階段

2022年08月13日

1 気絶寸前・・・3リットル浣腸!!

僕たちと川上さんのただれた夏休みも無事?終わり、9月から2学期が始まりました。


川上さんの放課後は学級委員長として10月の体育祭や文化祭の打ち合わせに忙殺され

僕たちと”秘密の遊び”をすることができず、川上さんの表情から察するにストレスはMAXに

達しているように推測されます。


その間僕たちは川上さんからの誘いがいつ来てもいいように着々と”秘密の遊び”のための

場所の下見やら準備やらと、川上さんを満足させる”鬼畜なアイデア”を出しあい、そのためのミーティングを

繰り返しそれなりに日々忙しく活動していたのでした。


そんなある日、待望の川上さんからのLINEが来ました。


「今度の3連休遊ばない?♡」

と川上さん。


「待ちかねてましたよ、川上さん、もちろん大丈夫です」

と僕(川上さんの隣人で幼なじみの時田)。


「親は法事で3日間いないからたくさんいっぱい楽しませてね♡」

とストレスMAXな様子の川上さん。


「川上さん、ストレスMAXに溜まってますか?」

と僕。


「うん、ストレスMAXなの、解放してね♡」

と川上さん。


「じゃあ、秘境でストレス解放キャンプなんてどうですか?」

と僕。


「楽しませてくれるんならどこでもいいわ♡」

と、とにかく被虐性愛を満足させたい川上さん。


「たくさんいっぱいということなので、未体験ゾーンになるけどガンバレますか?」

と川上さんの被虐性愛を引き出す僕。


「未体験ゾーンってナニ?スゴイの?♡」

と期待度MAXの川上さん。


「スゴイですよ、ちなみに拒否権は”ほぼ”ないかもです、耐えてくれますよね」

と、川上さんの被虐性愛をあおる僕」


「私のNGさえ守ってくれるのならガンバルし耐えてみせるわ♡」

と、あおりにのってくる川上さん。


と、こんなLINEのやり取りで9月最初の”ただれた”3連休に突入していきました。


秘境キャンプということで電車で1時間、ローカルバスで1時間かけてようやく沢の入り口に到着です。


ココからテント設置予定地までは30分の沢歩きになります。


「ねぇ〜キャンプするところへあとどれくらいで着くの〜?」

と、集合してから2時間ナニもしてもらえない川上さん。


期待してる分、2時間もナニもされないので欲求不満が爆発寸前みたいです。


川上さんの不満顔を見ながら笑顔の加藤が言い放ちます。


「川上さん、お待たせしました、未体験ゾーンを始めましょうか」

とニヤける加藤。


このセリフを聞いた川上さんの表情が「パッ」と明るくなる。


ワクワクとドキドキに期待満面の笑顔になっている。


(これから半拷問になるかもしれないのに・・・)

と僕。


僕たちは川上さんの被虐性愛を満足させるべくミーティングをかさねて今回のキャンプを企画してきている。


なので、最初は”苦しい系MAX”で川上さんの満足度を最大にすることに重点をおいたのだ。


田口、今井、石井が各々リュックから川上さんを満足させるアイテムをテーブル代わりの岩の上に並べる。

川上さんはニコニコしながら興味津々で3人の脇から覗き込んでいる。


「エッ・・・アッ・・・ソレって・・・」

と、川上さんの顔色が一瞬で変わる。


「川上さん、これからされることはわかるよね?拒否はナシね」

と、川上さんに有無を言わせない口調の加藤。


「ど、どれくらいするの?」

と、期待と不安が錯綜している川上さん。


「川上さんが決めるんだよ」

と意味深な言い方をする加藤。


加藤と川上さんのやり取りを見守る、僕たち4人。


川上さんは少しの沈黙のあとにのたまう。


「ウフフフフフ・・・わたしが決めるのね・・・わかった・・・」

と、不敵な川上さん。


川上さんは加藤の意味深な言い方を理解したようだ。


つまり、川上さんのやりたいようにさせてできない場合はバツを受けてもらうという、少し理不尽な

プレイになるのだが、川上さんは受けてたつみたいだ。


「じゃあ〜これでどうかな?」

と、指を3本立てる川上さん。


(えっ・・・3本?・・・)

僕たちの心の声。


想定外の意表をつかれた加藤は少し焦りながらも言い返す。


「できない場合は何回もやり直しさせるけどいいかな?」

と加藤。


「ウフフフフフ・・・わたしを苦しませたいんでしょ・・・未体験ゾーン・・・ガンバルわ♡」

と”ドS”の僕たち満足させようとけなげな川上さん。


3リットルの浣腸は川上さんにとって未体験ゾーンになる、記憶では1リットルが最高なはずだが

しかもキャンプ地まで歩きながらされることになる。


川上さんは歩きながらの浣腸は1度経験しているが相当に苦しかったはずだが、自分から3リットルに

挑戦するとは想定を大きく上回る、僕たちはせいぜい2リットルと思っていただけに川上さんの真意は

どこにあるのかがわからない。


それともストレスMAXでまずは限界をこえて思っきりもだえ苦しみたいのかもしいれない。


川上さんに白ラメの亀甲拘束具を着けてもらう。


この亀甲拘束具は伸縮式でスレンダーな川上さんの体にまとわりつき、えも言われぬエロさを醸し出す。

たぶん、キャンプ地についた頃には日焼け跡がクッキリと残り、川上さんをより一層エロカワに彩るだろう。


そのあと、ダブルピッカーカテーテルをアナルに挿入しバルーンをふくらませることになる。


「川上さん、バルーンをふくらませるからね、圧迫感を感じたらソコでとめるから言ってね」

と加藤。


「ウン・・・バルーン・・・ひさしぶりだから・・・ドキドキしちゃう・・・」

と、これから始められる大量浣腸に期待と不安が半々な川上さん。


(・・・シュ〜・・・シュ〜・・・シュ〜・・・)


「川上さん、どう?圧迫感は?」

と慎重にバルーンをふくらませる加藤。


「アン・・・ふくらんできてるよぉ・・・ハァ〜・・・ひさしぶりぃ・・・イイ・・・」

と被虐性愛を受けとめ始める川上さん。


「・・・ハァ〜・・・ソコ・・・とめて・・・おなかいっぱい・・・」

とバルーンで直腸を圧迫されて満足げな川上さん。


「じゃあ、もう一個のバルーンをふくらませるからね、おわったらイルリガードルにつなぐから」

と加藤。


「アン・・・はやくぅ〜・・・はやく・・・ちょ〜だい・・・」

と完全にドMモードの川上さん。


このとき川上さんは僕たちの中で一番ガタイのいい田口に抱きつきながら支えられている。

田口はいつもこんな役得?な役目を任される。


(は〜川上さんからいい匂いが湧き上がってくる〜)

と、田口の心の声。


チャック式のイルリガードルに1リットルの牛乳が注ぎ込まれ流入量を調整するコックをひねると

牛乳が川上さんの体内に少しずつ入っていく。


「アン・・・入ってくるぅ〜・・・この感じぃ〜・・・スキ・・・」

と被虐を味わう川上さん。


加藤が牛乳の流入量を調整し川上さんの歩きながらの浣腸調教が始まった。


ちなみに川上さんの両腕は沢歩きになるため後手拘束はしていないがイルリガードルは背中に

背負わされている。


「川上さん、いま1/3くらい入ったよ、どんな感じ?大丈夫?」

と僕たち。


「ハァ〜・・・だいじょ〜ぶ・・・へいきだよ・・・ウン・・・」

と余裕の笑顔の川上さん。


だが僕たちにはわかっていた、たぶん、2/3くらい、つまり600ccくらい入ると苦しくなってくるはずだ。

そしてそのときはあっけなくやってきた。


「ウウッ・・・苦しくなってきた・・・すこし・・・まって・・・」

と汗を浮かべながら立ちどまる川上さん。


(・・・ピシィ・・・・バシィ・・・)


加藤がバラ鞭で叩く。


「・・・イタッ・・・ヤメテ・・・」

と抗議する川上さん。


「川上さん、苦しくてもとまったらだめだよ」

と、鬼畜なことを言う加藤。


「・・・ウウッ・・・そんな・・・クルシイのに・・・あるけないよ・・・」

とおなかを押さえながら立ちどまる川上さん。


イルリガードルの牛乳はほぼなくなっていて1リットルの牛乳が川上さんの直腸で暴れ回っている。

川上さんは身体中から汗を浮かべてうずくまり暴れまわる痛みがおさまるのを耐えている。


「川上さん、まだ未体験ゾーンじゃないよ、ガンバルんだよね?」

と鬼畜加藤。


「そ、そんなこと・・・いわれても・・・ウウッ・・・イタイ・・・」

と痛みに耐えるのがやっとの川上さん。


とその時背中のイルリガードルが重くなる、加藤が追加の1リットルいれはじめたのだ。


「ウウッ・・・ナニを・・・ヤメテ・・・いれないで・・・」

と、加藤の鬼畜行為をなじる川上さん。


川上さんの抗議を意に介することもなく加藤は追加の1リットルをイルリガードルに入れ終わる。


「川上さん、これからが未体験ゾーンだよ、歩けるよね?」

と鬼畜加藤。


こういうときの加藤は”ドS”になりきっていて僕たちにも有無を言わせないところがある。


川上さんはすがるような目で僕たちを見て助けを求めるが僕たちの目をみて諦める。

僕たちも加藤と同じ”ドS”の目になっていたのだ、もだえ苦しむ川上さんを見たいがために。


加藤が今井と石井に合図して川上さんを立たせ支える。


川上さんは汗びっしょりで二人に支えられながらヨロヨロと歩きはじめる。

同時に加藤がコックをひねると牛乳が勢いよく川上さんの直腸へ流れ始める。


「うぐぅ~・・・だめぇ・・・いれないで・・・ヤメテ・・・」

と立ちどまる川上さん。


(バシィ・・・ビシィ・・・バシィ・・・)


僕と加藤が遠慮なくバラ鞭で打ちつける。


「・・・イタァ・・・ヤメテ・・・打たないで・・・歩くから・・・」

と苦しさに耐えながら歩く川上さん。


川上さんは歯を食いしばり必死の顔で今井と石井に支えられながら歩き続ける。


10分後、川上さんのお腹がぽってりとふくらみ必死の歩みをとめた、このときイルリガードルに

追加された牛乳はなくなり川上さんの体内には2リットルもの牛乳がいれられ暴れ回っていたのだ。


そして、川上さんは息も絶えだえでその場に崩れ落ち体を丸めガチガチと歯を鳴らし意識が飛びかけ

限界をとうに超えてしゃべることさえできないでいた。


田口がビーチチェアを用意して気絶寸前の川上さん横たわらせ加藤がバルーンの空気を抜くと同時に

川上さんのアナルから白と茶が入り混じった牛乳が勢いよく飛び出し川上さんのぽってりしたお腹が

みるみるへっこんでいく。


意識が飛びかけていた川上さんが目を開け”ボ〜”と僕たちを見渡しのたまう。


「お水・・・ちょう・・・だい・・・」


「どう・・・なったの・・・わたし・・・」

と完全に意識が飛んで記憶がない川上さん。


「川上さん、ガンバりすぎて意識が飛んじゃったんだよ」

と鬼畜加藤。


(むりやりガンバらせたのは加藤、お前だぞ)

と僕たちの心の声。


「エッ・・・そうなんだ・・・意識・・・飛んじゃっただ・・・わたし・・・」

と、うつろな目の川上さん。


「川上さん、ごめんね、俺が川上さんの限界を見誤ったんだよ、ホントにゴメン」

と加藤。


(・・・そんなに・・・謝ることないのに・・・加藤くん・・・)

と川上さんの心の声。


「ウフフフフフ・・・いいの・・・加藤くん・・・限界超えて・・・わかったの・・・わたし・・・」

と何かを悟った川上さん。


僕たちが川上さんを見直すと以前とは違う川上さんに見える。

どこが、どう違うかは説明しにくいけど雰囲気が明らかに違うことがわかる。


「か、川上さん・・・大丈夫?」

と僕たち。


「エッ・・・大丈夫よ・・・でも・・・3リットル・・・ダメだったのよね・・・」

としおれる川上さん。


「次は・・・ガンバルから・・・ネ・・・すこし・・・休ませて・・・」

と川上さん。


(えっ、次って?まだ苦しみ足りないの?)

と僕たちの心の声。


僕たちが川上さんになにか言いかける前に川上さんは目をつむり寝てしまった。


ほぼ気絶に近い形で寝てしまった川上さんを田口がオンブしてキャンプ地まで運び

しばらくすると川上さんは目を覚ましのたまう。


「次は・・・ナニするの?・・・」

と真顔の川上さん。


(イィィィ〜・・・川上さん・・・おかわり〜・・・マジで〜・・・)

と僕たちの心の声。







<<キャッチミートーク>>


<<Hey動画見放題プラン>>


「最初で最高のアナル解禁 ケモノ声でイキ狂い!痙攣!失禁!ケツマ○コ連続アクメ! みひな」



「妄想族ch アナル・浣腸」


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<<無修正ライブチャット DXLIVE>>>


<<オ◯ンコまる見え カリビアンコムガール>>


<<盗撮道>>

saionjikyotaro at 12:48|PermalinkComments(0)
【PR】
アフィリエイト広告を利用しています
女の子あまってます
盗撮道
西園寺京太郎の大人図書館
waifu

カリビアンコムガール