尿道オナニー

2018年11月19日

35 エレナの尿道責め

エレナちゃんはさっきユイカちゃんの指示で持ってきたアイテムに目をやり、ユイカちゃんをどうやってめちゃくちゃにするか思いついたようだ。


(・・・おねえさんは・・・拘束が・・・スキなんだよね・・・フフッ・・・)


エレナちゃんはユイカちゃんの後ろにまわり手を後手に拘束し目隠しをした、ユイカちゃんはエレナちゃんにされるがままになっているが期待でオマンコ汁を溢れさせている。


「・・・エ、エレナちゃん、・・・やさしく・・・して・・・くれる?・・・・」


「フフッ・・・おねえさん・・・やさしくして・・・欲しいの?・・・」


エレナちゃんの声には”やさしくする”という感情は感じとれない、ユイカちゃんもそれに気づいたようだが後手に拘束され目隠しで視界を奪われた状態ではどうしようもない


「・・・・・・・・・・・・・・・」


エレナちゃんはユイカちゃんのオマンコから溢れ出たオマンコ汁をすくい取りユイカちゃんの口へ塗りつけ突き入れる。


「おねえさん・・・こんなにいっぱいエッチ汁をあふれさせて・・・・期待してるんでしょ?・・・いやらしい・・・なめなさい・・・・」


「・・・アグ・・・・ングッ・・・・ピチャ・・・ピチャ・・・」


「・・・やさしくは・・・できない・・・かな・・・フフッ・・・おねえさん・・・死んじゃうかも・・・・」


エレナちゃんはユイカちゃんの首を後ろから一瞬だけ強く締めた。

俺たちがエレナちゃんを止めようとした時、エレナちゃんは俺たちに向きウインクした。


(今のは・・・・冗談?・・・・本気?・・・・どっちだ?・・・)


「アグ・・・ゴホッ・・・・ゴホッ・・・ヤ、ヤメテ・・・・」


「フフッ・・・冗談よ・・・いっぱい・・・・かわいがってあげる・・・・」


エレナちゃんはそう言いながらユイカちゃんの耳穴に舌を差し入れ耳のまわりをなめ回しささやく。


「・・・ヒャア・・・ミミ・・・・」


「おねえさん・・・1回・・・天国に・・・・逝ってきて・・・」


エレナちゃんは”ブジー”にローションを垂らしながらユイカちゃんにキスをして声を奪い、”ブジー”を尿道にあてがい一気に膀胱に到達するまで突き挿れた。


「ずぶずぶずぶぅ」


この間、1秒足らず。


ユイカちゃんは尿道へのいきなりの衝撃で頭をのけぞらせようとするが、エレナちゃんの手とキスで頭を固定されているので動かせない。


「・・・・ン”ン”ーーーーーーーーン”ーーーーーーー」(・・・・ギャヒィーーーーーーーーーー)


ユイカちゃんは唯一動かせる足をバタンバタンと暴れさせるがその足も後ろのエレナちゃんの足が巻き付いていて思うようには動かせない。


俺たち3人は思わず声に出した。


「エレナちゃん・・・・スゲー・・・鬼畜・・・・ヤベー・・・・・」


この間もエレナちゃんは”ブジー”をゆっくりとスライドさせている、ユイカちゃんはビクンビクンと体をケイレンさせている、”ブジー”からは膀胱に達している証拠にオシッコがつたい垂れている。


エレナちゃんはようやくユイカちゃんの唇を開放して言った。


「フフッ・・・おねえさん・・・・天国に・・・逝けた?・・・・」


「・・・ハァ・・・・ハァ・・・・ハァ・・・・」


ユイカちゃんはコクコクとうなずきながら言う。


「・・・目から・・・星が・・・・・・・出た・・・・よ・・・・」


さすがの俺たちもエレナちゃんの鬼畜ぶりには舌を巻くが、エレナちゃんがこれからどんなふうにユイカちゃんを責めるのかワクワクもしている。


エレナちゃんはさらにユイカちゃんを責めるべく俺たちに別の”ブジー”を指さし要求した。


エレナちゃんが指さしたのは太さが1センチほどもある尿道オナニー上級者用の”ブジー”、確かに女性の尿道は男に比べて太いのだが初心者に近いユイカちゃんの尿道を拡張もせずに使うのはさすがに俺たちも躊躇する。


(エレナちゃん・・・・マジ・・・これ・・・ユイカちゃんに使うの?・・・)


エレナちゃんは手の指4本をクイクイさせ、太い”ブジー”をよこせと要求する、俺たちは迷ったがこれからエレナちゃんがするユイカちゃんへの鬼畜尿道責めへの期待とワクワクに勝つことができないので素直に極太”ブジー”を渡す。


「おねえさん・・・なめて・・・・コレが今までおねえさんを楽しませた”ブジー”・・・・そしてコレが・・・これからおねえさんを楽しませてくれる”ブジー”よ、・・・・グリグリしてよがらせて・・・あ・げ・る」


エレナちゃんは2本の”ブジー”を交互にユイカちゃんに咥えさせて太さを確認させる。


(ウソ・・・ふとい・・・ふとすぎる・・・イヤ・・・ダメ・・・ヤメテ・・・オシッコの穴・・・こわれちゃう・・・)


「ヤダ・・・ヤメテ・・・ふとすぎる・・・」


ユイカちゃんはさすがに首を横に振りイヤイヤをする。


エレナちゃんはユイカちゃんの耳たぶをあまがみしながらささやく。


「・・・フフッ・・・おねえさん・・・めちゃくちゃにしてほしいって・・・エレナに言ったでしょ・・・」


エレナちゃんは再びユイカちゃんの声を奪うためにキスをし、ユイカちゃんの体全体を長い手足で拘束する。


「・・・ン”ン”ーーーーンーーーーーー」


ユイカちゃんは必死に体を動かして抵抗するが、手を後手にされてる上に足にもエレナちゃんの長い足が巻き付いているから思うようには動かさせないでいる、ユイカちゃんがココまで抵抗するのはめずらしいというか初めてだ、それほどに極太”ブジー”を挿れられる恐怖を感じているのにオマンコからはオマンコ汁が溢れてきている。


コワイのにイヤなのに”されたい””してほしい”という”ドM”の本質、被虐愛の極致だ。


エレナちゃんはユイカちゃんの唇を開放しユイカちゃんにさらなる恐怖に陥れる言葉を言ってまた言葉を奪うキスをする。


「フフッ・・・おねえさん・・・こんなにいっぱいエッチ汁をあふれさせて・・・いやらしい・・・抵抗してもダメだよ・・・ぜったい・・・挿れちゃうから・・・ふといの・・・・」


エレナちゃんの顔は目が笑い、口は少し吊り上がって俺たちもたじろぐほどの悪魔顔になっている。


(うわ~・・・エレナちゃん・・・マジやべ~・・・・)


「ン”ン”ーーーーーー」(おねがい・・・ヤメテ~・・・)


ユイカちゃんは体を硬直させて極太”ブジー”の衝撃に備えるが、エレナちゃんは一気の挿入はさすがにムリと思い直し、前に挿れた”ブジー”を挿れ直し、クリクリとひねりと出しいれをしながら極太”ブジー”の通り道をつくり始めた。


ユイカちゃんは目隠しされてるので挿れられた”ブジー”の太さがわからない。


「・・・ン”ン”ーーーーーーーン・・・・・・ウン・・・・・・」


(・・・アレッ・・・ふとくない?・・・・・さいしょのと・・・おなじ?・・・)


「ンン・・・・ン・・・」(アン・・・イイ・・・キモチイイ・・・オシッコの穴・・・)


「ウン・・・・ンン・・・」(・・・いいよぉ・・・アア・・・イイ・・・)


エレナちゃんはユイカちゃんの唇を再び開放し目隠しを外し、極太”ブジー”をユイカちゃんに見せながら言う。


「おねえさん・・・オシッコの穴・・・ほぐれたかな?・・・・いいよね?・・・・ふといの・・・挿れるよ・・・・」


ユイカちゃんの顔は極太”ブジー”のあまりの太さに恐怖に引き攣りイヤイヤをする。


「ヤダ・・・・ヤメテ・・・オシッコの穴・・・こわれちゃう・・・」


「フフッ・・・おねえさん・・・挿れてあげる・・・見ててね」


エレナちゃんは極太”ブジー”を入れる所をユイカちゃんに見せようとする、”体を裂かれるに近い”ことを本人に見せつけるなんてエレナちゃんの鬼畜ぶりには本当に舌を巻く、だだ、それはユイカちゃんが望むことなのかもしれないが。


エレナちゃんは極太”ブジー”にたっぷりとローションを垂らしユイカちゃんの尿道口にあてがう、ユイカちゃんはイヤイヤをしながらも極太”ブジー”から目が離せない。


「アアッ・・・ヤメテ・・・はいらない・・・挿れないで・・・・」


エレナちゃんは極太”ブジー”をグリグリとユイカちゃんの尿道口に押し付けるが思うようには入っていかない、当たり前だが元々4ミリ程度の太さしか入らないところに倍以上の太さのものを入れるなんていうのはムリがあるのだ、それに今のユイカちゃんは緊張と恐怖で体が固まっている。


エレナちゃんもそれを感じてユイカちゃんの緊張をほぐそうと体をひねり右のチクビに吸い付く、左のチクビは左手でクニクニし始めた、右手は”極太ブジー”を尿道口へ当てたままだ、ユイカちゃんもチクビには反応する。


(エレナちゃん・・・体やわらかいな~・・・あんなこと俺たちにはできねー・・・)


「アン・・・チクビ・・・イイ・・・・」


「ウン・・・・ハァ・・・・いいよぉ・・・」


エレナちゃんは極太”ブジー”を持ちながら親指でクリトリスをグニグニする。


「アヒィ・・・・クリ・・・・」


エレナちゃんはしばらくのあいだユイカちゃんのチクビをもてあそびつつも極太”ブジー”は尿道口へ当てている、どうしても挿れたいらしいが物理的に難しいだろう。


ユイカちゃんが急に頭を反らせ”パクパク”と口を開けたり閉じたりしたあとに妙な声をあげた。


「アギィーーーー・・・・キィーーーーーーーーイヤーーーーーーーー」


俺たちはエレナちゃんの持つ極太”ブジー”の先端が少しだけユイカちゃんの尿道に入っているのを確認した、何かの拍子に先端が偶然入ってしまったようだ。


「ヤ、ヤメテ・・・・抜いて・・・・ムリ・・・・はいらない・・・」


エレナちゃんは悪魔的なうす笑いを浮かべて舌なめずりをしている。


(エレナちゃん・・・マジ・・・アクマだ・・・・)


「おねえさん、少しだけ入ったよ・・・・エレナはもっと挿れたいな~・・・・」


エレナちゃんはそう言っているが膀胱まで貫通させる気まんまんで、クリクリと極太”ブジー”をひねりをくわえている。


「ヒィーーーーーヤメテ・・・・・・・・ムリだ・・・ヨォ・・・・」


ユイカちゃんは恐怖している、ミリミリという体を裂く音をたてるように極太”ブジー”は尿道を広げながら少しずつ奥へ侵入してくる。


「キヒィーーーーーーーヤメテーーーーーー」


ユイカちゃんは腰を引いて逃げようとするが後ろにエレナちゃんが密着しているので逃げることができない。


俺たちは食い入るように極太”ブジー”がどれくらい入っているかを確認した、信じがたいがおそらく3センチは入っているだろう、あと1センチで膀胱まで達してしまいそうだ。


「フフッ・・・おねえさん・・・もう少しよ・・・オシッコ出させてあげる・・・・」


ユイカちゃんの尿道に入っている極太”ブジー”は中心に穴が開けられていて膀胱まで達するとオシッコが出てくる仕様になっている、エレナちゃんはそのことを言っているのだがユイカちゃんの耳には届いていない、というかあまりの衝撃というか痛みというかで意識をなくしかけている。


「ちょろっちょろっちょろっ・・・」


ついに極太”ブジー”がユイカちゃんの膀胱まで貫通した。


(うおっ・・・スゲー・・・ヤベー・・・・・)


ユイカちゃんは白目をむいて頭をグラグラとさせている。


「やった~・・・おねえさん・・・オシッコの穴・・・アレッ・・・」


ユイカちゃんは気絶している。


エレナちゃんは気絶したユイカちゃんを見ながら


「つまんな~い・・・エレナ・・・ガンバったのに・・・・」


(いや・・・そうじゃないでしょ・・・エレナちゃん・・・・)


俺たちもエレナちゃんもユイカちゃんに突き刺さっている極太”ブジー”をガン見しているとエレナちゃんが動いた、なんとユイカちゃんのクリトリスにかみついたのだ。


その時ユイカちゃんはカッと目を見開き絶叫し極太”ブジー”を押し返した。


「ギャヒィーーーーーーーーー」


ユイカちゃんはオマンコをおさえながら悶絶している。


「おねえさん・・・気がついた?・・・気絶しちゃったから・・・おねえさんの・・・クリ・・・噛んじゃった・・・」


「フゥーーーーフゥーーーーー」


ユイカちゃんは荒い息をしながらエレナちゃんに噛まれたクリトリスの痛みが薄れていくのを待っている。


エレナちゃんは申し訳なさそうにユイカちゃんの手をどかしクリトリスをチロチロペロペロと舐めている。


「・・・・・・・・ウン・・・・アン・・・ン・・・・」


「アン・・・イイ・・・・クリ・・・イタ・・・イイ・・・・」


エレナちゃんはユイカちゃんに抱きつきながら濃厚なキスをした。


「おねえさん・・・ゴメンナサイ・・・エレナ・・・調子にのって・・・めちゃくちゃに・・・

アン・・・・・・・・」


エレナちゃんがユイカちゃんにあやまりかけるとユイカちゃんは反転しエレナちゃんの唇を塞ぎ唾液をエレナちゃんに流し込んだ。


「ングッ・・・・ングッ・・・・」


エレナちゃんはユイカちゃんの唾液を飲み込みキスをしながら目を開けて見つめ合い唇をつけながら笑い合う。


「ウフフッ・・・ウフフフッ・・・」


「エレナちゃん・・・スゴかった・・・・ユイカ・・・・死んじゃうかと・・・思ったよ・・・・」


「ゴメンナサイ・・・エレナ・・・・」


ユイカちゃんはエレナちゃんの口を指でおさえながら言う。


「ウフフッ・・・またしてくれる?・・・・」


「・・・ウン・・・・また・・・めちゃくちゃに・・・してあげる・・・・」




モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

saionjikyotaro at 14:10|PermalinkComments(0)

34 ユイカの尿道責め ②

ユイカはさらにカテーテルを出し入れし、エレナを乱れさせる。


「・・・アン・・・いいよぉ・・・オシッコの穴・・・いい・・・」


エレナはユイカにうしろから抱きつかれながら首をひねりユイカにキスをねだる、ユイカはキスにこたえながらカテーテルにひねりを加えキスで塞がれた口から歓喜の声をあげさせる。


「ンン・・・ん”ーーーーん・・・・・ウン・・・・」


ユイカは隠しカメラにウインクし手で”おいでおいで”をする。


別部屋で二人を隠しカメラでガチモニターしていた俺たちは???だ。


「あれっ、ユイカちゃん俺たちを呼んでるぜ、何かな?」


「レズショウを直接見せてくれるとかじゃないか?」


「やり~、美少女二人の生レズショウが見れるぞ」


俺たちが部屋に入るとユイカちゃんはエレナちゃんのカテーテルを”外して”の合図を送ってきた、プラスして手を差し出し何かを欲しいの合図もした、俺たちは部屋に戻り6本の手にアイテムを載せてユイカちゃんに見せる、ユイカちゃんが指さしたのは”ブジー”でこれからエレナちゃんの尿道を”ブジー”で責めるつもりらしい。


(ユイカちゃん・・・マジで・・・”ブジー”を使うのか?・・・・)


ユイカちゃんがエレナちゃんから唇から離しエレナちゃんは名残惜しそうにユイカちゃんを見る、今まで目を閉じてキスをしていたエレナちゃんは俺たちに気づいたが目が蕩けていて反応が鈍い、頭が回っていないようだ。


「・・・アレッ・・・お兄さんたち・・・いたの?・・・」


「・・エッ・・・ヤダッ・・・・いつからいたの?・・・」


エレナちゃんはようやく意識を取り戻したようだがユイカちゃんに抱きつかれているので大股開きを閉じることができずオマンコを手で隠そうとするがユイカちゃんに両手を掴まれてしまった。


「エレナちゃん、今からお兄さんたちにカテーテルを抜いてもらうの、足を広げてないとオシッコの穴にキズがつくかもしれないからこのままでいて」


エレナちゃんは首を赤く染めて横をむいて大股開きの恥ずかしさに耐えている、俺はカテーテルを掴み慎重にゆっくりとカテーテルを抜いた。


「・・・アン・・・・もう・・・おわり・・・ハァ~・・・・」


エレナちゃんは名残惜しそうにカテーテルを見ている。


「エレナちゃん、オシッコの穴、まだ欲しいの?・・・」


「・・・・・・・・・・・・・・」


ユイカちゃんはエレナちゃんのクリトリスを指でクニクニとなぶる。


「・・・アン・・・・ダメェ・・・」


ユイカちゃんはエレナちゃんの耳穴に舌を差し入れ耳たぶをあまがみする。


「ヤン・・・・みみ・・・いい・・・」


ユイカちゃんはベッドに置いてあった”ブジー”エレナちゃんに見せる。


「エレナちゃん、コレね、”ブジー”っていってオシッコの穴をホジホジして気持ちよくしてくれるオモチャなの、エレナちゃんに挿れていい?」


エレナちゃんの目は物欲しそうに”ブジー”に釘付けになっている。


(・・・コレが・・・オシッコの穴・・・ホジホジ・・・・)


”ブジー”は金属製でゆるい凹凸があり太さは4ミリほどで長さも15センチというもの。


(・・・ほしい・・・でも・・・ハズカシイ・・・・)


エレナちゃんはオシッコの穴で気持ちよくなるところを俺たちに見られることに抵抗を感じているようだ、ユイカちゃんがすかさずエレナちゃんにいう。


「エレナちゃん、恥ずかしいかもしれないけど、女の子は気持ちいいことには勝てないのよ」


エレナちゃんは顔を真赤にしながら俺たちを見てユイカちゃんに言った。


「・・・おねえさん・・・・エレナを・・・・気持ちよく・・・して・・・」


俺たちはベッドのまわりに陣取り二人のレズショウの始まりを待つ。


(ヤダ・・・お兄さんたち・・・ガン見してる・・・エレナ・・・おねえさんに・・・足広げられてるし・・・アソコ丸見えで・・・・恥ずかしいよぉ・・・)


ユイカはエレナに気遣い3人に言う。


「あのねお兄さんたち、そんな近くでガン見されるとエレナちゃんが気持ちよくなれないでしょ、後で呼んであげるから待っててくれる?・・・アッ・・・そうだ・・・オプションが用意できるかもよ・・・」


俺たちを呼んだのはユイカちゃんなのに”追い払うなんて”と思いつつ俺たちは渋々部屋を出ていく。


「・・・ユイカちゃん・・・・合図忘れないでよね・・・・で・・・オプションって・・・」


ユイカちゃんは人差し指で”シー”をした後に親指を立てて”イエイ”をしてくれた、俺たちも親指を立てて”イエイ”を返した。


ケンジが頭をかしげながら俺に聞く。


(オプションって・・・なんだろ・・・)


「トキト、ユイカちゃんの言ってたオプションってなにかな?」


「う~ん、わからん・・・けど・・・エッチなことは確かだと思う」


「ま~、楽しみに待ってればいいんじゃないか」


とヒロシが言う。


ユイカは”ブジー”にローションを垂らしながらエレナに言う。


「エレナちゃん、気持ちよくしてあげる、”ブジー”を味わって」


ユイカはゆっくりと”ブジー”をエレナの尿道の突き立てる。


「ずぶずぶずぶぅ」


「アウゥ・・・クゥ・・・入って・・・くるよぉ・・・いい・・・」


エレナは後ろのユイカの肩に頭をのけぞらせ次の快感を待っている、ユイカはクリクリと”ブジー”をひねり尿道の媚肉をこねくりながら短くゆっくりとストロークさせる。


「アヒィーーー・・・・いいよぉ・・・オシッコの・・・穴・・・・いい・・・」


ユイカはときおり奥深くまでエレナの尿道をえぐる。


「ハヒィーーーー・・・・オシッコ・・・出ちゃう・・・・」


ユイカの”ブジー”は尿道を突き抜け膀胱に達している、その証拠に”ブジー”をつたいオシッコが垂れてきている、エレナはすでに周りが見えずにいる。


ユイカは隠しカメラに向かい”イエイ”をした後に”おいでおいで”をして3人を呼び寄せる。


(・・・きた・・・・ユイカちゃんからの誘いだ・・・)


俺たちはゆっくりとベッドのまわりに場所を確保する、エレナちゃんはうすく目を開けて俺たちを確認したようだがそれどころではなく、ユイカちゃんから送られる”ブジー”の快感に身をゆだねている。


ユイカはエレナの耳をあまがみし、ささやく。


「エレナちゃん、お兄さんたちがエレナちゃんのイヤらしい所見にきたよ、恥ずかしい?」


エレナちゃんはうす目を開けて”コックリ”とうなずく、頭が下がった時に口からはよだれが垂れ落ちエレナちゃんがいかに我を忘れて”ブジー”から送りこまれる快感にひたっているのかがわかる。


ユイカちゃんは”ブジー”で小さな円を描きエレナちゃんをさらなる高みに押し上げる。


「ヒャアーーーーーーダメェーーーーなにか・・・クルゥーーーーー」


このときユイカはエレナのクリトリスに爪を立て引っ掻いた。


「・・・・・・・・・・・キヒィーーーーーーーーー」


エレナちゃんは後ろで体を抱き寄せているユイカちゃんを押し倒し、反り返ってガクガクと体をふるわせた。


「ハァ・・・ハァ・・・・おねえさん・・・・もう・・・ゆる・・・して・・・・・」


ユイカちゃんはエレナちゃんから”ブジー”を抜き取りクルリと反転しエレナちゃんの体を下にして耳元でささやく。


「エレナちゃん、今のなんだか分かる?、”クルゥ”って感じの?」


「・・・・わかんない・・・頭が白くなって・・・・」


「・・・それはね・・・・”イクッ”て言うのよ・・・エッチなマンガとかで見たことあるでしょ?」


「・・・・・・・・・・・・・・」


(・・・あれが・・・イクッ・・・なんだ・・・・・ヤダ・・・・ハズカシイ・・・・でも・・・ヨカッた・・・・)


ユイカちゃんはエレナちゃんに長いキスをして言った。


「ユイカもオシッコの穴で・・・気持ちよくなりたいな・・・エレナちゃん・・・してくれる?・・」


(うおっ・・・ユイカちゃん・・・Mになった?・・・・)


ユイカちゃんのオマンコはビショビショになっていて首から上が赤く染まり目が蕩けている、エレナちゃんを責めながら同時に自分も責められている感覚になっていたようだ。


「おねえさん・・・いいの?・・・エレナ・・・悪魔に・・・なるよ・・・」


「・・・うん・・・いいよ・・・悪魔になって・・・ユイカを・・・めちゃくちゃに・・・して・・・」


「フフッ・・・おねえさん・・・しらないよ・・・・こわれても・・・フフッ・・・エレナ・・・今・・・きちゃってるから・・・・ウフフッ・・・」


(うおっ・・・スゲー・・・エレナちゃんの顔・・・ヤバイ・・・・)


エレナちゃんの顔は紅潮し笑っているが小悪魔の顔になっている。




モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

saionjikyotaro at 14:03|PermalinkComments(0)

33 ユイカの尿道責め ①

(アレッ・・・朝だ・・そっか・・・昨日・・・おんぶしてもらって・・・寝ちゃったんだ・・・・

アッ・・・アソコに管が挿れられてる・・・・たしか・・・カテーテルだっけ・・・・寝ている間にオシッコに起きないようにお兄さんたちが挿れたんだ)


ユイカの横にはエレナがまだ眠っていてエレナにもカテーテルが挿れられている、ユイカは自分のカテーテルを抜きスッキリしながらエレナを見ている。


(エレナちゃんの裸ホントにキレイ・・・いいなぁ・・・色も白くてブロンドで・・・目も青いし・・・ハーフにはかなわないな・・・アッ・・・コレッ・・・・フフッ・・・生理用食塩水・・・・フフッ・・エレナちゃんにイタズラしちゃお・・・・)


ユイカはエレナのカテーテルを指先でツンツンしたり指で軽くペシペシと叩いたりしてエレナの反応を見ている。


(ウン・・・・なに・・・なんか・・・アソコ・・・ムズムズ・・・する・・・なんだろ・・・・)


このときユイカはエレナが起きないのをいいことにカテーテルを指先でピシピシと弾いてクスクスと笑いながらエレナの反応を楽しんでいる。


(ン・・・ナニ・・・アヒッ・・・・アソコ・・・ナニ・・・・)


ユイカは笑いをこらえながらピシピシとカテーテルを弾いている、エレナがガバっと起き上がり自分のアソコを確認して言った。


「・・・ナニ・・・・コレ・・・ナニよ~・・・コレッ・・・・イヒィーーー」


エレナが叫んだと同時にユイカがカテーテルを強く弾きエレナはアソコをおさえて衝撃で体を丸めた、ユイカはクスクスと笑いをこらえながらエレナに答える。


「エレナちゃん、これはねカテーテルっていって寝ている間にオシッコで起きないようにお兄さんたちがオシッコの穴に挿れたの、ホラ・・・こうするとオシッコの穴がジンジンするでしょ?」


ユイカはエレナのカテーテルをクリクリとひねる。


「ヒャァ・・・ヤ、ヤメテ~・・・クリクリ・・・ダメェ・・・イヤ~・・・」


エレナはアソコを抑えながらもカテーテルを抜けないでいる。


(エレナちゃん、コワイからカテーテル抜けないんだ・・・フフッ・・・もっとイジメちゃお)


「エレナちゃん、カテーテル勝手に抜いちゃダメだよ、お兄さんたちが来るまでそのままでいるのよ」


「エエッ・・・ヤダァ・・・おねえさん・・・とって・・・はやく・・・とってよぉ・・」


「エレナちゃん、ユイカにはできないの、オシッコの穴にキズがついたら大変なことになるの、オシッコするたびにしみてイタい思いをするのよ」


「そんなのヤダァ~・・・お兄さんたち呼んきてよぉ・・・おねがい・・・・」


「ダメ・・・お兄さんたちはまだ寝てるから起こせないの・・・それより・・・エレナちゃん・・・・オシッコの穴で気持ちよくなれるの知ってる?・・・」


「エッ・・・オシッコの穴で・・・気持ちよくなる・・・の・・・?・・・」


「ウン・・・・そう・・・してみたい?・・・・」


エッチなことに好奇心旺盛なエレナは”オシッコの穴で気持ちよくなる”ということに???になりながらも誘惑に勝てそうにない。


「どうすれば・・・気持ちよく・・・なれるの?・・・」


ユイカは罠にかかったエレナをもてあそんでみたい感情にかられる。


「特別だよ・・・エレナちゃんにだけ教えてあげる・・・・ユイカがしてあげる・・・スゴイよ・・・」


ユイカはエレナの後ろにまわりエレナにカテーテルを見せてさすりあげる。


「エレナちゃん、こういうのはどお?気持ちいい?」


「アン・・・オシッコの穴・・・・ムズムズ・・・するよぉ・・・でも・・・・」


「でも・・なあに?・・・・」


「ヤダッ・・・ハズカシイ・・・・」


「フフッ・・見てて・・・・コレはどお?・・・・」


ユイカはカテーテルを指でペシペシと軽く叩きカテーテルを弾ませる。


「アヒ・・・・ヤン・・・・ムズムズ・・・イイ・・・もっと・・・」


「もっと・・・何がほしいの?・・・」


(ヤダ・・・オシッコの穴が気持ちいいなんて・・・・恥ずかしすぎる・・・)


「・・・・・・・・・・・・・・」


エレナはオシッコの穴が気持ちよくなってきていることに戸惑いを隠せない、ユイカはトキトに尿道が気持ちいいことを教えられているからそれをエレナに体験させたいのだがイタズラ心も隠せない。


ユイカはうしろからエレナの耳をあまがみしながらカテーテルを指でペシペシと叩く。


「ヒャァ・・・ミミ・・・アン・・・ムズムズ・・・イイ・・・・」


ユイカはカテーテルにクリクリとひねりをくわえる、エレナは頭を反らし快感に悶える。


「ハヒィ・・・・クリクリ・・・イイ・・・・」


ユイカはエレナの耳穴に舌を差し入れながらささやく。


「オシッコの穴・・・気持ちいい?」


「・・・・・・・・・・・・・・」


「言わないと・・・やめちゃうよ?・・・」


「・・・ハズカシイ・・・・」


「コレはどお?・・・スゴイ?・・・」


ユイカはカテーテルを指でつまみスライドさせカテーテルを少しだけ出し入れする。


「ハヒィーーーダメェ・・・出ちゃう・・・・」


エレナの”出ちゃう”の感覚は実際には膀胱からオシッコが出ていく事による、その証拠にカテーテルの先からは勢いよくエレナのオシッコが流れ落ちている。


「・・・ハァ・・・ハァ・・・気持ちいい・・・・おねえさん・・・・もっと・・・して・・・」


「フフッ・・・いいよ⤴・・・でも、オシッコはもう出ないでしょ・・・・」


「・・・・・・・・・・・・・」


「・・・お水・・・・いっぱい飲むから・・・お願い・・・・」


「フフッ・・・いいよ⤴・・・でも・・・もっとはやくオシッコを作ることもできるよ・・・してみる?」


「エッ・・・そんなこと・・・できるの?・・・」


「うん・・・・できるよ・・・コレも・・・スゴイよ・・・」


エレナはカテーテルからオシッコを出す快感も味わいたかったが、カテーテルを少しスライドさせ出し入れもしてほしいとも思っている、ユイカにその思いを伝えたいが恥ずかしいので言えないままでいる。


「エレナちゃん、いっぱい気持ちよくしてあげる、コレ着けてくれる?」


「エッ・・・目隠しするの?・・・」


「そう・・・たくさん感じれるようにね・・・・」


エレナに目隠しを着けユイカは生理用食塩水をカテーテルに繋ぐ、エレナに入っているカテーテルには1メートルくらいのところに分岐があって、ソコに新たに他の何かを繋ぐことができるようになっている、ユイカは自分に入っていたカテーテルを確認したが分岐はなかった。


(もしかして・・・お兄さんたち・・・・ユイカがエレナちゃんにイタズラするのをわかってた?・・・ということは・・・ドコかで見てる?・・・)


ユイカはベッドのまわりを見回し隠しカメラを発見した。


(やっぱり・・・お兄さんたち・・・ユイカたちを見てる・・・・それなら・・・)


ユイカはカメラに向かって親指を立てて”イエイ”をした。


(あっ、ユイカちゃんにバレた)


俺はそうなってほしいと思って仕掛けをしておいた、ユイカちゃんは感がいいしエレナちゃんよりも経験が豊富だ、アイテムさえ用意しておけば”イタズラ心”を起こすんじゃないかと思ってたんだが、そのとうりになった、頭のいい娘だ、俺の横にいるヒロシとケンジも感心している、ただ画面がスマホで小さいのが具合が悪い、まあ、録画もしてあるからあとから大画面で見てもいい、ユイカちゃんも気づいたし、いい角度でレズショウをくれるだろう。


「エレナちゃん、今からオシッコを挿れてあげる」


ユイカは生理用食塩水が入っている袋を押した。


「ハゥ・・・ナニ・・・今のは・・・・」


「クゥ・・・なに・・・かが・・・入ってくる・・・・」


「ヒィーーーヤ、ヤメテェーーー入れないでぇ~・・・・」


ユイカはあらかじめエレナの両手を後手に縛っておいた、エレナは今まで感じたことのない違和感を膀胱に感じパニックになっている。


「・・・お、おねえさん・・・・なに・・・したの?・・・お腹が・・・へん・・・」


ユイカはうしろからエレナの耳たぶをあまがみしささやきながら生理用食塩水の袋を押す。


「フフッ・・・どお?・・・今ね、エレナちゃんの膀胱に生理用食塩水を入れてあげたのよ・・・こうして袋を押すと入ってくるでしょう、なまあたたかいのが」


「ヒャァ・・・ダメェ・・・入れないでぇ~・・・・出ちゃう~・・・」


「大丈夫、出せないから・・・いっぱい・・・・入れてあげる・・・」


「・・・ヤ、ヤメテェ~・・・おなか・・・ヤダァ・・・ださせて~・・」


成人女性の膀胱の容量は約500ml 生理用食塩水の袋も500ml あと1回押すと袋の生理用食塩水はほぼエレナの膀胱に入ったことになる。


「エレナちゃん、オシッコ出したい?・・・気持ちよくなりたい?・・・」


「・・・おねえさん・・・オシッコしたい・・・ださせて・・・おねがい・・・」


ユイカはエレナの膀胱のあたりを指でグニグニと押す。


「ヒィーーー・・・押さないで・・・出ちゃう・・・ヤー・・・ダメェ・・・・出ない・・・ださせて~・・」


「フフッ・・・出させてあげる・・・」


ユイカは止めておいたクリップをカテーテルから外すと勢いよくオシッコが流れ落ちた、ユイカはサビースでカテーテルを出し入れさせエレナから歓喜の声をあげさせる。


「イッヒー・・・いいよぉ・・・オシッコの穴・・・イイ・・・」


ユイカはさらにエレナの下腹を押してオシッコを出させる。


「ウッ・・・クゥ・・・ヤ、ヤメテ・・・・出ない・・・もう・・・でない・・・」


ユイカはエレナの目隠しを外し後手縛りを解いた、エレナは自分に入れられた生理用食塩水の袋を手に取り


「コレが全部エレナのお腹に・・・・」


「フフッ・・・エレナちゃん・・・スゴかったでしょ?・・・・もう1回する?・・・」


「・・・ウン・・・スゴかった・・・でも・・・今日は・・・いい・・・・」


ユイカはもう1回エレナを乱れさせたかった、ユイカはうしろからエレナに抱きつきカテーテルを出し入れさせる。


「アヒィ・・・ダメェ・・・アア・・・イイ・・・・気持ちいい・・・」


「エレナちゃん、気持ちいいの?・・・オシッコの穴・・・」


「・・・ウン・・・アッ・・・ヤダ・・・・ハズカシイ・・・・オシッコの穴が・・・気持ちいいなんて・・・・」




モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

saionjikyotaro at 13:59|PermalinkComments(0)

2018年10月28日

11 ユイカ、尿道責めされる

10時くらいにユイカちゃんが起きてきた。


俺たちがベッドに置いたスケスケのベビードールを着て手には導尿カテーテルを持っている、少し怒っているようだ。


「トキト兄さん、ユイカのオシッコの穴に管が入ってるよ、何したの?・・・もう〜・・・」


「お~ユイカちゃんおはよう、ベビードール着てくれたんだカワイイよ」


「へへっ・・・そう?・・・カワイイ?・・・お兄さんたちがコレ着てほしいのかなって思って着てあげたんだよ・・・スケスケでかなりエッチ〜けど・・・・アッ・・・そうじゃなくて・・・この管は何?・・・ユイカにイタズラなの?」


「あ~それね、それはね導尿カテーテルといってねオシッコを出すためのものだよ、ユイカちゃんが寝ている最中にオシッコで起きないように挿れておいたんだよイタズラで挿れたんじゃないよ」


「そっか〜、ユイカいたずらされたんだと思ったよ、ところでコレどうやってとるの?もうとっていいんだよね?起きたから」


「とってもいいよ、自分でする?それとも俺がとってもいいけど、どうする?」


「トキト兄さんがとってくれる、イタイのはヤダし自分で取るのはこわいよ」


「じゃあテーブルの上に寝てM字開脚してくれるかな?できれば手で足を持ってよく見えるようにしてくれると助かるかな」


ユイカちゃんは素直に言うことに従ったがかなり恥ずかしいようだ。


「こんな格好恥ずかしいよ、オシッコの穴から管が生えてるみたいだし」


俺は少しイタズラ心を出し、カテーテルをゆすってみたり少しだけ出し入れしてユイカちゃんの様子を見ることにした。


「ヒィ・・・アッ・・・アッ・・・ハァ~・・・アン・・・アッ・・・アン・・・アヒィ・・・ト、トキト兄さん・・・オシッコの穴が変だよぉ・・・ムズムズするよぉ・・・早くとってよぉ」


「フフッ、ユイカちゃん、どんな感じ?オシッコの穴いじられてさ?」


「ヤダッ、何か変な感じがするムズかゆいような、ムズ気持ちいいような・・・アッ・・・トキト兄さんユイカのオシッコの穴で楽しんでない?・・・もお〜早くとってよぉ・・・ヤダよぉ・・・」


俺はさらにイタズラ心でカテーテルを挿れて抜くを繰り返す。


「アヒッ・・・アン・・・ヤダッ・・・コレ・・・気持ち・・・イイ・・・・よぉ」


俺はケンジにテーブルに置いてある生理用食塩水をカテーテル繋ぐように目で合図を送った、意を汲んだケンジがカテーテルの先に生理用食塩水をつけてユイカちゃんの膀胱に送り込んだ。


「アヒーーーーーーなにーーーーヤメ・・・・ヤメテェ~・・・オシッコでちゃうよぉ」


ケンジはさらに生理用食塩水をユイカちゃんの膀胱に送り込む。


「ヒャーーーーーーーーーーダメーーーーーーヤメテーーーーーーーー」


ユイカちゃんは息も絶えだえに悶えているがM字開脚の手は離さずにいる、俺はケンジにやめる合図を送った。


「ハァ・・・・ハァ・・・・オシッコしたいよぉ・・・出させてよぉ・・・・・」


俺はユイカちゃんの機嫌を損ねると厄介なのでここでユイカちゃんへの尿道責めをやめた。


「ゴメンねユイカちゃん、少しイタズラしちゃったよ、本当にゴメン」


「もおー早くとってよぉ、トイレにいきたいよぉ」


「トイレはダメだよ、ここでするんだよ、導尿でね」


「ヤダ・・・そんなの恥ずかしいよぉ・・・お兄さんたち変態だよぉ~・・・普通にオシッコさせてよぉ・・・」


ユイカちゃんの願いも虚しくケンジがカテーテルのピンチを外すと同時にユイカちゃんのオシッコがバケツに流れ落ちる。


「ハァ~・・・気持ち・・・イイ・・・・よぉ・・・」


カテーテルからオシッコが流れ落ちなくなり俺はユイカちゃんのオシッコの穴からカテーテルを抜いた。


「アウゥ・・・・イイ・・・・」


「ユイカちゃん、オシッコの穴気持ちよかった?」


ユイカちゃんはプイっと横をむいて


「わかんない・・・・気持ち・・・よくなんか・・・ない・・・よぉ」


ユイカちゃんは尿道で気持ちよくなったのを認めたくないのか首から上を赤く染めながら答えたが、M字開脚は保ったままでいる、もっと尿道責めをねだっているようにも見える。


「ユイカちゃん、気持ちよくないと言う割にはオマンコからお汁は溢れてきてるのはどうしてかな?それにM字開脚のまま気持ちよくないと言われてもね・・・」


「エッ・・・・ヤダ・・・ウソ・・・・ハァ~・・・」


「・・・・気持ち・・・良かった・・・よ・・・でも・・・すごく恥ずかしいよ・・・・オシッコの穴が気持ちいいなんて・・・エッチ過ぎて・・・」


「それは違うよユイカちゃん、尿道で気持ちよくなる女の子は少ないけどいるんだよ」


「ウソ・・・・いるんだ・・・」


「だからね、恥ずかしいかもしれないけど気にしなくてもいいと思うよ、俺たちからするとユイカちゃんは尿道にイタズラされても感じちゃうマゾ姫なんだからさ」


「ヤダ・・・マゾ姫なんて・・恥ずかしすぎるよぉ~・・・グゥ~・・アハハ・・お腹鳴っちゃった」


「もう11時か~朝ごはん食べてないしな~お昼ご飯どうしようか?ユイカちゃんは何食べたいかな?」


「ユイカお肉食べたいな、ステーキとか、昨日から体力使ってるし、お兄さんたちも体力使ってるよね?」


「ステーキいいね~、じゃあ昼はステーキにしようガッツリ食べて体力つけてね?ユイカちゃん」


「その言い方ヤダな~、ユイカがお昼からもエッチなことしたいって言ってるみたいじゃないの」


「アレ、違うの?ユイカちゃん」


「もお~お兄さんたちのイジワル~・・・ユイカはそんなにエッチじゃないよ」


「ゴメン、ユイカちゃんそういうことにしておくから怒らないでよ」


「アッ・・・そのいい方・・・・もう~」


「ところでユイカちゃん、オシッコの穴でまた気持ちよくなりたい?」


ユイカちゃんはほっぺたに手をあてて体をクネクネして


「エッ・・・ヤダッ・・・そんな・・・恥ずかしいこと・・・言えない・・」


(恥ずかしがるところがまたカワイイな、でもまた弄んでほしいんだな、オシッコの穴)


「じゃあ、ユイカちゃんステーキ食べに行こうか」


「うん・・・・」







モチベーション維持のため”ポチッ”と
ご協力お願いしますm(_ _)m

官能小説ランキング


アフィリエイト


◆ユイカを探してね ↓ ↓ ↓◆

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

saionjikyotaro at 15:05|PermalinkComments(0)
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: