キャンプ

2022年08月14日

2 喉ボコ・・・窒息寸前 初イラマチオ!!

「川上さん、もしかして足りなかったかな?」

と念の為聞く加藤。


「・・・ウン・・・すこし・・・足りないかな・・・もっと・・・欲しい・・・」

と真顔の川上さん。


(さっき2リットルの浣腸で気絶寸前というかほぼ気絶するまで耐えさせられ苦しめられたのに

足りないなんて)

どんだけ被虐性愛が強いんだよ川上さん、と僕たちの心の声。


川上さんは生真面目な性格だから2学期が始まって学校行事の打ち合わせに時間を忙殺され

ストレスMAXな状態で今回の秘境キャンプに来たのだが被虐性愛欲も”夏休みの最後の1週間”

のときよりも一段レベルアップしているみたいだ。


特に、ついさっき2リットルの大量浣腸されて苦しめられ、ほぼ気絶するまで耐え抜いたことで

”クルシイ系”の耐性がレベルアップしてしまったようだ。


(手加減なしで成り行きまかせのほうが川上さんは満足するかな?)

と、僕たちの5人の思考。


「川上さん、フェラチオってしたことあるかな?口でするやつだけど」

と加藤が聞く。


「エッ・・・1回だけ・・・したことあるかな・・・」

と川上さん。


(おお〜、マジか?1回だけ?)

僕たちの心の声


僕たちの想定を大きく下回る返事に、うなる僕たち。


「1回だけなの?ホントに?」

と突っ込む僕たち。


「ウン・・・前彼のときだけだよ・・・」

と、川上さん。


(ウソを言っているようには見えないけど、川上さんって意外と経験少ないんだな)

と僕たちの心の声。


川上さんは被虐性愛者であって生のSEXにはそれほど欲がないらしい、たぶんいまのところは

だとはおもうけど、だから僕たちへも生挿入はNGということなんだ。


「川上さん、ちなみにイラマチオって知ってるかな?」

と加藤。


「ウン・・・知ってるよ・・・喉の奥へオチンチンを入れることでしょ・・・」

と素直に答える川上さん。


「アッ・・・もしかして・・・わたしにするつもり?・・・イラマチオ・・・」

と驚く川上さん。


「生でなきゃイイんだよね?ディルドで試してみない?苦しませてあげるよ、オプションつけてさ」

とサラリと言う加藤。


「オプションってなんなの?・・・スゴイの?・・・」

とのってきた川上さん。


「川上さんが”ネ”をあげるくらい満足させるにはプレイの予告なしでしたほうがいいみたいだからさ、

俺たちに身をまかせてくれるかな?未体験ゾーンに連れてってあげるよ、NGは守るから」

と加藤と僕たち。


「ウフフフフフ・・・殿方たちに身を任せて・・・未体験ゾーンね・・・スゴそう・・・いいよ・・・

凛子を好きに弄んで・・・」

と、被虐性愛がとまらない川上さん。


(川上さん、これからされることは”ドM”じゃなきゃ耐えれそうになくらいのプレイになるんだけど、

というより”ほぼ拷問”に限りなく近いんだが)

と僕たちの心の声。


加藤と僕で川上さんを後手拘束にし、幹がしっかりした樹の下で川上さんを水平吊りにする。

脚は脚首と太ももをくっつけて肩幅くらいに広げて固定する、これで川上さんの自由になるところは

頭だけになる。


「川上さん、どう?動けないでしょ?感想はあるかな?」

加藤と僕。


「アン・・・完全に固定されちゃったのね・・・動けないよ・・・」

と素直な感想の川上さん。


「じゃあ、川上さん、これを咥えてもらおうかな、リングギャグってやつでさ口が開きっぱなしなるんだよね、

ナニされるかわかるよね?苦しませあげる、いい声を聞かせてね」

と鬼畜な僕と加藤。


ここで川上さんを目隠ししてこれからされることをわからなくする。


「エッ・・・目隠し?・・・ナニ・・・ナニ・・・するの?・・・」

と不安がる川上さん。


「川上さん、未体験ゾーンに出発しようか」

と加藤と僕。


今井がロングディルドを手にしてゆっくりとリングギャグに突き挿れる、最初は喉の奥へワンタッチ。


「オップッ・・・ガハッ・・・ゴホッゴホッ・・・」


(ウソ・・・クルシイ・・・息・・・できない・・・)

川上さんの心の声。


「川上さん、ゆっくりと喉の奥へディルドを出し入れしてあげる、楽しんで」

と、鬼畜な今井。


(・・・ズリュ・・・)


「・・・ゴホッ・・・ガハッ・・・ヤメレ・・・イレニャイで・・・クルし・・・」


「川上さん、まだまだ序の口だよ」

と、鬼畜な今井。


(・・・ズリュ・・・ズリュ・・・)


「・・・ウゴッ・・・カハッ・・・ゴホッ・・・ゴホッ・・・ユルヒテ・・・」


(・・・ズリュ〜〜〜・・・)


「・・・ンン〜〜〜・・・ンン〜〜〜・・・」

(・・・クルシイ・・・息・・・させてぇ〜・・・)


「・・・ゴフッ・・・ヤメレ・・・」


「川上さん、未体験ゾーンいくんでしょ?次は長いからね」

と、楽しそうにディルド動かす鬼畜な今井。


(・・・ズリュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・)


今井が川上さんの喉の最奥へディルドを置いて手を離す、川上さんの喉奥は膨れ上がったままになり

吊られた体が陸にあげられた魚のようにビクビクと痙攣する。


今井が川上さんの喉奥からディルドをゆっくりと抜き取る。


「・・・ゲホッゲホッ・・・ゴホッ・・・もう・・・ヤメレ・・・ムリィ・・・」

と、許しをこう川上さん。


今井が川上さんの目隠しを外し川上さんの涙目を覗き込む、川上さんの涙目は大きく開き

その表情は絶望している。


今井の目は”ドS”そのもので獲物である川上さんを解放するつもりは微塵もないのだ。


川上さんはイラマチオは初体験でこれほどクルシイとはおもってもみなかったようだ。


今井が再び川上さんへ目隠しをする。


「・・・ラメ・・・ユルヒテ・・・ヤメレ・・・」

(・・・ダメ・・・ユルシテ・・・ヤメテ・・・)


リングギャグを咥えこまされている川上さんにディルドは拒否できるわけもなく今井は容赦なく

ディルドを突き挿れる。


(・・・ズリュ〜〜〜・・・・ズリュ〜〜〜・・・)


「・・・ウップッ・・・ウゲッ・・・ガハッ・・・ガハッ・・・ゴホッ・・・」


「川上さん、今度は超長いよ、覚悟してね」

と、鬼畜な今井。


(・・・ズリュ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜・・・・)


「・・・ヤメレ・・・ユルヒテ・・・もう・・・ムリィ・・・ウゴホッ・・・」


今井はディルドを川上さんの喉奥に置いたまま1分近く放置する、川上さんの体は最初はビクビクしていたが

最後は動かなくなってしまった。


今井がゆっくりとディルドを抜き取ると川上さんが息を吹き返した。


「・・・ヒュ〜ィ・・・ハヒュ・・・ハヒュ・・・ゴボッ・・・ガハッ・・・」


「・・・ヒュ〜・・・ヒュ〜・・・ハァ・・・ハァ・・・」


今井は川上さんの目隠しを外し限界を見極める。


「・・・オネギャイ・・・ヤメレ・・・ヤシュマシェテ・・・・モウ・・・ユリュシテ・・・」

と、リングギャグを咥えながら今井に哀願する川上さん。


今井は川上さんの頭をなでながら言う。


「よく頑張ったね、川上さん、少し休ませてあげる」

と、鬼畜な今井。


川上さんは”ホッ”としたのか頭をガックリと下げ息を整える。


「・・・フゥ〜・・・フゥ〜・・・ハァ・・・ハァ・・・」


僕と加藤で川上さんのリングギャグを外すと川上さんは休憩させてもらえると思いのたまう。


「スゴかった・・・今井くんのイラマチオ・・・死んじゃうかと思った・・・」

と素直な感想を言う川上さん。


ところが川上さんへのプレイ(ほぼ拷問)?はまだ終わってなく僕と加藤でうつ伏せの水平吊りから

あおむけの水平吊りになって脚の拘束は解かれ川上さんの吊りはお尻が上に頭が下にという変形の

吊りになっただけで休憩を予測した川上さんは???でこれからされることはまた目隠しをされたので

わからないのだった。


「・・・エッ・・・ナニ・・・休憩じゃ・・・ないの?・・・」

と不安がる川上さん。


川上さんのアナルに再びダブルピッカーカテーテルが刺し挿れられ直腸内のバルーンが膨らむ。


「・・・ウソ・・・ナニ・・・お浣腸するの?・・・」

と驚天動地の川上さん。


それはそうだろう、さっき今井にあんなに苦しいイラマチオをされたのだ、いつもなら休憩させてもらえるのに

そうではなく、直腸に圧力を感じソレは明らかにココへ来るまでに味合わされたあの凶悪な感触の

ダブルピッカーカテーテルそのものなのだ。


そして、川上さんの脳裏に強烈な不安が浮かぶ、ソレは・・・。


川上さんの目隠しが外され川上さんの目に驚愕の光景が映り込む。


3パックものイルリガードル、3リットルもの牛乳浣腸が始められようとしていたのだ。

いや、正確には1つ目のイルリガードルのコックはすでに開かれ自分の直腸に牛乳浣腸が

着々と注入されつつある。


「・・・ウソ・・・どうして・・・休憩は?・・・・」

とあわてる川上さん。


「さあ〜川上さん、さっきのやり直しだよ、3リットルね、約束とうりにちゃんと飲み干してね」

ち鬼畜な加藤。


「この変形のゆるい逆さ吊りならね、たくさんの浣腸が可能なんだよね、未体験ゾーンだよ、

ガンバルんだもんね川上さん?」

と鬼畜な加藤。


「・・・そ・そうね・・・キツイけど・・・ガンバってみるわ・・・」

と少し汗を浮かべている川上さん。


「さすが川上さんだ、ドM浣腸姫」

と揶揄する僕と加藤。


「・・・もう・・・ばか・・・ばか・・・」

と、ドM浣腸姫と言われて満更でもない川上さん。


1つ目のイルリガードルは空になり2つ目のイルリガードルに替えられている。

ただ、鬼畜な加藤の言うとうりさっきよりもこの姿勢のほうが楽なのは確かだ。


僕たちは川上さんを取り囲み2つ目のイルリガードルの残りと川上さんの顔を見比べている。


川上さんは2リットルはほぼ気絶していたがクリアはしたので問題の最後のイルリガードルになったときに

どれだけ耐え切れるかを考えているようだ。


そして限界は突然にやってきた。


「・・・クゥ〜〜〜・・・イタイ・・・もう・・・だめぇ・・・挿れないで・・・お願い・・・」

と、苦悶の表情の川上さん。


2つ目のイルリガードルは空になり3つ目のイルリガードルに切り替える直前にソレは起こった。


川上さんは少しでも痛みを和らげるように、できるだけ体を丸めようとしている。


しかし拘束具のロープがソレを許さず、川上さんのお腹の痛みを助長する。


僕と加藤でロープを緩めガタイの良い田口が川上さんをお姫様だっこで支える。


「川上さん?、ギブアップでイイよね?川上さんの体で3リットルは物理的にムリなんだよ」

と僕たち。


「・・・ゴ、ゴメンナサイ・・・もう・・・”かんにん”・・・して・・・」

と、川上さんの”ギブアップワード”発動で大量浣腸調教は終わった。


僕たちは川上さんに注ぎ込まれた2リットルの牛乳を早急に体外へ出させるべくアレやコレやで

手を尽くし、ようやく川上さんの顔色に精気が戻ってきた。


2回におよぶ2リットルの大量浣腸で川上さんの体力消耗をできるだけ少なくするために短時間で

事後処置をしたので川上さんは30分ほどで僕たちと会話ができるように回復した。


「川上さん、体はどうかな?」

と、責めの張本人の加藤が気遣う。


「ハァ〜・・・大丈夫・・・もう少しだけ休めば・・・戻れると思う・・・」

と川上さん。


「川上さん、お昼くらいまで横になってるといいよ」

と僕。


「・・・ウン・・・そうする・・・」


川上さんはそう言うと眠るように目と閉じていった。


「オイ、加藤、時田、川上さん大丈夫なんだろうな?」

と田口、石井、今井が問い詰めにかかる。


「大丈夫だって、今までにもこんなことあっただろ?」

と加藤と僕。


「なら、いいんだけどさ、もう少し加減したほうがいいんじゃないのか?」


「加減したあげくに足りないって川上さんが言ったじゃないか」


「気絶、もしくは気絶寸前じゃないと川上さんを満足させれないだよ」


「まあ、そうだけどな、・・・・」


「もぅ〜〜〜〜、うるさい〜〜〜眠れないじゃない」

と突然起きて怒る川上さん。


「君たち殿方諸君、わたしへの気遣いはうれしいけど揉めるならわたしのきこえないところでしてくれる?」

と、寝れない怒りを僕たちにぶつけ、怒り心頭の川上さん。


「ゴ、ゴメン、川上さん」

と川上さんの気迫に押されおもわずあやまる僕たち5人。


「ホントにもぉ〜おちおち寝れりゃしないだからもぉ〜」

と、怒りプンプン川上さん。


(シ〜〜〜〜ン)


僕たち5人はしばらく沈黙し、川上さんの寝息が聞こえるまで動かず話さず、その場で固まっていたのだった。





<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


「本格SMドキュメント クソマゾ病み系女子をプライベート調教」



「VRch 緊縛」


「プレイガール ch. 緊縛」


「アダルトアニメ・緊縛」


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>

saionjikyotaro at 08:36|PermalinkComments(0)
【PR】
アフィリエイト広告を利用しています
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール