ロリ

2022年08月20日

7 露出・・・羞恥の女子中学生!!

加藤がやんわりと目ヂカラ少女から覗きの理由を聞いたところ、散歩中に僕たちを見かけ”妖しい”雰囲気に興味が湧いたからだという。

”妖しい”というのは男5人に女が1人で、”夜に人気のないこんなところ”に来る理由は”エッチな遊び”が目的でしかなく、今までにもカップルのそういったことを覗いたことが何回か、あるということだ。

加藤はこの目ヂカラ少女を仲間に引き入れたいと考えていた。
電車で川上さんの痴態を見た時の少女の目の奥底にある光は、間違いなく”M的"なものということに間違いはないからだ。

しかも、目ヂカラ少女は僕たちの大好物であるスレンダーで、川上さんと同じくらいの美少女だということである。

さらに詳しく聞いていくと、僕たちは階段(最初)から見られていて、エッチなことに興味津々な目ヂカラ少女は僕たちによる川上さんへの”いやらしい”プレイに興味がある?ということだ。

「マリアちゃんと、呼んでもいいかな?」
と加藤。

「・・・・・・・・・・・・・・・」

目ヂカラ少女は無言だがすこし嬉しそうにうなずく。

「俺たちのエッチな遊びを全部見られちゃったからね、マリアちゃんもこういうことに興味があるということで、いいのかな?」と、慎重に言葉を選びながら誘導していく加藤。

「・・・・・・・・・・・・・・・」

目ヂカラ少女は期待いっぱいの目でうなずき加藤を見つめる。

(これは・・・もう・・・いいな)
と、加藤の心の声。

加藤はマリアちゃんに”その気”があることを確信する。
この場合の”その気”とは、僕たちと”エッチな遊び”が”したい”ということになる。

「マリアちゃん、その服ってさ、ひょっとしてドキドキしたいと思ってのことかな?」
と、マジマジと見つめる僕たち。

「う〜んとね・・・チャンスがあったら・・・かな・・・ヘヘッ・・・」
と、ペロッと舌を出すマリアちゃん。

(おおっ、カワイイぞ、この娘)
と、僕たちの心の声。

マリアちゃんのカッコウはヘソ出しで”ユルユル肩出し”の黒タンクトップと、ミニのデニムという一瞬で露出プレイができるというあられもないカッコウで、しかもタンクトップにはノーブラだとわかる”ポッチ”がある、おそらくパンティも履いてきてないにちがいない。

そして、その露出チャンスは強制的だがスグにやってきた。

僕たちの期待の眼差しを感じた川上さんがマリアちゃんにちかずき、胸元が空いたタンクトップをまくりあげ、間髪をいれずにデニムも”パッ”とめくり上げる。

「・・・キャアァァァ〜〜〜・・・」

「・・・ナニ?・・・いきなり・・・」
と、両手で体を隠すビックリのマリアちゃん。

川上さんは”ウンウン”とうなずき一人で納得している、僕たちは呆気にとられつつもマリアちゃんの小さいが形のいいオッパイとうすいかげりのあるオマンコをしっかりと目に焼き付ける。

(スゲ〜、JCのなま裸なんて、初めてみた)
と、得した僕たちの心の声。

マリアちゃんは体を隠したまま真っ赤な顔で僕たちを見ながら固まっている。

「マリアちゃん、見られてどうだった?」
と、ニコニコ顔の川上さん。

「・・・ヤダ・・・恥ずかしい・・・です・・・」
と、見られた動揺がまだ残るマリアちゃん。

「でもさ、見られてドキドキしたでしょ?というか、見られてドキドキしたかったんだよね?」
と、このチャンスから一気にマリアちゃんを露出へ誘いたい僕たち。

と、このタイミングで川上さんが絶妙の提案をマリアちゃんに言いのたまう。

「わたしと一緒にジャングルジムに登って、殿方たちに見られてみるのはどうかな?もちろん服は着たままでいいよ」
と、川上さん

(このカッコウで・・・ジャングルジムに・・・下から・・・見られる?・・・)
と、マリアの心の声。

川上さんの提案は、ノーパンノーブラのマリアちゃんにとっては、はじめの一歩を踏み出すのには少しムリがあるが、多少強引でもこのラインさえ超えてしまえばあとは”M"の持つ被虐の本能がめざめ、露出=見られる=ドキドキ=性的興奮=気持ちいい、になっていくのである。

そうなれば着衣拘束へ持っていき、次は全裸拘束へとたやすく誘導することができる。
そして、晴れて?”M女”誕生になるのだ。

マリアちゃんは今まさに単なるエッチな一人遊びから”M女”になる(覚醒)微妙な境界線にいるのだ。
もちろん僕たちはマリアちゃんに”M女"になって欲しいし、川上さんは妹が欲しい?のか1つ違いの
同性の仲間が欲しいのか、はたまた単純に僕たちに加担しているのかはわからない。

「マリアちゃん、どうする?わたしと一緒にドキドキしちゃう?」
と、川上さん。

「・・・・・・・・・・・・・」

(・・・どうしよう・・・ドキドキ・・・は・・・したい・・・)

(・・・けど・・・恥ずかしい・・・)

マリアちゃんは迷っている、が、あと一歩のところにいるのも確かなのだが。

「マリアちゃん、わたしも去年の今頃は一人で露出遊びをしてたのよ」
と、僕たちも初めて聞く川上さんのカミングアウト。

(おおっ、マジか、中3の川上さんの露出、見たかったな〜)
と、僕たちのこころの感想。

「でもね、やめちゃったの、変態のおじさんに追いかけられて、スゴク怖かったし危なかったの」
と、一人露出で怖い目にあったことのある川上さん。

「露出はね、一人でしちゃダメなの、守ってくれる人と一緒でなきゃね、わたしはクラスメイトの彼たちを選んだの、わたしの特殊な願望を実現させてもらうためにね」

「もし何かあっても殿方たちが守ってくれるし、わたしのエッチな性癖を満足させるためにキドキしちゃうアイデアをいっぱい考えてくれてるの、だから、わたしは安心して体をまかせることができるの」

「エッチな欲望をかなえてくれて、安心して体をまかせられる殿方に出会うことってスゴクむずかしいのよ」
と、一気に話す川上さん。

(川上さん、俺たちのことけっこう考えてくれてるんだなぁ)
と、感心する僕たち。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

(・・・そっか・・・一人で露出は・・・危ないんだ・・・)

確かに一人で露出を楽しんでも、バレて捕まれば何をされるかわからない危険はうすうすは感じていた。

であれば、仲間になることを好意的に誘ってくれているこのグループに入ったほうがより安全に自分のエッチな欲望を満足させられるはずだし、同じ嗜好の川上さんもいる。

そして、覗いていてなんとなくわかったことは、男性陣は基本的に強制をしてなくて川上さんとの
同意の上でエッチで変態的?なことをしているし、川上さんもソレを受け入れ愉しんで?いる。

マリアちゃんが迷いあぐねているの見かねた川上さんが思い切った行動に出た。
川上さんは先にジャングルジムにあがりマリアちゃんに手をさしのべながらのたまう。

「マリアちゃん、わたしの恥ずかしいところ全部見たのよね、マリアちゃんも見せてくれないと不公平だわ、それに、同性にエッチなところを見られるのって男性に見られるより恥ずかしいのよ」
と、笑顔だが真顔の川上さん。

そして、マリアちゃんに手を指しのべながら川上さんはワンピのスソをめくり紐パンのビーズをチラ見せする。

(・・・す・スゴイ・・・喰い込んでる・・・)

一瞬のチラ見せだったが、ビーズがオマンコに喰い込んでいた事を確認したマリアちゃん。
自分と同じ嗜好の川上さんを好気の目で見つめ、川上さんと僕たちを信頼できることを確信した瞬間だった。

「コレね、恥ずかしいけど殿方たちを楽しませるために自分で着けたのよ」
と、ワンピの中を指差し恥ずかしがりながらも告白する川上さん。

”M"で受け手である川上さんの赤裸々な告白が功を奏し、マリアちゃんは川上さんがさしのべている手をにぎる。

(ヤリィ〜〜〜、川上さん、スゲ〜〜〜)
バンザイしたいのをこらえながら感動する僕たちの心の声。

「ウフフフフフ・・・見られたいのね・・・それに・・・見せたいのよね・・・」
と、笑顔の川上さん。

蕩けた顔で川上さんを見上げうなずくマリアちゃん、すでに”M女”の顔になってきている。

マリアちゃんは自分がノーパンなのは自覚しているし、ジャングルジムへ上がれば当然のことながら誰にも”見せたこと&見られたこと”がない自分の最も恥ずかしいところであるオマンコもアナルも僕たちにガン見されることは理解しているだろう。

だが、それ以上に見せたい願望&見られたい願望が勝っている、もっと大切なことは同じ性癖の川上さんがいることで安心できるということなのだ。

(マリアちゃん・・・いきなりは・・・ムリかも・・・)
と、露出初心者のマリアちゃんを気遣う川上さんの心の声。

川上さんは一案を思いつき実行に移すことにした。
一案とは見られるのを覚悟の上でジャングルジムに上がるマリアちゃんの不安を多少減らすことと、
僕たちを焦らしつつも楽しませること。

「加藤くん、下着の予備は持ってきてるかな?」
と、川上さん

加藤はいつものアイテムバックから新品のパンティを得意げに川上さんに渡すが、川上さんの表情は一気に曇り、かつ最高にトーンダウンした川上さんから返された返事を聞かされる加藤。

「・・・か、加藤くん・・・コレしかないの・・・よね?・・・」
と、ドン引き苦笑いの川上さん。

加藤は川上さんのドン引きに気づかず得意げにニッコリととうなずく。

「・・・ハァ〜・・・」
と、呆れているというか”ソレ”をとうり越している川上さん。

加藤が川上さんに渡したパンティは、ティーンが履くようなかわいらしいモノではなく、真っ赤なシースルーパンティだった、しかもクロッチ部分までシースルーになっている極エロな仕様。

「・・・エッ・・・どうして?・・・下着?・・・着けるの・・・エッ・・・でも・・・コレ・・・」
と、パンティを見て、川上さんよりもドン引きしているマリアちゃん。

「・・・あのネ・・・マリアちゃん・・・コレはね・・・殿方たち(加藤)の・・・好みの趣味なのね・・・わたしではありえないんだけど・・・けどね・・・コレしかないの・・・」
と、加藤のセンスをほぼ全否定して、マリアちゃんに申しわけなさそうな川上さん。

川上さんにあとから聞いたことだがあのパンティはティーンにはあまりにもドキツく、熟女にしか勧められない、と言うキツい”お叱り”を川上さんから受けた加藤だった。

「マリアちゃん、いきなりは全部は勇気がないでしょ?少しずつドキドキさせてあげるからとりあえずソレを履いてみてくれないかな?」
と、川上さん。

マリアちゃん自身いきなりすべてを見られる勇気はなかったこともあって、ないよりマシ?なシースルー
パンティをオズオズと身に着ける、不思議にもパンティを履くだけで安心できたことは意外に感じるマリアちゃん。

「マリアちゃん、少しずつこころの準備をしながら自分をドキドキさせながら、そして、殿方たちを
焦らしながら見られるのよ」

「・・・エッ・・・でも・・・」
と、言いかけるマリアちゃん。

川上さんはマリアちゃんが言いたいことを先読みして説明する。

「大丈夫、殿方たちはパンティを見ることだけでも盛り上がれるスケベな生き物なのよ」
と、緊張するマリアちゃんを安心させる川上さん。

マリアちゃんは覚悟を決めてジャングルジムに上がり川上さんと一緒にロープ式ジャングルジムを登っていく。

当然僕たちは下からマリアちゃんと川上さんをガン見し撮影もしていく。

「・・・エッ・・・撮られてる?・・・ウソ・・・」
と、戸惑うマリアちゃん。

「・・・大丈夫・・・わたしをメインに撮るだけだから・・・安心して・・・」
と、川上さん。

(・・・ハァ・・・スゴイ・・・見られてる・・・ドキドキが・・・とまらない・・・)

マリアちゃんは僕たちにガン見されていることを気配で感じているはずで、その証拠にシースルーのオマンコの部分にはシミが少しできている、見られて興奮し感じているのだ。

特に川上さんはオマンコにビーズが喰い込んでいるのを僕たちに見せつけるように登っていく。

(すげぇ、マリアちゃんのシースルー、マジでエロ過ぎ)
と、興奮する僕たちの心の声。

「フフッ・・・マリアちゃん・・・殿方たち・・・スゴイ・・・ガン見してる・・・」
と、マリアちゃんの羞恥心をあおる川上さん。

(・・・ドキドキし過ぎて・・・チカラが・・・ぬけちゃう・・・)

「・・・ハァ・・・手にチカラが・・・入らない・・・」
と、僕たちにガン見されてることで興奮し、気持ちが高揚しているマリアちゃん。

川上さんはマリアちゃんが落ちないように斜め下からサポートして登っていく。

ロープ式ジャングルジムの頂上で休むマリアちゃんと川上さん、何やらしゃべっているようだが
下の僕たちにはハッキリと聞こえない。

「川上さ〜ん、聞こえないよ〜、もっと見せてよ〜」
と、催促する僕たち。

シ〜〜〜と人差し指を口に当てて僕たちを見る川上さん、何かをマリアちゃんに提案しているように
見える。

「川上さんにまかせよう、楽しませてくれるハズ」
と、加藤。

「マリアちゃん、もっと足を広げて殿方たちに見せつけてあげるのよ」
と、川上さん。

「・・・エッ・・・でもぉ・・・恥ずかしい・・・です・・・」
と、マリアちゃん。

「でも、見られたいんでしょ?」
と、さらにあおる川上さん。

モジモジするマリアちゃんに川上さんがパンティを脱ぐように命令する。

「マリアちゃん、わたしの恥ずかしいところ見たんでしょ、マリアちゃんの恥ずかしいところ、わたしに見せてくれるよね?」
と、マリアちゃんを追い詰める川上さん。

マリアちゃんは驚愕の目で川上さんを見る。

「エッ・・・こ、ココで・・・ぬ、脱ぐの?・・・」
と、マリアちゃん。

川上さんはうなずきながら手を出しパンティを渡すように強要する。

「・・・もっと・・・気持ちよくなれるよ・・・わたしを信じて・・・」
と、真剣な眼差しの川上さん。

マリアちゃんは意を決し、パンティを脱ぎ川上さんに渡す。

川上さんはニコリと笑いパンティを僕たちに投げ渡す。

「・・・エッ・・・アッ・・・ヤメ・・・テ・・・」
と、川上さんの行為に驚くマリアちゃん。

川上さんからマリアちゃんのパンティを受けとった僕たち、当然広げてオマンコの部分を確認する。

「・・・イヤ・・・ダメェ・・・広げないで・・・見ないで・・・」
と、真っ赤な顔で訴えるマリアちゃん。

マリアちゃんのシースルーパンティを受けとった僕たちはジャングルジムのマリアちゃんと川上さんを見上げながら5人でパンティの匂いを嗅ぐ。

(・・・ヒィ・・・ヘンタイ・・・)

「・・・ヤメ・・・テ・・・ヘンタイ・・・」

「マリアちゃん、エッチに関係することでヘンタイでない殿方は1人もいないのよ、たとえ白馬の王子さまでもエッチなことになればヘンタイになるのよ」
と、川上さん。

自分の恥ずかしい匂いを僕たちに嗅がれたマリアちゃんはしばらくの間ショックでぼう然自失する。

だが、ジャングルジムの頂上で川上さんに言われた”殿方はヘンタイ”を理解し、ここで自分がしていることもある意味では”ヘンタイ”行為なのだということを受け入れたようにみえた。

(・・・そうよね・・・わたしも・・・ヘンタイ・・・なのよね・・・フフッ・・・)

「マリアちゃん、殿方たちが待ちわびてるの、勇気を出して」
と、マリアちゃんを励ます?川上さん。

マリアちゃんは気持ちを整理し終わり川上さんを見つめながらのたまう。

「・・・殿方たちに・・・わたしの・・・恥ずかしいところ・・・見られてみる・・・・・・」
と、今までの自分の殻を脱ぎ捨て、真性の”M女”になろうとするマリアちゃん。

「ウフフフフフ・・・じゃあ・・・降りて・・・もっと・・・見てもらおうか?・・・」
と、マリアちゃんを”ヘンタイ”の世界にいざなう川上さん。

赤い顔でコックリとうなずき、僕たちを見つめるマリアちゃん。
ロープ式のジャングルジムから1段降りるごとに僕たちの反応を確かめるマリアちゃん。

(・・・アアン・・・スゴイ・・・5人の目に・・・はずかしいところ・・・見られてる・・・)

僕たちは好色の目でマリアちゃんの股間を凝視ししながら囃し立てる。

「マリアちゃん、たくさん濡れてて感じてるんだね、キレイなオマンコだよ、もっと足を広げて見せてよ」
と、僕たち。

(・・・エッ・・・濡れてるの?・・・)

マリアは自分のアソコを確かめ驚く。

(・・・こ、こんなに・・・たくさん・・・)

マリアのオマンコはポッテリと発情し、しとどにぬれそぼり、オマンコ汁は太もも半分近くまで
垂れてきていた。

「マリアちゃん、もっと大胆になってよ」
と、ますますはやす僕たち。

マリアは川上さんを見つめどうすればイイのかを求める。

「フフッ・・・片足をかけて1段ずつ降りて・・・アソコをよく見えるようにして・・・殿方の反応をみるのよ・・・」
と、マリアちゃんを誘導する川上さん。

コクリとうなずきオシリを突き出すように降りるマリアちゃん。

「おおっ、マリアちゃん、大胆〜、いいよ〜いいよ〜オマンコがバッチリ見えてるよ〜」
と、大胆になってきたマリアちゃんをはやす僕たち。

このあたりからマリアちゃんは僕たちのガン見に慣れてきて、恥ずかしいことは恥ずかしいのだが、見られることで興奮し快感にもなってきていた。

ロープ式ジャングルジムの下まで降りてきた川上さんとマリアちゃん、マリアちゃんはあまりにも刺激的な体験に脱力ししゃがみ込んでいる。

川上さんはマリアちゃんにポカリスエットを飲ませてのたまう。

「・・・フフッ・・・スゴかったでしょ?・・・露出初心者卒業ネ・・・」
とマリアちゃんにニッコリと笑いかける川上さん。

「・・・ウン・・・スゴかった・・・恥ずかしかったけど・・・気持ちよかった・・・」
と、見られることを満喫?したマリアちゃん。

「・・・そうよね・・・いっぱい濡れちゃったもんね・・・」
と、マリアちゃんのオマンコを指差す川上さん。

真っ赤な顔なマリアちゃんに川上さんが驚くべき提案をする。

「・・・ネ〜・・・マリアちゃん・・・殿方にアソコ・・・拭いてもらおうか?・・・」
と、川上さん。

驚愕のまなこで川上さんを見るマリアちゃん。

(おおっ、川上さん、いいぞ〜ソレ、絶対やりたい)
と、僕たちの心の声。

「・・・エッ・・・そ、そんなの・・・ムリ・・・です・・・」
と、困惑するマリアちゃん

いまだかつて誰の目にも見られたことがない恥ずかしいところを、見られたばかりなのに触らせるなんて。

「でも、ムリな限界を超えるほど”気持ちよくなる”のは確かなのよ」
と、川上さん。

川上さんが僕たちに目配せして合図する

僕たちはすかさず片膝をつき、右手を差し出し、お願いポーズをする。

(・・・エッ・・・ヤダ・・・こんなに・・・)

マリアは学校でベストスリーに選ばられるほどの美少女なのだが、目の前でこんなにも懇願された経験は1度もない、しかも、5人からなんて。

たとえソレがエッチでヘンタイ的なお願いだとしても悪い気はしないのは確かなのだ。

(・・・どうしよう・・・)

川上さんはマリアちゃんに耳打ちしさらに驚愕の提案をする。

両手を口に当て、目を白黒させながら川上さんを見つめるマリアちゃん。

(???)
の僕たち。

迷っているマリアちゃん、多少強引に川上さんに手を引かれ、お願いポーズの僕たちの前に立つ。

(またまた???)
の僕たち。

マリアちゃんは困惑しつつも川上さんにうながされ、加藤の差し出された腕を股の間に挿れ、ぬれそぼるオマンコを加藤の腕にこすりつける。

「・・・エッ・・・」

「・・・アッ・・・」

「・・・マジッ・・・」
僕たちの驚きの声。

赤い顔のマリアちゃんは隣の僕(時田)の腕にもオマンコをスリつけ、田口、今井、石井と順番にオマンコをこすりつけてくれたのだった。

うれしすぎる出来事ににやけまくる僕たちに、川上さんからうれしい言葉が発せられる。

「・・・殿方諸君・・・アンコールはいかが?・・・」
と、マリアちゃんを見ながらウインクする川上さん。

川上さんの言葉にまたしても驚愕するマリアちゃんだがその目の奥は妖しくひかり、僕たちの言葉を待っている。

「マリアちゃ〜ん、アンコ〜ルお願いしま〜す」
と、降って湧いたようなラッキーに全力でお願いする僕たち。

「マリアちゃん、気持ちよくなりたいなら殿方の腕にアソコを”スリスリ”するとすんごく気持ちよくなるヨ」
と、僕たちの腕にローションを”ぬりぬり”しながらのたまう川上さん。

エッチな”M的”快楽の虜になっているマリアちゃんは何の迷いもなく僕たちの腕を股の間に刺し挿れ
”オマンコスリスリ”を何回も何回もしてくれるのである。

「・・・クッ・・・アン・・・イイ・・・」

「・・・ヤン・・・イイ・・・アン・・・キモチ・・・イイ・・・」

”オマンコスリスリ”が気持ちよすぎて虜になっているマリアちゃん。

「・・・ハン・・・イイ・・・アソコ・・・イイ・・・」

もはや”オマンコスリスリ”がやめられないマリアちゃん。

「・・・ハ・・・アン・・・もう・・・ヤン・・・イイ・・・」

「・・・アッ・・・クル・・・な、ナニカ・・・・キヒィ・・・」

(・・・ピッ・・・ピッ・・・プシュ・・・)

ガクッと膝が折れ加藤に崩れかかるマリアちゃん。

マリアちゃんは潮をふいたのだが、オシッコを漏らしたと間違えあやまる。

「・・・アッ・・・ゴメンナサイ・・・ゴメンナサイ・・・オシッコ・・・出ちゃった・・・」
と、慌てふためくマリアちゃん。

マリアちゃんの痴態を見ていた川上さんはうろたえるマリアちゃんをすかさずサポートする。

「マリアちゃん、大丈夫、ソレはねオシッコじゃないのよ」
と、なだめる川上さん。

(・・・エッ・・・オシッコ・・・じゃ・・・ないの?・・・)

マリアちゃんは濡らした加藤の腕を不思議そうに見ている。

腕を見られている加藤はマリアちゃんを羞恥の極地へ陥れる。

(・・・ペロッ・・・)

加藤が”オマンコスリスリ”された腕を”ペロリ”舐めあげ、味わうように口を動かしなら言う。

「マリアちゃん、ショッパイけどおいしいよ」
と、ニタリと笑う加藤。

「・・・イヤ〜〜〜〜・・・ヘンタイ・・・」

マリアちゃんは両手で顔を覆い絶叫をあげて2,3歩後ずさる。

川上さんがマリアちゃんを抱きかかえエッチな時の男の習性を改めて説明する。

「マリアちゃん、何回も言うけどエッチな時の殿方はヘンタイさんなのよ」

「・・・で、でも・・・オシッコ・・・美味しいって・・・」

「エッチな時の殿方は女の子の体から出るものは何でも美味しく感じるものなの」
と、川上さん。

マリアちゃんからすれば”オマンコスリスリ”のあとを舐められるということは自分のアソコを直接舐められると同じくらいの恥ずかしいことになる。

深呼吸して頭を整理し”殿方はヘンタイ”と改めて認識したマリアちゃん。

そんなマリアちゃんを見て川上さんがのたまう。

「今日のことは一人じゃ絶対に体験できないし、こんなに興奮して気持ちよかったことは今までなかったでしょ?」
と、川上さん。

「・・・ウン・・・気持ちよかった・・・」

「・・・クセになっちゃうかも・・・」
と、見られることの気持ちよさがわかったマリアちゃん。

川上さんとマリアちゃんはしばらく見つめ合い、沈黙ののち川上さんがのたまう。

「ところでマリアちゃん、お腹張ってるよね?もしかして何日か出てないのかな?」
と、川上さん。

「・・・エッ・・・あの・・・その・・・ハイ・・・」
と、真っ赤な顔のマリアちゃん。

(か、川上さん・・・まさか・・・)
と、期待する僕たちの心の声。

「わたしが1番最初に殿方たちとエッチなことをしたのは、ハダカでアソコを”見られること”と、スゴク恥ずかしいけど”お浣腸”なのよ」

「マリアちゃんも体験しちゃうかな?お浣腸」
と、サラリと言う川上さん。

”浣腸プレイ”、”M”にとって避けることができない自分と相手を満足させるためのプレイということをマリアは理解している。

マリアはエッチな動画をよく見る、その中で1番よく見る動画が”浣腸”で、自分がされた時のことを想像し、動画の中のM女がもだえ苦しむのを見ると”Mの被虐的欲情”をかきたてられるのを覚えている。

なので、まさかココで”浣腸”というワードが出てくるとは思っても見なかった。

「・・・エッと・・・あの・・・どういうふうにお浣腸されたの?・・・」
と、川上さんがされた浣腸プレイに興味があるマリアちゃん。

(・・・おおっ・・・マリアちゃん・・・浣腸プレイに興味があるのか?・・・)
と、ますます期待する僕たちの心の声。

「ウフフフフフ・・・わたしの場合はね〜・・・ハダカで後手拘束されてね〜・・・」

「・・・バルーンでオシリの穴を塞がれてね〜・・・牛乳を挿れたイルリガードルを背負わされてね〜・・・」

「・・・河川敷をね〜・・・お浣腸でね〜・・・お腹が苦しくなるまでね〜・・・歩かされてね〜・・・」

「・・・お腹がね〜・・・牛乳でね〜・・・いっぱいなのにね〜・・・苦しくてね〜・・・立ち止まるとね〜・・・」

「・・・バラ鞭でね〜・・・打たれてね〜・・・気絶寸前までね〜・・・ウンウンをね〜・・・」

「・・・ガマンさせられたのよ〜・・・この人にね〜・・・」
と、加藤を指差す川上さん。

マリアちゃんは驚愕のまなこで加藤を見つめる。

マリアから見つめられた加藤はあわてて言い訳がましく、その時のことを説明する。

「えっ、あのねネマリアちゃん、あの浣腸プレイはね、川上さんがスゴイことしたいって言うからね、
川上さんが拒否すると思って提案したらね、全部ね、していいになってね、流れでね、したのね」
と、加藤。

「でもあれはさ〜、川上さんだから受け入れてくれたんだよな〜」
と、僕たち。

「ウフフフフフ・・・初めてのお浣腸で・・・アレはスゴかったヨ・・・動けなくなって倒れた時は、
このまま死んじゃうかと思ったわ」
と、あのときのことを思い出す川上さん。

この僕たちと川上さんとの会話を聞きながらマリアちゃんにある変化が起きていた。
その変化とは顔が紅潮し目が蕩けて潤んできていることだった。

この変化に気づいた川上さんは、マリアちゃんが浣腸されたがっていることを感じとった。

「マリアちゃん、もしかしてお浣腸してほしくなってる?」
と、さりげなく言う川上さん。

「・・・・・・・・・・・・・・・」

(・・・どうしよう・・・)

「マリアちゃん、出しちゃうとスッキリするよ、わたしがお浣腸してあげようか?」
と、たくみに誘う川上さん。

「・・・エッ・・・あ、あの・・・少しだけなら・・・たくさんは・・・ムリ・・・です・・・」
と、浣腸に興味はあるが不安が隠せないマリアちゃん。

(キタ〜〜〜ヤリィ・・・川上さん・・・スゲ〜・・・)
と、歓喜する僕たちの心の感動。

「ウフフフフフ・・・じゃあ・・・わたしがやさしく・・・お浣腸・・・してあげるね・・・」
と、ウレしそうな川上さん。

(・・・ん・・・川上さんって・・・もしかして・・・女には”S"なのか?・・・)
と、僕たちの心の疑問

「・・・やさしく・・・お浣腸・・・して・・・ください・・・」
と、川上さんが浣腸してくれることを聞いて嬉しそうなマリアちゃん。

たぶん、少しの量と1回では”終わるはずがない”マリアちゃんの浣腸ショーがこれから始まる。






<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


アナル喉奥マ○コ 最狂贅沢3穴フルコース 貫通喉奥突き・激深アナル調教



「えむっ娘ラボ」


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>





<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>

saionjikyotaro at 11:59|PermalinkComments(0)
【PR】
アフィリエイト広告を利用しています
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール