SM

2022年08月15日

見られた! 亀甲拘束の日焼けあと

川上さんが寝入ったのでキャンプ地の周りをチェックすることにした僕たち。


田口と加藤が川上さんと荷物のガードと見張り、僕(時田)と今井、石井で危険がないかを

見回る。


10分ほどで見回りから戻ってきた僕たち3人。


「アレッ、早かったじゃないか?何かあったのか?」

と加藤。


「加藤、ココはヤバい、かなり向こうだけど親子連れのクマがいた」

と僕。


「マズイ、それはヤバイ、撤収しよう」

と加藤。


寝ている川上さん起こし2回の大量浣腸でまだ体力が回復してない川上さんを田口が背負い、

川上さんの着替えと自分たちの貴重品だけを持って僕たちは沢の入り口のバス停に急ぎ足で向かった。


加藤はクマがこっちへ来たときの時間稼ぎをするために、クーラーボックスのバーベキュー用の

食材を開封してぶちまける。


沢の入り口のバス停に近づいたとき田口におんぶされて気持ちよかったのかまた寝てしまっていた

川上さんが”白ラメの亀甲拘束具”のまま田口から降ろされ立っている。


加藤と僕がここへ来たときに着ていたチュニックワンピを川上さんに着せてやっと人心地をついたのだった。


「もぉ〜・・・な〜に・・・ナニが起こったの〜・・・バス停に戻って着ちゃったの〜」

と、何も知らない川上さん。


(川上さんって、天然だったっけ)

僕たちの心の声。


タイミングよくバスが来たのでバスの中で川上さんにさっきの顛末を説明する。


「へ〜・・・クマさんがいたんだ〜・・・こぐまちゃん・・・見たかったな〜・・・」

と、やっぱり天然の川上さん。


「あのね、川上さん、子連れの母グマほど凶暴なのはいないのね、わかる?」

と、命の危険があったことを説明する加藤。


「ふ〜ん・・・そうなんだ〜・・・親子クマって凶暴なんだね〜・・・」

と、さっきの緊急非常事態が理解できない川上さん。


加藤が”だめだこりゃ”の顔で僕たち4人を見る。


僕たち4人は声をあげて笑いながら加藤に言う。


「加藤、川上さんはほぼ寝てたから俺たちの緊張感は伝わらないよ」

と僕。


「ナニよ〜・・・失礼ね〜・・・わたしだってなんとなくわかるわよ〜・・・」

と、ホントはわからないのに一応反論する川上さん。


「ところでさ〜・・・わたし・・・下着着てないんだけど・・・ワンピの下・・・あのエッチな恰好なんだけど、

それと・・・エッチな格好の日焼け跡がクッキリと残ってるんだけど・・・どうしてくれるのよ〜?・・・」

と、川上さん。


「おお〜川上さん、見たいな〜日焼け跡、ここで見せてよ」

と、僕たち。


「もぉ・・・ばか・・・見せれるわけないでしょ・・・こんなことで・・・」

と、恥ずかしがる川上さん。


しかし、バスの乗客は僕たちしかいない、ラッキーなことに川上さんは運転手さんからは背中しか見えない。

加藤の合図で川上さんのチュニックワンピをはぎとる僕たち。


「ちょ・・・やめ・・・ヤダ・・・」

と、無駄な抵抗をする川上さん。


抵抗むなしくバスの中で白ラメの亀甲拘束具だけにされる川上さん、すかさず両手でオッパイを隠すがソレも無駄で両腕は後手拘束にされてしまう。


「・・・ヤダ・・・こんなところで・・・ヤメテ・・・」

と、抵抗を諦めない川上さん。


「どれどれ〜日焼け跡はどうなのかな〜」

と、変態丸出しの加藤。


加藤はいつの間にかハサミを握っていて白ラメの亀甲拘束具を”パチパチ”と切って川上さんを裸?にする。


「・・・ヤダ・・・ヤダ・・・切らないで〜・・・」

と、裸同然の亀甲拘束具でもないよりマシなので抵抗する川上さん。


川上さんの体から亀甲拘束具がなくなりクッキリと亀甲の日焼け跡だけになった川上さんの体は超絶にエロカワで

いやらしく見える。


それとともに恥ずかしさでピンク色に染まった体と亀甲の日焼け跡のコントラストは見入ってしまうほど艶っぽい。


僕たち5人のいやらしい目にガン見され一応イヤがって抵抗する川上さんのオマンコからはかなりの量のオマンコ汁が

バスのシートに大きなシミを作り出す。


「・・・みないで・・・こんな・・・恥ずかしいよぉ・・・」

と、羞恥に耐える艶っぽい川上さん。


「川上さん、スッゴク、エロカワでキレイだ」

と僕たち。


「・・・もぉ・・・ばか・・・はやく・・・ワンピ・・・着させてよぉ・・・」

と、顔と体をピンク色に染めている川上さん。


停留所に人影が見えたので後手拘束を解き素早く川上さんにワンピを着せる。


「・・・ハァ〜・・・もぉ・・・」

と、怒りかける川上さん。


「川上さん、シートのシミどうするの?」

と、シミを指指す僕。


真っ赤な顔であわててリュックからウエットティッシュを取り出しシミを拭き取ろうする川上さんを制して

僕たち5人がとった行動に川上さんの顔とチュニックワンピの大きく空いた胸元はさらにピンク色を増す。


「どれどれ〜」

と僕たち。


僕たちは一斉に川上さんが作った大きなオマンコ汁のシミに指を着け舐め味わう。


それを見た川上さんがのたまう。


「・・・チョ・・・ヤメ・・・ヘンタイ・・・バカ・・・」

と、僕たちを罵るカワイイ川上さん。


「川上さん、おいしい〜よ」

と僕たち。


「・・・もぉ・・・ばか・・・ヘンタイ・・・」

と真っ赤な顔の川上さん。


「そうです、僕たち”ヘンタイ”なんです、今ごろ気づいたのかな川上さん?」

と、僕たち。


「・・・ハァ〜・・・もういいから・・・好きにしてよね・・・」

と、あきらめあきれる川上さん。


そんなこんなでようやく駅に着いた僕たち、ローカルな駅なのでお店とかがあまりない。


とりあえず川上さんは下着を着けたいということで間に合わせで100円ショップで

買い物をすることになった。


なにせクマに襲われる恐怖から財布とスマホだけ持ってキャンプ地から逃げてきたのだから。


川上さんは下着とかスキンケアとか物入れとか、僕たちは帰りの電車で川上さんに”エッチなイタズラ”が

できそうなアイテムを買い、その後に唯一あるファミレスでお腹を満たすことにした。


お腹を満たし終えた僕たちのファミレスでの会話。


「加藤、プレイに使うおもちゃとか拘束具とか全部キャンプ地に置いてきたんだよな、

どうする?取りに戻るのか?」

と僕たち4人。


「イヤ、少し惜しいけど取りには戻らない、命の危険は犯せないよ、また買えばいいよ」

と、太っ腹な加藤。


「でもまあ〜、川上さんのアナルに差し込んだバルーンカテーテルは”かな〜り”惜しいけどね」

と、サラリと川上さんに言葉責めする加藤。


「・・・もぉ・・・ばか・・・」

と、その時された2リットルの限界浣腸を思い出し、真っ赤な顔の川上さん。


僕たちは会話しながらも手を動かしながら100円ショップで買ったアイテムを着々とエロプレイの

おもちゃにしていく。


「・・・ネェ・・・みんなナニ作ってるの?・・・」

と、僕たちのエッチな作品?に興味がある川上さん。


「ん〜、川上さん、見てわからないかな?」

と、僕たち。


加藤が手に持ってぶら下げるとソレはあるものに似ている、ただソレは子供のおもちゃのタコ焼きの玉なんだが、

穴がたくさん開いていて、その穴を紐でつないでいくとあきらかに、いやらしいおもちゃに変貌する。


「・・・エッ・・・アッ・・・ソレ・・・ウソ・・・」

と、かなり驚いた顔の川上さん。


「フフッ、川上さん、わかったみたいだね、コレはね”アナルビーズ”のかわりなんだよね、もちろん川上さんの

体の中に挿れるんだよ、どう?ドキドキするでしょ?」

と、真顔の加藤。


川上さんは手で口を押さえながらも、ソレをアナルに挿れられてる自分を想像しているみたいだ。


僕が川上さんの肩をつつき、革紐をつなげた”作品”を川上さんのの前で広げる。


川上さんは、またまた驚きのまなこでソレを見る。


そう、僕の”作品”は川上さんの大好き?な亀甲拘束具、川上さんの体サイズ専用に僕の想像力を

働かせジャストフィットするように丁寧につくりこんだ力作だ。


「・・・き・君たち・・・ハァ〜・・・わたしのために?・・・もぉ・・・ばか・・・」

と、あきれながらも少し嬉しそうな川上さん。


「スゴイでしょ僕たち、川上さんのためなら、ね?」

と僕たち。


ファミレスのトイレで亀甲拘束具を川上さんに着けてもらい帰りの電車に乗り込む僕たち。


ちなみに、亀甲拘束具は下着の上から着けている、川上さんが直接はイヤガッたためだが、

川上さんは忘れているのだ、加藤はハサミを持っっていることを。


100円ショップの下着だから”チョキチョキチョッキ〜ン”と切ってしまえばいいのだ。


電車に乗ったときはガラガラだったのに次の駅で年配の人たちがたくさん乗り込んで来たため

僕たちは席を譲り立つことになった、老人会の会合でもあったのか?。


ただ、コレは川上さんに”イタズラ”するチャンスがやったきたことに他ならない。

川上さんを後ろを囲んだ僕たちの中で加藤がさっそくタコ焼きの即席アナルビーズを川上さんの

アナルに挿れかける。


用意周到な加藤はローション替わりのニベアを100円ショップで入手済みで1個目のタコ焼きビーズに

まんべんなくニベアまぶし後ろ向きの川上さんのアナルにあてがう。


子供用おもちゃのタコ焼きの玉なので大きさはうずら卵くらいであっけなく川上さんの体内に飲み込まれそうだ。


が、川上さんは電車の中でされるとは思ってなかったらしく抵抗しかけるも両手を僕たちにつかまれ口パクで

抵抗する。


(・・・ナニ・・・ウソ・・・こんなとこで・・・チョ・・・ヤメテ・・・ユルシテ・・・)


腰をカワイク”フリフリ”しアナルにあてがわれたタコビーズを挿れられまいと抵抗する川上さん。


川上さんの必死の抵抗も甲斐なく1個目のタコビーズは吸い込まれるようにあっさりと川上さんの直腸に収まる。


(・・・ヤダ・・・こんな・・・見られちゃう・・・・)


僕たちがいる車両には座れないというか年配の人たちに席を譲った人が結構いて9割かた満員状態で、

そんな中でアナルにタコビーズを挿れられる川上さんは恥ずかしさとこんな破廉恥行為が周りにバレないか

気が気でないハズだ。


1個目のタコビーズを挿れられてしまったことで川上さんの抵抗をあきらめ、2個目、3個目、4個目と

ゆっくりと加藤の手によりタコビーズはアナルに挿れられていく。


川上さんはタコビーズを1個挿れられるごとに”ビクビク”と反応し、破廉恥行為が周りにバレていないかを

確認する。


川上さんは両手を掴んでいる僕たちにすがるような目で見つめるも”ドS化”している僕たちの目を見て

あきらめの表情を浮かべる。


その間も加藤は容赦なくタコビーズを挿れ続ける、5個目、6個目、7個目、最後の8個目、残ったのは

引っ張り出すためのワッカのみだ。


「川上さん、8個全部挿れれたよ」

と、川上さんに耳打ちする満足げな加藤。


(・・・ばかぁ・・・こんなとこで・・・)

と、汗を浮かべ赤い顔で口パクするかわいい川上さん。


ほぼ満員電車の中で即席のタコビーズ8個全部をアナルに挿れらた川上さんの顔は艶っぽく、体はピンク色に

染まり周りを気にしながらも耽美な気分に浸っているように見える。


いつの間にか僕たちの周りの乗客は入れ替わり、僕たちの後ろに3人の女子中学生が陣取っていた。


3人共スタイルがよく顔もカワイイ、その中でひときわ目ヂカラの強い娘は僕たちの破廉恥行為を隙間から

凝視し、川上さんが僕たちによってナニをされているかを理解しているようだ。


それに気づいた僕は川上さんの後ろ向きチュニックワンピを一瞬めくってその娘に見せてみた。

驚愕の表情を見せる目ヂカラ少女、だがその表情から僕は少女の瞳の奥に潜む”M性”を感じ取った。


その確証を得るために加藤と協力し川上さんへは秘密である僕の力作のオプションの股縄をその娘に見せ、

川上さんに装着する。


目ヂカラ少女は僕の見せた股縄を見たときは”???”だったが数秒後にソレがナニでどう使われるかを理解し

驚きの目とともに息を飲み口を押さえた。


そのオプションとは川上さんの亀甲拘束具に追加する股縄になるんだがオマンコの当たる部分にタコビーズを

施し、更にその紐を引き絞るとタコビーズはオマンコに埋め込まれるように細工がしてあるのだ。


川上さんが股縄に気づけば抵抗されることは安易に予測できる、ので、田口と今井に目配せし川上さんの抵抗を

先に絡め取っておく。


川上さんは田口の手で目隠しされ同時に目ヂカラ少女の目の前に立たされチュニックワンピをめくりあげられると

反射的に悲鳴をあげようとする、その瞬間に今井が口を押さえ川上さんのオマンコに股縄がかけられタコビーズは

オマンコに飲み込まれ埋まる。


田口の目隠しを外された川上さんの視界に目ヂカラ少女が映り、チュニックワンピをめくられ革紐の亀甲拘束具を

着けられ股縄をかけられた体が、目ヂカラ少女にさらされていることを知り驚愕と同時に、恥ずかしい格好を

見られることで”ドM”の性的興奮度の感度がMAXへ急上昇していく。


川上さんは口を押さえられながらも、くもぐった悲鳴をあげながら急激に絶頂におしあげられ僕たちと目ヂカラ少女に

見られながら絶頂をむかえる。


「・・・んん〜〜〜〜・・・・」

(・・・だめぇ・・・逝くぅぅぅ〜〜〜・・・)


今井が川上さんの口を押さえてなければ車両内に川上さんの逝く絶叫がこだましていただろう。


川上さんが絶頂でビクビクと逝っている最中に加藤がブラとパンツをハサミで切って剥ぎ取り、目ヂカラ少女に

革紐と同じ亀甲拘束具の日焼け跡が残る川上さんの裸体を晒す。


驚愕の目ヂカラ少女の目に亀甲拘束具の日焼け跡がクッキリと残る川上さん裸体が焼き付けられ、その日焼け跡は

日中に屋外露出していないとつかないことを少女は瞬時に理解した。


少女の目は潤みきりあたかも自分がさがし求めていたこと(露出=被虐)の答えが僕たちと川上さんとの関係に

あることを感じ取った。


僕と加藤は少女にLINEのアドレスを渡し、電車内での羞恥露出で逝かされフラフラ状態の川上さんを支えながら

タイミングよく停まった駅で一旦電車を出る。


目ヂカラ少女は発車する電車のドア越しに名残り惜しそうに僕たちを見送った。


駅のベンチでフラフラ状態から回復した川上さんがのたまう。


「・・・もぉ・・・君たち・・・ひどいじゃない・・・知らない女子中学生にわたしの恥ずかしい格好を見せて

、しかもわたしが・・・・(イクところも見られて)・・・もぉ・・・ばか・・・ばか・・・」

と、ご立腹の川上さん。


「でもさ〜川上さん?女子中学生に亀甲拘束具を着けられた恥ずかしい格好を見られて、しかも股縄でタコビーズを

オマンコに埋められて、スゴ〜ク感じちゃったんじゃない?しかもしかも電車の中で逝ってるし」

と、僕たち。


「・・・ゔ・・・そ、それは・・・」

と、言葉を失うカワイイ川上さん


図星を突かれた川上さんは文句を言いかけるが沈黙してしまった。




saionjikyotaro at 09:43|PermalinkComments(0)

2021年11月08日

夏休み最後の1週間⑳

川上さんがシャワーを浴びたいというので、またまた料理旅館の露天風呂にやってきた。

まあ、ジョンとの交尾の前にベロンベロンに舐められまくられたのだから当然といえば当然だろう、その時の露天風呂での僕たち会話。

今回はみんな水着で露天風呂に浸かっている、川上さんは麻里奈さんのススメで蛍光ピンクのヒモビキニを着けている、麻里奈さんはずっと黒のビキニでおとなの雰囲気を醸し出している。

「川上さん、ジョンにオマンコいっぱいにされた精子はどうしたの?」
と僕たちの素朴な問いかけ。

(・・・もぉ・・・この子達はデリカシーがないのかしら・・・)
と、麻里奈の心の声。

「君たち、凛子ちゃんにそんな下世話な質問をしてはダメよ」
と、麻里奈さん。

川上さんは顔を真っ赤にしてうつむいている。

「でも、気になるしな〜、俺たち男だからさ〜そういう時の女の子ってどうするのか知りたいんだけど」
と、食い下がる僕たち。

「ハイハイ、凛子ちゃんはココに来る前にビデでジョンの精子はキレイに洗い流しました」
と、素っ気ない麻里奈さん。

「川上さん、1時間近くジョンに串刺しされて射精されまくってどんなだったの?オマンコの中熱くなかったの?」
と、またまた素朴な質問をする僕たち。

犬の体温は40度近いから結構熱かったんじゃないだろうか?という僕たちの素朴な疑問。

「君たちね〜、凛子ちゃんにそういうこと聞くのはダメって言ったでしょ」
と、少々ご立腹な麻里奈さん。

「でもさ〜麻里奈さん、俺たち犬と人間の交尾って初めて見たしさ〜、しかも川上さんだしさ〜、知っときたいんだよね〜川上さんのことは全部さ〜」
と、ねばる僕たち。

(あ〜〜〜・・・もお〜〜〜・・・さ〜〜〜さ〜〜〜うるさいわね・・・この子達は・・・)
と、怒る麻里奈の心の声。

「あ〜〜〜もぉ〜〜〜わかったわよ〜、教えてあげるわよ〜、よ〜くきいてるのよ」
と、麻里奈さん。

「犬の精子量は標準の大型犬で50ccくらいだけどジョンは超大型犬だから、たぶん、100cc近くは射精すると思うわ、オス犬は射精が近くなると瘤でメス犬のアソコを塞いで子宮内にできるだけたくさんの精子を送り込むの、だから犬が交尾して妊娠する確率は高いのよ」

「凛子ちゃんの子宮内にもジョンの精子が100cc近く送り込まれたハズ、そして、1時間近く短い間隔で射精が続けられるのね、犬の体温は40度近くあってジョンと繋がっている間凛子ちゃんは40度のジョンの熱い射精を絶え間なく子宮に受け続けることになるの、だからイキッぱなしになって天国をさまようのよ」

川上さんは真っ赤な顔で、目は瞠目して麻里奈さんの説明を聞いている。

(・・・そんなことが・・・おなか(子宮)とアソコの中で・・・起こってたんだ・・・)
と、驚きとともに激しくて熱くて絶え間のないジョンの射精を思い出しながら、自分のおなかに手を当てて見ている凛子。

(スゲェ・・・川上さん・・・100ccも・・・ジョンの精子・・・子宮に挿れられたんだ・・・)

僕たちが川上さんの”おなか”をガン見している視線に”ハッ”と気づいた川上さんは恥ずかしそうに両手で顔をおおいクネクネとイヤイヤをして顔をそむけて小声で叫ぶ。

「・・・イヤッ・・・見ないで・・・ハズかしい・・・」

(・・・うおっ・・・カワイイ・・・川上さん・・・)

ジョンにあれだけ激しく蹂躙されても羞恥心をなくさない川上さんはエロ天使かエロ妖精のように見える。


「麻里奈さんは犬と交尾したことあるんですか?犬の生態をよく知ってるみたいですけど?」
と、僕たちの素朴な疑問。

「エッ・・・わたし?・・・ウフフフフフ・・・さぁ、どうかしら?・・・君たちの想像にまかせるわ・・・」
と、煙に巻く麻里奈。

(してるな・・・絶対してる・・・でなきゃあんなに犬と人間との交尾に詳しいわけないはずだ・・・)
と、僕たちの心の声

露天風呂でジョンとの情事?の汗を流した川上さんと僕たちは別荘に戻り広いリビングでおのおのくつろいでいる。

川上さんはソファでスマホをいじりながら寝落ちしかかっている。

ムリもないことで朝から”高速道路で麻里奈さんに露出強要でバスの男子高校生に全裸を見られ、海鮮女体盛りで長芋をまぶしたマグロをオマンコの挿れられかゆみを限界までガマンさせられ、筏で僕たちの滝アセと唾液をブレンドした体液浣腸を受けさせられあげくに1リットルの浣腸を挿れられてもだえ苦しみ、とどめに犬のジョンとの交尾でオマンコを蹂躙され、子宮内へ100ccもの精子を受け入れ流し込まれたんだ、さすがのタフな川上さんでも体力の限界にきているハズだ。

川上さんの寝落ちに気づいた麻里奈さんがのたまう。

「田口くん、凛子ちゃんを抱っこしてベッドで寝かしてあげてくれるかな?」
と、僕たちの中で1番ガタイのでかい田口に頼む麻里奈さん。

(おおっ・・・たぐち〜〜〜・・・やくとくじゃね〜か〜・・・)
と、残りの4人の心の声。

田口が川上さんを軽々とお姫様抱っこをしてベットへと運んでいく。

「・・・アン・・・田口くぅん〜〜〜・・・アリガト・・・」
と、寝落ちから一瞬目覚める川上さん。

(・・・川上さんってかるいんだな〜・・・いい匂いもするし・・・やくとく〜〜〜)
と、田口の心の声。

田口が川上さんをベッドに運んだあと麻里奈さんが川上さんの髪をなでながらいう。

「凛子ちゃん、少し眠りなさい、晩御飯になったら起こしてあげるから、ネッ・・・」
と、今度はホントに川上さんを気づかう麻里奈さん。

川上さんはうなずくと同時に深い眠りに落ちていった。

晩御飯は別荘の庭で海鮮バーベキューをすることになり、僕たちは料理旅館と別荘を何回も行き来して魚、ホタテ、大アサリ、はまぐり、エビ、さざえ、イカ、野菜などをしこたまもらってきた。

当然お金は払うことなく麻里奈さんとオーナーさんの付き合いの深さが自然とうかがい知れる。

海の幸をあらから運び終わった頃に麻里奈さんが川上さんを起こしてきた。

(わぉ・・・川上さん・・・超絶エロカワ・・・)

川上さんは白いシュミーズドレスを麻里奈さんに着させられて僕たちの目を惑わし欲情感をMAXにさせる。

シュミーズドレスはコットンローンレースという生地で作られていて、胸の下できりかえられてスソはフワッと広げられている、もちろんノースリーブだ。

そして、髪を”ゆるふわ二つ結び”という男のハートを鷲掴みにする髪型にもしてきている。

この2つで僕たちのハートは超絶メロメロ状態にされて川上さんがエロカワ天使に見えている。

ちなみに僕たちに女の子の洋服の知識は皆無で、後で麻里奈さんに川上さんが着ているエロカワのシュミーズドレスについては教えてもらったんだが。

(あれ?川上さんの髪の毛ってあんなに長かったっけ?)
と、僕たちの疑問の声。

僕たちの???の顔にすかさず麻里奈さんが反応して答える。

「あの”二つ結び”はウィッグよ、凛子ちゃんの普段のショートもいいけど、ゆるふわの二つ結びの凛子ちゃんもカワイイでしょ」
と、得意げな麻里奈さん。

(・・・ブンブンブン・・・)
僕たちの首を縦にする音。

「・・・どぉ・・・カワイイ?・・・似合う?・・・フフッ・・・」
と、ゆるふわ二つ結びを触りながらシュミーズドレスのスソを大きくフリフリしてご満悦の川上さん。

(・・・うぉ・・・パンチラ・・・ヤベェ・・・勃つ・・・エロカワ過ぎる・・・)
と、股間をおさえかける僕たち。

ちなみにシュミーズドレスは膝うえ10センチと”微妙な丈”なんだが川上さんが着るとエロカワなので良しとする僕たち。

川上さんは、いちおうブラとパンティを着けている、が、シュミーズドレスの生地が薄いためにブラもパンティも丸わかりでそれが川上さんのスレンダーでモデル並みのボディラインを強調し艶めかしさを増している。

ちなみに川上さんが着けているブラもパンティも布が極小で、清純な川上さんがそれを身につけるとアンバランスさがより強調され、よけいにエロく、そしてカワイイ。

「ウフフフフフ、殿方たちは凛子ちゃんの”ゆるふわ二つ結び”と”シュミーズドレス”にメロメロみたいね」
と、川上さんの髪型をカワイクしシュミーズドレスを着せた思惑が当たりご満悦の麻里奈さん。

(ヤベェ・・・川上さんが超絶エロカワすぎて・・・バーベキューができねぇ・・・)
と、川上さんに釘付けの僕たちの視線。

「・・・ぐうぅぅぅぅ・・・やん・・・おなか・・・なっちゃった・・・」
と、僕たちのエロカワ天使になっている川上さん。

僕たちはフル勃起の股間を気にしつつ、熱せられた鉄板に食材を並べていく。
川上さんも手伝おうとトングで食材を並べようとしていたがやめてもらった。

「ハネが飛んでシュミーズドレスにシミを作っちゃうよ、俺たちが焼くから座って待ってなよ」
と、僕たち。

「・・・そお・・・じゃ・・・まってる・・・おなか・・・減っちゃってるから・・・早くね・・・」
と、川上さん。

「ハハ〜〜〜、リンコ姫、大急ぎで焼いてますので少々お待ちを」
と、ガンバル僕たち。

「・・・ウフフフフフ・・・リンコ姫〜・・・いいね・・・ソレ・・・殿方たちは・・・リンコのナイトかな?・・・」
と、姫と呼ばれて満更でもない川上さん。

麻里奈さんも楽しそうだが僕たちから視線をはずし一瞬遠くを見つめる。
自分の高校時代を思い出しているようにも見える。

川上さんは椅子に両膝を立てて足先は広げて座っている、当然パンツは丸見えでその破壊力で僕たちの股間は爆発寸前になってしまっている。

「か、川上さん、パンツ見えちゃってるんですけど」
と、股間がヤバい僕たち。

「・・・ウフフッ・・・見えちゃった?・・・ひまだから・・・いたずらしちゃった・・・」
と、僕たちの反応を楽しむ川上さん。

「・・・ま〜だかな?・・・いいにおい〜・・・」
と、焼き上がりを待ちわびて鉄板をのぞきこむ川上さん。

胸元が大きく空いているシュミーズドレスからは、川上さん形のいいオッパイとその先の乳首が自然と見えてしまい僕たちの視線を釘付けにする。

僕たちのガン見視線に気づいた川上さんが胸に手を当てて隠しながらのたまう。

「・・・イヤン・・・エッチ・・・わたしの胸は何回も見てるでしょ・・・」
と、男の本能をわかってない川上さん。

「あ、あのね、川上さん、男の本能でね、そういうのは見てしまうのね」
と、弁明する僕たち。

「・・・本能?・・・そっか・・・本能なのね・・・ふ〜ん・・・」
と、納得する川上さん。

川上さんは食材が焼き上がるまで胸チラしたりシュミーズドレスのスソをフリフリしてパンチラしたりして僕たちの反応見ながら悩殺しまくり視線を釘付けにして反応を楽しんでいる。

川上さんの悩殺プレイに耐えつつやっと焼きあがった食材をトレイに並べていく。

川上さんも”ハフハフ”とホタテやらサザエやらを”パクパク”と食べていく。

「おいし〜〜〜・・・さいこう〜〜〜・・・」
と、相変わらず両膝は立てたままでパンチラを継続中の無防備な川上さん。

「川上さん、いっぱい食べて体力つけといてね、胸チラとパンチラのお礼を後でたっぷりしてあげるからさ」
と、メラメラと燃え上がる僕たちの加虐心。

「・・・ヤ〜ン・・・コワい〜〜〜・・・やさしくしてね・・・」
と、イイつつも川上さんは相変わらず両膝を立ててパンチラを僕たちに見せつける。

川上さんが見せてくれているのでどうしても男の性で見てしまうのだが、よ〜く目を凝らして見るとパンティの中心に小さなシミができている。

(・・・んん・・・あのシミは?・・・オマンコ汁?・・・だよな・・・)
と、僕たちの心の声。

「川上さん、パンティにシミができてるけど、僕たちに見せて興奮してる?」
と、僕たち。

「ウフフフフフ・・・殿方たちのエッチな視線で・・・ドキドキして感じちゃったかな」
と、川上さん。

本当はかわいいシュミーズドレスを着て、胸チラとパンチラをすることで全裸もしくは半裸よりもエロチックな気分と耽美な感覚を味わっていることは秘密の川上さん。

こんなにも清楚でおしとやかに見える川上さんでも男のガン見視線で感じちゃうんだ。

「・・・ハァ〜〜〜・・・なんか・・・エッチな気分が・・・おさまらないな・・・」
と、小声でつぶやく川上さん、たぶん誰にも聞かれていないと思っている。

(・・・エッチな視線で見られすぎちゃったし・・・アソコの・・・オク・・・熱い・・・)
と、川上さんの心の声。

でも、この小声のつぶやきは真横で座っている麻里奈さんには聞こえていたのだ。

(・・・・・・・・・・・・・・・・)
加藤に向かって麻里奈さんが手でおいでおいでをする。

麻里奈さんが加藤にスマホの画面を見せて指で庭の木を指差したり色々と指示をしているみたいに見える。
もちろん隣の川上さんにはわからないようにしている。

加藤の指示で僕たちは庭の木にロープをかけて高さを調整している。
当然、川上さんを吊るすためにだ。

川上さんはバーベキューでおなかを満たしきりスマホをいじっているので僕たちのしていることが目に入ってないようだ。

「凛子ちゃん、遊んであげようか?エッチな気分がおさまらないんでしょ?」
と、庭の木のロープを指差す麻里奈さん。

「・・・エッ・・・あれ・・・いつの間に・・・」
と、バーベキューテーブルをはさんだ先にあるロープを見入る川上さん。

「や〜ね、凛子ちゃんスマホに夢中になりすぎて、殿方たちがしてること見えてなかったの?」
と、麻里奈さん。

「それに、さっきのつぶやき、わたしには聞こえていたのよ」
と、川上さんの動揺を誘う麻里奈さん。

(・・・ウソ・・・ヤダ・・・聞かれてたの?・・・)
と、動揺しうろたえる川上さんの心の声。

動揺している間に手首に拘束具があっという間に着けられバンザイに吊られた川上さん。

「・・・アン・・・ナニ・・・どうするのぉ?・・・」
と、これからされることに期待してそうな川上さん。

吊られたことでシュミーズドレスのスソは膝うえ20センチまであがり少し動くとパンツがチラチラと見えてしまうかんじになる。

「う〜ん、シュミーズドレスの丈はスレスレのほうが殿方たちもやる気がでるかな?」
と言うと、肩の布を少しつまんでヘアピンでとめる麻里奈さん。

(おおっ・・・ホントにスレスレに・・・)
と、僕たちの歓喜の心の声。

川上さんは吊られた状態でシュミーズドレスの長さを確認してのたまう。

「・・・これだと見えちゃいますよぉ・・・」
と、麻里奈さんに抗議する川上さん。

「だからいいんじゃない、殿方たちがパンチラを見たいがために本気でスマホを操作してくれるでしょ」
と、川上さんの抗議に取り合わない麻里奈さん。

「・・・エッ・・・スマホって?・・・まさか・・・」
と、ある予感がよぎる川上さん。

(おおっ・・・スマホ?・・・ということは・・・アレだよな・・・)
と、歓喜する僕たちの心の声。

そういいながらビーチバックをゴソゴソし2個の物体を取り出した麻里奈さん。

「ウフフフフフ、凛子ちゃん、コレで遊んであげる、カワイクもだえてみせてね」
と、小悪魔顔でニヤける麻里奈さん。

麻里奈さんは両手には2つの”LOVENSE Lush”(ラブンス ラッシュ)がのせられていて当然ソレはオマンコとアナルに挿れられることになる。

「・・・ウソ・・・アソコと・・・おシリ・・・に・・・」
と、驚きながらもドキドキと期待で顔が蕩ける川上さん。

実のところオマンコには”LOVENSE Lush”(ラブンス ラッシュ)を挿れられたことはない川上さん。

(おおっ・・・麻里奈さん・・・鬼畜〜・・・2穴責め〜・・・)
と、興奮度MAXの僕たちの心の声。

LOVENSE Lush(ラブンス ラッシュ)はスマホとブルートゥースで接続し強弱をスマホ画面で自由自在に操作できるようになっている。

最強のアースクエイクモード(大地震・悶絶女体クラゲ・僕たちの呼び方)にすると電気を流されたように”ビクンビクン”を自分の意思に関係なく連続で痙攣のようにさせられ女体クラゲ状態になるという悶絶必死の超強力弾丸バイブなのである。

「川上さん、胸チラとパンチラのお礼をたっぷりと受け取ってね」
と、スマホを川上さんに見せつけニヤける僕たち。

(ヤダ・・・みんな・・・こわいカオ・・・してるよぉ・・・)
と、川上さんの心の声。

「・・・やさしく・・・して・・・くれるの?・・・」
と、川上さん。

いちおうは聞く川上さんだが本心は”絶叫”悶絶女体クラゲにされたいに決まっているハズだ。

(・・・アソコと・・・おシリ・・・5人でされたら・・・くるっちゃう・・・かも・・・)
と、前にアナルだけで悶絶女体クラゲにされた時のことを思い出す川上さん。

これから2穴のLOVENSE Lush(ラブンス ラッシュ)で川上さんの悶絶女体クラゲのショーが始まる。


saionjikyotaro at 22:07|PermalinkComments(0)

2021年10月27日

夏休み最後の1週間⑲

「麻里奈さん、急激に挿れた1リットルにさらに1リットル追加は良くないですよ」
と、冷静な判断で麻里奈さんにストップをかける加藤。

「・・・エッ・・・アッ・・・そ、そうね・・・加藤くん・・・」
と、川上さんへの激しすぎる鬼畜行為を反省する麻里奈さん。

麻里奈さんの激しい鬼畜行為は裏を返せば"S"としての川上さんへの加虐愛なんだけど、”S”と”M女"は信頼関係があってこそ成り立つプレイであって特に”S"は受け身の”M女"の体を”いたわる”というか”M女"の限界を見極めることが大切で責め過ぎで”M女”を壊す、または身の危険を感じさせる行為は”タブー”だし、”S"失格なのだ。

麻里奈さんは僕たちに合図して川上さんを水平吊りからおろし、川上さんのアナルからアナルバルーンを抜き取り1リットルの牛乳浣腸地獄から解放する。

川上さんはさっきみたいに田口に抱えられ抱きつきながら時間をかけて牛乳浣腸をすっかり水中に出し切りビーチマットに女の子座りで麻里奈さんと僕たちを不思議そうな顔で見つめている、もちろんターコイズブルーのビキニは着けている。

「ごめんね、凛子ちゃん、わたし・・・やりすぎちゃったみたい・・・」
と、しおれる麻里奈。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
川上さんは何も言わないで麻里奈さんを見つめている。

(・・・どうして?・・・謝らなくてもいいのに・・・めちゃくちゃに・・・されても・・・いいのに・・・)
と、凛子の心の声。

「・・・フフッ・・・いいの・・・わたし・・・麻里奈さんも殿方のみんなも信じてるから・・・」
と、健気な川上さん。

さらに川上さんは麻里奈さんと僕たちへ笑顔でのたまう、”ドM”のさらなる覚醒なのか?

「ウフフフフフ・・・もっと・・・してもいいですよ・・・めちゃくちゃにされるの・・・好きなの・・・フフッ・・・」
と、おかわりをねだるタフな川上さん。

(・・・おおっ・・・川上さん・・・”ドM”の天使か?・・・)
と、僕たちの心の声

これを聞いた麻里奈さんと僕たちは川上さんの被虐性愛に感心しつつも加減が大切なのを”M女”の川上さんからあらためて教えられた。

ジョンは解放された川上さんに意味ありげにじゃれまくり、女の子座りの川上さんの股間に鼻をうずめペロペロと舐めまくる。

「・・・あん・・・ジョン・・・待って・・・ソコは・・・」
と、さっきジョンにオマンコの中を長い舌で舐められた快感が蘇ってくる川上さん。

(したいことだけするだけなんて犬は純粋でいいよな)
と、僕たちの心の声

そして、しおれかけていた麻里奈さんの加虐心が川上さんからの”もっとしてもいい”と”めちゃくちゃにされるの好き”いう言葉に全開で反応する。

「凛子ちゃん、アレを見て、ジョンのおチンチン、スゴイことになってる・・・」
と、ジョンの股間を指差す麻里奈さん。

ジョンは川上さんのオマンコの匂いに反応し、勃起した肉茎は毛皮から大半を飛び出させていた。

麻里奈さんに言われ、条件反射的にジョンの股間を見る川上さん。

(・・・ヒッ・・・ウソ・・・おおきい・・・ジョン・・・おチンチン・・・)
と、凛子の心の声。

川上さんは両手で口を押さえ悲鳴があがるのを抑え込む。

ここから麻里奈さんが川上さんを人と犬との禁断の行為、獣姦にに誘いこんでいく。

「今のジョンはね交尾の相手、つまりメス犬として凛子ちゃんを見てるのよ」
と、川上さんに暗示をかけるように話す麻里奈さん。

ジョンはハァ・ハァと息を吐きながら興奮したオス犬の目で交尾の対象になり獲物と化した川上さんを凝視している。

(・・・ヒッ・・・ウソ・・・ジョン・・・ヤダ・・・)
と、ジョンの目つきに恐怖する川上さん。

グレートデンの性格は穏やかで人懐っこく人間に友好的なんだが、交尾の対象したときには支配者としてメス犬を蹂躙し自分の子孫を残そうとする本能は温厚な性格を上回る。

川上さんはオマンコを舐めまくられた時にジョンの交尾の対象になってしまったのだ。

「凛子ちゃん、ジョンと交尾しても妊娠の心配はないのよ」
と、言葉巧みに川上さんの心のブロックを外していく麻里奈さん。

(・・・そんな・・・交尾・・・なんて・・・でも・・・妊娠・・・しない・・・)
安心する凛子の心の声。

「どお?凛子ちゃん、ジョンの交尾の相手、メス犬になってみたくなってきたでしょ?」
と、川上さんがメス犬になることを刷り込んでいく麻里奈さん。

(・・・ウォ〜・・・マジか?・・・獣姦?・・・)
と、僕たちの心の声。

(・・・見てぇ・・・川上さんとジョンの・・・獣姦・・・)
と、期待度MAXの僕たちの心の声。

加藤の家でPCの画像で少しだけ白人女性と犬の交尾の画像を見たことはある、けど、自分が犬と交尾するなんて考えたこともなかった、いや、少しはあったかもしれないけど、でも、そのまさかが、ココで現実になる可能性があるなんて、しかも、自分が望めば犬との交尾が現実に叶うなんて。

凛子の思考は少しずつジョンとの交尾に引き寄せられていく。

(・・・だめよ・・・犬となんて・・・アブノーマルすぎる・・・)

(・・・エッ・・・アブノーマル?・・・じゃあ今までは?・・・アブノーマルじゃないの?・・・)

(・・・そう・・・今までも・・・スゴくアブノーマルなこと・・・してきたし・・・それが・・・気持ちよかった・・・犬と・・・交尾しても・・・)
と、逡巡する川上さんの思考(心の声)

そんなこんなで川上さんの頭の中はジョンとの交尾に否定と肯定を繰り返し混乱しながらもジョンとの交尾にさらに惹かれていく。

僕たちがジョンの勃起した肉茎を凝視する川上さんを期待度MAXの眼(まなこ)でガン見している、と、その気配に気づいた川上さんは”ハッ”としたように一瞬目を大きく見開き、僕たちの期待に気づいたように見える。

(・・・ヤダ・・・みんな・・・期待してるの?・・・リンコが・・・ジョンと・・・交尾するのを・・・)
と、迷いつつもジョンの勃起した肉茎が頭から離れない川上さん。

(・・・アレが・・・リンコの中に・・・大きくて長い・・・スゴイの・・・かな?・・・)

(・・・ヤダ・・・リンコ・・・想像してる?・・・ジョンの・・・おチンチン・・・)

熱に浮かされたような川上さんの視線の先にはジョンの真っ赤で禍々しく、そして、大きく長い肉茎がビクビクと波打ち先端からは先走りの精子が糸を引いて滴り筏の床に精子たまりを作っている。

(・・・ああっ・・・だめぇ・・・引き寄せられてる・・・どうして?・・・)

川上さんがジョンから視線をうつし、期待度MAXの眼(まなこ)で川上さんを見下ろしている僕たちに上目遣いに問いかける。

(・・・うぉ・・・やばい・・・川上さん・・・その上目遣い・・・超絶エロカワ・・・)
と、川上さんの女の子座りと上目遣いに興奮度MAXの僕たちの心の声

「・・・殿方のみんなは・・・み、見たいの?・・・リンコと・・・ジョンの・・・交尾・・・」
と、真っ赤な顔で聞く川上さん。

僕たちはチカラいっぱいに”ブンブン”と頭を縦に振りまくる。

「・・・そうなんだ・・・見たいんだ・・・ウフフ・・・どうしよっかな?・・・」
と、迷っているふりをしているかのような川上さん。

川上さんは僕たちをじらし楽しんでいるように見えるがジョンと交尾することに迷いはなくなったように見える。

僕たちと川上さんのやり取りを見ていた麻里奈さんは、川上さんがジョンと交尾することを受け入れたことに気がついた、女性特有の感覚で確信したみたいだ。

麻里奈さんは自分のビーチバックから赤い首輪を取り出し僕たちに見せる。

(・・・エッ・・・マジか・・・麻里奈さん・・・最初から・・・)

麻里奈さんの手にある赤い首輪のネームプレートには”メス犬 RINKO"の文字が刻印されていた。

首輪を手にした麻里奈さんが川上さんに首輪のネームプレートを見せる。

(・・・ウソ・・・なまえが・・・メス犬 RINKO・・・なんて・・・)

驚愕の顔で麻里奈さんを見上げる川上さんに麻里奈さんがいう。

「リンコ、たった今からメス犬になってジョンと繋がって交尾するのよ、それと、メス犬に水着はいらないし”ちゃん”もつける必要はなくなったの、いいわね」
と、川上さんのターコイズブルーのビキニを剥ぎ取り毅然と見下ろす麻里奈さん。

(・・・おお〜〜〜・・・麻里奈さん・・・スゲェ〜〜〜・・・川上さんの獣姦・・・はやく・・・見てぇ・・・)
と、はやる僕たちの心の声。

麻里奈さんに赤い首輪を着けられた川上さんは意を決したというか諦めたというか麻里奈さんによってメス犬におとしめられ”四つん這いでオズオズ”とエアーマットの真ん中で女の子座りをする、身につけているものはジョンとおそろいの赤い首輪だけだ。

「リンコ、ジョンに楽しませてもらいなさい、これは私からのプレゼント、メス犬になるあかしの犬耳とシッポよ」
と、両手にあるものを川上さんに見せつける麻里奈さん。

麻里奈さんが持っていたものを認識した川上さんは目を見開きすがるような目で麻里奈さんを見る。

(・・・リンコ・・・メス犬にされちゃった・・・ジョンと・・・交尾・・・なんて・・・)
と、メス犬にされたリンコの心の声。

「ウフフフフフ、リンコ、メス犬になる準備よ、着けてあげる」
と、川上さんをメス犬におとしめたことにニヤける麻里奈さん。

麻里奈さんは用意した黒い犬耳のカチューシャを川上さんの頭にセットし、次にアナルバイブ付きの黒い尻尾にローションを塗りつけズブズブと川上さんのアナルに突き刺す。

川上さんのアナルはさっきの浣腸でぽってりとほころんでいてなんの抵抗もなく尻尾付きのアナルバイブを飲み込んだのだった。

「・・・ハァン・・・シッポ・・・ふかいよぉ・・・メス犬にされちゃった・・・」
と、メス犬におとしめられたことに被虐の喜びを感じている凛子。

(・・・キタ・・・川上さんの被虐性愛・・・スゲェ・・・)
と、感嘆する僕たちの心の声。

川上さんがメス犬になりきったことを確認した麻里奈さんはアナルバイブのリモコンを操作する。

「・・・アン・・・おシリ・・・だめぇ・・・」

川上さんの体内のアナルバイブが鈍い音とともに蠢き始め川上さんは刺激でクネクネともだえ、苦悶の表情で麻里奈さんと僕たちを見る。

その苦悶の表情が合図なのかはわからないが麻里奈さんがジョンをポンと押しながら声をかける。

「ウフフフフフ・・・ジョン・・・GO〜〜〜」

麻里奈さんの合図でいきなりマウントで四つん這いの川上さんにのしかかるジョン。

「・・・ヒャア〜〜〜・・・ジョン・・・まってぇ〜〜〜」
と心の準備ができていないと訴える川上さん。     

ジョンは初めて交尾する川上さんのオマンコへの挿入に手こずり何回も失敗しその都度川上さんのクリトリスとビラビラに肉茎を擦り付ける。

「・・・ヒャア〜〜〜・・・」

「・・・ジョン〜〜〜・・・」

「・・・ソコ・・・イイよぉ・・・」

「・・・アハン・・・アヒッ・・・イイ・・・」

「・・・クゥ・・・ハァン・・・」

なかなか川上さんのオマンコに挿入できないジョンをみかねて麻里奈さんがジョンの肉茎に手をそえて川上さんのオマンコに導く。

「ジョン、ここに突き刺すのよ、手伝ってあげる」
と、ジョンの肉茎を川上さんのオマンコに導く麻里奈さん。

(・・・ズブズブズブ〜〜〜・・・)

「・・・キャヒィ〜〜〜・・・」

ジョンの長く太い肉茎が一気に川上さんのオマンコ最深部まで貫き、歓喜の悲鳴をあげる川上さん。

「・・・クゥゥ・・・いきなり・・・ジョン・・・ふかい・・・お、おく・・・あたってるよぉ・・・」

ジョンの肉茎はオマンコの最深部まで貫くと同時に激しいピストン運動を始める。

川上さんというメス犬に興奮度MAXのジョンの肉茎は川上さんの狭いオマンコの中をゴリゴリと押し広げえぐりまくる。

「・・・ウグアアァァァ・・・キヒィ〜〜〜・・・・」

川上さんはオマンコの奥深くをえぐられ苦悶の悲鳴をあげる。

ジョンの体重は85kgとグレートデンの中でもかなり大きい部類に入る。

華奢な川上さんは身長はあるが体重はジョンの半分くらいしかない、それでも川上さんはジョンの激しいピストン運動に頭を振り乱しながら耐える。

「・・・ヒャア〜〜〜・・・」

「・・・ハヒィ〜〜〜・・・」

「・・・はげし・・・ジョン・・・」

「・・・もっと・・・ユックリ・・・」

そんなことを言ってもジョンは聞く耳を持たないし言葉は通じない、ジョンは犬なのだ。

川上さんは息も絶えだえでジョンを受け止めようとするが体重差がありすぎる。
ジョンの野生の本能によるピストン運動はさらに激しさを増していく。

「・・・キヒィ〜〜〜」

「・・・・ダメェ〜〜〜・・・」

「・・・イヤ〜〜〜・・・」

「・・・ダメェ〜〜〜・・・」

「・・・やめてぇ〜〜〜・・・もう・・・ムリ・・・」

「・・・ンギィ〜〜〜・・・こわれるぅ〜〜〜・・・」

さらに興奮していくとジョンの肉茎の根本の瘤が膨れてくる。

ジョンはハッ、ハッと息を荒げながら川上さんの肩に前足をひっかけ引き寄せ、より深いところまで肉茎を突き刺し、貫き、打ちつける。

その衝撃は灼熱のこん棒をオマンコ最深部に突き刺すような衝撃で体重差がありすぎて耐えられるものではないだろう。

川上さんの口からは絶え間なく悲鳴があがり、頭を振り乱し涎が絶え間なく滴り落ちる。

(・・・うおっ・・・川上さんの・・・スゴイ・・・乱れようだ・・・)
と、初めて見る獣姦に興奮状態の僕たちの心の声。

この時、激しいジョンのピストン運動の衝撃に耐えながらも川上さんの意識は気が狂いそうな快感を感じはじめていた。

麻里奈さんはジョンの射精が近いのを感じ取ると川上さんのオマンコを痛いくらいまで広げにかかる。

「・・・イタ・・・なに・・・イタイ・・・ヤメテ・・・・」
何が起こっているのかわからない川上さん。

「ジョンの射精が始まるのよ、おチンチンの根本にある瘤が逆流する精子を漏らさないためにオマンコの入り口を塞ぐの、メス犬に確実に妊娠させるためにね、瘤が入り口を通り抜ける時かなり痛いけど我慢するのよ」
と、川上さんに説明する麻里奈さん。

「・・・コブって・・・なに・・・どういうこと?・・・」
と、快楽から一瞬自分を取り戻す川上さん。

(・・・おおっ・・・川上さん・・・瘤のこと・・・知らないんだ・・・)
と、驚く僕たちの心の声。

川上さんの頭に???マークが付いている間もジョンの瘤の塊はオマンコの入り口を通リ抜けようとしている。

「・・・イギィ〜〜〜・・・」

「・・・イタ〜〜〜・・・」

「・・・やめてぇ〜〜〜・・・」

川上さんが悲鳴をあげ息を吐ききった時、限界まで広がったオマンコの入り口を瘤の塊が通り抜け、ジョンの瘤の塊は川上さんのオマンコにすっぽりと収まり、そこからさらに膨らみを増してオマンコの中の壁と入り口を蹂躙する。

「・・・うぐぅ・・・イタ・・・」

「・・・クゥ〜〜〜・・・裂けちゃう・・・」

「・・・アアン・・・イタイ・・・けど・・・イイ・・・」

「・・・アン・・・イタイのに・・・イイ・・・きもち・・・イイよぉ・・・」

「・・・ハァン・・・ナニ・・・コレは・・・イタイのに・・・イイなんて・・・」

川上さんは頭を振り乱し、もだえ苦しみながらもジョンの大きく長い肉茎と瘤をオマンコの中いっぱいに収めた快感に酔いしれる。

「・・・アッ・・・ウグッ・・・カハッ・・・」

(・・・ドク・・・ドク・・・ドク・・・ドク・・・ドク・・・)

ジョンの濃厚な精子は瘤により行き場を失い川上さんの子宮口から子宮内へ流れ込んでいく。

(・・・熱っ・・・スゴく・・・熱い・・・たくさん・・・はいってくるぅ・・・)

川上さんはジョンの射精が始まったことを感じとり、子宮へ流れ込む精子による不思議な快感を味わされ天に登っていく。

ジョンから何回も放たれた大量の精子は川上さんの子宮内を満たし続け、その快感で川上さんの神経は灼ききれてしまいそうになる。

「・・・アア・・・も、もうダメ・・・イク・・・」

「・・・イク・・・イクゥ・・・イックゥ〜〜〜・・・」

川上さんは絶頂を繰り返し、とうとう腕で体を支えきれず頭からエアーマットに突っ伏してしまっている。

お尻が持ち上げられているのはジョンの瘤で支えられているようなもので、川上さんの意思ではないしそもそも川上さんには体を支えるチカラはジョンの激しいピストン運動の衝撃を耐えぬいたことで消耗しつくし残ってないのだ。

ジョンの射精は瘤が小さくなるまでぬけることはなく、射精の間は川上さんはイキっぱなしの状態で頭は真っ白になり意識朦朧状態で天国をさまよいながらも腰だけは振り続け快楽を貪り続ける、それが1時間近く続くのだ。

ジョンはようやく満足し川上さんを解放した、川上さんは突っ伏したまま動かず腰だけをピクピクと動かし続けている、ジョンに開放されたことにまだ気づいていないようだ。

「・・・みず・・・おみず・・・ちょうだい・・・」

ようやく気がついた川上さんに麻里奈さんが水を飲ませ仰向けに寝かせビキニを着せる。

川上さんは性も根も尽き果てたように身動きできずしばらくの間エアーマットに横たわり、時々目を開けて”ボ〜”っとしてジョンによってもたらされた快感の波が収まるのを待っている。

「・・・ハァ〜〜〜・・・からだ・・・バラバラに・・・されちゃった・・・」
と、ジョンの蹂躙の激しさの感想を言う川上さん。

「凛子ちゃん、メス犬になった気分はどうだった?」
と、心配している体をよそおい聞く麻里奈さん。

麻里奈さんはメス犬から人間に戻った川上さんに”ちゃん”をつけている。

「・・・フフッ・・・スゴかった・・・死んじゃうかと・・・思った・・・」
と、満足そうな川上さん。

自分の倍近くあるジョンの激しいピストン運動を意識を飛ばしながらも耐えきったのだ、満足感と充実感は相当なものだろう。

「それって、死にそうなくらい気持ちよかったってことよね?」
と、麻里奈さん。

「・・・うん・・・イキっぱなしになって・・・天国をさまよってた気がする・・・」
と、ジョンが射精するたびに子宮に注ぎ込まれる熱い精子に神経が灼ききられそうになる快感を思い出し、顔を赤らめ恥ずかしがる川上さん。

「川上さんのメス犬ショー、スゴかったし、もだえ苦しむ顔は最高にエロかったよ」
と、いじめる僕たち。

川上さんは両手で顔を隠しながら女の子座りのまま体をクネクネして恥ずかしがる。

「・・・ヤダァ・・・もう・・・恥ずかしいよぉ・・・言わないで・・・」
と、真っ赤な顔の川上さん。

(・・・やばい・・・川上さん・・・カワイ過ぎる・・・)
と、僕たちの心の声。

「次は馬でも出てきたりして、川上さん、馬ともしちゃう?」
と、いじめる僕たち。

「・・・ヤダァ・・・ムリよぉ・・・お馬さんのは大きすぎて入らないわよぉ・・・」
と、僕たちの言葉なぶりをかるくいなし、はしゃぐ川上さん。

川上さんの初々しさと羞恥心はずっと変わらず、ただ、被虐性愛の度合いは増していっている、どこまでいくんだろう限界はあるんだろうか。

16歳になったばかりのスレンダーで美少女な女子高生が浣腸された直後に犬と交尾までしてしまうなんてコレって偶然なのだろうか?

イヤ、どう考えても出来すぎている。

コレは麻里奈さんが仕組んだ必然に違いない。

やっぱり僕たちと川上さんは麻里奈さんの仕組んだエッチイベントの真っ只中にいて、その主役は当然川上さんなんだけど、まだまだ麻里奈さんの仕組んだ川上さんへの”ドS”的加虐愛調教は果てしなく続きそうな予感がする。

でも、それを期待している僕たちがいることも確かだし、3泊4日の旅行1日目はまだまだ終わらない。


saionjikyotaro at 17:48|PermalinkComments(0)

2021年10月26日

夏休み最後の1週間⑱

さっきの水中脱糞浣腸から休憩中の会話。

凛子ちゃん、次も恥ずかしい格好でお浣腸されたいよね?リクエストはあるかな?

「エッ・・・・そんな・・・リクエストなんて・・・・」
と、困る川上さん

(自分に浣腸されるのに”こうして浣腸して”っていうM女はいないと思うけどな)
と、僕たちの心の声。

「え〜と・・・ん〜と・・・エヘヘ・・・わかんない・・・”殿方”と”麻里奈”さんにおまかせします、
とペロッと舌を出して”はにかむ”川上さん。

(やべっ・・・川上さん・・・超絶エロカワイイ・・・)
と、僕たちの心の声。

「アラ、”殿方”なんて言葉知ってるんだ?ふ〜ん、古風じゃない」
と、感心する麻里奈さん。

「じゃあ〜、殿方のしたいようにお浣腸してもらえばいいのね」
と、意味深な言い方をする麻里奈さん。

「え〜と・・・その・・・はい・・・」
と、戸惑いつつも僕たちのしたいようにしていいという川上さん。

「じゃあ、殿方諸君、凛子ちゃんのお浣腸のリクエストは”おまかせ”だそうよ」
と、川上さんへの大量浣腸は僕たちに任せるという麻里奈さん。

(麻里奈さん、自分で大量浣腸ヤル気満々だったのに、どうしたのかな?)
と、僕たちの心の声。

それはさておき、僕たちには川上さんを責めるときはハズせないことが1つだけある、”後手拘束”これだけはハズせないしゆずれない。

しかし、この筏には後手拘束にした川上さんを吊るものがない、不安定な後手拘束には支えるものが必要不可欠なんだが支柱となるべきものがないのだ、タープの支柱じゃ強度に欠けるしどうしたものか。

加藤が筏のまわりを見て回っている。

「麻里奈さん、この筏、ポールを立てれるようになってるみたいだけど別荘にあるのかな?」

「アラ〜・・・さすが加藤くんね・・・あるわよ・・・この筏全体に屋根を作るポールとテントがね、別荘の倉庫にあるわ・・・凛子ちゃんを吊りたいんでしょ?・・・」
と、僕たちの考えを察する麻里奈さん。

加藤と麻里奈さんとのやり取りの間に何やら黒い生き物が砂浜から桟橋に近づいて来るのが見える。

(ナンダあれ・・・でかいぞ・・・馬?・・・イヤ・・・犬みたいだけど・・・やたら・・・でかい・・・)

僕たちがそうこう思っている間にもやたらでかい犬は桟橋を渡り筏に乗り込んできた。

「アラ〜・・・ジョン・・・きたの?私に会いにきたのね・・・フフッ・・・かわいいヤツ・・・」
と、尻尾を振り麻里奈さんにじゃれつくでかい犬。

僕たちと川上さんはその犬のあまりのデカさに瞠目している、頭の位置が麻里奈さんの胸近くまである。

驚いている僕たちと川上さんに笑顔を見せながら麻里奈さんがのたまう。

「この子はね、ジョンっていう名前で犬種はグレートデンっていって世界で2番めに大きいワンコなの、お昼を食べた旅館と別荘のオーナーの愛犬よ」
と、じゃれつくでかい犬をワシャワシャとなでてあやす麻里奈さん。

「ジョン・・・みんなに挨拶しなさい・・・」
と、僕たちと川上さんを指さす麻里奈さん。

ジョンは僕たちにはクンクンと臭いを嗅いだだけでスルーし、川上さんには尻尾をフリフリしてペロペロと手や足を舐め回している。

「ヤ〜ン・・・ナニ〜・・・この子〜・・・わたしのこと・・・好きなの〜?・・・」
と、ジョンに舐め回され満更でもない川上さん。

(川上さんって犬好きだったのか?)
と、僕たちの心の声。

「アラ〜・・・ジョン?・・・わたしより凛子ちゃんなの?・・・浮気性ね〜・・・まあ、いいけど・・・」
と、僕たちが???をしていると小悪魔顔になっている麻里奈さん。

(まさか・・・ウソだろ・・・まさかな〜・・・)
と、犬といえばアレだよな、と想像する僕たちの心の声。

麻里奈さんは川上さんとジョンを見ながらニコニコと笑顔になっているがよ〜くみると完全に小悪魔顔になっているのがわかる。

「殿方諸君、早くポールとテントを取ってきて屋根を作ってくれないと凛子ちゃんにお浣腸できないでしょ?組み立ている間にイイもの見せてあげるからがんばってね」
と、明らかにアレを予告する麻里奈さん。

僕たちと麻里奈さんのやり取りの間も川上さんはジョンに舐められまくられている。

「・・・ヤ〜ン・・・ジョン・・・そんなに舐めないでよぉ〜・・・くすぐったいよぉ〜・・・キャハ〜・・・アン・・・もう・・・」
と、ジョンのナメナメ攻撃にはしゃぐ川上さん。

(川上さんは知っているのだろうか”アレ”のことを)
と、考えながら別荘の倉庫にポールとテントを取りに行く僕たちの心の声。

筏の上にテントはアッと言う間に組み立てることができた、筏にもポールにも番号が記されていてそのとうりにしていくと僕たち5人で30分ほどで頑丈な四角形が出来上がり、最後に屋根になるシートを取り付けて完成した。

「アラ〜・・・さすが殿方諸君、仕事が早いわね〜・・・そんなに見たいのかな”アレ”を・・・」
と、満面の笑顔の麻里奈さん。

僕たちがテントを組み立ているあいだ中も川上さんはジョンのナメナメ攻撃をずっと受けていた。

「・・・アン・・・ジョン・・・ソコは・・・おヘソだよぉ・・・くすぐったいよぉ〜・・・もう・・・」

「・・・ヤダァ・・・ジョン・・・ドコ、におい嗅いでるのぉ・・・エッチねぇ・・・ウフフッ・・・」

「・・・アハ・・・ジョン・・・ソコは・・・オシリだよぉ・・・もう・・・」

川上さんはジョンにじゃれつかれペロペロされ、すっかり気を許しているみたいだ。

その証拠にジョンは川上さんの水着がベトベトになるほど胸やオマンコの部分を舐め回しまくっていた。

「アラ〜・・・凛子ちゃん・・・ジョンのナメナメで水着がベトベトになっちゃったわね〜・・・」
と、ご機嫌の麻里奈さん。

「そうなの・・・この子・・・スゴくエッチなんですぅ・・・さっきなんか・・・水着の脇からアソコも舐めてきたんですよぉ・・・もぉ・・・」
と、ジョンの舌でオマンコを舐められて満更でもない川上さん。

「・・・そ〜・・・良かったじゃない・・・で、どうだったの?・・・気持ちよかったでしょ?・・・アソコ・・・ナメナメされて・・・」
と、前フリをする麻里奈さん。

「・・・エッ・・・あの・・・その・・・ハイ・・・すこし・・・気持ちよかったような・・・」
と、真っ赤な顔でしどろもどろに返事をする川上さん。

(・・・スゴく・・・ヨカッタ・・・電気・・・走ったし・・・でも・・・そんなこと・・・ハズかしくて・・・言えないよぉ・・・)
と、凛子の心の声。

「凛子ちゃん・・・お浣腸の前にジョンに気持ちよくしてもらおうか?・・・」
と、悪魔のささやきをする麻里奈さん。

「・・・エッ・・・」

このとき僕たちは見逃さなかった、川上さんの表情が”パッ”と明るくなりその目は喜びに満ちていたことを。

「・・・・・・・・・・・・・・・・」
川上さんはジョンにオマンコを舐めてもらいたいのだが恥ずかくて自分からは言い出せないでいる。

「川上さん、ジョンが待ってるよ、ほら、あんなに尻尾をフリフリしてる」
と、加藤の悪魔のささやき。

川上さんがジョンを見つめるとジョンはすかさず川上さんの太ももをペロペロと舐める、さも、早くオマンコを舐めさせろと言うように。

(・・・アン・・・アソコ・・・舐めてほしい・・・でも・・・ハズかしい・・・)

僕たちも麻里奈さんも川上さんから恥ずかしい”イエス”の言葉を引き出そうとする、強制はしない。

「凛子ちゃん、ジョンはバターが大好きなの、知ってる?バター犬って?アソコの中とビラビラにバターを塗りたくるの、そうするとバター犬が一心不乱にアソコの中とクリとビラビラを舐めまくるのよ、死にそうなくらいイイんだって、飛んじゃうみたいよ、どうする?」

(・・・ジョンが・・・アソコを・・・舐めまくる・・・飛んじゃうって・・・欲しい・・・)
凛子の心の声。

川上さんの目はジョンに向けられているものの、本当はジョンにオマンコを舐められている自分を妄想しているようにボーとしている。

それに気づいた麻里奈さんが僕たちに”クィ”と顔で合図する、僕たちは頷き準備にかかる。

「川上さん、ジョンの頭はこの辺になるよ、たぶん、立ってられなくなるから水平に吊ってあげる、
ココへきてくれるかな?」
と、加藤が筏の真ん中を指差す。

川上さんは赤い顔でなにかにとりつかれたようにフラフラと筏の真ん中にきて誰に言われたわけでもないのに腕を後手に組んだ。

(フフッ・・・凛子ちゃん・・・まるでパブロフの犬ね・・・いやらしい娘・・・)
と、麻里奈の心の声。

加藤が吊りに対応した幅広のボディハーネスを手際よく川上さんに装着し、次に腕を後手拘束する、太ももにも吊りに対応した拘束具を着けそれぞれのロープを引くと川上さんの水平吊りが簡単にできあがった。

「・・・アン・・・ジョン・・・早くぅ・・・」
と、もう目の焦点があっていない川上さん。

(・・・ツプッ・・・ズブズブズブ・・・)

(・・・ハヒッ・・・ナニ・・・オシリ・・・)

忘我の極地にいた川上さんが驚いたように自分のお尻を確認する、ソコには透明なチューブとイルリガードルが上から吊るされていた。

「・・・エッ・・・これから・・・するの?・・・ジョンが・・・まだ・・・」
と、驚いている川上さん。

「ウフフフフフ・・・凛子ちゃん、ジョンがバターを舐め終わったらスグにお浣腸できるように用意してるだけよ、気持ちいい快感のあとはね・・・フフッ・・・お浣腸よ・・・楽しみにしてね」
と、悪魔的な笑顔で鬼畜なことを言う麻里奈さん。

(・・・アアッ・・・そんな・・・スグだなんて・・・)
と、凛子の心の声。

麻里奈さんが川上さんのターコイズブルーのビキニのヒモを片方だけ外し牛乳パックが入っているバックからアイスキャンディのような棒が刺さっているバターを取り出し、川上さんのオマンコのビラビラと中に塗りたくる。

ジョンは待ちきれずバターが塗られた先からスゴイ勢いで舐めまくり川上さんから歓喜の声をあげさせる。

「・・・ヒャア〜〜〜・・・」

「・・・アヒィ〜〜〜・・・」

「・・・イイよぉ・・・・」

「・・・ジョン・・・もっとぉ・・・」

麻里奈さんがバターを加藤に渡し僕たちに順番で川上さんのオマンコにバターを塗れと合図する。

加藤はバターを川上さんのオマンコに深々と差し込み出し入れを繰り返すとジョンが長い舌でオマンコの中のバターを舐め取ろうとズリュズリュと舌を刺し入れる。

「・・・キヒィ〜〜〜・・・」

「・・・ジョン〜〜〜・・・」

「・・・ハヒャ〜〜〜・・・イイよぉ・・・」

川上さんは吊られた体をビクビクと痙攣させ快楽の虜になっていく。

「・・・アウゥ・・・くるっちゃうよぉ・・・」

「・・・クヒィ・・・・」

次にバターを受け取った時田は川上さんのクリトリスにバターをなすりつけるように押し付けクリトリスの皮の奥にまでバターを塗り込める。

当然ジョンは敏感なクリトリスを執拗に舐め回す。

「・・・アヒィ〜〜〜・・・」

「・・・クリ・・・・」

「・・・ンクゥ・・・」

「・・・だめぇ・・・イクゥ・・・」

「・・・イ・イクゥ・・・」

「・・・だめぇ・・・ジョン・・・イッてるからぁ〜〜〜・・・」

「・・・ゆるしてぇ・・・ジョン〜〜〜・・・」

快楽の極地にいる川上さんに異変が起きる。
麻里奈さんがイルリガードルに牛乳を流し込むと同時にイルリガードルを一番高いところに固定したのだ、牛乳はかなりの圧力で急激に川上さんの腸に流れ込んでいく。

(・・・ウッ・・・ナニ・・・おなか・・・ナニ・・・)
快楽から急に現実に引き戻された川上さん。

おなかとオシリに違和感を感じた川上さんが振り返ると1000ccのイルリガードルの牛乳が急激に減っていくのが目に入る、同時に減った分だけ牛乳を注ぎ入れようとする麻里奈と目が合う。

「・・・イヤ・・・ヤメテ・・・・入れないで・・・どうして?・・・」
と、わけがわからない川上さん。

「・・・ウフフフフフ・・・凛子ちゃんがあまりにも気持ちよさそうだから・・・”気持ちいい”と”苦しい”を同時に味わってもらおうかと思って・・・ウフフフフフ・・・」
と、鬼畜なことを平気でいう麻里奈さん。

混乱する川上さんのオマンコに石井がバターを塗りたくると同時にジョンが舐め回す。

「・・・ヒャァ〜〜〜〜・・・」

「・・・ジョン〜〜〜・・・イイよぉ・・・」

「・・・うくぅ・・・おなか・・・くるしぃ・・・ヤメテぇ・・・入れないでぇ・・・」

1000ccのイルリガードルは、ほぼ空になっていて川上さんは3分ほどで1000ccの牛乳浣腸を挿れられたことになる。

麻里奈さんは川上さんから一旦ジョンを引き離しおなかをさすりながら川上さんのもだえ苦しむ顔を見ながら言う。

「凛子ちゃん、苦しい?もう1本挿れたいけどイイよね?ガンバレルよね?」
と、鬼畜なことを聞く麻里奈さん。

「・・・ヤメテ・・・ムリ・・・だめぇ・・・挿れないでぇ・・・苦しいの・・・」
と、苦悶の表情で訴える川上さん。

麻里奈さんがジョンを離すと当然ジョンはオマンコを舐め回す。

「・・・アヒィ〜〜〜・・・」

「・・・ジョン・・・だめぇ・・・」

「・・・ジョン・・・やめてぇ〜〜〜」

(麻里奈さん、鬼畜だ〜)
と、思いつつ川上さんがもだえ苦しめられるのを見て興奮しているドSの僕たち。

(麻里奈さん、ドコまでヤル気なんだろ)
と、川上さんの体を心配する僕たち、でも、もだえ苦しむ川上さんをもっと見たいし、いたぶりたいドSの僕たちもいるのも確かなんだけど。


saionjikyotaro at 10:55|PermalinkComments(0)

2021年03月01日

夏休み最後の1週間⑭-1

ナメナメ快楽で脳みそが”とろけている”川上さんに麻里奈さんがさらなる追い打ち?を仕掛ける。


「ウフフフフフ・・・凛子ちゃん・・・・カワイイわ・・・・」

とイイながらキスをする麻里奈さん。


そして、キスと同時に僕たちに合図を送る、僕たちは持っている串に刺したマグロを嬉々としてとろろ芋のすり鉢にひたし、まんべんなくマグロにとろろ芋をまとわりつかせる。


「凛子ちゃん、彼たちの手を見て、これから凛子ちゃんをもっとキモチ良くするためにアレでアソコの中をこねくり回してあげる、イイわね?」


川上さんはナメナメ快楽で認識力がなくなっているようでうつろな目でとろろ芋をぬりたくられたマグロを見てる。


(・・・なんだっけ・・・とろろ付きのマグロ?・・・アレを・・・アソコに?・・・どうなるんだっけ?・・・)

と、思考回路がとまっている川上さんの頭の声。


「・・・ホントに?・・・・気持ちよくなれるの?・・・・」

と、思考回路が停止中の川上さんは”キモチイイ”というワードにのみ反応しうつろな目で麻里奈さんに聞く。


「うん、なれるよ・・・少しだけアソコの中がカユクなるけどイイよね?」

と、したり顔の麻里奈さん。


(麻里奈さん・・・悪魔だ・・・)

と、僕たちの心の声。


(・・・きもちよくなりたい・・・)


「・・・うん・・・・なんでもしてぇ・・・・きもちよくしてぇ・・・・」

と、気持ちよくなる前に地獄をみることなど考えていない川上さん。


麻里奈さんの合図で僕たちは川上さんのオマンコにとろろ付きのマグロを順番に突き刺しはじめる、”ジュブジュブ””ズリュズリュ”とヒワイな音をたてながらオマンコの中をこねくり回す。


(・・・ジュブ・・・ズリュ・・・ジュブ・・・ズリュ・・・)


「・・・キヒィ・・・・イイよぉ・・・」


(・・・ジュブ・・・・ジュブ・・・・ジュブ・・・・)


「・・・ハフゥン~・・・ジュブジュブ・・・イイよぉ・・・もっとぉ・・・・」


(ジュボ・・・ズリュ・・・ジュブ・・・・)


「・・・ハァ・・・・イイよぉ・・・もっとぉ・・・・イッパイ・・・・してぇ~・・・・」


川上さんのあまえねだる声に調子に乗ってきた僕たちは再びとろろ芋をマグロにまとわりつかせ川上さんのオマンコの最奥までマグロを突き立てる。


(・・・ズン・・・ジュク・・・ジュボ・・・ズン・・・)


「・・・・アギィ~・・・・おく・・・あたってるよぉ・・・」


(・・・グジュ・・・ジュリュ・・・ズン・・・グジュボ・・・)


「・・・カハァ・・・・おく・・・シュゴイ~・・・・」


(・・・ハレッ・・・・カ、カユイ?・・・・おく・・・・)


と、忘我の極地にいる川上さんがオマンコの奥の”ムズムズ”に気づく。


(・・・ウッ・・・クゥ・・・カユイ?・・・・カユイの?・・・・エッ・・・)


(・・・なに?・・・とろろが着いたマグロ・・・アソコに・・・エエッ・・・)

と、カユミがきっかけで思考回路が回り始めた川上さんの心の声。


(・・・エッ・・・また・・・とろろ芋・・・・アソコの・・・・ナカ・・・・)


思考回路が復活した川上さんが麻里奈さんを見るとニンマリと笑顔の麻里奈さんがいて、これから川上さんが乱れまくり恥態をさらすことをじっくりと堪能すべく待ち構えている。


(・・・アア・・・・ダメェ・・・カユイよぉ・・・・)


(・・・アソコの中・・・・カユイ・・・・よぉ・・・・)


「・・・アウゥ・・・カユイ・・・・アソコの中・・・カユイよぉ・・・・」

と、最初のとろろ芋プレイの耐えられないカユさを思い出す川上さん。


しかも今回はオマンコのナカとその奥にある子宮口にまでとろろ芋は塗り込められている。


「ウフフフフフ・・・凛子ちゃん、カユイの?・・・アソコの中・・・・」

と、カユミで切羽詰まってきている川上さんの恥態を楽しむ麻里奈さん。


「・・・どうして?・・・ナカまで・・・なんて・・・・ひどい・・・・」

と、麻里奈さんに抗議する川上さん。


「ウフフ・・・だって凛子ちゃんの”もだえ顔”がカワイイんだもん」

と、平然と答える麻里奈さん。


「そ、そんな・・・・ひどい・・・・」

と、増してくるカユミに耐える川上さん。


(・・・クゥ・・・カユイ・・・・ダメェ・・・耐えられない・・・・)


「・・・オネガイ・・・かいて・・・かいてください・・・・」

と、哀願する川上さん。


「ウフフフフフ・・・どこを?・・・どうやって”かいて”ほしいの?・・・」

と、川上さんをもてあそぶことが楽しくてしかたない麻里奈さん。


(・・・そ、そんな・・・・ハズカシイこと・・・・)

「・・・・・・・・」

と、絶句する川上さん。


「じゃあね~、コレでアソコをツキツキ・・・ズンズンするのはどうかな?・・・」

と、とろろ芋がまとわりついたマグロを見せる麻里奈さん。


(うぉ~・・・麻里奈さん・・・鬼畜~・・・)

と僕たちの心の声。


「・・・そ、そんな・・・・ダメ・・・・狂っちゃいます・・・・」

と、全否定する川上さん。


「え~~、だってコレしかないのよ凛子ちゃん・・・・駄々こねないの・・・ネ?・・・」

と、どうしても川上さんの口から言わせたい麻里奈さん。


こうしたやりとりの最中も川上さんのオマンコのナカのカユミは増大していく。


(・・・クゥ・・・もうダメ・・・なんでもいいから・・・かいてほしい・・・・)

と、最初のときみたいにカユミでカチカチと歯がなり、ブルブルとふるえる川上さん。


「・・・オネガイ・・・なんでもいいから・・・かいて・・・く、ください・・・・」

と、カユさで思考ができない状態になっている川上さん。


「ウフフ・・・じゃあ、”コレ”でアソコのナカを”ツキツキ”ズンズン”してほしいのね」

と、とろろ芋をまとわりついたマグロを見せつける麻里奈さん。


とろろ芋のカユさに耐える限界をすでに超えている川上さん。


「・・・か、かいてぇ~・・・・オネガイ・・・ソレでイイからぁ~・・・オネガイ・・・」

と、耐える限界をこえてしまった川上さん。


「ウフフフフフ・・・だめよ・・・どこを誰にかいてほしいのか言わないと”かいて”あげない・・・」

と、鬼畜なことをいう麻里奈さん。


川上さんはとろろ芋のカユミで”パブロフの犬”状態になっていて麻里奈さんのいうことに完全服従になっている。


「・・・オ、オマンコの・・・ナカと・・・オクを・・・マグロで・・・みんなで・・・”ツキツキズンズン”・・・してくだひゃい・・・・」

と、カユミでロレツが回らなくなっている川上さん。


「ウフフフフフ・・・よくできました・・・かいてあげる・・・・」

と、完全服従した川上さんにご満悦の鬼畜な麻里奈さん。


麻里奈さんが顔を”クイッ”とあげる、僕たちはさっきよりも激しく川上さんのオマンコに”とろろマグロ”を突き刺す。


(・・・ズブ・ズブ・ズブ・・・)


”とろろマグロ”はあっけなく川上さんのオマンコに突き刺さる。


「・・・キヒィ~~~・・・・イイよぉ・・・もっとぉ・・・・突き刺してぇ〜・・・・」

と、乱れる川上さん。


(・・・ズク・・・ジュブ・・・・ジュブ・・・・ズン・・・)


「・・・カハァ・・・・もっとぉ・・・・くだひゃい・・・」

と、脳ミソの快楽神経とオマンコが直結状態の川上さん。


川上さんのオマンコからはとろろ芋なのかオマンコ汁なのかわからないくらい泡立った白濁液が流れ出てくる。


(・・・ジュブ・・・・ズク・・・ズン・・・ズン・・・)


「・・・ハァ・・・・イイよぉ・・・オマンコ・・・イイよぉ・・・」

と、カユミより気持ちよさが勝ってきている川上さん。


チンポ型のマグロには白濁した粘液がまとわりつき少し形が崩れかけてきている。


ここで麻里奈さんは僕たち合図し再びすり鉢のとろろ芋にマグロをひたせと指差す。


(・・・エッ・・・マジか?・・・いいのか?・・・)

と顔を見合わせる僕たち。


加藤と僕(時田)はコレ以上は拷問にしかならないと判断し麻里奈さんの指示を却下する。


麻里奈さんも”やりすぎた”と我にかえったようで川上さんのオマンコのナカのとろろ芋を完全除去にとりかかる、少しでもとろろ芋がオマンコのナカに残るとかぶれてしまうからだ。


その役割は僕(時田)がすることになっている、とろろ芋プレイの前に麻里奈さんが僕たちの舌の長さをチェックして僕に白羽の矢が立ったのだ。



saionjikyotaro at 15:29|PermalinkComments(0)
タグ絞り込み検索
最新コメント
著作権について
◆当ブログサイト「西園寺京太郎のSM官能小説」において提供されているコンテンツに関して、編集著作権を含む一切の権利は管理者が保有いたします。◆「西園寺京太郎のSM官能小説」の利用につき管理者の許諾を得ずに、当サイト内のあらゆる文章や画像などの情報を無断転載することは著作権侵害に当たる行為のため禁止します。