃんに写真を見せた、エレナちゃんは口をパーで押さえている。


「おねえさん・・・コレされたいの?・・・スゴく・・・クルしそう・・・・」


たぶんユイカちゃんはコレをヒロシにされたいんだろうな、ヒロシのチンポは長いから首の下まで亀頭が入り込むんじゃないかな、ここまで亀頭が入り込むとたぶん気道は塞がれ呼吸はできなくなるはずだ、ユイカちゃんはその苦しさと言うか窒息感を味わいたいのだろう、ホントにドマゾな娘だ。


「ユイカちゃん、ヒロシがご指名だよね?」


ユイカちゃんはびっくりした顔で俺を見る、図星なようだ。


「エッ・・・」


(な、なんで・・・わかるの?・・・)


「ユイカちゃん、窒息感を味わいたいんでしょ?もしかしてエレナちゃんに一瞬だけ首を締められた時感じちゃった?」


(ヤダ・・・・バレてる・・・・)


ユイカちゃんは相変わらず真っ赤な顔でうつむいている、だがオマンコからはオマンコ汁が太ももをつたいヒザまで垂れている。


「ユイカちゃん、オマンコ汁がヒザまで垂れてるの気づいてる?」


「エッ・・・ヤダ・・・ウソ・・・・」


「ユイカちゃん、ココへおいでよ」


俺はユイカちゃんをヒザの上に乗せてユイカちゃんにやさしくささやく、ユイカちゃんは俺の首に両手をかけて胸に顔をうずめている。


「ユイカちゃんはさ〜、マゾっ娘だけど恥ずかしがり屋なんだよね、でも、苦しいのも、イタいのも、熱いのも好きなんだよね、俺たちはユイカちゃんのことが大好きだからさ、いっぱいクルシメてあげる、いいよね?」


ユイカちゃんは顔をあげて俺を見て言う、目はすでに蕩けている。


「ユイカを・・・・クルシメて・・・・ください・・・・」


俺はユイカちゃんの頭をナデナデし


「ユイカちゃん、よく言えたね、いっぱい苦しめてあげる」


俺たちは露天風呂にテーブルを持ってきてその上にエアーマットを置いた、コレでちょうどユイカちゃんの頭がエアーマットから落ちた時、立っているヒロシのチンポとユイカちゃんの口が一直線になるはずだ、ユイカちゃんはうつむきながらも用意ができるのを待っている、エレナちゃんがユイカちゃんの後ろから抱きつき脇腹を”ツー”となでた。


「ヒャア・・・ビックリした〜・・・」


「おねえさん・・・クルシメられて・・・精子・・・・飲むの?・・・・精子って・・・・美味しいの?・・・・エレナ・・・・精子の味に興味・・・・あるんだけど・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・」


ユイカちゃんは思いついたようにエレナちゃんの耳打ちする。


「・・・・分・け・て・・・あ・げ・る・・・・」


エレナちゃんは首をかしげながら、


「エッ・・・分ける?・・・・・?????」


ユイカちゃんはヒロシに耳打ちしヒロシは親指を立てて”イエイ”をした、ユイカちゃんも”イエイ”をする、俺とケンジは???顔になっているとヒロシがケンジに耳打ちした。


ケンジが俺に耳打ちしユイカちゃんがエレナちゃんに何をしようとしているのかを俺も納得した。


「ユイカちゃん、用意ができたよ、エアーマットの上にあお向けで寝てくれる?」 


俺たちはユイカちゃんの手足をゆるくだがテーブルの足に拘束した、ちっそく寸前になった時に手足をあまりバタバタと暴れさせないようにするための用心だ。


ユイカちゃんは拘束されるとは思っていなかったらしく不安げに自分が拘束されるのを見ている。


(・・・ヤダ・・・拘束されちゃった・・・・もう・・・逃げられない・・・ユイカ・・・窒息するまで・・・クルシメられるんだ‥‥・)


この時ユイカちゃんのおオマンコからはオマンコ汁がアナルまでしたたっていた。


「さすがユイカちゃん、オマンコ汁がアナルまで垂れてきてるよ、そんなにクルシメられたいんだ」


「・・・ヤダ・・・・ハズカシイ・・・・」 


これからユイカちゃんのあお向けイラマチオの窒息ショウが始まる。




モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

saionjikyotaro at 15:16|PermalinkComments(0)

2018年11月03日

22 ソープごっことイラマチオ

「ユイカちゃんの腹時計は正確だね、いつも8時位鳴るよね」


「ヤダ・・・・そんな・・・恥ずかしい・・・よ・・・」


「ユイカちゃん、何が食べたい?」


「う~ん、ユイカ美味しいラーメン食べたいな」


「よし、下田までラーメン食べに行こう、美味しい店があるんだ」


「やった~ラーメンだ~」


俺たちはラーメンをたらふく食べてケンジの別荘に戻る途中にヒロシが言った


「帰ってユイカちゃんに美味しいコーヒーを淹れてもらおうかな?ユイカちゃんいいかな?」


「エッ、いいけどヘレンドのカップはダメだよ、ほかにコーヒーカップってあったっけ?ないと淹れれないよ」


「いいじゃん、ヘレンドで」


「ダメ、ユイカ割ったらやだもん、それに安いカップ買ってくれないと明日のモーニングキスはおあずけだよ」


「ケンジ、Uターンしてくれ別荘の辺は店が閉まってる、下田じゃないとカップは買えない、ユイカちゃんにモーニングキスしてもらえなくなる」


「よし、いそいで戻る」


「アハハ・・・お兄さんたちおかし~い、ユイカのモーニングキスでそんなになるかな?普通」


「俺たちはユイカちゃんのモーニングキスでやる気がでるようになってるんだよ」


「アハハ・・・ほっぺのチュウだよ・・・大げさだよ」


「俺たちには重大なことだよ」


「ハァ~、男の人ってそういうものなの?」


「そう、そういうもの」


俺たちはコーヒーカップを買って別荘に戻りユイカちゃんにコーヒーを淹れてもらいマッタリとしていた。


「お、10時かそろそろ風呂でも入るか、ユイカちゃんも汗かいたでしょ、体と髪の毛洗ってあげようか?」


「ホント?やった~楽チンだ~」


「あ、ユイカちゃん、俺たちの体も洗ってほしいんだけどいいかな?」


「エッ・・・ユイカがお兄さんたちを洗うの?」


「いや、実はね、ユイカちゃんとソープごっこをしたいなって思ってさ」


「ソープごっこ?何ソレ?」


「ん~、簡単に説明するとね、マットの上に男が寝てその上に石鹸まみれの女の子が乗って男の体を女の子の体自身で洗うの」


「へ~・・・ソレって・・・写真で見たことあるよ・・・マットの上で女の人が男の人の上に乗って体をスリスリしてたヤツだよね」


「そう、まさにソレ」


「そっか~・・・ソープごっこって言うんだ、気持ちいいのかな?・・・」


「気持ちもいいけど、男にとって女の子にしてほしいエッチな願望で上位にくるプレイだよ」


「そうなんだ・・・男の人が女の子にしてほしいんだ・・・いいよ・・・してあげる・・・」


「ホント?やり~」


「でも・・・1日に1人にしてほしいな・・・ユイカ一生懸命にするから疲れちゃうと思うんだ、それでもいい?・・・」


「もちろんだよ、じゃあ、今日は誰にする?」


「ヒロシ兄さんがいい・・・まだ・・・精子・・・飲んであげてないし・・・ソープごっこしながらユイカに・・・精子・・・ね・・・・」


「わお〜、俺がソープごっこの1番?やり~ユイカちゃんのソープごっこ初体験でイラマチオさせてくれるなんて超ラッキー」


ユイカちゃんは口にパーをして笑っている。


「アハハ・・ヒロシ兄さんおもしろ~い・・・」


「じゃあねユイカちゃん、俺にボディソープをいっぱい垂らしてユイカちゃんの手で俺の体を洗いながら泡だらけにしてくれる?その後でユイカちゃん自身もボディソープで泡だらけにして俺に乗ってくれるかな?」


「うん・・・・いいよ⤴・・・」


ユイカちゃんがヒロシをアワアワにしてユイカちゃんもアワアワになりヒロシの体に乗っかる。


「ユイカちゃん、俺の体の上をユイカちゃんの体でスリスリしながら自由に動いてくれるかな?」


「うん・・・・こんな感じでいいかな?・・・・」


「おおうっ、ユイカちゃん・・・スゲー気持ちいいよ・・・ヤバイくらい・・・いい・・・」


「フフッ・・・ヒロシ兄さん・・・女の子みたいだよ・・・・カワイイ・・・・こんなのは・・・どお?・・・」


ユイカちゃんは指でヒロシのチクビをクリクリし、チンポを握りしめてシコシコする。


「おおうっ、ユイカちゃん・・・いい・・よ・・・」


「フフッ・・・もっと・・・・してあげる・・・」


ユイカちゃんはヒロシのお腹に乗っかりオマンコをさすりつけるように腰を動かす。


「ユ、ユイカちゃん、ドコでそんな事覚えたの?」


「フフッ・・・エッチな・・・動画だよ・・・ヒロシ兄さん・・・気持ちいい?・・・・」


「ユイカちゃん、スゴイよ・・・・」


「ヒロシ兄さん、うつ伏せになって、背中もスリスリしてあげる」


ユイカちゃんはヒロシの背中にまたがり上から下までオッパイとオマンコでスリスリする。


「おおっ、ユイカちゃん、気持ちいい・・・」


ヒロシの背中は泡よりもユイカちゃんのオマンコ汁のほうが多いかもしれない。


「ヒロシ兄さん、仰向けになってユイカの体全部でいっぱいスリスリしてあげる」


ユイカちゃんは素股みたいにヒロシのチンポを自分のお腹と恥骨で上下に何回も動き刺激する。


「おおうっ、ユイカちゃん、ヤバイよ、出ちゃうよ」


「フフッ・・・ヒロシ兄さん・・・精子・・・出るの?・・・言ってくれれば・・・飲んであげる・・・」


「ユイカちゃん、やばい・・・もうすぐ出るよ・・・」


「うん・・・・出して・・・」


ユイカちゃんはヒロシのチンポを咥えこんで上下に頭を動かし上目遣いでヒロシを見る。


(ああ・・・ユイカちゃん・・・おしゃぶりしながらそんな目で見られたら・・・)


「うっ、ユイカちゃん・・・出る・・・」


ヒロシはユイカちゃんの頭を押さえ込み喉の奥までチンポを挿れた。


「ングッ・・・・ガハァ・・・・ングッ・・・・ングッ・・・・ゴクッ・・・フグゥ・・・ゴクッ・・・フー・・・・フー・・・・」


ユイカちゃんはヒロシの精子を飲み込みヒロシに口を大きく開けて見せた。


「ヒロシ兄さん・・・飲んじゃった・・・・オイシ・・・・・」


ヒロシはユイカちゃんを強く抱きしめた。


「アン・・・・・ヒロシ兄さん・・・どうしたの?・・・」


「ユイカちゃん、ありがとう、俺の精子飲んでくれて、俺初めてなんだよ精子飲んでくれた娘、俺、超感激してるんだ」


「ユイカちゃん、スゴかったよ、お金出しても今のユイカちゃんみたいにはしてくれないよ」


「エッ・・・そうなの?・・・ユイカ・・・ヒロシ兄さんに喜んで貰おうと思って・・・エッチな動画を思い出しながら・・・一生懸命・・・しただけだよ・・・・喜んでもらえて・・・ユイカ・・・うれしいな・・・」


(ユイカちゃん、ホントに天使だ)


「ヒロシ、よかったな、うらやましいよ、見ていて俺たちもヤバかったよ」


「うん、ユイカちゃんは最高のエロカワ天使だ」


ユイカちゃんは両手を頬に当ててクネクネし


「イヤン・・・エロカワ天使なんて・・・ユイカ・・・恥ずかしい・・・」


(ユイカちゃん、ホントにエロカワ天使だ、カワイ過ぎる)


「ヒロシ兄さん・・・まだ・・・精子・・・出せる?・・・ユイカ・・・ヒロシ兄さんの・・・喉の奥で・・・感じたい・・・・」


「えっ、ユイカちゃんいいの?2回目になるけど」


「うん・・・・ユイカ・・・・クルシイの・・・スキになってきちゃったの・・・・」


「わお~、ユイカちゃん俺の長いけどガンバってくれるの?ホントに奥まで挿れるよ」


「うん・・・・ヒロシ兄さんの・・・ホントに・・・ながいね・・・」


ヒロシのチンポは欧米人並に長い、ユイカちゃんの喉の1番下まで届きそうなくらいの長さがある、ユイカちゃんの普通のおシャブリだとまだ20センチは口に入らずに残っている残り20センチ全部を口の中に挿れたら亀頭は確実に体と首の付け根に達するはずだ、俺とケンジのイラマチオときより数倍苦しむことになる、たぶん気道はほぼ塞がれてしまうだろう。


「ユイカちゃん、手の拘束はしないからね、替わりに後ろでケンジに軽く後手にしてもらうからホントに苦しくなったら振りほどいていいから」


「うん・・・・」


「じゃあ、ユイカちゃん口を開けて俺のチンポを咥えこんで」


ユイカちゃんが口を大きく開けてヒロシのチンポを咥え込む、予想通り口に入り切らないヒロシのチンポは20センチほど出ている。


「ユイカちゃん、どお?俺のチンポ長いでしょ、まだこんなに残ってるよ」


(ウソ・・・ヤダ・・・まだあんなに・・・あるの?・・・アレが・・・全部・・・・喉の奥に・・・)


ユイカちゃんは大きく目を開けて入り切らないヒロシのチンポの残りを見て驚いている。


「ンン・・・・・ンーーーーー」


「ユイカちゃん、始まっちゃったからね、俺、鬼畜ドSだからさ、いいよね?少しずつゆっくり慣らしながらするから」


ヒロシは自分のチンポが長いことを自覚している、時間をかけてユイカちゃんを慣らしながらイラマチオをするつもりらしい、次からのことも考えてユイカちゃんが受け入れてもらえるように。


「ユイカちゃん、喉にワンタッチを繰り返すからね」


ユイカちゃんはヒロシのチンポを咥えながらコクコクとうなずく、すでに目には涙が溜まっているがその目の奥には妖しい光が見える、”苦しさ”を期待しているのかもしれない。


「ン”ン”・・・オェ・・・・ンン・・・・・」


「ガハッ・・・オェ・・・・ウブッ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


「ガハッ・・・ガハッ・・・オェ・・・」


「オェ・・・ゴホッ・・・ゴホッ・・・・ハァ・・・ハァ・・・」


「ユイカちゃん、喉のワンタッチを長くするからね」


「ン”ン”・・・オェ・・・カハッ・・・・」


「ゴホッ・・・・ゴホッ・・・・ン”ン”・・・・・ハァ・・・ハァ・・・・」


「コホッ・・・・ンン・・・・カハッ・・・・」


「ガハッ・・・・オェ・・・・ハァ・・・ハァ・・・・」


「ユイカちゃん、少し長く奥まで挿れるからね、いい声を聞かせてね」


ユイカちゃんはコクコクと頷く。


「ンンーーーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーーー」


「ガハッ・・・ガハッ・・・ハアッ・・・・ハアッ・・・・」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」


「カハッ・・・・カハッ・・・・ハァ・・・ハァ・・・・」


「ンンーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーーーー」


「ゴホッ・・・・ゴホッ・・・・オェ・・・・ハァ・・ハァ・・」


「ユイカちゃん、限界までしていいかな?俺のチンポ、喉の1番奥で感じてくれる?」


「うん・・・・奥まで・・・・突いて・・・・いいよ⤴・・・・」


「ユイカちゃん、長くするけどいいよね、苦しいの好きだもんね」


「うん・・・・いいよ⤴・・・ユイカを・・・・いっぱい・・・・クルシメて・・・・」


「ありがと、ユイカちゃんいっぱい苦しませてあげる」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーガハッ・・・

ゴホッ・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーオェ・・・

ハアッ・・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーハアッ・・ハアッ・・」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーー」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーガハッ・・・

ゴボッ・・・・・ゴボッ・・・・・ハアッ・・・・ハアッ・・・・ガハッ・・・

ンンーーーーーーーーーーーーーん”ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴホッ・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーオェ・・・

ハアッ・・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーガハッ・・・ガハッ・・・

ゴボッ・・・・・ゴボッ・・・・・」


「ケンジ、ユイカちゃんのオマンコ触ってみろよ」


「うわ、スゴイことになってる、ビショビショだぜ、下までしたたってるよ」


「ユイカちゃん、苦しいのに感じてるんだね、もっとするけどいい?」


ユイカちゃんはうなずきヒロシのチンポを再びくわえ込んだ、ヒロシはいきなり喉の一番奥へチンポを突き立てた。


「ン”ン”ーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーー」


「ユイカちゃん、ヒロシのチンポの先がここまできてるよ、分かる?」


ケンジがユイカちゃんの喉にさわり首の付け根をわざと押す、ユイカちゃんは目を見開きヒロシのチンポを咥えながら涙を流しコクコクと頷く。


「ゴフッ・・・ンンーーーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーー

ん”ーーーーーーーーーーーーーーん”ーーーーーーーーーーーーーゴホッゴホッ・・・

オェ・・・ゴホッ・・・・ゴホッ・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーー

ン”ん”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン”」


ンンーーーーーーーーーーーーーん”ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴホッ・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーオェ・・・

ハアッ・・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーガハッ・・・ガハッ・・・

ゴボッ・・・・・ゴボッ・・・・・」


「ユイカちゃん、精子出るから受け止めて」


「ん”ーーーーーーーーーーん”ーーーーーーーーーーグェーーーーーーーーーーー

ンンーーーーーーーーーーーーーーーーン”ーーーーーーーーーーーーーーーー

ん”ーーーーーーーーーーーーーーん”ーーーーーーーーーーーーーゴホッゴホッ・・・

オェ・・・ゴホッ・・・・ゴホッ・・・・ン”ーーーーーーーーーーーーーーー

ン”ん”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン”」


「ン”ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーガハッ・・・

ゴボッ・・・・・ゴボッ・・・・・ハアッ・・・・ハアッ・・・・ガハッ・・・ゴク・・・」


「ゴク・・・ン・・・・ゴク・・・ハァ・・ハァ・・ハァ・・」


「・・・・飲んじゃった・・・・・ハァ・・ハァ・・」


ユイカちゃんのオッパイのあたりはたくさんのよだれが垂れ落ち、ヒロシのしたイラマチオの激しさを物語っている、ユイカちゃんは顔を洗い、ヒロシに抱きついて耳元でささやきほっぺにチュウをした。


「ヒロシ兄さん・・・・よかったよ・・・・また・・・精子・・・ちょうだい・・・・」


「おお~いいな~ヒロシ」


「ユ、ユイカちゃん」


「ヒロシ兄さん、ユイカ疲れちゃった、体と髪の毛洗って~」


「かしこまりました、ユイカ姫、ヒロシが洗わさせていただきます」


「おお~ヒロシ、ユイカちゃんのご指名だぜ、1人で洗ってさしあげろよ、俺たちは手伝わねーぜ」


「ヤダッ・・・トキト兄さんとケンジ兄さん、ヤキモチ焼いてるの~もお~」


「だって俺たちのときはチュウしてくれなかったし」


「ハァ~もお~小さい子みたいなこと言わないでよ~も~」


ユイカちゃんは俺とケンジに抱きついて耳元でささやいてほっぺにチュウしてくれた。


「トキト兄さん、せ・い・し・の・ま・せ・て・・・」


「ケンジ兄さん、せ・い・し・の・ま・せ・て・・・」


「わお~やった~元気100倍、精力絶倫だ~」


「アハハハ・・・お兄さんたち・・・おもしろ~い・・・」


俺たちはユイカちゃんの体と髪の毛を洗い、リビングで水分補給をしていた。







モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

saionjikyotaro at 13:57|PermalinkComments(0)
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: