女子高校生

2020年05月19日

1 イチャラブ・・・初・拘束!!


夏休みも残り1週間になったところで川上さんからラインで連絡がありました。

「高1の夏休みも終わっちゃうねぇ、泊まりで遊ばない?」
という”微乳ドMの学級委員長である川上さん”からのお誘いです。

僕は迷いなく
「ぜひ、遊びましょう」
と嬉々とした返事をラインで返信しました。

「じゃあ、”いろいろ”遊びたいから”用意”よろしくね」
と、川上さん

「”いろいろ”と”用意”ですね」と僕。

「そう、”いろいろ”よ、楽しませてね」
と川上さん。

「川上さんを”いろいろ”と楽しませるんですね」
と僕。

「そう、”いろいろ”たくさん楽しむの!」
と川上さん。

僕は少しとぼけて
「どうやって川上さんを楽しませしょうか?」

「や~ね、わかってるでしょ?」
と川上さん。

僕は川上さんから言わせたくなり
「言ってもらわないと分からないよ」
と返信。

「も~、わたしに言わせたいの?」
と川上さん。

このあたりから川上さんは少し”Mモード”になってくる。

「このラインはメンバー全員に見せるから、川上さんの”希望(エッチな)”がすごく大切です」
と僕。

「そんなにわたしをいじめたいの?」
と川上さん。

「川上さんの”楽しい(エッチな)”要望を言ってください」
と僕。

「たくさん楽しませてください」
と川上さん。

「川上さんのしてもらいたいことをいってください」
と少し”サド気味”の僕。

「そんな・・・はずかしいこと・・・・言えないよ」
と川上さん”Mモード”があがってくる。

「言ってくれないと、川上さんを楽しませる”用意”ができないよ、この”用意”の意味はわかるよね?」
とさらに川上さんをいじめあおる僕。

「泊まりでわたしに・・・・たくさん・・・エッチなことして・・・楽しませてください」
と、とうとうホンネを言った川上さん。

「エッチなことの内容を言ってください」
とさらに川上さんをいじめあおる僕。

川上さんは”完全Mモード”で
「拘束して、オッパイとおシリとオマンコをイジメてはずかしくしてください」
と告白した。

「よく言えました、川上さんのオッパイもおシリもオマンコもたくさんいじめて
たのしませてあげます、期待してください」
と僕。

「うん、メチャクチャにされてもいいから楽しませてください」
と”完全Mモード”の川上さん。

「じゃあ、新しく用意するものを決めたいので加藤のうちに来てください」
と僕。

「エッ、新しくなにか用意するの?♡」
と少し期待気味の川上さん。

「だって”前回”と同じじゃ、つまんなくないですか?」
と僕。

「うん、わかった加藤くんのうちね、いまからいっていいの?♡」
となんか”ノリ気”の川上さん。

もしかしたらなにかを期待してるのかな?
と勘ぐりながらラインに返信する僕。

「スグ来てもらってもいいよ、加藤と他の3人にも伝えとくから」
と僕。

僕は川上さんとのやりとりを加藤、今井、田口、石井に一斉にラインした。

スグにみんなから返信がある。

「マジか?」と加藤。

「やりぃ」と今井。

「ホントか?」と田口。

「お前サドだな」と石井。

と返信が僕のラインに入ってくる。

僕はラインに、
(川上さんは加藤のうちでなにかを期待してるようだ)
と流す。

「お~、いまからか?」

「なにをするんだ」

「縛るのか?」

「露出か?」

など、期待いっぱいの返信が入る。

「軽~く、川上さんを満足させてあげよう」
と僕。

「お~、期待値最大だ~」
とみんな期待してるようだ。
そりゃラインのやりとりを見れば期待もするだろうな。

「ピンポーン」

「はいはい、川上さんいらっしゃい」
と加藤。

「こんにちわ、加藤くん♡」
と少し赤い顔した川上さん。

「時田からウチに集まるのは聞いてるよ、もうすぐみんな来るから入ってて」
と加藤。

「うん、そうする」
と川上さん。

加藤の部屋を見回し
「広くて開放感のある部屋だね」
と川上さん。

「そうかな?みんなこんなもんじゃないの?」
と加藤。

「普通こんなに広い部屋はもらえないよ」
と川上さん。

「ピンポーン」

「おっ、みんな来たかな?」
と加藤が川上さんを部屋に残し玄関に降りてきた。

「お~来たか?」
と加藤。

「お~、川上さんは来てる?」
と僕達。

「さっき来て、部屋で待ってる」
と加藤。

「んじゃ、川上さんに会いに行くべ」
と僕達。

2階に上がり加藤の部屋に入ると、ヘソ出しタンクトップとおシリの部分をかなりカットした際どいショートパンツの川上さんと僕達の目が合う。

(うわ〜、川上さん、すげぇエロい格好してる、完全に俺たちを誘ってるな、こりゃ)

「おおっ、川上さん、相変わらず可愛いね、でもその格好は真面目な学級委員長じゃなくてコギャルに見えるよ、もしかして今日これからのことかなり期待してるのかな?」
と僕達。

(ヤダッ・・・・期待して来たのバレちゃったかな?・・・・)

「・・・ウフフフフフ・・・・」

カワイイと言われて少し照れながら笑顔の川上さん
「来ちゃったよ、なんか新しいの用意するって言うから♡」
と少し顔の赤い川上さん。

「ん~、そだね、じゃあ早速見てみようか?」
と俺達。

「加藤、パソコンで例のサイト見せてくれ」
と僕。

「おう、例のサイトだな」
と加藤。

「なに、例のサイトって」
と川上さん。

「ま~見てよコレ」
と加藤。

「あっ、・・・・」
と口に手を当てて画面を見入る川上さん。

「・ ・ ・ スゴイ・・・・」
と赤い顔の川上さん。

画面は海外のアダルトグッズのサイトでSM系のグッズがズラリと並んでる。

川上さんは口に手を当てながら前のめりで画面を食い入るように見ている。

川上さんが俺達を見て
「コ、コレ・・・どうする・・・の?・・・」
と真っ赤な顔の川上さんが言う。

「もちろん、買うんだよ」
と加藤。

「か、買うの?・・・・ホントに?・・・」
と真っ赤な顔の川上さん。

「だって新しいの用意するって言ったじゃん」
と僕。

「で、でも・・・けっこう高いよ・・・コレなんて・・・」
と画面を指さしながら俺達を見る川上さん。

「川上さん、ソレがしたいの?」
と加藤。

「エッ・・・・イヤ・・・そんなこと・・・・ない・・・よ・・・アハハッ・・・」
と真っ赤な顔の川上さん。

川上さんが指さしたのは革製の赤いボディハーネスの拘束具だった。
画面のソレは金髪のキレイなおねえさんが亀甲拘束具で吊られていた写真。

「エッ、イヤ・・・別にそういうわけじゃないけど・・・」
としどろもどろの川上さん。

加藤がその拘束具の関連ページを次々に開いていく。
その都度、川上さんが赤い顔して僕たちをチラチラと見ながら

「エッ ・・アッ・・・エッ ・・・スゴッ ・・・アッ・・・スゴッ・・・・・ 」
とカワイイ声を上げる。

パソコンの画面をひととうり見終ると川上さんが

「ハァ~・・・・スゴかった・・・ネ・・・・」
と赤い顔して少し興奮しながらポツリと言う。

「キミたち、いつもこういうのみてるの?」
と川上さん。

「ま~ね、川上さんのためにね」
と僕達。

川上さんの顔がさらに赤くなる。

「でもたくさん買ったら結構な金額になるよ、いろいろ組合わせるんでしょ?アレって」

「あーして・・こーして・・・つないで動けないようにして・・・・」

「・・・恥ずかしい格好にして・・・」

川上さんはすでに自分が写真のおねえさんみたいされているのを想像しているようだ。

「川上さん、ためしてみたいんじゃない?」
と加藤。

「エッ、でもあんなにいっぱい買うのは悪いから・・・」
と遠慮する川上さん。

「大丈夫だよ川上さん加藤はネットで稼いでるから」
と僕。

「なっ、加藤」
と僕。

「そうだよ川上さん、お金の心配なんでしなくていいんだよ、俺達は川上さんの恥ずかしい格好を見るのが好きなんだから」
と加藤。

「それにさ、実はもう買ってあるし」
と加藤は箱を抱えている。

「エッ・・買ってあるの?・・・ウソッ・・・」
と川上さん。

「ホラッ、さっきの全部買ったんだよ」
と加藤は箱の中の拘束具を川上さんの前に並べ始めた。

川上さんの顔がまたまた赤くなっていく。

「コレに・・・拘束されるの・・・私が・・・」
と川上さんが拘束具を手にとって広げる。

「どおっ、川上さん着けてみない?今から」
と僕。

加藤の部屋は梁がめぐらされていて屋根が丸見えで天井板がないのだ。
しかもロフト付きで15帖の広さがあるので僕達5人と川上さんがいても
全然狭さを感じない。

僕の”着けてみない?”に、川上さんは赤い顔して迷っているようだが
僕には川上さんは必ず着けるという確信があった。

「どうしよっかな?・・・恥ずかしいな・・・」
と迷いながら僕をチラッと見て、もうひと押しの声を待っているような川上さん。

すかさず
「服の上からでもいいんじゃない?」
と僕。

僕と川上さんの家は隣同士で小さい頃から川上さんとよく遊んでいた。
つまり幼なじみというやつで川上さんの癖を知っていた。

川上さんがは迷うと耳が赤くなる、それも前向きに迷っているときに
そのクセがでるんだ。

このときも耳が赤くなっていた。

だから”服の上からでもいいんじゃない?”のひとことで川上さんは迷いをなくしたはずだ。

「服の上から・・・か・・・・それならいいかな?・・・そんなに恥ずかしくないし・・」
と川上さん。

僕は、
(いや、このボディハーネスの拘束具を着けること自体が十分恥ずかしいと思うけど、しかも今日のエロい格好じゃ)
というツッコミは入れないことにした。

「じゃあ、決まりだね」
と加藤。

「川上さん、立ってみて」
と加藤。

「うん、わかった」
と川上さんは立ち上がる、拘束されることに期待しているのがわかる。

すかさず加藤が川上さんの細い首に赤い首輪を嵌めた。
そして首輪についている鉄の輪に鎖をつなげ赤いボディハーネスの拘束具を
スレンダーだが陸上部で鍛えられている川上さんの体に着けて行く。

僕たちは川上さんが着ている黒のタンクトップに映える赤いボディハーネスの拘束具を
マジマジと見ていた。

「川上さん、手はどうする後ろにする、それとも吊られたい?」
と加藤が聞く。

「手?・・・どうしようかな~?・・・・」
と川上さん

「加藤くん・・・吊れるの?・・・」
と意外なこと聞く川上さん。

「できるよ、梁にロープをひっかけれるだけだから、
あと、手首にも拘束具を着けるけどね」
と加藤。

「じゃあ・・・吊られてみたいな・・・」
と”Mモード”があがってきている川上さん。

「うん、いいよ、この梁の下まで来てくれる?」
と加藤。

「うん」
と吊られてイヤラシイことをされることを期待している川上さん

加藤が川上さんの手首に拘束具を着け梁にロープを引っ掛けて
川上さんの腕が持ち上がっていく。

「川上さん、手首痛くない?」
と加藤。

「うん、大丈夫みたい」
と川上さん。

川上さんの両手が上がりきり”吊り”があっという間に完成した。

川上さんは梁の下で両腕を伸ばしタンクトップの上からとはいえ赤い拘束具を着けられた
画はかなり扇情的で相当エロい。

特に川上さんの腕が上に伸びていることで黒のタンクトップはオッパイの真下までまくれあがり
陸上部で鍛えられた腹筋とクビレたウエストが丸見えになり、しかもおしりの部分が切り詰められた白のショートパンツはビキニのように見える。

もしかして下着をつけていないんじゃないかと思えるくらいだ。
いや、いくら川上さんがエッチでも下着をつけていないなんて考えにくいけど。

川上さんは吊られている姿を俺たち5人に見られて少し興奮しているように見える。

さあ、これからどうしようか?と僕が考えていると、
「川上さん、これからどうしようか?」
と加藤が川上さんに聞いている。

川上さんはもっと恥ずかしい格好にさせられて気持ちよくなりたいに決まっている、
なのに加藤はワザと聞いているんだ、僕はこころの中で(いいぞ、加藤もっと責めろ)と応援した。

こういうときの加藤は”S”丸出しでどんどん責めがエスカレートしていく。
多分、コイツは天性の”S”で”M”の女の子がどうしてもらいたいかを知っているみたいに
少しずつ楽しみながら責めていく。

「エッ・・どうしよう・・・流れでここまできちゃったけどもう少しなんかしてほしいような気がする」
と”M”のスイッチが入ったような川上さん。

「なんかしてほしいというのは恥ずかしい格好にしてほしいということでいいよね」
と加藤。

「・・・ウン・・・恥ずかしい格好にしてほしい・・・撮影もして・・・ほしい・・・」
と完全に”Mのスイッチ”が入った川上さん。

僕たち5人は心のなかでガッツポーズをした。

よくみると川上さんは目は蕩けて呼吸が少し荒くなっているように見える。

時間はまだ3時だ、たぶん今日の川上さんはバイトも入れず夜もそこそこ遅くまで大丈夫そうだ。
でも念の為聞いてみることにした。

「川上さん、今日バイトはいいの?」
と僕。

「今日から1週間バイトは入れてないの、親も海外旅行で1週間帰ってこないから遅くなっても大丈夫」
と川上さん。

僕たち5人はお揃いで同時にバンザイした、しかも結構な大声で。

「ウチも今日から俺以外いないんだ、海外旅行に1週間行ったから」
と加藤。

何という偶然、神様のお導きか。

「川上さん、加藤の家に泊まってもいいってことだよね、でもってイヤラシイことを僕たちにタップリとしてほしいってことでいいかな?」

(・・・そんな・・・たっぷりと・・・なんて・・・・恥ずかしくて・・・言えないよぉ・・・)

「・・・たくさん・・・・して・・・・」

顔を真赤にしながらか細い声で言う川上さん。

「えっ、川上さん、聞こえないよ」
といじめる僕。

「・・・・イヤラシイこと・・・・して・・・・」
とさらにか細い声で言う川上さん。

「川上さんの口から言ってくれないとどこをどういうふうにイヤラシイことをするか分かんないかな」
といじめあおる僕。

「・・・こ、拘束して・・・オ、オマンコとおシリに・・・・イヤラシイこと・・・・たくさん・・・・して・・・・ほしいの・・・・オッパイも・・・・」
と僕の言葉責めに完全屈服した川上さん。

僕たちは満面の笑顔で応える。

「川上さん、イヤラシイことをタップリとしてあげる、期待していいよ」

川上さんは恥ずかしがりながらも笑顔で返事をする。

「・・・・・うん・・・・たくさん・・・・イジメて・・・・」

これから1週間、高校で3本の指に入るほどのカワイイ女の子にエロいことを自由にできる、しかもその子は僕たちのクラスメイトで学級委員長なのだ。

僕たちがそんなことを想いながら梁に吊られた川上さんをガン見しているとそれに気づいた川上さんが言う。

「・・・み、みんなコワイ顔になってるよ、約束は守ってくれないとヤダよ・・・・」

僕たちと川上さんの約束とはチンポの挿入はしないということ、前回の海のときもこの約束を僕たちは守っている、だから川上さんも自分の嗜好(被虐性愛)を僕たちにさらけ出しているのだ。

「大丈夫だよ川上さん、約束は守るから、安心して僕たちに身をまかせてくれたらいいよ」

「・・・・うん・・・・じゃあ・・・・なにされても・・・いいから・・・」
とイジメられることを期待している川上さん。

「それじゃあ川上さん、恥ずかしい格好にしてあげるよ」
と加藤が拘束具を両手に持ちながら川上さんに近づく。

「片脚を吊ってみようか?いいよね、川上さん」
と加藤が責める。

「・・・ウン・・して・・・恥ずかしい格好にくしてください・・・」
と”Mモード”全開になってしまった川上さん。

「石井、俺のサポートしてくれ、田口は撮影、今井は倒れないように川上さんを支えてくれ」
と加藤が指示を出す。

「加藤、俺は何をすればいいんだ」
と僕。

「時田は監督を頼むよ、俺と連携して川上さんに気持ちよくなってもらうために
アイデアを出してくれ」
と加藤。

「おしっ、川上さんが恥ずかしがるアイデアだな、任してくれ」
と僕。

チラッと川上さんが僕を見てスグに目を伏せたのが見えた。
僕に期待してるようだ。

スグに川上さんの片脚吊りが完成し、俺たちは川上さんを囲みながらガン見している。

川上さんは髪の毛で顔を半分くらい隠して目を伏せて恥ずかしさに耐えている。

しばらくして俺たちは気がついた、川上さんはパンツを着けてきてない。
その証拠に川上さんの白のデニムの股間部分に恥ずかしいシミができていた。

しかも、タンクトップからはブラジャーも着けている様子も見えない。
なんだろう、俺たち5人の頭には?マークが浮かんでいる。

「川上さん、下着がないようにみえるけど、どうしてかな?」
と加藤が言葉責めを始めた。

「・ ・ ・」
川上さんは何も言わない。

「答えてくれないとイタズラしちゃうよ」
と加藤。

「・ ・ ・」
川上さんは答えない。

「川上さん、答えたくないならそれでいいよ」
と加藤。

俺たちは加藤が何かをするんだなと思い、口出しはしなかった。

と突然、加藤が川上さんの口にボールギャグを嵌めた。

川上さんは驚いて目を白黒させている。

「・・・ンン〜・・・・」

加藤は全身が映る姿見の鏡を川上さんの前に持ってきて

「川上さん、どう?自分が今どんな格好にされてるか分かる?」
と加藤。

川上さんは驚きつつ鏡に映る自分の恥ずかしい姿を見ている。

「・・・・・・・・」

川上さんは、両腕を梁に吊られ、片ヒザを吊られたあられもない自分の恥ずかしい格好に
見入って顔を真っ赤にしながら息を荒げている。

加藤はさらにエスカレートし
「上半身は赤い拘束具と黒のタンクトップで見栄えがいいけど
下半身にイヤラシさがないよね」
と加藤。

俺たちは加藤に期待し成り行きを見守っている。

加藤が赤い拘束具を手にして
「川上さん、下半身にも拘束具を着けてあげるね」
と手早く川上さんのショートパンツの上から拘束具を装着した。

その瞬間、川上さんの口から悲鳴とも叫び声とも分からない声が上がる。
「・・・ンン〜〜〜〜・・・」

川上さんに装着された下半身用の拘束具は股間の部分にゴルフボール大の
コブがある拘束具でソレが川上さんの白いデニムごとオマンコに圧迫を加える様に
なっていた。

加藤はさらにそれを川上さんのオマンコに強い圧迫を加えるようにベルトを引き絞り固定した。

川上さんの口から声にならない絶叫が上がった。

「・・・ンン〜〜〜〜・・・・」

「ハフュ・・・ハフュ・・・」
と川上さんの口から荒い呼吸が聞こえる。

両腕を梁に吊られさらに片ヒザを梁に吊られ股間を圧迫された川上さんは
呼吸を荒くし全身が少し汗ばみ始めた頃、加藤がに聞いた。

「川上さん、少し休む?」


川上さんは即座に首を横に振り、目の強さで加藤に返事をした。

僕たちにはこう聞こえた。
(もっと恥ずかしい格好をさせていじめてください)
と。

「それでこそ川上さんだ」
と加藤。

「川上さん、少し痛いかもしれないけどガンバれるかな?」
と加藤。

「何をする気だ加藤、最初から飛ばしすぎるなよ、時間はあるんだからな」
と僕。

「大丈夫だよ、川上さんのNGは分かっているから」
と加藤。

「少しだけ素直さがない川上さんにお仕置きをね、ネッ、川上さん」
と加藤。

川上さんは加藤の手にあるバラ鞭を見て、目を見開きこれから何をされるかを理解した。

バシィ
「・・・アウゥ・・・」

バシィ
「・・・・アウゥ・・・」

ピシィ
「・・・・ハウン・・・・」

加藤から繰り出されたバラ鞭は川上さんの背中、おシリ、お腹、胸を容赦なく
打っていく。

ピシッ
「・・・ウウッ・・・」

バシィ
「・・・・アウウッ・・・・」

ビシィ
「・・・・アグゥ・・・・」

打たれるたびに川上さんの声とも言われぬ悲鳴が上がり
僕たちはその画と悲鳴に興奮を覚え、誰も止めようとはしなかった。

しばらくして加藤はバラ鞭を投げ捨て川上さんを抱きかかえ、梁から
床へ降ろしボールギャグと拘束具を外し、川上さんをベッドの上に運んだ。

「・・・ど、どうして?・・・もっと・・・・欲しかったのに・・・」
と川上さんは加藤に言った。

「川上さん、まだ先は長いよ」
と加藤。

「もっと恥ずかしいことして・・・いじめてくれるの?・・・」
と川上さんは加藤に聞く。

「まだ5時だよ、少し休憩して晩ごはんを食べたら恥ずかしいこといっぱいしてあげるよ、
泣いても許してあげないからね」
と加藤。

「・・・ウフフッ・・・・期待して・・・・イイの?・・・・・」
と川上さんは笑顔だ。

「おい、加藤どういうつもりだよ、独占するなんてずるいぞ」
と俺達。

「スマン、スタートはコレくらいしないと川上さんが満足しないと思ってさ」
と加藤。

「それに、服の上からムチで打ってもあまり体にダメージはないハズだよ」
と加藤。

「川上さん、バラ鞭、あまり痛くなかったでしょ?」
と加藤

「うん、思ったより痛くなかったよ」
とボディハーネスの拘束具から開放された川上さん。

休憩しながら僕たちは川上さんをどうやって楽しませることができるかを考えていたがまとまらない。

「なぁ、行き当たりばったりでいいんじゃないか?」
と僕。

「そーだな、あれこれ考えても川上さんの意思もあるしな」
とメンバー全員で納得した。

「何の相談してたの?」

「川上さんに満足してもらうためにこれからのことをいろいろ相談してたんだよ」
と僕たち。

「そーなんだ?それで、良いアイデアは出たの?」
と川上さん。

「いや~結局、行き当たりばったりということになったんだけどさ」
と僕たち。

「な~んだ、そうなんだ~」
と少しガッカリしてそうな川上さん。

「川上さん、大丈夫だよ、行き当たりばったりって結構スゴイ事になるってこと知ってる?」
と加藤と僕。

「ん~わかなんいよ、そう言われたって」
と川上さん。

「じゃあ、晩ごはんを食べにいこうよ」
と僕たち。

「そだね、お腹減ってきちゃったね」
と川上さん。









<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>


プレイガール ch 三角木馬


ソフト・オン・デマンド ch アナル・浣腸





「エリート変態女-尿道電気責め・連続絶頂」


「拷問ドラッグ第二章 塩見彩」


「悶絶マゾ調教」


「紺野みいな 緊縛解禁」


「美人受付嬢に羽交い締め連続腹パンチ&達磨緊縛ふみつけパンチ」


「FANZAブックス読み放題」


「アダルトPCゲーム」

saionjikyotaro at 17:57|PermalinkComments(0)

2019年03月02日

39 美少女・・・羞恥露出調教!!

頂上駅のトイレの前でしばらく待っていると二人が出てきた、きちんと服を整え直してきたようだ。

ユイカちゃんはケンジの顔を見て”ポッ”と顔を赤くした、初めてオマンコの奥の子宮口を舐め回されたんだから無理もない、ユイカちゃんの体にはその余韻がまだ残っているだろう、その時ユイカちゃんは気がついた、ケンジの口の周りはユイカちゃんのオマンコ汁でテカっていたのだ。



(ヤダッ・・・ケンジ兄さん・・・口の周り・・・・ハズカシイ・・・・)



ユイカちゃんはカバンからティッシュを取り出しあわててケンジの口の周りのオマンコ汁を拭き取る。



「ん、ユイカちゃんどうかした?」



ユイカちゃんは赤い顔でケンジの耳にヒソヒソとささやく。



「ケンジ兄さん・・・お口の周り・・・・ユイカの・・・・」



「ん、美味しかったよ、ユイカちゃんのオマンコ汁」



ユイカちゃんはあわててケンジの口に手を当てて塞ぐ。



「ヤダ・・・・他の人に聞こえるじゃない・・・・もぉ~・・・」



ケンジはすかさずユイカちゃんのスカートの中に手をいれパンツの上からクリトリスを指で引っ掻く。



「ヒャア~・・・」



今度はケンジがユイカちゃんの口に手を当てて悲鳴を塞ぎ耳元でささやく。



「また俺の長い舌で子宮口をグニグニツンツンしてほしい?」



「・・・・・・・」



少しの沈黙のあとユイカちゃんは首まで赤くしてうなずいた。



「フフッ、帰りの車の中でいっぱいしてあげる」



ケンジの期待通りの返事にユイカちゃんは恥ずかしそうにはにかんだ笑顔でケンジの手を握り恋人つなぎにしてうつむいた、よほど子宮口へのレロレロツンツンが気に入ったようだ。



「おおっ、いいなぁ、ケンジ長い舌のおかげでユイカちゃんと恋人つなぎできるなんてうらやましいぞ」



俺とヒロシが二人をからかいながら歩いていこうとするとエレナちゃんが俺のシャツを掴みながらついてくる、少し怒っているようだ、どうやらエレナちゃんはユイカちゃんにヤキモチを焼いているらしい、14歳の女の子の気持ちはむずかしい、俺が手を差し出すとエレナちゃんは嬉しそうに恋人つなぎをしてくれた、ヒロシはあぶれてしまったがそれほど気にしていないようだ。



寝姿山の頂上には愛染明王堂があってソコまで行くとユイカちゃんとエレナちゃんは”キャイキャイ”言いながらはしゃいでいる、恋愛に夢見るお年頃なんだと改めて気づいたのはケンジもヒロシも同じみたいだ、3人で目配せしながらこれからどうやってユイカちゃんとエレナちゃんを弄ぶか思案にふける俺たちを知ってか知らずかユイカちゃんとエレナちゃんは愛染明王堂の前で手を合わせている。



ロープウェイの頂上駅までの帰り道、ユイカちゃんはケンジと恋人つなぎ、エレナちゃんはトキトと恋人つなぎになっている、あぶれたヒロシは写真を撮る担当になってしまったがそれではつまらいのでユイカちゃんとエレナちゃんに羞恥露出をさせる指示をヒロシがラインでケンジとトキトに出し、そのライン画面を二人に見せながらケンジとトキトが実行してヒロシが撮影していくというプレイをすることになった、ちなみにユイカちゃんもエレナちゃんも拒否はできない約束にした。



黒船を見張る展望台でユイカちゃんに望遠鏡を見させ後ろからイタズラさせる指示が入る。



(パンツの隙間から直接クリトリスとアナルにイタズラしろ)



おあつらえ向きにユイカちゃんはオシリを突き出して望遠鏡を見ている。



ケンジがラインの画面をユイカちゃんに見せる、ユイカちゃんがうなずく、ケンジがパンツの隙間から手を入れクリトリスとアナルをなぶり始める、ユイカちゃんは口に手を当て声を出さまいとするがクリトリスとアナルに送られる快感に抗うことはできずときおり声が漏れてくる。



「アン・・・・ハァ・・・」



(ダメェ・・・こえ・・・・でちゃうよぉ~・・・・)



望遠鏡は3分くらいは見ることができるはず、ユイカちゃんはそのあいだケンジのイタズラを受けつづけることになる。



ユイカちゃんの口から声が漏れるてくる。



「ヤァ~・・・・・」



(アヒ・・・・オシリ・・・・ユビ・・・・)



ケンジの中指がユイカちゃんのアナルに完全に埋まる、ユイカちゃんは口をおさえながらフリフリとオシリを振り、ケンジに”ヤメテ”と抗議するがケンジは”もっとほしい”という合図と受け取り、更にグニグニと中指を動かしユイカちゃんの直腸をなぶる。



(ヒィィ・・・・ユビ・・・・うごかしちゃ・・・・ダメェ・・・)



ユイカちゃんのパンツはオマンコ汁でヌレヌレになり重みを増していく。



「カシャン」



望遠鏡の見れる時間が過ぎユイカちゃんが上気した顔で下唇を軽くかみながら抗議の目をケンジに向け口をパクパクと動かす、どうやらこう言っているようだ。



(ケンジ兄さん・・・の・・・エッチ・・・イ・ジ・ワ・ル・・・・)



ケンジは笑いながら手を差し出しユイカちゃんに手を繋ごうと求める、ユイカちゃんは少しスネながらも恋人つなぎをする。



ユイカちゃんは何か思い出したかのようにティッシュを取り出しケンジの左の指をフキフキする、どうやらケンジがアナルに挿れた指に”アレ”が着いていないかを心配しているようだ、それでも納得できないユイカちゃんはケンジを引っ張ってトイレに連れて行き手を石鹸で洗わせた。



場所は代わって”黒船見張所”にやってきた俺たち、大きな大砲の横には見張り小屋みたいな小屋がある。



ヒロシはトキトのスマホにエロい司令をラインで出す。



(小屋の中でエレナちゃんのオマンコ汁が出てくるところを動画に撮れ)



トキトはエレナちゃんに画面を見せる、エレナちゃんは口にパーを当てている、トキトがロープウェイの続きをしようとエレナちゃんの耳にささやく、エレナちゃんは顔を赤くしながらもうなずく。



トキトはヒロシに見張りを頼みエレナちゃんを小屋の中に連れ込んだ。



トキトはスマホを動画モードにしてロープウェイのときのようにエレナちゃんの左膝を自分の左膝に乗せて足を開かせる、エレナちゃんは後ろのトキトに体を預けささやく。



「エ、エレナの・・・エッチな・・・おツユ・・・・撮って・・・ください・・・・」



トキトはエレナちゃんのブロンドをかき分け耳をナメながら言う。



「フフッ、いやらしい娘だ、いっぱいオマンコ汁を出させてあげる」



「ヒャア・・・ミミ・・・ナメちゃ・・・・ダメェ・・・」



トキトはエレナちゃんのタンクトップとブラをまくりあげ後ろから回り込んで右のチクビを含み舌でこね回す、左の指は左のチクビをコリコリとひっかき、右の指でクリトリスを押しつぶしたり引っ掻いたりしながらエレナちゃんの反応を楽しむ。



「ダメェ・・・また・・・・3箇所・・・・同時なんて・・・反則だよぉ・・・・・」



エレナちゃんはガクガクと体を震わせる、トキトの指がアナルをグニグニをするとエレナちゃんはガクッと体が落ちかける。



「ダメェ・・・立ってられないよぉ・・・・」



トキトはエレナちゃんを抱きかかえながらもチクビとクリトリスとアナルへの愛撫をつづける、エレナちゃんのオマンコ汁は太モモまで濡らしている。



「ヤァ~・・・・アン・・・・イイ・・・・クリ・・・・・イイよぉ・・・・」



「ハヒッ・・・・オシリ・・・・ユビ・・・挿れないでぇ・・・・・」



トキトはクリトリスを爪の先でひっかき擦る。



「イヒィ・・・・ダメェ・・・おかしくなっちゃうよぉ・・・・」



エレナちゃんはガクガクと体を震わせ快感を逃がそうとするがトキトに抱きかかえられているので思うように動かせない、エレナちゃんのオマンコ汁は膝の下まで垂れてきている、エレナちゃんは何回もビクビク、ガクガクを繰り返し最後に大きく体をのけ反りながら脱力した。



「ダメェ・・・イ・・・クゥ~・・・」



エレナちゃんはビクビクと体を震わせながら呼吸を荒げている。



「・・・ハァ・・・ハァ・・・」



トキトはエレナちゃんの耳をナメながらささやく。



「エレナちゃん、きもちよかった?」



エレナちゃんは蕩けた目でトキトを見ながら上気した顔でうなずく、ヒロシが小屋を覗き込みながら小声で話す。



「エレナちゃん、満足できた?」



エレナちゃんは真っ赤な顔でうなずくとケンジとユイカちゃんも小屋の中に入ってきてユイカちゃんが言う。



「スゴイ・・・・エッチな匂いがプンプンするよ・・・」



エレナちゃんは恥ずかしそうに



「・・・言わないで・・・・ハズカシイ・・・・」



帰りのロープウェイは他の人たちの帰り時間と重なったのか定員近くになりあまりイタズラすることができず俺たちもユイカちゃんもエレナちゃんも若干期待ハズレな事になってしまった、ので、帰りの車の中では自然にセカンドシートにトキトとエレナちゃん、サードシートでケンジとユイカちゃん、ヒロシは運転手となった。



トキトとエレナちゃんがイチャつき始め、サードシートのケンジとユイカちゃんもイチャついている、ヒロシは流れでカップルにはなれなかったがそれほど気にせず帰りの運転を楽しんでいるようだ。



ケンジがユイカちゃんにイタズラしながらヒソヒソと耳打ちする、ユイカちゃんの太モモはケンジの足の上に乗せられ無防備のオマンコはケンジのクリトリスへのイタズラで濡れそぼっている。



ユイカちゃんはなまめかく目を濡らしながらケンジを見つめ何かを期待しながらも言えずにいると察したケンジがユイカちゃんの耳をナメながらささやく。



「ユイカちゃん、アレしてあげようか?」



ユイカちゃんはスゴイ嬉しそうな顔をしつつ恥ずかしいのかとぼける。



「エッ・・・・アレって・・・・」



ケンジはユイカちゃんの心を読みながらさらに言う。



「行きのロープウェイでしてあげたことだよ」



ユイカちゃんは恥ずかしそうだが満面の笑顔になっている。



「・エヘヘ・・・・・・・」



「ユイカちゃん、言わないとしてあげないよ」



「ユイカに・・・・エッチな・・・こと・・・してください・・・」



「ユイカちゃん、違うでしょ」



「・・エヘヘ・・・・・ハハッ・・・」



ユイカちゃんは恥ずかしすぎて言えないでいる、ケンジはユイカちゃんにささやく。



「ユイカちゃん、こう言ってくれるかな?」



「ユイカのオマンコの中と奥の子宮口を長い舌で”レロレログニグニしてほしい」



ユイカちゃんは物欲しそうに潤んだ目でケンジを見ている。



(・・・そんな・・ハズカシイ・・・・こと・・・・言えないよぉ・・・)



ケンジは”ジー”とユイカちゃんを見つめる、ユイカちゃんは意を決してケンジの耳にささやく。



「ユ、ユイカノ・・・オマンコノナカト・・・オクノ・・シキュウグチヲ・・・ケンジニイサンノ・・・ナガイ・・シタデ・・・・レロレロ・・・グニグニ・・・シテクダサイ」



「フフッ、ユイカちゃん、よく言えました、いっぱいレロレログニグニしてあげる」



ユイカちゃんは嬉しそうだ。



ケンジはユイカちゃんをマングリ返しにして両方の手首と足首を拘束具で拘束した。



「ああん・・・こんなカッコウ・・・・ハズカシイ・・・・」



ケンジは長い舌をくねらせユイカちゃんに見せつける、ユイカちゃんの目はケンジの長い舌に釘付けになっている、ケンジはユイカちゃんのオマンコを広げ一気に子宮口に届くように舌を刺し挿れた。



「イッヒ~・・・・ヒャア~・・・・・」



ユイカちゃんは一気にきた刺激に歓喜の声をあげのけ反ろうとするがマングリ返しではお尻を動かすことしかできない。



ケンジは長い舌を抜き刺ししながらユイカちゃんの子宮口をねぶり回す。



「ハァ~・・・・イイよぉ・・・・もっと・・・いっぱい・・・・してぇ~・・・」



「ユイカちゃん、どこが気持ちいいの?」



「アソコが・・・・気持ちいい・・・・のぉ・・・・」



「アソコじゃないでしょ?オマンコと子宮口でしょ」



「ヤン・・・ケンジ兄さん・・・イジワル~・・・・」



「言わないと、抜いちゃうよ」



「ダメェ・・・抜かないでぇ~・・・」



ケンジは長い舌をくねらせながらユイカちゃんに恥ずかしい言葉を言わせようとする。



「モォ・・・言うから・・・お願いィ~・・・・」



ケンジはマングリ返しの上からユイカちゃんを見ている。



「ユ、ユイカの・・・・オマンコと・・・・子宮口が・・・気持ちいいのぉ~・・・」



「よく言えました」



ケンジはユイカちゃんの子宮口をこれでもかとねぶり倒す。



「ヒィィ~・・・・イイよぉ・・・・子宮口・・・・いいのぉ・・・・・」



ユイカちゃんは待避所に車が止まったことを知らないでいる、このボルボのサードシートは後ろ向きになっている、つまり電動リヤゲートを開けるとユイカちゃんのマングリ返しは丸見えになるのだ。



ヒロシとトキトとエレナちゃんはリヤゲートの後ろに立っている、その時ヒロシがリモコンで電動リヤゲートを開けた。



これから今日のメインイベントが始まる、ユイカちゃんを晒しものにするのだ。



「カチャ、ウイーン」



ユイカちゃんは知らずにケンジにオマンコの奥の子宮口をねぶられまくられている。



「ハァ~・・・いいのぉ・・・・・オマンコ・・・いい~・・・・」



ユイカちゃんはボルボの横を通る車の音に気がついた。



(エッ・・・車・・・・停まってる?・・・・)



ユイカちゃんが頭をひねるとヒロシとトキトとエレナちゃんが立っているのが見える。



(エッ・・・・なに・・・ウソ・・・・外が・・・見える?・・・なに?・・・・)



エレナちゃんがユイカちゃんを覗き込みながら言う。



「おねえさん、アソコ・・・・気持ちいい?・・・・」



「キャァ~・・・・・ヤダ・・・・ヤダ・・・・ヤメテェ~・・・・・」



ユイカちゃんは必死になってマングリ返しから起きようとするがケンジに腰を掴まれているのでほとんど動けないでいる、その間もボルボの横を車が通って行く。



「ヤダ・・・・ヤダ・・・・閉めてぇ~・・・・見られちゃうよぉ~・・・・」



「ウイーン、カチャ」



リヤゲートが閉められユイカちゃんはケンジを見る、ケンジはニッコリと笑いながら言う。



「ユイカちゃん、ドキドキした?」



「ヤダァ~・・・ケンジ兄さん・・・知ってたの?・・・・」



ほらもう一回開けるよ



「ウイーン、カチャ」



「ダメ・・・ダメ・・・いや~・・見られちゃうよぉ~・・・・」



「ユイカちゃん、叫ぶとよけいに人の視線をあつめるよ」



ユイカちゃんは口パクでケンジに訴える。



(閉めてぇ・・・・早く閉めてよぉ・・・・ヤダ・・・・見られちゃうよぉ~・・・・)



ケンジがワイヤレスイヤホンをユイカちゃんに見せての耳に入れる。



(なに・・・・なんなの?・・・・・・)



ケンジを見るとケンジもワイヤレスイヤホンをつけている。



「ユイカちゃん、聞こえる?聞こえたらうなずいて」



ユイカちゃんは素直にうなずく。



「これからね、外の様子とか実況中継してあげるからね、楽しみにして」



(なに?・・・・実況中継って・・・・)



その時ユイカちゃんのワイヤレスイヤホンにトキトの声が入ってくる。



「ユイカちゃん、自転車に乗った中学生が3人近づいてくるよ」



ユイカが首をひねって道路を確認すると自転車の中学生がボルボに近づき通り過ぎようとしている。



(ヤダ・・・・ダメェ・・見られちゃう・・・)



自転車の中学生がボルボの横を通るときケンジがユイカちゃんのオマンコの長い舌を一気に刺しこんだ。



「ヒャア~・・・・ダメェ~・・・」



ユイカちゃん、大きな声を出すと自転車の中学生が戻ってくるかもしれないよ。



ユイカちゃんはまたケンジに口パクで訴える。



(もうダメ・・・・ヤメテ・・・・)



ケンジはユイカちゃんを見ながらオマンコの中と子宮口を長い舌でねぶりなで回す、その音はユイカちゃんのワイヤレスイヤホンに伝わる。



(ペチャ・・・ピチャ・・・・ペチャ・・・・)



(ヤダ・・・・この音・・・・ユイカの・・・アソコから・・・・)



いやらしい音はケンジのワイヤレスイヤホンのマイクが拾っている。



「ユイカちゃん、オマンコの中をケンジの長い舌でかき回されるエッチな音がこっちにも聞こえてるよ、それとまた自転車の中学生が近づいてきてるよ」



「イヤァ~・・・閉めてぇ~・・・」



その時リヤゲートの前に立ってユイカちゃんを見えにくくしていたトキトとヒロシが動き車の奥でマングリ返しされているユイカちゃんが道路から丸見えになった。



トキトはそのタイミングでユイカちゃんのワイヤレスイヤホンに言う。



「ユイカちゃん、自転車の中学生に見てもらおうか?」



(ウソ・・・道路から・・・丸見え・・・・)



その時ユイカの目には先頭の自転車の中学生の目と一瞬合った気がした、と、同時にユイカちゃんの口から悲鳴が上がる。



「キャァ~・・・ヤダァ~・・・ダメェ~・・・」



(ウイーン、カチャ)



ユイカちゃんの叫び声はリヤゲートが閉まるとともにかき消された。



「ユイカちゃん、スゴイよオマンコ汁があふれてきてるよ、見られて感じちゃってるんだね」



ユイカちゃんは目に涙を浮かべながらケンジに言う。



「もう・・・ダメ・・・恥ずかしすぎるよぉ・・・カンニンして・・・」



ケンジはユイカちゃんの拘束具を外すとユイカちゃんはケンジにしがみつきすすり泣きはじめた。



(ヤバイ・・・やりすぎた・・・かな・・・)



ケンジはかける言葉もなくユイカちゃんの頭と背中を撫でている。



ユイカちゃんは顔をあげケンジに訴える。



「怖かった・・・恥ずかしかった・・・・・・・・・でも・・・」



「でもって?もしかしてユイカちゃん」



「フフッ・・・いいの・・・・」



ユイカちゃんは真っ赤な顔で言いケンジにしがみきながら言う。



「ケンジ兄さん・・・抱いてて・・・」



ケンジはユイカちゃんを抱きながら頭と背中を撫でる。



「ユイカちゃん、ドキドキして興奮したとか?」



「・・・ヤダ・・・・ハズカシイ・・・・」



ユイカちゃんは愛玩動物のようにケンジの胸に顔を押し付けケンジの耳を舐めながら恥ずかしそうにハニカんだ笑顔をケンジに見せてささやいた。



「ケンジ兄さんの・・・・長い舌・・・・スキ・・・・・またしてほしいな・・・・」



「ユ、ユイカちゃん・・・それは俺の長い舌でユイカちゃんのオマンコの中と子宮口をレロレロペロペロしてほしいってことかな?」



ユイカちゃんは真っ赤な顔でケンジの耳にささやく。



「ヤダ・・・・そんなハズカシイこと・・・聞いちゃ・・・ダメェ~・・・・」



ユイカちゃんはまだワイヤレスイヤホンをつけたままでいることを忘れているのか知っててわざとケンジとの会話を俺とヒロシに聞かせているのかどっちだろう、たぶん忘れてると思うけど念の為聞いておこう。



「ユイカちゃん、ワイヤレスイヤホンからケンジとの会話全部きこえたよ」



「エッ・・・・ヤダ・・・・」



(やっぱり忘れてたんだな)



「ユイカちゃん、もっと恥ずかしくしてあげるからね、期待していいよ」



ユイカちゃんはケンジにしがみつきながらうなずく。



「・・・・ウン・・・・・」



ユイカちゃんが少し落ち着いたところでヒロシが車を走らせコテージへ向かう。



「エレナちゃん、もう夕方だから家まで送るよ、お父さんとお母さん今日帰ってくるんでしょ?」



エレナちゃんは少しモジモジしながら上目遣いで言う、



「あ、あのね、お昼すぎにママからラインがあって今日帰ってくる予定が明日に延びたの、それでね、今日帰らなくてもよくなっちゃって、エレナねもっと一緒にいたいの・・・ダメ?・・」



(カ、カワイイ、カワイイよ、エレナちゃん)



ヒロシとトキトは指でOKマークを作りながら笑顔で



「エレナちゃん、大歓迎さ~」





saionjikyotaro at 16:37|PermalinkComments(0)
【PR】
アフィリエイト広告を利用しています
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール